レーザー脱毛 家庭用 アイキャッチ

家庭用レーザー脱毛器を買う前に知っておきたい3つのこと

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
レーザー脱毛 家庭用 アイキャッチ

家庭で使えるレーザー脱毛器が欲しい!とお考えではございませんでしょうか?

自宅で気軽に脱毛出来る家庭用レーザー脱毛器は、クリニックに通うより安いイメージがありますよね!でも、脱毛箇所によってはクリニックに通ったほうが安く済む場合もありますよ!

また、家庭用脱毛器はレーザーだけでなく、光脱毛器もあるのをご存知でしょうか?

今日はこれから脱毛器を購入しようとしている人に知っておいて欲しいことをご紹介しますので参考にしてみてくださね。

1.家庭用のレーザー脱毛器:tria



 参考URL:トリア・パーソナルレーザー脱毛器

「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」は家庭用脱毛器の中で唯一、レーザー方式の脱毛器です。そのため、家庭でレーザー脱毛したいという方は必然的にトリアの脱毛器を選ぶことになります。

クリニックで使用されているレーザー脱毛器にはいくつか種類がありますが、プロが使用しているダイオードレーザーが採用されているトリアの脱毛器は自宅で、クリニックでの脱毛と同じような効果が得られます。

ダイオードレーザーの特徴としては、他のレーザー脱毛と比べると痛みが少ないというメリットがあります。また、他の脱毛器は産毛の脱毛を苦手としていますがダイオードレーザーは産毛の脱毛にも対応しているという特徴がありますよ。

クリニックで行うレーザー脱毛は医師の指示のもとに行われるため、施術前後のケアがあるため安心出来ます。自宅で行うレーザー脱毛は自分で処理するため、肌への負担は気になるところです。

医療用のレーザー脱毛器は医師の指示の元に使用するため、レーザー出力が強いです。また、クリニックで行う脱毛は2〜3ヶ月に1度程度の頻度で照射するため肌を休める期間が長くなります。

家庭用レーザー脱毛器は、クリニックで使用されている脱毛器よりレーザー出力が弱いため、肌への負担も少なくなります。その分、自宅で自分で照射出来るためクリニックより回数を多く使用するが出来ます。

トリアのレーザー脱毛器を使用する際は、説明書に記載されている通り正しい方法で使うことで肌へのダメージなど、リスクを減らすことが出来ますよ。

 

2.家庭用脱毛器の比較:レーザー脱毛とフラッシュ脱毛

家庭用のレーザー脱毛器を検討中のあなたは、レーザー以外の脱毛器と比較しましたでしょうか? 家庭用脱毛器はレーザーだけではありません。いくつか種類があるんです。

家庭用脱毛器については「家庭用脱毛器を買う前に知っておきべき種類と選び方」で詳しくご紹介しています。まだ比較検討をしていらっしゃらない方には参考になりますので合わせて読んでみてください。

ここでは家庭用のレーザー脱毛器とフラッシュ(光)脱毛器を比較したいと思います。

2.1.フラッシュ(光)脱毛器の一番人気!ケノンの脱毛器




参考URL:自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!

フラッシュ脱毛器の一番人気はケノンの脱毛器です。ケノンの脱毛器はエステサロンや脱毛サロンで使用されている光脱毛(フラッシュ脱毛)という脱毛器です。

レーザー脱毛は医療機関でのみ扱うことを許されている脱毛器ですが、光脱毛は医師以外でも施術出来るという特徴があります。その分、レーザーと比較すると光が弱く脱毛までに時間が掛かると言われています。

また、ケノンの特徴として脱毛器だけでなく美顔器として使用出来るというメリットがあります。エステサロンで行われているフォトフェイシャルをカートリッジを付け替えるだけで自宅で行うことが出来ます。

