wax-strips

脱毛が楽になる!ワックスシート活用のための5つのポイント

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
wax-strips

ムダ毛の手入れって本当に面倒ですよね。時間掛けずに簡単に処理したい!とお考えの方には「ワックスシート」を試してみることをオススメします。

ワックスシートはムダ毛に貼って剥がすだけで簡単にムダ毛処理が出来てします。ただ、ワックスシートにはいくつか注意点もあるんです。

今日はワックスシートの使い方と注意点をご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

1.ワックスシートって何?

ヴィート ワックスシート

ワックスシートとはワックスが塗ってあるシートをムダ毛に貼って毛とワックスを密着させます。しっかり密着させたら一気にシートを剥がすだけでムダ毛がごっそり抜け落ちるという脱毛方法です。

すね毛の濃い男性芸人さんがガムテープですね毛を一気に引き抜く様子をテレビで見たことありませんか?あのガムテープの強力版かつ、保湿成分などの美容成分が含まれている脱毛方法をイメージしてくださいね。

ワックスシートは顔用、敏感肌用など様々な種類があるので全身のほとんどの毛で使うことが出来るんです。

前日ムダ毛処理を忘れてしまい処理したいけど時間がない!というときなどにササっと使うことが出来る脱毛シート。次は脱毛シートが優れている点についてご紹介していきます。

beauty

2.脱毛シートのメリット

チクチクしなくなる

ワックスシートのメリットは「チクチク感」から開放されることです。カミソリやシェーバーでムダ毛を処理していると数日経つとまた毛が生えてくるためチクチク痛いですよね。ワックスシートは毛を毛根から抜いてしまうため、次生えてくる毛は弱々しくチクチク感がなくなります。カミソリ、シェーバーを使っていてチクチク感が不快に感じていた方にオススメの脱毛方法です。

1度処理すれば数週間処理しなくて済む

カミソリやシェーバーを使ったムダ毛処理は数日後にはまた毛が生えてきてしまいます。ワックスシートを使うと毛根からしっかりと抜くことが出来るため早い人で2週間、遅い人の場合は1ヶ月くらい毛が生えてきません。毎日のようにするムダ毛処理が面倒という方にオススメの脱毛方法です。

ワックス脱毛に通うよりも安い

エステサロンでワックス脱毛をすると数千円という費用が掛かります。ワックスシートは数百円で購入出来てしまうので安くワックス脱毛出来るのでお得です。またエステサロンに通うとなると時間も合わせなくてはなりませんがワックスシートは自宅で自分の好きなときに使うことが出来ますね。

wax-strips

3.脱毛シートのデメリット・注意点

ワックスシートは便利な脱毛グッズであることは間違いないです。ただ、人によってはワックスシートが合わないという方がいます。ワックスシートを使ったら肌荒れが起きてしまうという方も。

ここではワックスシートを使うときの注意点をご紹介しますね。

ワックスシートを使う前は必ずパッチテスト

ワックスシートを使う前には必ずパッチテストしてください。体の中の目立たない箇所でシートを使用して肌にあかみ、かゆみ、肌荒れなどの変化がないかを確かめてください。特に初めてワックスシートを使う方は十分に注意してくださいね。また、すでに使って問題がなかった人も使用するときの体調によって肌の反応が異なる場合がありますのでパッチテストはしてください。パッチテストについては「パッチテストで肌トラブルを防ぐ!知っておきたい5つのコト」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

ワックスシートは痛い

ワックスシートは毛を無理やり引っこ抜くので痛いのがデメリットのひとつでしょう。シートは毛の流れに逆らって剥がしたほうがムダ毛がよく抜けるのですが痛みも強いです。

カミソリやシェーバーでのムダ毛処理はほとんど痛みなく出来てしまうのですがワックスシートは痛みがあると覚悟しておいたほう良いです。

ワックスシートも使い続けているうちに慣れてきます。慣れてくると毛が一気に抜けるので気持ちよくなってきます!

