アイキャッチ

くるぶしの黒ずみが起きる原因と黒ずみ解消の方法と予防法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
アイキャッチ

くるぶしに黒ずみができていて、何とか解消する方法が無いかと。。とお探しではありませんか?もしくは、くるぶしの黒ずみが人に見られることが気になって、くるぶしが見える靴を履くのが抵抗がある。。。とお悩みではないでしょうか?くるぶしはケアをする方も少ないので黒ずみを見つけられない方も多くいらっしゃいます。今回は、くるぶしの黒ずみを解消する方法と黒ずみを起こさないための予防法をご紹介します。参考にして頂いて、黒ずみの無いキレイな足を取り戻して下さいね。

くるぶしの黒ずみを起こる原因

くるぶしの黒ずみ

まず、くるぶしに黒ずみを起こる原因を知りましょう。くるぶしに黒ずみができる原因は大きく分けて下記の4つあります。

摩擦や刺激による黒ずみ

黒ずみが起こる原因で最も多いのが摩擦や刺激による黒ずみです。くるぶしに摩擦が起こると皮膚は摩擦による刺激から守ろうとしてメラニンを出します。そのメラニンが色素沈着を起こして黒ずみになってしまいます。摩擦による黒ずみは正座をしたり、あぐらをかいて座るときや、靴下との摩擦などの日常生活の中にある摩擦の要素を積み重ねて生成されていきます。非常に時間をかけて作られるということですね。しかも、くるぶし部分は角質層が厚い上にお肌のターンオーバーの働きがゆっくりとしているので、黒ずみが起こりやすく改善しづらいという特徴があります。

乾燥肌による黒ずみ

くるぶしは乾燥しやすい部位の一つです。お肌が乾燥をすると外部からの刺激を受けやすくなってしまい、結果として肌荒れや黒ずみが起こりやすくなってしまいます。しかも、お肌が乾燥状態になるとターンオーバーの働きも悪くなってしまうので、いつまで経っても改善されない状況が続いてしまうのです。

日焼けによる黒ずみ

日焼けによる黒ずみも原因の一つです。女性の方はくるぶしが出る靴を好んで履く方もいらっしゃるでしょう。しかし、くるぶしに対して紫外線対策を行っている方はほとんどいないはずです。そのため、くるぶしが紫外線の影響を受けてメラニンが生成され色素沈着を起こして黒ずみができてしまうのです。

血行が悪いことで起こる黒ずみ

血行が悪くなることもお肌が黒ずんで見えてしまいます。血行が悪くなるとお肌がくすんだ色になっていきます。血行が悪いため、血液がドロドロしていたり濁ったような色になっていきます。それが皮膚から透けてお肌が黒ずんでいるように見えるのです。

くるぶしの黒ずみを解消するための方法

ヒールを履く女性

くるぶしに黒ずみができてしまう原因についてはご理解頂けたかと思います。ここからは、くるぶしの黒ずみを解消するための方法をご紹介していきます。まずは、できるだけ早く解消するための方法をご紹介します。

美容外科や皮膚科でピーリングを行う

くるぶしの黒ずみは長い時間をかけてできていくものです。そのため、スキンケアやセルフケアで即効で解消するという方法は残念ながらありません。どうしても短期的に黒ずみを解消したいと思うのだれば、美容皮膚科や美容外科でピーリングを行うのが最も良い方法と言えるでしょう。メリットとしては短期的に結果が出やすいという反面、デメリットとしては費用がかかるという点があります。基本的に保険外の治療になりますので実費での負担になります。費用はクリニックによって異なりますので、まずは相談をしてみると良いでしょう。

重層による角質ケアで黒ずみを解消する方法

次に自分でできる解消法についてご紹介をします。黒ずみを解消するためには、まずはくるぶしに溜まっている不要な角質を落とさなくてはいけません。ここでは、不要な角質を効果的に落とす方法をご紹介します。

1.重層と保湿用のスキンケアを用意する

まずは、角質を落とすための重層を用意しましょう。重層はお肌への負担が少ないものを選ぶのがオススメですので、食用の重層を選ぶようにしましょう。それから、化粧水と保湿クリームも用意をしておきましょう。

【濡る温泉】広告バナー_解像度2倍
参考URL:塗る温泉

保湿力の高いクリームを選ぶことがくろずみ解消の近道です。塗る温泉には温泉成分がギュッと詰まっているため保湿力が高いのが特徴です。温泉から上がったあとのような保湿力を体感することが出来ますよ。また美白効果が期待出来るためくるぶしケアのクリームとしてオススメです。