2.2.トリアのレーザー脱毛器とケノンのフラッシュ脱毛器の違い

照射範囲

ケノンの脱毛器とトリアの脱毛器の大きな違いは1発当たりの照射範囲です。1発当たりの照射面積が広いほうが1回当たりの脱毛が少ない回数で済みますし、短時間で終えることが出来ます。

ケノンの照射面積は家庭用脱毛器の中では最も大きいサイズで9.25c㎡となっています。一方、トリアの脱毛器はレーザーのため狭い照射口から強い光を出すため面積が狭く、約1c㎡です。

照射面積ではケノンの脱毛器が優れているので、日々忙しく脱毛も出来るだけ短時間で処理したいとお考えの方はケノンの脱毛器のほうが良いかもしれません。

脱毛箇所

家庭用脱毛器は、それぞれのメーカーで使用してよい箇所、使ってはいけない箇所が決められています。トリアは顔で使う場合、鼻から下と定められています。顔は皮膚が薄いためレーザーによる肌へのダメージが懸念されます。

ケノンは眉毛など、全身で使用可能となっていますので顔や眉毛、おでこの脱毛をしたい人はケノンのほうが良いかもしれません。

トリアもケノンも「VIOライン」の脱毛は可能となっていますが、非常にデリケートな箇所のため脱毛するときは慎重に行う必要があります。痛みも強いため、自分で行うのは避けたほうが無難です。

ランニングコスト

ケノンは専用のカートリッジを取り付けることで脱毛を行います。照射レベルによっても使用回数は異なるのですが、カートリッジ1個、レベル1の場合、約200,000発照射することが出来ます。最高レベル10の場合、約10,000発となっています。

ケノンのカートリッジの寿命と維持費。全身脱毛には何個必要?何回全身脱毛できる?

上記サイトで計算されているように、最高レベル10で使用してもカートリッジ1個で全身照射が10回以上出来る計算となっています。寿命がきたらカートリッジの交換(10,000円程度)を行うことでまた使用することが出来ます。

一方、ケノンはランニングコストが掛かりません。充電式なので電池の寿命が続く限り使い続けることが可能です。充電は約500回で寿命となるようです。電池がなくなったら20,000円で交換してくれるようです。

全身への照射を長く続けて、全身キレイにしたいという方はランニングコストを考慮すると、トリアのほうが良いでしょう。

返金保証

購入後、万が一あなたの体に合わない場合返金保証が付いていると安心して購入することが出来ますね。

トリアの脱毛器には30日間の返金保証がついています。一方、ケノンの脱毛器には返金保証が付いていません。

始めて家庭用脱毛器を購入する方、始めて脱毛に挑戦する方、アトピーなど肌に問題を抱えている方は返金保証があるトリアの脱毛器のほうが良いかもしれません。

チャージ時間

チャージ時間とは、一発打ったあとの待機時間のことです。ケノンは1発あたりの照射面積が広い反面、5秒間のチャージ時間があります。1発打った後は5秒間待たなければなりません。

一方トリアの脱毛器は照射面積が狭いのですがチャージ時間がないため、テンポ速脱毛を進めていくことが出来ます。

どちらが良いかは人それぞれのため一概には言えませんが、せっかちな人はトリアの脱毛器でテンポよく脱毛していくほうが向いているかもしれませんね。

扱いやすさ

トリアの脱毛器は、本体を持った状態でレーザーを照射していきます。トリアの本体重量は584gです。500mlのペットボトルより重たいです。

ケノンの脱毛器はハンドピースから光を照射します。そのため、トリアより軽い約120gとなっています。ただ、ハンドピースはコードで繋がっているため、コードが邪魔に感じることがあります。

