eye catch

尿素クリームが効果的な症状と絶対やってはいけない使い方

  • 0
  • 1
  • 0
  • 1
eye catch

ハンドクリームなど、美容クリームに含まれている尿素にはどんな効果ああるんだろう?とお考えではございませんか?

尿素が配合されたクリームは角質を柔らかくするので手荒れやかかとの角質除去に効果を発揮してくれます。でも、尿素配合されたクリームは使い方を間違えると肌荒れを悪化させる恐れがあるため注意が必要なんですよ。

今日は尿素クリームの効果と、尿素クリームを使うデメリットを合わせてご紹介しますので参考にしてください。

1.尿素クリームとは?

Urea cream

尿素といえば「ハンドクリーム」でよく見かける成分で、なんとなく手荒れに効果がありそうと思っている方が多いですよね?尿素はカサカサの乾燥肌に潤いを与えたり、ゴワついた手やかかとなどの角質を柔らかくしてくれる効果が期待出来ます。

そもそも尿素はNMF(天然保湿成分)の一つとして角質層の中に元々含まれている成分で肌の潤いを保つために必要な成分なんです。また、尿素にはタンパク質を分解する力があるため固くなった角質を柔らかくする効果も期待出来ます。

ただ、尿素は使い方を間違えると肌荒れを悪化させたり痒みといった逆効果の症状を引き起こしてしまう可能性があるので使う際には注意しなければなりません。尿素は美容アイテムではなく、「薬」だという認識を持ってください。薬は使い方を間違えると副作用を引き起こしますよね。

まずは尿素配合クリームが効果を発揮する症状についてご紹介します。

2.尿素クリームの効果と使うべき症状

カサカサ乾燥手荒れ解消

尿素クリームの効果としてまず始めに「保湿効果」があります。先ほどご紹介した通り尿素は本来私達の角質層の中にある成分で手の水分を保持して潤いをキープするために必要な成分です。カサカサ乾燥しているあなたの肌は水仕事など外的要因で肌の潤いが足りていない状態なので尿素クリームを使うことで本来の潤いを取り戻すために効果的なクリームです。

手のゴワつき解消

Elephant

手のゴワつきや固くなった角質が気になる方にも尿素クリームが効果的です。尿素にはタンパク質を分解する効果があるため固くなった角質を柔らかくすることでゴワつきを改善してくれる効果が期待出来るんです。

かかとの角質解消

手のゴワつき同様、かかとの頑固な角質を改善するためにも尿素クリームを活用出来ます。手だけではなく、かかとなど角質が気になる箇所に使うことで肌を柔らかくして本来の状態を取り戻すために活用することが出来ます。

3.尿素クリームのデメリットと副作用

このように尿素には肌に潤いを与える効果と、タンパク質を分解することで角質を柔らかくする効果があります。ですが尿素は効果が高い反面、刺激が強いため使い方を間違えると肌にダメージを与えてしまい肌荒れを引き起こす原因となってしまう可能性があります。ここからは尿素のデメリットと副作用をご紹介します。

ヒビ・あかぎれには逆効果

stop

尿素配合クリームはヒビやあかぎれといった症状が出ている人には向いていません。尿素はタンパク質を分解して角質を柔らかくする効果はあるものの、尿素を使い続けると角質を分解し続けて肌のバリア機能が未熟になってしまうためヒビやあかぎれといった症状の場合は逆効果になってしまいます。また刺激が強いため痛みを感じる可能性があります。

ヒビ、あかぎれにお悩みのあなたは毎日水仕事をしていたり、薬品や洗剤に触れる機会が多くありませんか?

手を酷使しているあなたの手は洗剤や薬剤などの刺激物が肌に入り込んで来てしまうのが手荒れの原因となっているんです。

スキンプロテクトクリーム

スキンプロテクトクリームは毎日水仕事をする主婦や調理師の方、美容師さんや看護師さんのように薬品に触れる機会が多い方の手を刺激物から守ってくれるクリームです。スキンプロテクトクリームは角質層に浸透して保護膜を作ることで刺激物から手を保護してくれます。ヒビ、あかぎれに悩んでいる方は試してみてください。

健康的な肌には不向き

尿素配合クリームはゴワつきや乾燥を感じる箇所にのみ使うことをオススメします。特に問題のない箇所に尿素クリームを使い続けるとバリア機能が失われてその後の肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。尿素クリームは問題がある箇所だけに使ってください。

