デキる男に早変わり!周りの印象がガラりと変わる青髭対策完全版

  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

青ヒゲをなくそうと頑張って剃れば剃るほど逆に濃くなってしまうのが青ヒゲ。カッコ良く整えられたヒゲならまだしも、青ヒゲを好む人はそう多くないのが現状です。

特に女性は男性を見るときに最も重要視するのが清潔感と言われています。青ヒゲがあるだけで清潔感が損なわれるのはもったいないですよね。

大事なプレゼンを控えていたり、大切な人とデートが迫っているというときには特に気になってしまうものだと思います。今回の記事ではすぐにでもごまかせる青ヒゲの対策から将来的に青ヒゲがなくなる方法までをご紹介します。

記事を読んで実践していただくだけで、周りの人のあなたへの印象はグッと変わることをお約束します。読んで理解するだけではなく、ぜひ実践してみましょう!

青ヒゲ対策には6つの方法がある

青ヒゲ対策には6つの方法があります。結論として「明日のデートを乗り切りたい」など最短で効果が出るのは「男性用ファンデーション」で隠すという方法です。

そして青ヒゲを根本的に解消し最高の状態になるための選択肢としては「脱毛」という方法以外ありません。

つまり最短の対策方法は「ファンデーション」、最高の対策方法は「脱毛」です。

なお、青ヒゲ対策用のファンデーションとして実際に筆者の私が使用しているのが下記です。会社で大事なプレゼンテーションがあるときや、大切な人との長時間のデートのときなどに使用をしていました。

NULL BBクリーム

  • 1880円(税込)

NULL BBクリームは簡単に言うと男性用ファンデーションです。女性用に開発されたファンデーションを男性の肌に塗ると肌の色、肌質(皮脂量)に合わないため自然に馴染まない可能性があります。

NULL BBクリームは男性用に開発されたファンデーションなので男性の肌にも馴染みやすく違和感なく使うことが出来ます。

青髭部分にファンデーションを塗って隠せればその日一日、青髭を隠すことが出来ます。短期的に青髭対策したい人は男性用ファンデーションで隠し通すのが最適な方法です。

それでは、次からは先ほどの表で紹介した対策方法について、取り組みやすい順番で紹介していきます。

色白の人は青ヒゲが目立ちやすい

そもそもどうして青ヒゲになってしまうのかご存知でしょうか?濃淡個人差はあれど、男性なら毎朝、ヒゲの手入れをしています。

では青ヒゲが目立つ人と目立たない人の違いはどこになるのでしょう?それは「肌の白さ」と「ヒゲの濃さ」によって青ヒゲが目立ってしまいます。色白でヒゲが濃い人はどれだけ剃っても青ヒゲは改善されないのです

ヒゲは皮膚の下4mm〜5mmの深さに毛根が埋まっています。またヒゲは他の毛よりも一本一本が太いという特徴があります。人間の皮膚は光が当たると血管が見えるくらい体内を透過してみることが出来ます。

青ヒゲの原因はヒゲの毛根が皮膚から透けてみえる状態なんです。そのため、どれだけ一生懸命カミソリでヒゲを剃っても青ヒゲがキレイになることはありません。

色白の人のほうが青ヒゲが目立つのは、肌の黒い人より肌の透明度が高いためヒゲの毛根が見えやすく青ヒゲとして現れやすいのです。

青ヒゲ対策1:正しいヒゲの剃り方

青ヒゲ対策には、正しいヒゲの剃り方を身につける必要があります。毎日ただ剃るだけでは改善されません!ここでは青ヒゲを改善するためのヒゲ剃り方法をご紹介します。

1.1.ヒゲが伸びやすい時間を把握しよう

ヒゲに限らず、私達人間の毛には伸びやすい時間と季節があるのをご存知ですか?

参考URL:フェザーミュージアム

上記の図の通り、6:00〜10:00の午前中に伸びやすいということがわかています。毎朝早起きで、ピークの時間前に出社しなければならない人は出勤中にどんどんヒゲが伸びている可能性があります。

このピークの時間帯にヒゲを剃ることが出来るのが青ヒゲにならないためには必要なんです。もし可能だったら、ピークが過ぎたお昼くらいに一度ヒゲを剃ることが出来るのが一番効果的です。

またヒゲは季節によっても伸び方に違いがあります。夏から秋に掛けて伸びやすく、冬に掛けて伸びにくくなります。冬は青ヒゲが落ち着いたと思っても、夏になると再度、青ヒゲが濃くなってきたと感じたことはございませんか?

