eye catch

デリケートゾーンの黒ずみ改善のための全手順

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

デリケートゾーンの黒ずみは自分では気が付きにくいです。もしかしたらあなたのパートナーは黒ずみが気になっているのかもしれません。けどデリケートな問題のため中々言い出しにくいのかもしれません。

デリケートゾーンの黒ずみは一度自分で気が付くと気になって仕方がなくなって一刻も早く解消したい!とお悩みではございませんか?

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためにはまず黒ずみが出来る原因をしっかり理解しましょう。原因に対処しながら予防することで確実に黒ずみを解消していくことが出来ますよ。

今日はデリケートゾーンの黒ずみ問題を解決ために知っておくべきポイントをご紹介しますので参考にしてください。

デリケートゾーンに黒ずみが出来る原因

デリケートゾーンはなぜ黒ずんでしまうのでしょうか?デリケートゾーンが黒ずんでいるだけで「遊び人」という印象を持つという男性も多いようです。

th_スクリーンショット 2016-08-27 16.52.54

参考URL:【ホワイトラグジュアリープレミアム】

決して「黒ずみ=遊んでる」というワケではないのですがそのような偏見を持たれると女性としては辛いですよね。

日本人をはじめ東洋人の多くは欧米人と比較するとメラニンの活性が多いためどうしても黒ずみやすいです。欧米人のように黒ずみのないキレイな肌を維持するのは体質的に難しいのです。デリケートゾーンは特にメラニンの活動が活発なので体の中でも特に黒ずみやすい箇所なのです。

とはいえ、デリケートゾーンの黒ずみは防ぎたいもの。まずはデリケートゾーンが黒ずむ原因について理解しておきましょう。

メラニン色素の過剰分泌

黒ずみはメラニンが原因です。

メラニンは本来、肌を守るために体内で分泌されるものです。ですが、デリケートゾーンをはじめ肌が過剰に刺激を受けるとメラニンも過剰に分泌されてメラニン色素が沈着し黒ずみの原因となります。

デリケートゾーンはその名の通りデリケートな箇所です。そのためメラニンの活動が活発なために体の中でも特に黒ずみやすい箇所なんです。

デリケートゾーンが刺激(ダメージ)を受ける原因については下記の通りです。

カミソリでのムダ毛処理によるダメージ

デリケートゾーンのムダ毛処理をカミソリでしている方はカミソリによるダメージによってメラニンの過剰分泌を引き起こしている可能性があります。デリケートゾーン、特にビキニラインのムダ毛処理はカミソリが最も簡単に処理出来るアイテムです。水着や下着からムダ毛がはみ出るのは恥ずかしいためキレイにしておきたいですよね。

カミソリを使うと肌は目に見えないような細かな傷が付いてしまいます。肌が傷付くということはメラニンが分泌されて色素沈着を引き起こす原因となってしまうのです。

先ほどもご紹介したようにデリケートゾーンは敏感なのでメラニンが活性しやすいためムダ毛処理が黒ずみを引き起こしている可能性があります。

衣服や下着との摩擦によるダメージ

衣服や下着による摩擦もデリケートゾーンに刺激を与えメラニンを過剰に分泌させる原因となります。特にサイズの合わない衣服や下着を無理に身に着けていると肌に負担が掛かってしまういます。

体に合わない衣服や下着を身に着けて帰宅した際に肌が赤くなったことはございませんか?肌が赤くなるということは肌にダメージがあった証拠です。このように肌が赤くなるような状態が続くとメラニンの過剰分泌を招き色素沈着の原因となってしまいます。

デリケートゾーンの汚れによるダメージ

Sensitive zone

生理中の経血やおりもので汚れやすいデリケートゾーン。不衛生な状態が続くことも肌へのダメージとなり色素沈着の原因となります。

特におりものには皮脂、タンパク質、アンモニアなど刺激が強く肌に大きなダメージを与えてしまいます。

洗い過ぎのよるダメージ

デリケートゾーンの汚れが黒ずみの原因となる一方、洗い過ぎも要注意です。矛盾しているように感じますがデリケートゾーンをキレイにしようとゴシゴシ力強く擦ると摩擦が生じますよね?摩擦は肌への刺激となって黒ずみを作る原因となります。また、入浴後にタオルでゴシゴシ擦るのも摩擦が起こる原因です。

