トリアパーソナルレーザー脱毛器 アイキャッチ

自宅で永久脱毛出来る?家庭用脱毛器のメリットとデメリット

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
トリアパーソナルレーザー脱毛器 アイキャッチ

毎日のように行うムダ毛処理はもうコリゴリ!永久脱毛してムダ毛処理から開放されたいとお考えではございませんか?

クリニックや脱毛サロンに通うのは時間も予算的にも合わないので家庭用脱毛器を使って脱毛したいとお考えの方のために家庭用脱毛器の選び方をご紹介します。

結論から言うと家庭用脱毛器を使っても永久脱毛とは言えません。

とはいえ家庭用脱毛器も使い続ければ脱毛効果は十分に得られますので今日ご紹介する家庭用脱毛器の選び方、使い方を参考にしてみてくださいね。

永久脱毛の定義

eternal-hair-loss

まず最初に「永久脱毛」の定義についてご紹介します。

多くの方が「永久脱毛=死ぬまでに1本も生えてこない。」とイメージされているのではないでしょうか?でもその答えはNOです。

永久脱毛の定義については米国電気脱毛協会(American Electrology Association)が以下のように定義しています。

「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」と定義しています。

つまり、脱毛が完了してもある一定の割合で生えてくる可能性があって脱毛したあとも20%未満はまた生えてくる可能性があるにも関わらず定義上は永久脱毛になります。

永久脱毛は医療脱毛のみ

永久脱毛が完了しても一定数の毛は生えてくるということはご理解頂けましたでしょうか?

脱毛はクリニックで行う医療脱毛、レーザー脱毛と脱毛サロンやエステサロンで出来る光脱毛がありますが永久脱毛と呼べるのはクリニックなどの医療機関で行うレーザー脱毛だけです。

脱毛サロンやエステサロンで行う光脱毛は永久脱毛と名乗ることが出来ません。医療脱毛は光脱毛よりも出力が強い光を肌に照射するため医師にしか扱うことが許されていません。脱毛サロンなどで謳われている「永久保証」というのは永久脱毛とは異なります。相応の料金を支払うことで永久に脱毛し放題という意味です。完全にツルツルになるまで一生涯脱毛サロンに通うことが出来るという意味合いです。

定義上の「永久脱毛」を受けたいという方は脱毛サロンではなく、医療機関、クリニックで行うレーザー脱毛を受けましょう。

本当の意味での永久脱毛はニードル脱毛だけ

needle

1度の施術で確実に脱毛出来るのが針脱毛(ニードル脱毛)です。針脱毛とは毛が生えている毛穴1つ1つに針を差し込んで電気を流して毛を生やす毛乳頭、毛母細胞を確実に破壊して毛が生えないように処理していく脱毛方法です。

ほんの20年前まではまだレーザー脱毛器や光脱毛器がなかったため脱毛=針脱毛だったのです。

針脱毛は確実に脱毛することが出来る反面、あらゆる脱毛方法の中で一番痛い脱毛方法です。また、毛穴1個1個を処理していくため非常に手間が掛かり費用が高額です。

現在でも針脱毛することが出来ますが痛み、費用を考えるとオススメ出来ません。針脱毛については「ニードル脱毛は痛い?!使い方次第でキレイになれる理由」 で詳しくご紹介していますので興味のある方は参考にしてみてください。

家庭用脱毛器の選び方

永久脱毛の定義についてはご理解頂けましたでしょうか?永久脱毛と呼ばれるレーザー脱毛、医療脱毛でも脱毛完了後に一定数はまた生えてきます。また光脱毛は永久脱毛と名乗ることが出来ません。

本当の意味での永久脱毛は針脱毛ですが痛み、費用がネックになるのでオススメ出来ません。

市販されている家庭用脱毛器にもいくつか種類がありますが家庭用脱毛器を使った脱毛も当然、永久脱毛は出来ません。さらにクリニックで行うレーザー脱毛や脱毛サロンで行う光脱毛よりも脱毛効果は低いです。

shutterstock_276627338-2

とはいえ、レーザー脱毛や脱毛サロンで行う脱毛でも一定数生えてきます。またレーザー脱毛でも5回〜6回は通院する必要があり脱毛完了までに1年程度の期間を必要とします。さらに全身脱毛の場合だと30万円以上よいう高額な費用が掛かるためそう簡単には契約出来ません。

であれば自宅で好きなときに自分で使える家庭用脱毛器を試してみたいと考える人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方のためにここからは家庭用脱毛器についてご紹介していきます。

まず、家庭用脱毛器は何脱毛に該当するのでしょうか?