2.重層を水に溶かしてくるぶしに塗っていく

重層を大さじ1杯と小さじ一杯の水を溶かしてペースト状にしましょう。重層のペーストができたら、くるぶしの部分に塗っていきます。その際に指の腹で優しくくるくるとなでるようにマッサージをしていきましょう。黒ずみの部分に重層ペーストをなじませていきます。

3.ぬるま湯ですすぐ

しっかりと重層ペーストがなじんだら、ぬるま湯でしっかりとすすいでいきます。温度は30℃〜32℃くらいのぬるま湯ですすいでいくようにしましょう。すすぎ落としがあるとお肌に刺激となってしまうので、しっかりと念入りにすすいでください。

4.清潔なタオルで拭き取る

キレイなタオルで水分を拭き取っていきます。ゴシゴシと拭くとそれが摩擦となってしまうので、とんとんとくるぶしにのせるようにして水分を拭き取っていきます。

5.化粧水と保湿クリームでケアをしよう

最後に化粧水と保湿クリームでケアをしていきましょう。保湿をしっかりと行うことでくるぶしの乾燥状態を防ぐようにしましょう。

上記の手順を月に2回程度繰り返し行っていきましょう。回数を増やせば早く黒ずみが解消されるかというとそうではありません。少しずつ角質を落としていきながら、保湿をして行ってターンオーバーの働きを正常に戻しつつ黒ずみが解消されるのを待ちましょう。先ほどご説明した通り、セルフケアではすぐに効果が出る方法はありません。焦らずにコツコツとケアを続けて下さいね。

黒ずみ解消用の専用クリームを使用する

セルフケアを行って黒ずみを解消しようと思うと長い時間がかかります。長い時間をかけて黒ずみを解消する時間がない、、、とはいえ、皮膚科に行ってピーリングをしてもらう費用もキツイ、、、という方は黒ずみ解消のための専用クリームを使用するのもオススメです。「ピューレパール」「ホスピピュア」はくるぶしの黒ずみを解消するには効果的なクリームですので、専用クリームを使って黒ずみの解消を目指すのも一つの方法と言えるでしょう。

くるぶしに黒ずみを起こさないために気をつけたいこと

靴下

くるぶしの黒ずみの解消法を行っていても生活習慣が変わらなければいつまで経っても黒ずみは解消されません。それどころか、どんどんと悪化していってしまいます。これから紹介するポイントに気をつけて黒ずみが起こらないように注意をしましょう。

摩擦や刺激はできるだけ避けるようにする

先ほど解説した通り、摩擦や刺激は黒ずみを起こしてしまう原因になります。そのため、摩擦や刺激はできるだけ避けるように心がけましょう。くるぶしにあたるような靴をやめたり、正座やあぐらをかくというのは避けるようにするなど工夫をしましょう。どうしても摩擦が起きてしまう状況のときは靴下やストッキングを履いて、できるだけ摩擦を軽減するようにして下さい。なお、お風呂に入って体を洗うときもナイロン製の布でゴシゴシと洗うようなことはせず、手でも大丈夫なので優しく洗うようにしましょう。

紫外線対策を行う

外出するときは紫外線対策を行いましょう。日焼け止めクリームを塗るということもそうですが、靴下やストッキングを履いて紫外線から影響を受けないように工夫をしましょう。

定期的に保湿を行う

保湿はとても大切です。くるぶしは乾燥しやすい部位ではありますので、定期的に保湿を行うようにしましょう。お肌が乾燥している状態は外部からの刺激に弱い状態になるだけではなく、ターンオーバーの働きも悪くなってしまいます。ターンオーバーが正常に働いていなければ、黒ずみが解消されることもありませんし、どれだけ解消法を試しても一時的なものになってしまいます。スキンケアと同様に、お風呂上がりに化粧水や乳液を使って保湿を行う癖付けをしましょう。

最後に

今回はくるぶしにできた黒ずみの原因と解消法と日常生活で気をつけるべきポイントについてご紹介を致しました。くるぶしの黒ずみはなかかな気づくこと無く、気づいたときには黒ずみが酷くなっているということが起きる場所です。今回の記事を参考にしていただいて、コツコツゆっくりと時間をかけて少しずつ黒ずみを解消していくようにしましょう。