季節によってもヒゲの生え具合が変わるため、ヒゲの剃り方や剃る時間を変えることで青ヒゲ対策になります。

1.2.ヒゲ剃りの手順

ヒゲ剃り前の洗顔が大切

ヒゲ剃り前はまず洗顔でヒゲ、肌をキレイにします。洗顔で肌に詰まった余分な皮脂や汚れをキレイにしてシェービング剤を馴染む環境を作ってあげてください。洗顔剤を洗い流すときも温かいお湯を使うことでより効果的です。

ヒゲを柔らかくしてから剃る

理容室でヒゲを剃ってもらったことがある方はお分かりだと思いますがヒゲ剃り前は口周りを温めてもらいましたよね?口周りを温めるとヒゲを柔らかくして剃りやすくしています。柔らかくなったヒゲはキレイに剃ることが出来ます。

蒸しタオルの作り方

蒸しタオルで蒸らすとヒゲは水分を吸収し、約40%膨張し柔らかくなるためカミソリの刃がスムーズになり深くキレイに剃ることが出来ます。

蒸しタオルは電子レンジさえあれば自宅で簡単に作ることが出来ます。

1.タオルを水で濡らします。全体を濡らし、ギッチリ絞ったくらいの水分量で構いません。

2.絞ったタオルをジップロックに入れます。

3.電子レンジで温めます。レンジによっても若干違いはありますが500Wで1分〜2分程度で良いでしょう。(※レンジから取り出す際は熱いので注意してください。)蒸しタオルの熱さは好みがありますので数回試していただき、自分好みの熱さに調整してください。

出来上がった蒸しタオルで口周り、ヒゲを温めます。ヒゲの濃さやヒゲの量によっても異なりますが3〜5分温めればヒゲが柔らかくなり剃りやすくなります。

シェービング剤の種類

蒸しタオルでヒゲを柔らかくしたあとはシェービング剤を使って剃っていきます。シェービング剤は大きくわけて3種類あります。

フォームタイプ(泡タイプ)

細かな泡がカミソリから肌を守りながらヒゲを柔らかくしてくれます。泡タイプは白い泡が肌を見にくくするためキレイに剃れているかが確認しにくいというデメリットがありますが、柔らかい泡は洗い流しやすいというメリットがあります。

ジェルタイプ

ジェルは透明なので肌に塗っても剃り具合がわかりやすいです。ジェルはシェービング剤の中でもカミソリの滑りが一番良いので短時間で剃ることが出来るためカミソリ負けしやすい人にオススメです。

ジェルフォームタイプ

ジェルフォームタイプは手に取って肌に塗り込むときはジェルですが、肌に塗り込んでいるうちに徐々に泡になっていきます。ジェルフォームタイプは毛穴の奥までしっかり馴染ませることが出来るため、ヒゲが濃い人や深剃りしたいひとにオススメです。

どれがオススメ?

青ヒゲ対策には「ジェルフォームタイプ」がオススメです。毛穴の奥までしっかり馴染むためキレイに、深剃り出来るためです。

どのシェービング剤にも共通していることですが人によっては肌に合うもの、合わないものがありますので肌に合わないと判断した場合は使用を控え、別のタイプのものを使うことをオススメします。

ヒゲの剃り方

ヒゲを剃るときいわゆる「逆剃り」していませんか?逆剃りとは毛の流れに逆らって剃る方法です。

下から上に向かってシェービングしていく方法は、剃り残しなくキレイに深い剃り出来ているように感じます。ただ、逆剃りは長期的に見ると青ヒゲそ加速させる原因になりえます。