10代の若い肌には不向き

尿素クリームは小さいお子さんへの使用を控えるように注意書きがある商品があるように、尿素クリームは10代の若い肌には不向きです。年齢を重ねた角質が堆積したガサガサした肌を柔らかくする効果はありますがまだ若い肌は角質が少なく肌も柔らかいので尿素クリームを使うと乾燥や痒みなど逆効果になってしまいます。まだ若いあなたは尿素配合以外のクリームを活用することをオススメします。ハンドクリームについては「症状別ひどい手荒れに効くオススメのハンドクリーム5選」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

敏感肌の人は要注意

尿素配合のクリームは刺激が強いため、敏感肌のあなたの肌に合わない可能性があります。そのため尿素クリームを使うことで痒みが出たり肌荒れといった副作用が出てしまう可能性があります。使い始めは良い感じでも使い続けていると赤みが出てきたり、ピリピリと痛みが出てくる場合がありますので敏感肌だという自覚がある方は尿素クリームを使うときは注意してください。

塗る温泉クリーム

  • 4.7

  • 2,980円(税込)

お肌の明るさは血液に含まれる酸素の量で決まります。酸欠状態の場合ではお肌は暗黒色になり、血液もドロドロ。顔色もくすんだ暗い色になります。
塗る温泉は、血行を促進する効果が科学的にも示されており、キレイな赤みを帯びた肌にすることが期待されます。すっぴん素肌の顔色に明るさや透明感を持たせてみませんか?


塗る温泉は温泉に含まれているミネラルがギュッと詰まったクリームなので肌荒れや乾燥肌を改善が期待出来るクリームです。顔に限らず保湿は手荒れの改善にも欠かせないケアのうちの一つです。温泉から上がったあとのモチっとした肌を経験したことはございませんか?温泉成分がたっぷりのクリームは保湿効果が高く、赤ちゃんでも使うことが出来るくらい肌に優しいので敏感肌のあなたでも安心して使うことが出来るクリームですよ。

4.尿素クリームの正しい使い方

尿素クリームの継続使用を控える

尿素クリームは冒頭でもご紹介した通り、美容アイテムではなくあくまで薬だという認識を持ってください。頑固な角質がある箇所や乾燥がヒドイ場合などに使用しますがそれらの症状が改善してきたら尿素クリームの使用を控えケア方法を変更する必要があります。

尿素には角質を取り除き肌のターンオーバーを早めるという効果があります。でも、尿素を使い続けると次から次へと角質を取り除いてしまうため角質層が未熟な状態を晒すことになるため肌のバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下するとシミ、シワ、肌荒れ、乾燥といった様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

尿素を使い始めた当初はその効果の高さからずっと使い続けることでより肌の状態が良くなりそう!と思ってしまいがちですが使い続けると逆効果になるということを覚えておいてください。まずは角質や乾燥がヒドイ状態を改善するために尿素クリームを使っていただき、ある程度改善されてきたら違うクリームや違う方法にケアを変更しましょう。

尿素クリームは問題のある箇所だけに使う

尿素配合クリームを使うときは肌にトラブルを抱えている箇所のみに使用するようにしましょう。例えばかかとの頑固な角質がある箇所や手のゴワつきがある箇所だけへの使用に留めておきましょう。手全体や足全体といったように特にトラブルがない箇所への使用を控えることで尿素の副作用を最小限に抑えることが出来ます。

尿素クリームは基本的に顔への使用はNG

尿素クリームは角質を柔らかくし、使い始めた当初は効果が実感出来るので顔にも使ってみたい!と思う方がいるかもしれません。ですが尿素クリームは顔への使用はNGです。化粧水にも要素が含まれているケースがあるため、美容効果があると思い顔に使ってしまうと思わぬ副作用が出てしまいます。化粧水に尿素が含まれている場合は尿素クリームよりも濃度が薄く肌への刺激が少ない状態になっています。尿素クリームのように尿素の濃度が濃いものを顔に使うと体の中でも特に敏感な箇所である顔には刺激が強すぎて肌荒れなどの肌トラブルの原因となりますので注意してください。

まとめ

尿素クリームは「角質除去、乾燥肌改善」に効果が期待出来るクリームです。ですが、継続的に使用すると肌のバリア機能が失われてしまうため肌トラブルの原因となってしまいます。尿素クリームは頑固な角質やヒドイ乾燥を改善するために一時的に使用するクリームだということを覚えておいてくださいね。また、顔への使用や健康な状態の肌への使用、まだ10代の若い方の使用は控えてくださいね。

正しい使い方を心掛ければ効果を実感することが出来る尿素クリームです。今日ご紹介した内容を参考にしていただき、ヒドイ乾燥や頑固な角質改善に是非活用してみてくださいね。