刺激以外の黒ずみ原因

摩擦など、肌への刺激は肌を守るためにメラニン分泌しますが過剰に分泌されることで色素沈着を引き起こしてしまいます。

摩擦などの刺激だけが黒ずみの原因ではありません。ホルモンバランスの変化や老化も黒ずみの原因となります。

ここでは刺激以外に起こりえる黒ずみについてご紹介します。

妊娠・出産によるホルモンバランスの変化

妊娠・出産はホルモンバランスが大きく変化します。この期間は赤ちゃんを育むために「プロゲステロン」と「エストロゲン」という女性ホルモンが大幅に増加します。これらの女性ホルモンはメラニン色素を生成するメラノサイトを刺激します。そのため妊娠するとメラニン色素が増加して色素沈着を引き起こします。

デリケートゾーンの肌は出産時に大きな負担となります。そのためメラニンをたくさん分泌して肌を守ろうと働きます。出産後の授乳の際に備えてちくびも黒くなっていきます。ここのように妊娠・出産はどうしても黒ずみが出来やすくなってしまいます。

ただ、多くの場合出産後に黒ずみが徐々に元通りになっていきます。妊娠・出産時の黒ずみはあまり気にしないことが大切です。

肌の曲がり角?老化によるホルモンバランスの変化

Trouble

女性の肌は20歳をピークに徐々に衰えていきます。肌のハリや潤いをキープするためのコラーゲン、ヒアルロン酸などが徐々に減少していき30歳前後になると肌の不調を感じるようになってきます。

肌の老化=肌のターンオーバーの低下です。そのため若い頃は新陳代謝が活発で新しくキレイな肌が次々と作れていましたがターンオーバーが低下することで新しい肌を作ることが出来ずにメラニン色素沈着し黒ずんでしまいます。

肌のターンオーバーの低下=黒ずみ原因となるためにターンオーバーの正常化は黒ずみ予防、黒ずみ解消に欠かせない要素の一つなんです。

市販のケアクリームで黒ずみを解消する

ここまでご紹介してきたようにデリケートゾーンに黒ずみが出来る原因は摩擦などによる刺激と老化によるターンオーバーの低下によって起こるメラニン色素の沈着です。

つまり色素沈着を改善することが黒ずみ解消に効果的ということがわかりました。滞留したメラニンを排出したり、メラニンの過剰分泌を抑制したり、肌のターンオーバーを正常化といったケアが必要となります。

デリケートゾーンの黒ずみをケアするクリームは市販されているものだけでもたくさんの種類があります。どれを使ったら良いかわからないのではないでしょうか?

口コミを基準に選ぶことも大切ですが、どのクリームもあなたの肌や黒ずみに効果的かどうかは使ってみないとわからないというのが実情です。様々な口コミを見ても効果があったと意見がある一方で、全く効果がなかったという意見も見かけるハズです。

そのためまずは使ってみることが大切です。試しに使えるクリーム、返金保証が付いているクリームから始めてみましょう。

返金保証があればもし、あなたの黒ずみに効果がない場合は返金してもらってまた新しい黒ずみケアコスメを試すことが出来ますよね?返金保証があるデリケートゾーンの黒ずみケア商品をご紹介します。

イビサクリーム

イビサクリーム

参考URL:イビサクリーム

イビサクリームは28日間の返金保証が付いていますので約1ヶ月間お試しで使うことが出来ます。イビサクリームはトラネキサム酸という美白効果がある成分とグリチルリチン酸2Kという肌荒れを防止する2つの薬用成分が含まれている医薬部外品です。

気になる黒ずみをケア、美白するイビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみや脇の黒ずみなどに効果的です。

薬用成分以外にも保湿効果、炎症抑制効果、美白効果が期待出来る4つの植物成分が含まれています。

th_スクリーンショット 2016-08-27 16.27.06

口コミ詳細はこちら→イビサクリーム

使用した人の96.7%が満足しているイビサクリーム。使い方も簡単で朝と夜に1回ずつ塗るだけでケア出来ます。気になる箇所に優しく塗って黒ずみケアしましょう。

ホワイトラグジュアリープレミアム

th_スクリーンショット 2016-08-27 16.37.50

参考URL:【ホワイトラグジュアリープレミアム】

ホワイトラグジュアリープレミアムには最大90日間の返金保証が付いているため約3ヶ月間たっぷりとお試しで使うことが出来ます。肌のターンオーバーが一般的には28日と言われているため3ヶ月あれば黒ずみの変化を確認することが出来ますね。

