乾燥肌イメージ

乾燥肌のかゆみの原因とかゆみを止めるための具体的な対策

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
乾燥肌イメージ

スキンケアをしているのに、お肌が乾燥気味でかゆみが出ているとお悩みではないですか?もしくは、乾燥肌やかゆみが無くなるクリームや薬は無いか?とお探しではないでしょうか?
乾燥肌は正しいスキンケアと、日常生活の改善が不可欠です。今回は、乾燥肌のかゆみはもちろんのこと乾燥肌自体を治すための具体的な方法と手順をご紹介します。ぜひ参考にして下さい。

乾燥肌になってしまう原因

乾燥肌に悩む女性

皮脂やセラミドなどの角質細胞感資質が減ることによって、肌の水分が減ってしまうのが乾燥肌を引き起こしてしまう原因です。特にセラミドはお肌の保湿の大半を担っています。本来であれば、人間の体に保湿力は自然と備わっているのですが、間違ったスキンケアや食生活を含めた日常生活の乱れ、ストレスなどが原因で乾燥肌は進んでしまいます。
お肌の状態はもっと複雑なのですが、大枠を説明すると上記のようになります。
それでは、乾燥肌になってしまう原因についてはお分かりになったと思いますが、なぜかゆみを引き起こしてしまうのでしょうか?次に、乾燥肌でかゆみが出てしまう原因を解説します。

乾燥肌でかゆみが出てしまう原因

乾燥肌はお肌が弱っている状態ですので、刺激にも非常に弱い状態になっています。
健康な状態のお肌であれば、細菌やダニ、外部からの刺激を守ってくれるのですが、
お肌が弱っている状態だと外部からのちょっとした刺激にも影響を受けてしまいます。そのため、お肌が乾燥するとかゆみが出やすくなってしまうのです。
次から具体的に乾燥肌のかゆみの対策法を解説していきます。

乾燥肌のかゆみ対策

それでは、ここから乾燥肌のかゆみ対策をご紹介します。ぜひ、ご参考ください。

かゆみが出てもかかないようにしよう
かゆみが出てしまうと思わずかきむしりたくなります。ただし、出来るだけ皮膚はかかないようにしましょう。
皮膚をかいてしまうと、かゆみの原因となるヒスタミンという物質をさらに増長してしまうので、
皮膚をかくことで更に皮膚がかゆくなってしまうという悪循環になってしまいます。
気持ちを紛らわすことができるかもしれませんが、皮膚をかくのはできるだけ我慢しましょう。

刺激の少ない洋服や寝具を選ぶ

衣類や寝具などの刺激だけでも乾燥肌の方にはかゆみが出てしまいます。
できるだけお肌に刺激の少ない素材のモノを選ぶようにしましょう。ウール素材などの化学繊維は強い刺激を与えてしまうことがありますので、
シルクやコットンのような自然素材を選ぶようにしましょう。

・間違った入浴方法は乾燥肌を招く原因になっている
乾燥肌の方にとっては入浴は非常に重要なポイントです。入浴は血行を良くして新陳代謝を高めてくれます。
先ほどご説明したようにナイロン製の布で体を洗ったり、刺激の強い石けんやボディーソープで体を洗うのは避けましょう。
なお、熱いお湯も乾燥肌の敵になってしまいます。湯船につかる際や、シャワーの温度はぬるいと感じるくらいの温度にしましょう。
入浴後は保湿クリームを塗って、保湿をすることを忘れないで下さいね。

日常生活の改善で乾燥肌を改善させる

日常生活の改善

どれだけスキンケアや保湿を頑張っても、普段の日常生活が乱れていれば乾燥肌の根本的には治りません。
ここでは、生活習慣を改善するための方法をご説明していきます。

食生活を見直そう!

