光脱毛 アイキャッチ

光脱毛:これから脱毛する人が知っておくべき基礎知識

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
光脱毛 アイキャッチ

カミソリでのムダ毛処理がもう面倒くさい!エステサロンで光脱毛して自分で行うムダ毛処理から卒業したい!とお考えではございませんでしょうか?エステサロンで出来るのは「光(フラッシュ)脱毛」という方法方法です。脱毛にはレーザー脱毛やワックス脱毛など様々な方法がありますよ!今日は光脱毛の特徴とレーザー脱毛との違いをご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね!

1.光(フラッシュ)脱毛とは?

光脱毛 アイキャッチ

光脱毛とはメラニン色素など特定の色に反応する特殊な光を照射することで毛根が光を吸収し、毛根の細胞が破壊され毛が生えてこないようにするという脱毛方法です。発毛と脱毛を繰り返すことを「毛周期」と呼びますが、光脱毛は「成長期」と呼ばれる毛が生えてくる時期・毛が完全に生えきった時期の照射するのが最も効率よく脱毛出来る時期です。

成長しきった毛が抜けるまでの期間である「退行期」、毛が抜け落ちて毛根すら育っていない「休止期」に光を照射しても脱毛の効果がほとんど得られません。

そのため一つの毛根が成長期を迎え、脱毛効果がある時期に照射しなければならないため脱毛にはある程度の期間が必要とされます。一度や二度光を照射しただけでは脱毛出来ないのはこのためです。キレイに脱毛するためには時間がかかるということをまずはご理解ください。

また、光脱毛は「永久脱毛」ではありません。発毛を抑制する効果は期待出来ますが、脱毛後もまた毛が生えてくる可能性があります。

ですが光脱毛はエステサロンでも行うことが出来ますし、家庭用脱毛器を購入すれば自宅で自分で脱毛することが出来る人気の脱毛方法です。

2.レーザー脱毛との違いは?

光脱毛について知りたいあなたは「レーザー脱毛」という言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか?レーザー脱毛とは光脱毛より強力な光を照射することが出来る脱毛器を使用する脱毛方法です。基本的な脱毛の仕組みは一緒です。光脱毛は複数の波長が出る脱毛器で広範囲に照射が可能な脱毛方法です。一方、レーザー脱毛器は単一の波長を出す脱毛器で狭い範囲をピンポイントで照射するという脱毛方法です。

レーザー脱毛は強力な光を照射するため、誰でも使える機械ではありません。レーザー脱毛は医師の施術のみが認められているので「医療脱毛」とも呼ばれます。

3.光脱毛とレーザー脱毛のメリット・デメリット

光脱毛は広範囲に弱い光を照射するのに対し、レーザー脱毛は強い光をピンポイントで照射するということはご理解頂けたと思います。次はそれぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

3.1.光脱毛のメリット・デメリット

メリット:光脱毛のほうが痛くない

光脱毛のほうが肌に対して弱い光を照射するため、痛みが少ないというのが特徴です。レーザー脱毛は強い反面痛みも強いです。痛いのは苦手!という方は光脱毛のほうをオススメします。

メリット:光脱毛のほうが一回あたりの金額が安い

レーザー脱毛は美容クリニックなどの医療機関での施術となるため一回あたりの金額が高額です。その半面、光脱毛はエステサロンで施術出来るため一回あたりの金額が安いという特徴があります。長い時間かかっても良いから、単価を抑えたいという人にオススメです。

デメリット:光が弱いため長い期間の施術が必要

光脱毛は弱い光のため痛みが少ないというメリットをご紹介しました。ですが、痛みが少ないということは効果も少なくレーザー脱毛より長い期間脱毛に通わなければなりません。出来るだけ早く脱毛したいという人には向かない脱毛豊富です。

デメリット:途中でめんどくさくて投げ出してしまう人も

光脱毛は個人差や脱毛箇所にもよりますが長い場合1年〜2年、1、2ヶ月に1回程度の頻度で通い続けなければキレイな脱毛が出来ません。そのため途中で面倒になって通わなくなる人もいらっしゃいます。長期間根気よく通える人には向いていますが、途中で投げ出してしまうと費用がもったないです。

3.2.レーザー脱毛のメリット・デメリット

メリット:強力な光の照射で脱毛効果が高い

光脱毛より強力な光が照射出来るため、一回あたりの脱毛効果が高いです。その分脱毛に通う期間も短くて済みます。脱毛箇所や個人差にもよりますが5〜6回の通院で脱毛が完了する人もいます。

メリット:医師による施術のため安心出来る

レーザー脱毛は医師にのみ施術が許される脱毛方法です。エステサロンなどでは資格がなくても光脱毛が行われていますが、レーザー脱毛は医師の診察や施術が受けられますので安心して脱毛出来るというメリットがあります。脱毛は肌にダメージを与える行為ですのでアフターケアも重要なんです。その点、医師アフターフォローが期待出来るレーザー脱毛は魅力的でしょう。