ホワイトラグジュアリープレミアムは3種類のビタミンの同時アプローチを可能にした「スーパーVCT」でメラノサイトの発生源基底層まで浸透させて黒ずみケアが出来る医薬部外品です。

th_スクリーンショット 2016-08-27 17.01.04
口コミはこちら→【ホワイトラグジュアリープレミアム】

使った人の94.8%が満足という高く評価されているホワイトラグジュアリープレミアム。返金保証期間が長いためじっくり様子を見たい人にオススメです。

ヴィエルホワイト

th_スクリーンショット 2016-08-27 17.11.48
参考URL:【VL WHITE(ヴィエルホワイト)】
ヴィエルホワイトは業界最長120日間の返金保証が付いていますので約4ヶ月間お試しで使うことが出来ます。ヴィエルホワイトはトラネキサム酸をはじめとした3種類の美白成分、ヒアルロン酸などの保湿成分ほか透明感、エイジングケア、保護といった成分が含まれています。独自のリポソーム化成分が配合されているため角質層までしっかりと美白成分を届けてくれます。

th_スクリーンショット 2016-08-27 17.23.45

口コミはこちら→【VL WHITE(ヴィエルホワイト)】

美白ケアを実感した人の87%が継続して使い続けているリピート率の高いデリケートゾーンのケアコスメです。返金保証が長いので始めての人は安心して使うことが出来ますよ。

皮膚科・美容皮膚科での治療での治療

デリケートゾーンの黒ずみケアを自分でするのには抵抗がある方や確実な効果が欲しい方は皮膚科や美容皮膚科で治療するという方法があります。

皮膚科で行う黒ずみ治療には薬での治療とレーザーによる治療の2種類あります。

治療薬の場合、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という塗薬を使用するのが一般的です。ハイドロキノンは黒ずみの原因であるメラニンの数を減少させる効果とメラニンの生成を抑制する効果があります。トレチノインは肌のターンオーバーを促す効果やヒアルロン酸、コラーゲンの生成を促す効果があります。またハイドロキノンを肌に浸透させるのを促す効果があるので2つの薬を同時に使うのが一般的です。

デリケートゾーンの黒ずみはレーザー治療という方法もあります。レーザーといえば脱毛というイメージがあるかもしれませんが黒ずみ治療にも用いられます。肌の中のメラニンに反応するレーザーを照射することでメラニンを焼き切ってキレイにする治療方法です。

皮膚科や美容皮膚科で行うデリケートゾーンの黒ずみ治療に関しては「デリケートゾーンの黒ずみ:皮膚科でケアする2つの方法」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

皮膚科・美容皮膚科で行う黒ずみ治療は保険適用外のため費用が高額になってしまうのがデメリットです。ただ、自分でケアするよりも確実な効果が期待出来るため絶対に治したい!という方や医師の診断に基いて安心して治療したいという方にオススメです。

デリケートゾーンの黒ずみを予防しよう

デリケートゾーンの黒ずみ解消にはケアクリームを使う方法、または皮膚科や美容皮膚科での治療という2つの方法があります。

皮膚科や美容皮膚科で黒ずみ治療すると、保険適用外になるため費用が高額になります。まずは市販のケアクリームを試してみてください。

デリケートゾーンの黒ずみは今ある黒ずみのケアをしながら、次からは黒ずみが出来ないように予防していくことも大切です。

ここからはデリケートゾーンの黒ずみ予防についてご紹介していきます。

デリケートゾーンのムダ毛処理方法の見直し

デリケートゾーンのムダ毛処理をカミソリでしている方はカミソリの使い方を見直すことで黒ずみ予防になります。今までは何も気にせずカミソリを使っていた方は正しい使い方をすることでデリケートゾーンに与えるダメージを軽減することが出来ます。

T字型カミソリより電動シェーバーがオススメ

デリケートゾーンのムダ毛処理はT字型カミソリのような刃を肌に直接当てるものではなくシェーバーをオススメします。

電動シェーバーは刃が肌に直接触れることがないため肌に優しいのでデリケートゾーンの黒ずみ予防に効果的です。

ペンタイプの電動シェーバーは操作性に優れているのでデリケートゾーンのムダ毛をキレイに処理することが出来ます。

カミソリの使い方

デリケートゾーンのムダ毛処理には電動シェーバーがオススメですが、どうしてもカミソリを使いたい場合は5枚刃のように出来るだけ刃の数が多いカミソリを選びましょう。そのほうが肌に与える負担が少ないためです。100円ショップに売っているような刃の少ないカミソリは避けましょう。また、刃は定期的に交換しましょう。古くなると錆びてきたり切れ味が悪くなってしまい、肌に負担が掛かるため黒ずみの原因となってしまいます。