女性にとって、トリアの脱毛器の重さはデメリットかもしれません。ケノンのハンドピースのコードも脱毛箇所によっては邪魔になる可能性があります。

扱いやすさについては一長一短といったところでしょうか。

痛さ

レーザー脱毛器とフラッシュ脱毛器はどちらも毛根に熱を加えて温めるというアプローチの仕方は同じです。違いは照射する光の波長です。

レーザーはメラニン色素に反応する単一波長の光、つまり脱毛するためだけの光を照射するため毛根は光を多く吸収するため痛み(熱さ)が強いです。

一方フラッシュ脱毛の光は複数の波長の光を照射するため、メラニン色素が吸収する光の量はレーザーより少ないです。そのため、痛み(熱さ)が少ないという特徴があります。

脱毛器の痛み(熱さ)があるということはその分毛根への刺激が強いためイコール脱毛効果です。

痛くて効果が強いトリアの脱毛器、痛みは少ないがレーザーよりは効果が薄いケノンの脱毛器。

とにかく痛みを伴ってでも短期間で脱毛したいという方はトリアのレーザー脱毛器を、多少時間がかかってもよいから出来るだけ痛みが少ない脱毛器が欲しい方はケノンのフラッシュ脱毛器が良いでしょう。

トリアもケノンも光の出力レベルを調整することが可能なたまある程度の調整は可能ですよ。

本体価格

トリアの脱毛器は本体価格54,800円となっています。キャンペーン期間で様々なプレゼントなどがある場合がありますが本体価格はどこで買っても同じです。

ケノンの脱毛器は価格変動があるため、あくまで目安金額でしかありませんが、本体とカートリッジが付いて70,000円前後です。

本体価格はトリアのほうが安いです。また、ランニングコストもトリアは発生しないため費用を抑えたい方はトリアのレーザー脱毛器がオススメです。

 

ここまでご紹介してきた通り、ケノンのレーザー脱毛器とトリアのレーザー脱毛器を比較するとどちらもメリット・デメリットがあります。

痛みが強くても効果的な脱毛をしたい方、費用を安く抑えたい方はトリアの脱毛器を。

痛みが少ない脱毛がしたい方、脱毛以外にも美顔器としても使いたいという方はケノンの脱毛器をオススメします。

 

3.美容クリニックで行うレーザー脱毛と家庭用レーザー脱毛の比較

レーザー脱毛 家庭用 アイキャッチ

家庭用のレーザー脱毛器と、クリニックで行うレーザー脱毛器の比較です。

クリニックで行うレーザー脱毛は、それぞれ使用している器械が異なるため一概に比較出来ないのですがトリアのレーザー脱毛器と同じダイオードレーザー脱毛器です。光の性質はクリニックもトリアも同じなんです。

違いはクリニックでは、医師が扱うため高強度のレーザーを照射してくれます。強い光を照射するため1回あたりの脱毛で得られる効果はクリニックのほうが高いです。

その分、1回脱毛施術を受けると2〜3ヶ月ほど間隔を空けた後次の施術という流れとなっています。これを5、6回前後繰り返して脱毛が完了というパターンが多いです。

トリアの家庭用レーザー脱毛器は自宅で使っても問題ないくらいまで光の出力を制限しています。1回の脱毛効果はクリニックには及びませんが家庭用レーザー脱毛器は2週間間隔で脱毛を進めていくことが出来ます。

クリニックは予約して通院するという手間がかかりますが、家庭用レーザー脱毛器は好きなときに自宅で脱毛できるというメリットがあります。

また、もし家庭用レーザー脱毛器の購入を検討しているあなたがやりたい脱毛が「ワキ」のみなどの部分脱毛の場合、トリアの脱毛器を購入するよりも安く脱毛出来る可能性があります。

部分脱毛を検討している方は、クリニックで料金とトリアのレーザー脱毛器の金額を比較する必要がありますよ。

 

まとめ

家庭用レーザー脱毛器の購入を検討しているかたは、家庭用のフラッシュ脱毛器との比較をしてください。あなたの体質や使い方に合っている方を選んでくださいね。

また、部分脱毛の場合はクリニックに通院したほうが安く済む場合もありますのでクリニック選ぶも同時に行ったほう良いですよ!

ご紹介した内容を参考にしていただk、自信を持って露出出来る肌にしてくださいね。