お風呂

お肌が乾燥するときの正しい対策方法と5つのポイント

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
お風呂

乾燥したお肌にどんな対策をすれば良いのか分からないとお悩みの方も多いことでしょう。もしくは、スキンケア対策をしているのに、いつもお肌が乾燥してカサカサしているとお悩みではないでしょうか。今回は、潤いがあってハリのあるお肌を目指すための具体的な対策法についてご紹介して行きます。ぜひ参考にしてください。

お肌が乾燥している方の正しい対策法

お風呂

肌が乾燥してしまう原因としては、間違ったスキンケアや対策を行っている可能性が非常に高いです。ここでは、普段間違えやすいスキンケアと正しい対策法についてご紹介していきます。ポイントとしては下記の5つのポイントです。

  1. お風呂に入っているとき
  2. 洗顔をするとき
  3. スキンケア
  4. 食事
  5. 睡眠

一つずご説明していきますね。

お風呂に入っているとき

お風呂に入っているときは注意が必要です。体の汚れを落とそうと思ってゴシゴシと洗ってしまう方もいるかと思います。しかし、このゴシゴシと洗うということがお肌にとってはとても良くないことなのです。体の汚れというのはシャワーで体を洗い流すだけでも汚れは十分に落ちます。特にナイロン生地で洗うのはお肌を傷つけてしまうことになるので、シルクやコットンの生地で洗ったり、手で洗うようにするとお肌にも刺激が優しいので、できるだけお肌に刺激を与えないようにしましょう。

お肌に刺激を与えて傷をつけてしまうと、ターンオーバーを乱してしまい、肌荒れや乾燥肌の原因となってしまいます。

乾燥肌の方であれば、保湿のために長時間お風呂に入っている方も多いことでしょう。しかし、あまりの長時間の入浴は逆効果になってしまうことがあります。入浴時間は15分程度で良いとされています。

洗顔

洗顔のときもお風呂のときと同様に、熱いお湯やゴシゴシと洗うようなことは避けるようにしましょう。なお、お肌をキレイに保とうして1日に何度も洗ってしまったり、じっくり時間をかけて洗顔をすることもNGです。じっくりと時間をかけてゴシゴシと洗うことで、必要な水分や脂分までを無くなってしまい、余計に乾燥肌を悪化させてしまいます。

洗顔をするときは、ぬるま湯でできるだけさっと洗うようにしましょう。洗顔フォームはしっかりと泡立てて、泡立てた洗顔料を顔に載せるように優しく洗うようにしましょう。洗顔料を洗い流した後も、清潔なタオルで顔をトントンと乗せるようにして水分を拭き取るようにしましょう。

スキンケア

スキンケアにもポイントがあります。特にお肌の乾燥が気になっている方は保湿を行うことが大切です。洗顔後はお肌の水分が無くなって乾燥しやすくなってしまうので、しっかりと化粧水や乳液をしてスキンケアをするようにしましょう。

食事

食事で気をつけたいポイントとしては、しっかりと栄養素を取ることです。特にビタミンAやビタミンB、ビタミンCやビタミンE、亜鉛などが含まれている食品を食べることが大切です。

各栄養素によって食べ物は異なるのですが、代表的な食べ物としては緑黄色野菜と大豆製品です。

食事としてもう一つ気をつけたいポイントは体を冷やさないようにすることです。冷たい水や冷たい食べ物を体に取り入れすぎると代謝が下がってしまいます。代謝が下がるとお肌のターンオーバーの働きを乱してしまうため、結果として肌荒れや乾燥肌を招いてしまいます。暑い時期の夏は特に注意が必要ですね。

睡眠

乾燥肌の方は、しっかりとした睡眠を取ることを意識してください。以前までは、22時から2時までの間がもっともお肌にとっても良い睡眠のタイミングだと言われていました。しかし、現在では睡眠のタイミングはそこまで重要ではないと言われてきています。睡眠のタイミングよりは睡眠の質の方が大切です。アロマを焚いたり眠りやすい布団や枕を使ったりと、深い眠りが取れるような環境作りを行うように意識をしましょう。

最後に

お肌が乾燥しているときの正しい対策法についてご紹介をしていきました。今回の記事を参考にしていただいて、乾燥肌に悩まないキレイでハリのあるお肌を目指してくださいね。