なぜなら逆剃りは肌へのダメージが大きくなり肌を守るために毛が濃くなっていくためです。

長期的な青ヒゲ対策のためには逆剃りではなく、順剃りで処理すべきです。

毛の流れに沿ってシェービングしていくのが肌への負担が少なく長期的な青ヒゲ対策になります。

繰り返しになりますが短期的には逆剃りのほうが深剃り出来て青ヒゲがキレイになっているように感じます。ですが、繰り返し逆剃りすると徐々にヒゲが濃くなっていく可能性があります。

カミソリを使う場合は順剃りを心掛けましょう。

ヒゲ剃り後のアフターケアも重要

ヒゲ剃り後のアフターケアも忘れずにおこなってください。ヒゲ剃り後は肌が少なからず荒れています。青ヒゲ対策には直接関係は関係ないように思われがちですが肌トラブルが長引くとヒゲ剃りが出来なくなってしまう恐れもありますので、しっかり手入れをしましょう。

化粧水・乳液

化粧水を付けることによって肌に潤いを与え、乳液を付けることで保湿効果があります。しっかりと潤いを保つことでカミソリで傷んだ肌を守ってくれます。

アフターケアを怠ると肌荒れの原因となり、カミソリ前して痛々しい肌になり、毎日のヒゲ剃りを続けることが出来なくなってしまいますので注意しましょう。

アフターシェービングローション

シェービングローションも効果的です。化粧水との違いはシェービング後の保湿に特化しているという点です。アフターシェービングローションを使うことで肌の保湿効果を高めて、健康な肌の状態を保つことができます。なお、アフターシェービングローションは毛穴を引き締める効果もあるため、青髭が目立ちにくくなるというメリットもあります。実際に私もシェービングした際は必ず下記のシェーブローションを使用しています。私は感じたことはありませんが、ヒゲが細くなったと感じる方もいるようです。

NULL アフターシェーブローション Face&Body

  • 5960円(税込)

NULLアフターシェーブローションはシェービング後の保湿ケアに特化したスキンケアローションです。

一般的なスキンケアローションとの違いは毛穴の引き締め効果、ヒリヒリするカミソリ負けのケアという2点です。

「使用者の中にはヒゲ剃り回数が減少した。」「ヒゲが細くなって感じがする」と言った効果を体感している人もいる青髭対策に適したアフターケアローションです。

青髭にお悩みの方で、今までヒゲ剃り後でもケアをしていなかったという方、化粧水にこだわりがなくドラッグストアで適当に選んでいたという方に最適です。

2.3.カミソリの選び方とメンテナンス方法

カミソリは入浴施設で無料で使うことが出来る安価なものから1本数千円するよう高価なものまで種類は様々です。ここではあなたに最適なカミソリをご紹介します。

青ヒゲ予防には多枚刃シェーバー

青ヒゲにお悩みのあなたは「多枚刃シェーバー」を選ぶべきです。理由は2つあります。

一つは多枚刃のほうが安全に深剃り出来るためです。

参考:GiLLette

1枚刃のカミソリは、肌の表面に見えているものしかカットできません。5枚刃は、1枚刃に比べ、ずっと深くに達することができるのです。

最初の刃が剃り始めます。ヒゲをカットし、そのプロセス中に、ヒゲを肌からやさしく持ち上げます。ヒゲが完全に中に入ってしまう前に、次の刃が出て来て、さらに深くカットします。

「ヒステリシス」と呼ばれるこのプロセスは、1960年代末、ジレットが最初の複数刃のカミソリであるジレットコントア(別名ジレットアトラ)を開発したときに発明されました。

それぞれの刃が、このプロセスを繰返します。3枚刃のカミソリにより、深剃りが可能となり、5枚刃のカミソリは、さらに深剃りが可能です。

刃が多いほうが深剃りが可能になるため、青ヒゲをキレイにシェービングしてくれます。

2つ目の理由として「肌に優しい」という特徴があるためです。なぜ肌に優しいかと言うと「刃1枚あたりに掛かる圧力を分散させる」効果があり肌へのダメージを少なくしてくれます。

カミソリによる肌ダメージは長期的には青ヒゲの原因になるため肌に優しい多枚刃シェーバーが最適です。

ジレット フュージョンプロシールド

メンテナンス方法

高価なシェーバーでも定期的にメンテナンスすべきです。正しいメンテナンスはシェーバーの寿命を延ばすとともに肌へのダメージ軽減にもつながります。

シェーバーの切れ味は使用期間が長くなればなるほど悪くなります。原因は刃の酸化です。日々使っていると刃に皮脂が付着し酸化してしまうのです。そのためシェーバーを使用後は刃の付着物をキレイに取り除くことで酸化を予防出来ます。

ひげそりの寿命を延ばす秘策を行った結果→高価アリ!長持ちします!!