またカミソリを使うときはボディソープや石鹸ではなく専用のシェービングジェルを使用してください。ボディソープには界面活性剤という皮脂汚れを落とすための成分が含まれています。そのため、カミソリと一緒に使うと肌の潤いを保つために必要な皮脂まで落としてしまいダメージを受けやすく黒ずみの原因となってしまいます。シェービングジェルはカミソリが肌に与えるダメージを軽減してくれるので黒ずみ予防になります。

処理後の保湿

nuruonnssenn2

参考URL:塗る温泉

デリケートゾーンのムダ毛処理をした後はしっかりと保湿しましょう。顔は毎日化粧水や美容液を使ってケアしますよね?デリケートゾーンも同様に保湿ケアしてあげましょう。

デリケートゾーンを保湿する際も保湿液をゴシゴシ塗りこむことはせずに肌に優しく馴染ませるように保湿していきます。適量の液体を手に取って、体温で温めながら手の平に広げていきます。

塗ったあとに肌に残っていると感じた場合はタオルやティッシュで優しく拭きとってあげましょう。また、保湿液やクリームは粘膜には塗らないようにしましょう。粘膜に塗ると炎症を起こす原因となってしまいますので注意してくださいね。

先ほどご紹介した黒ずみケアコスメにも保湿成分が含まれているため、保湿と黒ずみケアを同時に行うことが出来ますのでカミソリでのムダ毛処理後、または入浴後はしっかりと保湿してあげましょう。

デリケートゾーンのケア方法の見直し

デリケートゾーンの汚れも黒ずみ原因となります。キレイな状態を保つために入浴の際にゴシゴシ洗うことは摩擦によるダメージによってこれも黒ずむ原因となってしまうためキレイな状態を維持しつつ、デリケートゾーンにダメージを与えないようにしなくてはなりません。

不衛生な状態は黒ずみだけじゃなくて臭いの原因にもなってしまいます。デリケートゾーンの臭いにお悩みの方は「すそわきがの原因とチェック法|臭いを消す為の対策や手術法」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

ここではデリケートゾーンを清潔に保ちながら黒ずみを予防する方法についてご紹介します。

弱酸性の石鹸がオススメ


参考URL:アットコスメや楽天で1位獲得した噂のペマエンジェル レディハート

ボディソープや石鹸には私達の肌質と同じ弱酸性とアルカリ性の2種類あります。デリケートゾーンを洗うときは弱酸性の石鹸やボディソープを使うことをオススメします。

体の中でも特に敏感なデリケートゾーンはアルカリ性の石鹸で洗浄すると刺激が強すぎるため肌荒れなどのトラブルの原因となる可能性があります。肌質と同じ弱酸性の石鹸を使うことでデリケートゾーンへの負担を軽減して肌に優しくキレイに洗うことが出来ます。

弱酸性且つ天然由来の洗浄成分が配合されている石鹸を使うことで黒ずみを予防し、気になるニオイ予防にもなりますよ。

デリケートゾーンを洗う際はしっかり泡立てる

デリケートゾーンに出来る黒ずみは摩擦が原因のうちの一つです。そのため洗う際にもゴシゴシ擦らずに洗うよう心掛ける必要があります。デリケートゾーンを洗うときは石鹸やボディソープをよく泡立ててから洗いましょう。

このような銭湯の泡立てネットを使うときめ細やかな柔らかい泡を作ることが出来ます。手で泡立てるのが苦手な方は是非使ってみてください。

手で擦らずに泡で汚れを落としていきます。そうすることでデリケートゾーンへの摩擦を避けて黒ずみの予防に繋がります。

泡は擦らずパックで汚れ落とし

ネットで作った泡でマッサージするように洗っても良いですがキメの細かい泡をデリケートゾーンに塗ってパックのように汚れを落とすことも出来ます。デリケートゾーン塗った泡を2分程放置したのちに洗い流します。そうすることでデリケートゾーンを全く擦ることなくキレイにすることが出来ます。長時間の泡パックは肌に必要な分の皮脂まで落としてしまう可能性があるため辞めましょう。最長2分に留めておいてください。

