forehead

おでこ脱毛:知らなきゃ損!5パターンの脱毛方法

  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
forehead

「おでこに生えている産毛が恥ずかしい」、「生え際の毛が濃くて、狭いおでこが嫌」

脱毛でキレイにして自信を持っておでこを露出したい!とお考えではございませんでしょうか?

顔の皮膚は体の中でも敏感な箇所の一つです。丁寧に処理しないと肌トラブルが起こりやすい箇所です。今日はおでこの脱毛についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

1.おでこをカミソリで処理するのはNG?

forehead

おでこの産毛や生え際の毛は、自宅でカミソリや毛抜きを使って脱毛や除毛していませんか?

カミソリや毛抜きは手軽でいつでもどこでも処理することが出来る便利なアイテムです。ですが、カミソリや毛抜きでの処理を長期間続けていると思わぬ肌トラブルに見舞われてしまうかもしれません。

カミソリは肌に刃が触れるため気がつかないうちに目には見えない小さな傷がついてしまいます。傷が付いた肌はそれを修復しようとメラニンという物質を放出し、これが黒ずみの原因となってしまいます。

毛抜きも、抜いた毛穴からバイ菌が入り込んだり、途中で切れてしまった毛が残ったり、毛穴が硬くなって埋没毛となってしまったりというトラブルの原因となります。

カミソリも毛抜きも、間違った方法で処理を続けると上記のような肌トラブルを引き起こしてしまうのです。肌トラブルを引き起こす前に正しい処理方法を身に付けることが大切です。

カミソリの正しい使い方と今すぐ改めるべき間違った使い方
毛を抜くときは毛根からしっかり抜き取る!正しい毛抜き方法
上記リンク先ではカミソリと毛抜きの正しい使い方をご紹介しています。もし、間違った方法で処理している人は肌トラブルを防ぐためにも参考にしていただき正しい方法を身につけてください。

また、カミソリや毛抜きより肌に優しい処理方法として「電動シェーバー」があります。電動シェーバーは刃が肌に直接当たることなく除毛出来るので肌に優しく処理できます。おでこには「L字型シェーバー」がオススメですよ。

「シェーバーでキレイに脱毛したい人に読んで欲しい4つのこと」では電動シェーバーについてご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

2.おでこを脱毛クリームでキレイに処理する方法

自宅で自分でおでこをキレイにする方法の一つとして脱毛クリームを使うという方法があります。脱毛クリームとはクリームをおでこに塗ることで毛を溶かしてキレイにする脱毛方法です。肌表面にある毛を溶かすので、永久性はなく処理後2週間程でまた今まで通りに生えてくるので定期的な処理が必要です。

カミソリのように刃を肌に当てる必要がないため安全に脱毛処理を行うことが出来ますが、毛を溶かすほどの強い効果の薬剤のため肌に合わない場合があるので注意が必要です。脱毛クリームを使用する際は必ずパッチテストを行なってから使用してくださいね。


 参考URL:【女性専用 鏡花水月リムーバークリーム】除毛/脱毛クリーム

おでこなどの顔に脱毛クリームを使用する際は特に注意が必要です。顔は体の中でも肌が薄く敏感な箇所なので肌に優しい除毛クリームを選ぶ必要があります。「鏡花水月の脱毛クリーム」は低刺激で7つの自然エキスで敏感肌を保護する女性専用の除毛クリームです。肌への刺激を少なくしながらしっかり除毛してくれるので始めて除毛クリームを使う人でも安心して使うことが出来ますよ。万が一、肌に合わない場合の返金保証があるのも嬉しいポイントです。始めて除毛クリームを使う人は肌に優しくて返金可能なお店の商品をオススメします。

3.レーザー脱毛・光脱毛でのおでこ脱毛

レーザー脱毛と光脱毛はクリニックやエステサロンで受けることが出来る脱毛方法です。レーザー脱毛と光脱毛は基本的な仕組みが一緒の脱毛方法です。

メラニン色素に反応する光を照射することで、毛根がその光を吸収し毛を生やす細胞を破壊することで脱毛します。レーザー脱毛と光脱毛の違いは「光の強さ」です。レーザー脱毛は医療機関でしか扱うことが出来ない強い光を照射することが出来るため脱毛効果が高いです。

光脱毛はエステサロンや脱毛サロンで受けることが出来て、医師以外でも扱うことが出来る脱毛器です。その反面、レーザーより弱い光しか出すことが出来ません。脱毛効果はレーザー脱毛のほうが高いですが、エステサロンや脱毛サロンはクリニックより店舗数が多いため比較的地方にお住まいの方でも受けることが出来ます。

face-hair-loss

レーザー脱毛・光脱毛ともに脱毛器の種類のよってそれぞれ特徴があります。脱毛器の種類によっては産毛の脱毛が苦手な機種も存在します。レーザーや光はメラニン色素の黒い色に反応して脱毛するため、産毛のような色の薄い毛は脱毛出来ない可能性があるんです。

脱毛を行っているクリニックやエステサロンの全てで「おでこ脱毛」に対応しているわけではないということを覚えておいてください。

また、おでこに「ホクロ・ニキビ跡」がある場合にも、お断りされる場合があります。ホクロもニキビ跡もメラニン色素が含まれているため光を照射した際にホクロやニキビ跡が光を吸収しヤケドしてしまうリスクがあるためです。

おでこやニキビ跡がある人は、契約する前の事前カウンセリングの際に必ずお伝えしてくださいね。アトピーなどの肌に問題を抱えている人もお断りされてしまう可能性がありますのでそのような場合も事前に確認することが重要です。