ワックスシートを使った後のベタベタ感

ワックスシートを使ったあとは肌のワックスが残りベタベタしてしまいます。また水やお湯で洗ってもなかなか落ちずないため後処理が面倒に感じてしまうかもしれません。

毛がキレイに抜けても肌のベタつきが残っていると不快ですよね。ベタついた箇所をお風呂に入ってボディソープでゴシゴシ擦っても、タオルで擦っても落ちないため諦めてしまいます。

でも、ワックスのベタつきは「オリーブオイル」を使うとベタつきをすっくり落とすことが出来るんです。

olive-oil

オリーブオイルは化粧を落とすクレンジングとして、ヘアケアのトリートメントとしても使う美容方法があるくらい肌に良い成分が含まれています。肌への刺激が少なく、肌の潤いをキープする効果が期待出来ます。

オリーブオイルをコットンに適量垂らし、べたつく部分を優しく擦っていきます。ゴシゴシ擦ってしまうと肌荒れや黒ずみの原因となるため注意してくださいね。ワックスが残ってベタついていた部分はオリーブオイルですっきり取れるのでベタつきが気になる方は試してみてくださいね。

肌荒れが心配な方は保湿を忘れずに

ワックスシートを使ったあとの肌荒れが心配な方はワックスシート使用後にしっかりとワックスを落とした後に保湿しておきましょう。普段、顔は化粧水や美容液を使ってケアしていますよね?それと同じようにワックスシートを使用した箇所も保湿してあげることで肌荒れを予防することが出来ます。

顔に使っている高い化粧水や美容液を使う必要ありません。安い化粧水や美容液をたっぷり使って保湿してあげましょう。

nuruonsen
参考URL:塗る温泉

4.脱毛シートを上手く使うためのコツ

ワックスシートは上手に使うと便利な脱毛グッズなのですが中には上手く抜けなかったという方もいます。原因としては毛とワックスをしっかり密着させることが出来ていない場合がほとんどです。ここからはワックスシートでしっかりと毛を抜くためのコツをご紹介します。

シートは小さい方が抜きやすい

ワックスシートは小さいほうがしっかりと毛に密着しますし剥がす際も一気に剥がすことが出来るので脱毛効果が高いです。そのためワックスシートはハサミで小さく切ってから使うことをオススメします。スネなどの面積が広い箇所は大きなシートで一度に処理したくなりますが確実に処理するためには小さめのシートで数回に分けて処理していきましょう。

シートは毛の流れにそって貼る

シートは毛の生えている方向、毛の流れにそって貼りましょう。毛の流れにそって貼ることでワックスと毛が密着しやすくなるので剥がすときにしっかりと毛が抜けてきます。

シートを剥がすときは毛の流れに逆らって剥がす

pain

シートを剥がすときは貼るときとは逆で、毛の流れに逆らって剥がしたほうがしっかりと抜けます。脇などの毛の生えている方向が一定でない場合は上から剥がす、下から剥がすといったように2回処理することでキレイに毛を抜くことが出来ます。

シートを貼るときはドライヤーで温める

ワックスシートを貼ったあとにドライヤーでシートを温めるとよりキレイに抜くことが出来ます。ワックスをドライヤーで温めることでワックスと毛が密着しやすくなりますので試してみてください。

温めたあとは冷やす

ドライヤーで温めてワックスが毛にしっかりと絡んだあとに保冷剤などで冷やすことでワックスが固まるため毛をがっちりと捕まえてロックが掛かったような状態になるために剥がしたときに抜き漏れが減ります。また、肌も同時に冷やすことになるため剥がしたときの痛み軽減にも効果的です。

5.オススメ脱毛シート3選

最後にオススメのワックスシートをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

ヴィート ワックスシート

816u77zkszl-_sl1500_
参考URL:amazon

世界で、日本で除毛脱毛No.1ブランド「ヴィード」の脱毛ワックスシートです。ヴィートのワックスシートには敏感肌用や顔用など部位や肌質によって使い分けることが出来ますよ。

ブレニオール ワックスシート

516vhk7cmrl
参考URL:amazon

ブレニオールの脱毛ワックスシートはコスパに優れています!先ほどご紹介したヴィードは12枚入りですがブレオールは36枚入っていて金額もさほど変わりません。脱毛したい箇所がたくさんある人にオススメです。

メンズゴリラ ワックス脱毛シート

714bdppobgl-_sl1000_
参考URL:amazon

剛毛の方にオススメなのがゴリラのワックス脱毛シートです。男性の剛毛でもキレイにゴッソリ抜けちゃいます。一箱40枚入りなのでたっぷり使えますね。

最後に

脱毛ワックスシートは便利で簡単に使える便利な脱毛グッズです。最初は上手くいかないかもしれませんが今日ご紹介したワックスシートを上手に使うコツを参考にしていただき数回使っているとキレイに脱毛出来るようになるはずです。

心配なのは肌荒れです。人によっては肌に合わない場合がありますので必ずパッチテストをしてから使ってください。また最初に使う場所体の目立たないところで使っていきましょう。