答えはレーザー脱毛器、光脱毛器の両方存在します。

もちろん、家庭用で素人が使用する脱毛器なので医師が使用する脱毛器のような出力は出ません。あくまで家庭でも安全に使える範囲内に出力が抑えられていますので安心して使うことが出来ます。

家庭用脱毛器にはいくつか種類がありますがここからはオススメの家庭用脱毛器を2つご紹介しますので脱毛器選びの参考にしてください。

レーザー方式の家庭用脱毛器:トリア・パーソナルレーザー脱毛器

トリアパーソナルレーザー脱毛器 アイキャッチ

当サイトが一番オススメする家庭用脱毛器はレーザー方式の「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」です。

トリアの脱毛器は日本国内で唯一の家庭用のレーザー脱毛器です。他社からも家庭用脱毛器は販売されていますがレーザー脱毛器はトリアだけです。トリアはレーザー脱毛器の特許を取得しているため他社ではレーザー脱毛器を作ることが出来ません。

医療脱毛でも使用されている「ダイオードライトシェアシェアデュエット」と言う脱毛器と同様の仕組みなので脱毛効果が期待出来ます。

レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛についてあまり詳しくない人のためにレーザー脱毛の仕組みについて簡単にご説明します。レーザー脱毛は特殊な光を肌に照射すると光がメラニン色素に反応し、毛根の中にある毛乳頭や毛母細胞などに熱を加えます。この熱によって毛を生やす力を奪うことで脱毛していくという仕組みです。

トリアレーザー脱毛器がオススメな理由〜光の波長と光の出力

レーザー脱毛と光脱毛の違いは主に出力の違いがありますが出力の違いだけではないんです。実は照射する光の波長も異なるのをご存知でしたでしょうか?

レーザー脱毛器は単一の波長の光を照射するのに対して光脱毛器は複数の波長の光を照射するんです。「脱毛」という観点から見ると脱毛に特化した単一の波長の光を照射するレーザー脱毛器のほうが脱毛効果が高くなるんです。

家庭用光脱毛器は脱毛効果プラス美肌効果があるという商品があります。あれは脱毛以外の美容効果がある波長の光を同時に照射しているためなんです。

家庭用脱毛器でしっかりと脱毛したい人はトリア・パーソナルレーザー脱毛器が良いでしょう。

もう一点、トリアがオススメな理由はレーザーの出力です。一般的な家庭用脱毛器の場合、4〜6ジュールの強さの光を出すことが出来ます。これに対してトリアは20ジュール。一般的な家庭用脱毛器の3〜4倍の強さの光を照射することが可能です。

クリニックでもレーザー脱毛の口コミでは痛くて途中で挫折してしまったという声や痛さのあまり涙が出てきたという口コミをよく見かけます。

クリニックで行うレーザー脱毛はかなり痛いです。でも、痛みが少ないと光脱毛より脱毛効果があるのは周知の事実です。これはレーザー脱毛のほうが出力が強いため毛根に対してしっかりと熱を与えることが出来ている証拠です。脱毛の痛さは実は熱さなんです。

このように出力が強い脱毛器のほうが脱毛効果が高いんです。一般的な家庭用脱毛器よりも3〜4倍の出力があるトリアパーソナルレーザー脱毛器のほうが効果的なのは出力が強いためです。

トリアパーソナルレーザー脱毛器は出力を5段階に設定出来るので痛みを調整しながら脱毛出来ます。慣れるまでは弱めで使って慣れてきたら出力を上げて使っていきましょう。我慢出来るギリギリで処理していくのが脱毛を早めるコツです。

トリアパーソナルレーザー脱毛器の弱点

脱毛効果が高いトリアパーソナルレーザー脱毛器ですが弱点が2つ。それは本体の重さと照射面積の狭さです。

他のメーカーの脱毛器は本体とは別にハンドピースが付いているため簡単に脱毛処理が出来ます。ただ、トリアは本体を持ったまま処理しなくてはなりません。本体の重さが584gあるので500mlのペットボトルよりも重たいです。女性が持って操作していると途中で腕がプルプルしてくるかもしれません。