健康的なお肌を作るために必要な栄養素はたくさんあります。
ただ、代表的な栄養素は下記のようなモノが挙げられます。

  • タンパク質
  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 亜鉛

どんな役割を担っているのかは一つずつご説明をしていきますね。

タンパク質

タンパク質はお肌のターンオーバーを手助けしてくれます。
ターンオーバーというのは、簡単に言うとお肌が再生されることです。
お肌に切り傷ができたときに、時間の経過とともにかさぶたになって、
次第にはがれ落ちるという経験は誰しもしたことがあると思います。
肌は常に入れ替わっているのですが、タンパク質が不足してしまうとターンオーバーを乱してしまうことがあります。

近年、毎日の生活で忙しくて食生活が乱れている方が多くなっています。
時間をかけずに食べられる食事や、自炊をしている時間が無く外食で済ませることが多くなっている方は注意をしましょう。

ビタミンA

ビタミンAはお肌を潤させてくれます。ダイエットをしている方などは、ビタミンAが不足してしまいがちなので、注意をしましょう。

ビタミンB

ビタミンBは、アルコールや炭水化物の接種によって消費がされてしまいます。
ビタミンBが入っている食べ物を意識して摂るようにしましょう。

ビタミンC

ビタミンCは、老化を防いでくれる成分があります。
果物や緑黄色野菜に多く含まれています。熱に弱いので、できるだけ生の状態で食べるようにしましょう。

ビタミンE

ビタミンEは、新陳代謝を高めてくれたり保湿効果を高めてくれる成分があります。
うなぎやアボカドに多く含まれておりますので、意識的に摂るようにしましょう。

クリームや保湿などのスキンケアはあくまで外からの乾燥肌対策法です。
体の中からも健康的で良い肌が作られるようにしていかなくてはいけません。
普段の食事から気をつけましょう。

しっかりとした睡眠をとろう

お肌のターンオーバーを促進するためにも睡眠が非常に重要です。
忙しい毎日を送っている皆さんは、たっぷりと睡眠時間を取るというのは難しいことでしょう。
そこで、ここではお肌にとっても有効な睡眠の取り方をご説明します。

睡眠を行う時間については関係がない?

睡眠イメージ

22時~2時までの時間は最もお肌のターンオーバーを促進するゴールデンタイムだと言われています。
ただし、近年では時間に相関関係は無く、就寝後の3時間の睡眠の深さが重要だという見解もあります。
とはいえ、早寝早起きは体に良いことは間違いありません。できるだけ夜更かしをせずに早めになるようにしましょう。
なお、就寝前には下記のポイントに注意をすると、より質の高い睡眠をとることができます。

  • 就寝前には血糖値が下がっている状態にしておく
  • 睡眠前には脳が活性化するようなことはしない

血糖値が高い状態で睡眠をしてしまうと、眠りが浅くなりがちになってしまいます。
睡眠前には食べ物を摂らないようにしたり、何か食べてしまった場合には軽い運動などをして血糖値を下げてから眠るようにしましょう。
なお、ベッドの中でスマホをいじったり、激しい運動や寝る直前までの勉強は行わないようにしましょう。

ストレスが少なくなる生活をしよう

ストレスは肌荒れを招く原因になってしまいます。今の時代は仕事が忙しい方が多く、スキンケアをしっかり行えないのはもちろんのこと、人間関係に悩んだり、ストレスの多い毎日を送っていると思います。ストレスの無い生活を送るというのは難しいかと思いますが、ストレスの原因となっていることからは、可能な限り避けるようにすることをオススメします。

どうしても、ストレスから避けることができない場合は、ストレスを溜め込まないようにしましょう。お休みの日に散歩に行ったり、好きなことに没頭して頭をスッキリとさせるようにすると良いでしょう。

最後に

今回は、乾燥肌のかゆみの原因と対策法をご紹介致しました。乾燥肌のかゆみは、乾燥肌を治すことで緩和されていきます。
乾燥肌を改善するためにはスキンケアをするのはもちろんのこと、正しい生活習慣を行うことが必要です。
今回の記事が乾燥肌のかゆみに悩む方の手助けになれば幸いです。