レイザーピットというカミソリクリーナーを使うと汚れがキレイに落ちて長期間使用出来るようになります。出来るだけ長く使いたい場合は是非活用してみましょう。

乾燥させる

シェーバー使用後、水に濡れたまま放置していませんか?濡れたまま放置するとサビて切れ味が悪くなります。シェーバーを使用後はしっかりと水気を拭き取った状態で保管しましょう。

密閉出来る箱やジップロックに市販の乾燥剤を入れて保管してみましょう。

替刃のタイミングは?

シェーバーの替刃のタイミングについて貝印では2週間を推奨しています。

ヒゲの太さ、密度、硬さ、シェービングの頻度など、条件がさまざま異なるので、一概に正解とは言い切れませんが、貝印では「2週間」を目安に替刃交換を推奨しています。

またシェービングを重ねるごとに「剃り味が悪くなった」とか、「剃っている時に痛みを感じるようになった」といったように剃り心地に少しでも変化が出てきたら、それが替え時といってもいいかもしれません。

参考URL:貝印

2週間、または14回の使用で替えるのが望ましいようです。ただ、先程ご紹介したようにレイザーピットを使用したり、乾燥剤を使用して保管するなど適切なメンテナンスをすることで使用期間を伸ばすことが出来ます。

メーカーが2週間で交換を推奨している理由としては切れ味が悪くなることで肌に与えるダメージが大きくなるためです。

つまり切れ味が維持出来て、サビなど衛生面が担保出来れば使い続けても問題ありません。定期的なメンテナンスをして少しでも長い期間使用し、節約しましょう。

青ヒゲ対策2:健康的な日焼けをする

青ヒゲになる原因のところでもご紹介しましたが、肌の色が白い人のほうが青ヒゲが目立ってしまいます。毎日デスクワークばかりでなかなか日光に当たっていないというあなた。たまには天気の良い日のお散歩して健康的な日焼けをしてみませんか?

日焼けサロンでガンガン日焼けをする必要はありません。天気の良い日のスポーツをしたり、散歩でもサイクリングでも良いのでいつもより太陽に当たる時間を増やしてちょっと日焼けするだけでも青ヒゲが目立たなくなります。

真っ白な美しい肌も良いですが、男ならちょっと黒い健康的な肌もまた魅力的です。

運動はメンタルヘルス心配事や悩み事を軽減する効果があるという研究結果があります。太陽の下で健康的に運動すれば青ヒゲの悩みも軽減出来るかもしれません。日焼けのため、気分向上のためにも定期的に運動しましょう。

青ヒゲ対策3:除毛クリームを活用する

脱毛クリームってご存知でしょうか?脱毛クリームは正式には除毛クリームという名前で女性に人気の脱毛アイテムです。

毛の主成分であるタンパク質を溶かす作用があるアルカリ性クリームで溶かしてキレイにします。カミソリで剃るよりも多少ではありますが深い部分まで毛を処理することが出来るため青ヒゲ対策に有効な手段の一つです。

ただ、肌も毛と同様にタンパク質で作られているため肌へのダメージが懸念されます。肌荒れのリスクがあるため肌が弱い方は控えたほうが良いかもしれません。

除毛クリームは本格的に使用する前に体の目立たない箇所でパッチテストすることをオススメします。なお、除毛クリームとして実際に私が使用しているのが下記のものです。実際にいくつか試した中で、肌荒れを起こすことなく使い続けられているクリームです。

NULLリムーバークリーム

  • 2980円(税込)

NULLリムーバークリームは除毛したい箇所に塗るだけでムダ毛があっという間にキレイになる除毛クリームです。処理に手間が掛かる剛毛、カミソリでは処理しにくい短毛でもキレイに除毛することが可能です。