もう一点が照射面積の狭さです。高出力を出すために1発当たりの面積が狭くなっています。1発につき1cm✕1cm=1c㎡の範囲しか処理出来ません。他のメーカーの家庭用脱毛器は照射面積がもう少し大きいためトリアよりも素早く処理出来ます。

トリアの弱点はこの2つです。でも、家庭用脱毛器は脱毛効果が高いトリアが断然オススメです。

 

フラッシュ方式の家庭用脱毛器:ケノン

先ほどご紹介したトリアパーソナルレーザー脱毛はクリニックで行うレーザー脱毛と同様の仕組みを使った家庭用脱毛器です。ここでは脱毛サロンで行う光脱毛(フラッシュ脱毛)と同じ仕組みの家庭用脱毛器をご紹介します。



私がオススメする家庭用脱毛器No.1はトリアパーソナルレーザー脱毛器です。ただ、トリアは照射面積が狭く重たいため弱点があることは否めません。

そこでフラッシュ方式の家庭用脱毛器で人気の高いケノンについてもご紹介しておきます。ケノンの家庭用脱毛器は美顔効果も期待出来るため人気の高い家庭用脱毛器です。

トリアよりも照射面積も広く、ハンドピースで処理するため簡単に処理出来るのが特徴です。脱毛効果はトリアのほうが確実ですが美肌効果も同時に得たいという人はケノンの脱毛器がオススメです。

永久脱毛と家庭用脱毛器の価格の違い

家庭用脱毛器の最大のメリットはコストの安さです。クリニックで行うレーザー脱毛で全身脱毛をする場合、30〜50万円掛かります。比較的価格が安い脱毛サロンで行う光脱毛の場合でも20〜30万円程度の費用が掛かります。

トリアパーソナルレーザー脱毛器は50,000円前後(キャンペーンによって価格が異なります。)、ケノンの場合でも70,000円前後(キャンペーンによって価格が異なります。)で全身脱毛出来てしまいます。また、家族で共有して使うことも出来るため数人で使う場合はさらに価格的メリットが大きいでしょう。

ただ、例えば脇だけ脱毛したいという場合など部分脱毛を検討している人はクリニックや脱毛サロンが良いでしょう。クリニックや脱毛サロンでは始めての方限定で部分的に格安で脱毛してくれる場合があります。

家庭用脱毛器は自宅で自分のペースで脱毛出来るため脱毛までの期間は長くなってしまうかもしれませんが安く全身脱毛出来ます。

最後に

家庭用脱毛器を使った脱毛は永久脱毛ではありません。またクリニックで行うレーザー脱毛よりも脱毛効果が少ないため脱毛が完了するまでに時間が掛かります。でも家庭用脱毛器は自分のタイミングで好きなときに好きなだけ脱毛出来るので自分のペースで脱毛を進めていけます。

最後に家庭用脱毛のメリットとデメリットをご紹介しますので家庭用脱毛器に迷っている方は参考にしてみてくださいね。

家庭用脱毛器のメリット

・全身脱毛の場合、コストがかなり安い

・面倒な予約などせずに自宅で自分のタイミングで脱毛出来る

・VIOラインなど恥ずかしい部分を人に見られなくて済む

・気になるところを重点的に脱毛出来る

・また生えてきても追加料金なく脱毛出来る

・痛みを自分で調節出来る

家庭用脱毛器のデメリット

・自分の手の届く範囲しか脱毛出来ない(お尻、Iライン、Oラインなどは不可能)

・照射面積が狭いため処理に時間が掛かる

・間違った使用方法で発生するトラブルが起きた場合は自己責任

・慣れないうちは仕上がりがキレイにならないかもしれない

家庭用脱毛器にも良い点はありますし、クリニックで行うレーザー脱毛にもエステサロンで行う光脱毛にもそれぞれ良い点があります。大切なのはあなたにとって一番合う方法を選ぶことです。その中でも家庭用脱毛器は自分のペースで脱毛出来るという点に優れていますので自宅でゆっくり脱毛したい方にオススメの脱毛方法です。