脱毛出来ない理由はなぜ?脱毛を断られる原因をご紹介

  • 0
  • 0
  • -
  • 0

ワキの脱毛やスネ毛の脱毛、脱毛してみたいけれど体質的に脱毛出来ない人っているのかな?とお考えではございませんか?

敏感肌の人やアトピー体質の人など、自身の体質に不安を抱えている場合、脱毛することに抵抗があるかもしれません。

今日は脱毛出来ない症状や状況についてご紹介していきますので参考にしてみてくださね。

アトピー肌

atopic

アトピーの方で、重い症状の方は脱毛をお断りされる場合があるので注意が必要です。また通院している方は医師の同意書が必要になる場合がほとんどです。

アトピーはアレルギーなどにより肌への刺激に敏感に反応し、湿疹やかゆみなどの反応を起こしてしまいます。脱毛に使用するレーザーや光の刺激に反応してアトピーの症状が悪化してしまう場合があるため脱毛出来ない可能性があります。

脱毛サロン、脱毛クリニック、それぞれアトピーの対応方法は異なりますが重い症状の場合は脱毛出来ない可能性が高いです。

アトピーの症状が落ち着いていて、肌の状態も安定しているときであれば脱毛可能となっておりますが脱毛を契約する前の事前カウンセリングの際にアトピーの症状について相談しておきましょう。

アトピーの方はクリニックで行う医療レーザー脱毛がオススメです。医療レーザー脱毛は医師の施術となるため肌の状態を確認してもらいながら脱毛を進めていくことが出来ます。

またハイパースキン法と呼ばれる肌に与える負担が少ない脱毛方法を行っている「Dione」もオススメです。Dioneでは3歳からでも脱毛出来るくらい肌への負担が少ない脱毛方法なのでアトピーの方でも脱毛が可能です。

乾燥

肌がひどい乾燥状態の場合、脱毛出来ない場合があるので要注意です。肌が乾燥しているだけで断られるなんて!と思うかもしれません。ですが肌がひどく乾燥した状態で施術すると施術時に痛みを強く感じたり、施術後の肌トラブルの原因にもなり兼ねません。

また肌の水分量は脱毛効果にも影響を与えます。肌に含まれる水分量が多いほうがレーザーや光が毛根に伝わりやすく脱毛効果を高めます。肌の調子が良いときに脱毛していくことで脱毛効果が高くなるのです。肌が乾燥している状態だとレーザーや光の出力を抑えて施術する必要も出てきますので脱毛効果が少なくなってしまうのです。

脱毛する箇所は日頃からしっかり保湿して乾燥を予防する必要があります。乾燥肌体質の方も事前カウンセリングの際にカウンセラーに相談しておきましょう。

タトゥー

Tattoos

タトゥーが入っている箇所は脱毛NGです。脱毛の現在の主流はレーザー脱毛、または光脱毛です。レーザーや光を使った脱毛はレーザー、光を照射することによってメラニン色素などの黒い色に反応することで毛根に熱を加えて脱毛していきます。

そのためタトゥーが入った箇所にレーザー、光を照射するとタトゥーの色に反応しその部分に熱が加わってしまうのでヤケドの恐れがあります。

タトゥーが入っている場合、タトゥーから数センチ程度話すことで脱毛可能としている脱毛サロンやクリニックもあります。どうしても脱毛したい場合は事前に相談する必要があります。

またレーザー脱毛、光脱毛は不可能ですがタトゥーが入っていても「ニードル脱毛」という方法であれば脱毛可能です。ニードル脱毛は毛根に針のようなものを差し込んで電気を流して脱毛していきます。ただニードル脱毛は脱毛方法の中で最も痛い脱毛方法でありさらに毛穴1個1個処理していくため費用も高額です。

妊娠中の方

妊娠中の方も脱毛を断られてしまいます。妊娠中はホルモンバランスが変化します。そのため妊娠中に脱毛しても、十分な脱毛効果が得られません。

また妊娠中に脱毛してもお腹の中の赤ちゃんに重大な影響を与えることはないとされていますが、安全かどうか十分なデータが取れていないため万が一、赤ちゃんに影響が出てしまった場合責任が取れないという理由もあるのでしょう。

脱毛はある程度痛みが伴いますので、痛みによるストレスや脱毛時の痛みによって陣痛を引き起こす可能性もあるため妊娠中の脱毛はお断りされてしまいます。

これから妊娠する予定の方も出来れば出産後、落ち着いてから脱毛を開始することをオススメします。ただ、どうしても脱毛したい方は「期間無制限」のコースがある脱毛サロンやクリニックでの脱毛をオススメします。費用は割高になってしまいますが都度払いのコースが良いでしょう。