最短5分で誰でも気軽に使うことが出来て、カミソリのような剃り残しもありません。NULLリムーバークリームは男性用として開発された商品ですが女性が使用することも可能なくらい肌へのダメージに配慮されているので肌が弱い人でも安心して使うことが出来ます。

カミソリよりも毛の深い位置まで除毛することが出来るので青髭対策としても最適です。

青ヒゲ対策4:青ヒゲを隠す(ファンデーション)

ここまでご紹介してきた方法は青ヒゲ対策としては比較的時間が掛かる、中長期的な対策方法です。「大切な人とのデートが迫っているから今すぐなんとかしたい」というように短期的に青ヒゲ対策したい人には「青ヒゲを隠す」という方法が最適です。

NULL BBクリームは簡単に言うと男性用ファンデーションです。女性用に開発されたファンデーションを男性の肌に塗ると肌の色、肌質(皮脂量)に合わないため自然に馴染まない可能性があります。

NULL BBクリームは男性用に開発されたファンデーションなので男性の肌にも馴染みやすく違和感なく使うことが出来ます。

青ヒゲ部分にファンデーションを塗って隠せればその日一日、青ヒゲを隠すことが出来ます。短期的に青ヒゲ対策したい人は男性用ファンデーションで隠し通すのが最適な方法です。

青ヒゲ対策5:家庭用脱毛器で脱毛する

家庭用脱毛器は自宅で脱毛サロンや脱毛クリニックのように脱毛処理出来る機器です。脱毛サロンや脱毛クリニックで使用する脱毛効果の高い機器は素人が扱うと非常に危険なため同様の効果は期待出来ません。

素人が自宅で使用しても安全に配慮された脱毛器です。脱毛効果は低いですが自分の好きなときに自分のペースで脱毛することが出来て、全身に使うことが出来るというメリットがあります。

家庭用脱毛器でヒゲをキレイに脱毛しようとすると非常に長い時間が掛かります。2年〜3年という長期的な対策が必要です。また家庭用脱毛器の場合は「永久脱毛」ではないため、使用を中止すると再度ヒゲが生えてくるリスクがあります。

青ヒゲ対策として考えたとき、中途半端な対策になってしまう可能性があるという点は把握しておくべきでしょう。家庭用脱毛器については「自宅で永久脱毛出来る?家庭用脱毛器のメリットとデメリット」で詳細に解説しています。

青ヒゲ対策6:医療期間やエステサロンで永久脱毛する

青ヒゲ対策の最終手段として、そして最も効果があるのが「脱毛」です。

医療期間でのレーザー脱毛。またはエステサロンでの光脱毛などでヒゲを永久脱毛するというのが最終手段となります。

レーザー脱毛はお医者様しか施術出来ない医療行為のため効果はバツグンです。エステサロンで行う光脱毛は、レーザー脱毛と根本的な原理は一緒です。

ですが、医師の施術ではないためレーザーより光の出力が制限された脱毛器での施術となるため効果が薄く回数通わなければならないというデメリットがあります。

ここまでご紹介してきた方法でも効果がなく、なんつしてでもヒゲを薄くしたいという方は永久脱毛を検討してみてください。

ヒゲ脱毛については「女性からの印象がガラッと変わる!ヒゲ脱毛を脱毛すべき理由」で詳しくご紹介していますので確認してみましょう。

まとめ

改めてもういちど手軽にできる順番に青ヒゲ対策を整理します。

・正しいヒゲのそり方
・健康的な日焼け
・除毛クリームの活用
・ファンデーションで青ヒゲを隠す
・家庭用脱毛器を使う
・医療機関やエステサロンで永久脱毛をする

冒頭でもお伝えしましたが、最短で効果が出る青ヒゲの対策方法はファンデーションを利用すること。
そして、青ヒゲを完全になくし最高の状態を作るには医療期間での脱毛がベストな対策方法です。

とはいえ、費用的なことや労力の問題ですぐには取り組めないという方はご紹介した別の方法を試してみてください。

青ヒゲはただ剃るだけでは絶対になくなることはありません。
今回の記事を読んで少しでも納得していただけましたら、今すぐに行動に移しましょう。
青ヒゲがなくなるだけで、周りが見たあなたへの印象は必ず変わることでしょう。