デメリット:一回あたりの金額が高額

メリットにもありました通りレーザー脱毛は医療行為のため高額になります。また、保険適用外なのでより一層高いです。ただ、通院回数が少なくて済むため光脱毛と比較したときにどちらが安く済むかはそれぞれのクリニックやサロンによっても異なりますし、毛の濃い薄いや肌の色によっても異なります。

デメリット:痛い

レーザー脱毛は「痛い」です。その痛みは施術箇所にもよりますが、光脱毛より痛いことは確かです。強力な光を照射して毛根に刺激を与えるため脱毛効果が高い分、痛みも強くなります。痛いのは苦手な人には不向きかもしれません。

4.光脱毛・レーザー脱毛が苦手なこと

産毛や白い毛

光脱毛とレーザー脱毛が共通して苦手なことがあります。それは産毛と白毛です。光、レーザーは産毛のように弱い毛根に反応してくれないことが多いです。光を照射しても効果が出ないことがあります。また、白い毛も反応しません。例えば年配の男性の白い髭には効果が出ないことが多いです。

産毛や白い毛には効果が出ない可能性があるということを覚えておいてください。それらを脱毛したいときは事前に施術予定のエステサロンや美容クリニックにお問い合わせするしてくださいね。

日焼けで肌が黒い人

日焼けで肌が黒い人は施術をお断りされることがあります。光脱毛やレーザー脱毛は黒や茶色に反応して脱毛するという仕組みなので、肌が黒い人の場合、毛根の黒い色がわかりにくくなってしまうため、脱毛効果が出ない場合があります。これから脱毛しようと考えている人は、出来るだけ日焼けしないよう心がけてくださいね。

5.光脱毛する前に注意しておきたいこと

5.1.日焼けをしないようにする

先ほどもご紹介した通り、脱毛前後は日焼けしないようにしましょう。日焼けで黒く肌が焼けるのはもちろんですが、日焼けは肌に炎症が起きている状態ですのでさらに光の照射でダメージを与えるとトラブルの原因となります。

5.2.施術前の飲酒は控える

飲酒は血行を良くするため脱毛前の飲酒は控えてください。飲酒した血行が良い状態で脱毛すると痛みやかゆみが強く感じる原因となります。

5.3.脱毛前後の激しい運動は控える

飲酒同様、運動は代謝があがりこちらも痛みやかゆみを感じやすくなります。また施術後は肌が弱っているので運動でかいた汗などから細菌による炎症を起こす可能性があります。また、サウナやプールなども避けるようにしてくださいね。

6.自宅で光脱毛する方法

ここまでは美容クリニックやエステサロンで脱毛する方法をご紹介してきました。最後は自宅で光脱毛する方法をご紹介します。自宅で光脱毛するには「家庭用脱毛器」を使用します。



自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!

家庭用脱毛器にも光脱毛とレーザー脱毛の2種類あります。これから初めて家庭用脱毛器を使おうとお考えのあなたにはまずは光脱毛をオススメします。光脱毛のほうが弱い光ではありますが、その分痛みも少ないですし光脱毛のほうが広範囲にわたり照射出来るため初心者に扱いやすいためです。

家庭用脱毛器で圧倒的一番人気が上記の「ケノン」脱毛器です。国内生産の機械で安心して使えるうえに、従来の家庭用脱毛器の3倍の威力があるため脱毛効果も高いです。

ケノンの脱毛器を使用するの注意点としてある程度の毛の長さが必要です。短すぎると光を照射しても反応してくれない場合があります。特に女性の場合、いつもキレイにしておきたい気持ちはわかりますが効率的に脱毛するためには少しだけでも毛を残した状態で脱毛する必要があるということに注意してくださいね!

まとめ

光脱毛とレーザー脱毛の違いは「光の強さ」です。またレーザー脱毛は医師にしか施術出来ないという特徴がある反面、光はエステサロンや家庭用脱毛器を使用して自宅で行うことも可能です。

ただ、残念ながら光脱毛は永久脱毛ではありません。発毛を抑える効果はありますが今後一生毛が生えてこないということを保証するものではないため一定期間をおいてまた脱毛する必要が出てくる可能性があることをご理解ください。(レーザー脱毛でも毛が生えてくる可能性があります。)今日ご紹介したように光脱毛にもレーザー脱毛にもメリット・デメリットが存在します。これから脱毛をしようとお考えのあなたにはどちらが自分に向いているかを一度検討して頂きたいです。また、美容クリニックやエステサロンでは無料カウンセリングや格安での体験脱毛を行っているところもありますので積極的に活用してみてくださいね!