生理

period

生理中はVIOラインなどのデリケートゾーンの脱毛はNGとなる場合がほとんどです。衛生上の問題はもちろん、生理中は肌が敏感になっているため脱毛による刺激によって肌トラブルの原因にもなってしまいます。

また、生理中は妊娠中同様にホルモンバランスの変化によって十分な脱毛効果が得られなかったり、脱毛時の痛みが強くなってしまいます。

生理中の脱毛については「生理の日でも脱毛出来る?生理のときの脱毛対応方法」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

上記のリンク先で詳しくご紹介していますが脱毛を予約しているとき、急な生理が来てしまうとキャンセル料金が発生する場合があります。急な生理時の対応方法や生理不順の人におすすめの脱毛サロンやクリニックについてもご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

予防接種

脱毛前後の予防接種がある方は脱毛をお断りされてしまいます。予防接種はワクチンとして体内にウイルスを入れるため健康時の状態とは異なります。その状態で脱毛すると体調を崩してしまったり、肌トラブルを引き起こしてしまう場合があります。

脱毛前後の予防接種制限についてはそれぞれの脱毛サロンやクリニックで日数が異なる場合があるため、予防接種を予定している方は事前に相談しておく必要があります。

余計なトラブルを避けるためにも予防接種前後の脱毛は避けておきましょう。

服薬

処方薬、市販薬に関わらず薬を服用している場合は脱毛を断られてしまう可能性があるため注意が必要です。薬については事前カウンセリングの際に必ず確認されます。

薬の種類によってはレーザーや光に過敏に反応する成分が含まれているため、その状態で脱毛すると肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるためです。

薬の禁止期間についてはそれぞれの店舗によって対応が異なりますので事前に確認しておきましょう。定期的に薬を服用しなくてはならない方の場合は事前に医師の同意書が必要な場合があります。

薬の服用について決して自己判断をせずに必ず確認してください。

飲酒

飲酒している場合や二日酔いの場合、施術を断られてしまいます。飲酒していると脱毛処理中に気持ち悪くなってしまう可能性もあります。また飲酒すると血行が良くなるため、脱毛するとかゆみ、赤みといった症状が出てしまいます。

さらに飲酒は体温が上昇し、肌が乾燥するため脱毛効果が低下してしまいます。脱毛後の飲酒も控えましょう。脱毛後は肌の赤み、火照りが残っていますので飲酒すると悪化してしまう恐れがあります。

脱毛前後の飲酒は控えるようにしましょう。

日焼け

Sunburn

当日脱毛出来ないトラブルで多いのが「日焼け」です。脱毛クリニックの中には日焼けで脱毛出来なかった人の人数を張り出しているところもあるようです。

日焼けをすると肌はメラニン色素を生成します。脱毛に使用するレーザーや光はメラニン色素に反応してしまうため毛根ではなく肌がレーザーの熱を吸収し火傷の原因となってしまいます。

日焼けといっても度合いがありますが、肌が真っ黒になるくらい日焼けすると3ヶ月以上脱毛を禁止される場合があるので要注意。多少の日焼けなら良いのでは?と自己判断するとせっかく予約して通院しても脱毛NGとされる場合がありますので脱毛期間中の日焼けは出来るだけ避けてください。日焼け止めクリームや帽子、日傘などを活用して日焼けしないよう心掛けましょう。

日焼け止め・制汗スプレー

脱毛当日は脱毛箇所に日焼け止めクリームや化粧、制汗スプレーなど肌に何かを付けることを禁じられています。また、香水や虫よけスプレーなどもNGです。脱毛箇所はお風呂に入ってキレイにし、そのままの状態で脱毛する必要があります。

顔脱毛する場合は化粧も脱毛する前に落とす必要があります。このように脱毛の際は肌に何も付いていない状態にしなくてはならないということを覚えておいてください。

結婚式を控えている方

結婚式前、一生に一度の晴れ姿、背中やうなじなどムダ毛のないキレイな状態にしておきたいと思いますよね。でも、結婚式直前の脱毛は断られる可能性があります。

結婚式直前に脱毛して万が一、肌トラブルが起こってしまうと逆効果になってしまうので施術を断られる可能性が高いです。

結婚式を控えている場合、1ヶ月程度の余裕を見ておくことをオススメします。背中の処理はシェービングやワックス脱毛が良いでしょう。

結婚式を控えている方は事前にエスティシャンに相談しておきましょう。

まとめ

ご紹介してきた脱毛が出来ない場合については一般的なNGです。それぞれの基準については店舗毎に異なるので上記のような症状をお持ちの方、状況になった際はすみやかに契約している店舗に確認しましょう。

また契約前の事前カウンセリングで疑問点や脱毛出来ない場合についてしっかり確認しておきましょう。