洗い流すときはぬるま湯がオススメ

デリケートゾーンの泡を洗い流す際はぬるま湯がオススメです。40℃近いお湯で洗い流すと保湿に必要な皮脂を落としてしまいます。35℃以下のぬるめのお湯を使うことで皮脂を落とさず洗うことが出来ます。

入浴後もしっかりと保湿を

カミソリでのムダ毛処理方法でもご紹介した通り、入浴後も保湿ケアしましょう。入浴後は乾燥しやすい状態ですのでデリケートゾーンもしっかり保湿することで黒ずみ予防になります。

衣服や下着による摩擦を軽減

衣服や下着による刺激も無視出来ません。体に合わないキツすぎる下着や衣服は刺激となってしまいますので黒ずみが気になる方は締め付けが少ないサイズを選ぶことをオススメします。

また素材も肌に優しい素材にすることで肌への刺激を軽減出来ます。可愛いデザイン、おしゃれなデザインの下着の素材はポリエステル製のものが多いです。ポリエステルは化学繊維なので肌への摩擦が大きくなってしまいます。普段着用する際はデザイン重視になってしまうかと思いますが例えば就寝前や休日外出予定がない日はオーガニックコットン、シルク、綿100%などの肌に優しい素材の下着を身に着けてみてはいかがでしょうか?このような天然素材は化学繊維より柔らかく肌に優しい素材です。

細かなことかもしれませんが下着、衣服にも気を配り黒ずみを予防していきましょう。

食生活など生活習慣の見直し

最後は食生活を含めた生活習慣です。当たり前のことですが私達の体は食べるものから出来ています。また睡眠不足や過度なストレスを抱えた状態は肌に悪い影響を与えることは間違えありません。不規則な生活習慣は肌の老化に繋がってターンオーバーが遅くなって黒ずみをはじめ、肌トラブルの原因となります。

黒ずみ予防に必要な栄養〜タンパク質

健康な肌には「タンパク質」は欠かせない栄養のうちの一つです。タンパク質は肌を作るための直接的な栄養素なのでタンパク質の不足は肌荒れなど肌の不調の直接的な原因となってしまいます。またターンオーバーの低下を招くため黒ずみの原因になってしまうかもしれません。お肉にたくさん含まれているタンパク質は女性の場合、太るという印象からお肉を食べるのを避けがちです。健康な肌の維持のためにはお肉も食べるようにしましょう。またタンパク質はお肉以外にも魚、大豆、卵やチーズに豊富に含まれています。

黒ずみ予防に必要な栄養〜ビタミン

ビタミンも黒ずみ予防に欠かせません。ビタミンCにはメラニンの増加を抑制する働きがあるため黒ずみやシミ予防に効果的です。またビタミンCはコラーゲンの生成を促す働きもあるためハリのはる肌を作るのに欠かせない栄養素です。ビタミンCはブロッコリーやカリフラワー、パプリカなどの野菜や果物に多く含まれているので食事に積極的に取り入れていきましょう。また、不足しがちなビタミンはサプリメントなどの補助食品を取り入れて不足分を補ってみてはいかがでしょうか?

代謝を促進してくれるビタミンB2、肌の潤いを維持するビタミンA、若々しい肌をキープするビタミンEなどビタミンCと同様にバランス良く摂取するよう心がけましょう。

黒ずみ予防に必要な栄養〜鉄分

鉄分の不足も黒ずみを引き起こす原因となります。鉄分は酸素を全身に運ぶ役割を担っています。女性の場合、月経によって鉄分が不足しがちなため意識的に鉄分を摂取していきましょう。特に夏場は汗と一緒に鉄分が失われてしまいます。

鉄分は牡蠣、レバー、ひじき、赤身肉などに多く含まれていますのでこれら食材を取り入れたバランスの良い食事を心掛けてください。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみ解消するためにはメラニン色素の沈着を解消・予防することが大切です。まずは色素沈着が起きる原因に対処して予防を心掛けましょう。

すでに沈着してしまった黒ずみは市販の黒ずみケアクリームを使う方法と皮膚科で治療する方法の2種類あります。皮膚科で行う治療は高額なのでまずは市販のケアコスメを使うことをオススメします。返金保証が付いているケアコスメを選ぶと肌に合わない場合でも返金して貰って損することなく使うことが出来ますよ。

今日ご紹介したケア方法と予防方法を参考にして頂き、自信を持てるキレイなデリケートゾーンを目指してください!