3.1.おでこのレーザー脱毛の期間と回数と費用

おでこをクリニックでレーザー脱毛を行う場合は合計6回前後の処理が一般的なコースとなります。脱毛は「毛周期」と呼ばれる毛が生え変わるサイクルに合わせて脱毛を行うため、一度処理したあとは2〜3ヶ月程間隔を空けて、改めて光を照射します。そのため、脱毛が完了するまでに1年〜1年半という期間を要します。

おでこの脱毛に掛かる金額はそれぞれのクリニックで異なりますが、「6回コース 5万円〜」が目安となります。

3.2.おでこの光脱毛の期間と回数と費用

光脱毛でおでこ脱毛する場合は合計12回前後のコースが一般的です。レーザー脱毛より弱い光のため回数を重ねてキレイにする必要があります。脱毛の間隔はレーザー脱毛と同じ2〜3ヶ月の間隔を空けます。そのため、脱毛が完了するまでに2年〜3年程度の期間が必要になります。

毛の濃さや体質など個人差があるのであくまで目安ですがレーザー脱毛よりは長い期間が必要です。

脱毛に掛かる金額ですが、エステサロンや脱毛サロンは店舗数が多く価格競争が激しいです。また、様々なキャンペーンを行っているサロンもあるため単純比較が難しいところです。月額制の店舗や初回無料など、価格を比較する際には注意が必要です。

4.産毛の脱毛が痛みなしで出来るハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛とは先ほどご紹介したレーザーや光脱毛とは違う方法で脱毛出来ます。レーザー脱毛や光脱毛は「今生えている毛」をターゲットとした脱毛方法ですが、ハイパースキン脱毛は「これから生えてくる毛の種」、発毛因子をターゲットとした光を照射して脱毛します。

詳しくは「ハイパースキン脱毛:脱毛方法を選ぶ前に知っておきたい5のこと」でご紹介していますので興味のある方は参考にしてください。

ハイパースキン脱毛は発毛因子をターゲットとするため、高熱を必要とせず光を照射しても温かみを感じる程度で痛みがほとんどなく、レーザー脱毛や光脱毛が苦手としていた「おでこの産毛」の脱毛も可能です。また、ホクロやニキビ跡、アトピー体質の人も脱毛出来る可能性が高いです。

ディオーネは「ハイパースキン法」で顔の産毛の脱毛が可能です。3歳から脱毛出来るディオーネの脱毛は痛みがほとんどなく脱毛出来るため痛みに弱い方に特にオススメの脱毛サロンです。

脱毛と同時にフォト美顔の光も同時に照射されるためコラーゲンの生成を助けて細胞を活性化させる効果があるため黒ずみ改善、肌質改善などの美顔効果も期待出来るうれしい脱毛です。

ディオーネは全国に100店舗と店舗数も多いため郊外にお住まいの方でも都市部まで通うことが出来れば脱毛出来ますので興味のある方は上記リンク先からお近くの店舗を探してみてくださいね。

5.糸脱毛でおでこをキレイに脱毛する

treading

糸脱毛とは数種類の糸を駆使して行う脱毛方法で、中国や韓国、東南アジアなどで古くから行われている脱毛方法です。それぞれの国で独自に発達し、特徴が異なりますが日本で行われている糸脱毛も、日本人の肌や毛質に合った方法で脱毛してくれるところがあります。最近ではアメリカでも糸脱毛を行うサロンが増えている人気の脱毛方法です。

太さの違う数種類の糸を使って、毛を挟んで抜いたり、カットして脱毛していきます。細い糸で細かな箇所でも脱毛出来るので生え際などもキレイな脱毛が可能です。

また、糸脱毛は肌に適度な刺激を与えることでマッサージ効果が得られます。血行がよくなり、ニキビ肌や乾燥肌にも効果が期待出来ます。

糸脱毛はあくまで「毛を抜く」という処理のため永久脱毛ではありません。定期的に通わなくてはなりません。それでも、回数を重ねていくうちに毛根が弱々しくなっていくため毛が目立たなくなります。

糸脱毛については「糸脱毛で顔の産毛をキレイに!知っておきたい5つのコト」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

6.ワックス脱毛でおでこをキレイに脱毛する

ヴィート ワックスシート

参考URL:amazon

ワックス脱毛とは、おでこにワックスを塗り毛と密着させたあと一気に引き剥がすことで毛も一緒に引き抜くという脱毛方法です。

ワックス脱毛を専門に行なっているエステサロンもあります。また、専用のワックスも市販されているので自分で行うことも出来ます。ワックス脱毛は毛と一緒に皮膚も引っ張るので肌にダメージを与えてしまいます。

そのため、おでこのような顔の敏感な箇所を自分でワックス脱毛することはオススメ出来ません。

自分でワックス脱毛したい人は上記のような敏感肌用のワックスシートを活用することをオススメします。使い方も簡単なので初めての人でも安心です。

まとめ

おでこを含め、顔は敏感な箇所の一つです。また、人に見られる箇所でもありますので肌トラブルは避けたい箇所です。

カミソリ、毛抜きでの処理は自分で気軽に簡単に処理することが出来ますが間違った方法で行うと肌トラブルの原因になるため注意が必要です。

レーザー脱毛や光脱毛、ハイパースキン脱毛はプロにお任せして確実に処理出来る方法ではありますが、相当の費用が発生するためクリニックやエステサロンはじっくり選ぶ必要がありますよ。おでこの産毛はキレイに脱毛出来ない場合もありますので口コミなどを参考にしてみてください。

今日ご紹介した脱毛方法を参考にしていただき、自信を持って露出出来るおでこを手に入れてくださいね。