care-method-of-the-sensitive-zone

デリケートゾーンのケア:気になる悩み3つのケア方法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
care-method-of-the-sensitive-zone

デリケートゾーンの黒ずみやニオイ、気になっていませんか?黒ずみもニオイも自分ではなかなか気が付かないんですよね。もし、パートナーが気がついていてもデリケートな問題なのでなかなか言い出しにくいでしょう。

デリケートゾーンはその名の通りデリケートな箇所なので丁寧にケアして行かなくてはなりません。今日はデリケートゾーンでの多い悩み3つのケア方法をご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

デリケートゾーンのニオイケア

care-method-of-the-sensitive-zone

デリケートゾーンで最も気になる悩み。それがニオイケアです。

デリケートゾーンは生理時の経血、おりものなどの原因から独特のニオイを発する場合があります。場合によっては自分でも感じることがあるかもしれません。そのため周囲の人もニオイを感じているのではないかと不安になってしまうことはございませんか?

デリケートゾーンのニオイが気になる原因は「雑菌」です。生理中のナプキンや下着による締め付けによってデリケートゾーンは蒸れやすい環境です。さらにデリケートゾーンはタンパク質が豊富なおりものを始め、経血や汗、尿、垢が雑菌のエサ(栄養)となって雑菌が繁殖しニオイの原因となってしまいます。

雑菌以外にもデリケートゾーンにはアンモニア臭の汗が出やすいアポクリン腺という汗腺が密集しているためニオイを発しやすいのです。

デリケートゾーンのニオイをケアするためには「正しい方法で洗う」ことが大切です。デリケートゾーンを清潔に保つためにはやみくもにゴシゴシ擦っては行けません。ゴシゴシと擦るのは逆効果になる場合もあるので注意が必要です。

デリケートゾーンの正しい洗い方

HOTE86_rotenburotobijyo15103631_TP_V

デリケートゾーンのニオイの原因は雑菌であることは先程ご説明しました。デリケートゾーンを清潔に保っていないとカンジタ菌、大腸菌、ブドウ球菌などの雑菌が繁殖してしまいます。デリケートゾーンの正しい洗い方を身につけることで雑菌の繁殖を防ぎ、気になるニオイを予防出来ます。

デリケートゾーンの洗い過ぎに注意!

デリケートゾーンを清潔にしようとゴシゴシと擦るように洗っていませんでしょうか?その洗い方、NGなんです。

ニオイが気になるときにゴシゴシと念入りに洗ってもニオイが消えたと感じることは少ないのではないでしょうか?むしろ逆にニオイが強くなったり、おりものの量が増えた、今までより乾燥している、または痛みが出るといった症状が出たことはございませんか?

デリケートゾーンは清潔に保つ必要があるものの、洗いすぎると善玉菌という体によって必要な良い働きをしてくれる菌までも洗い流してしまうのです。さらにゴシゴシ洗うことで摩擦が起こるため乾燥しやすくなってしまいます。

まずはデリケートゾーンをゴシゴシ念入りに洗う習慣は見直していきましょう。

よく泡立てて洗う

デリケートゾーンを洗うときはボディソープや石鹸をよく泡立てて洗うようにしましょう。泡立てずに洗おうとすると手の平や指で擦らなくてはなりません。手で擦らずによく泡立てた泡を使ってマッサージするように洗っていきます。

このような泡だてネットを使うときめ細かな泡を作り出すことが出来るのでオススメですよ。柔らかい泡を使ってデリケートゾーンを優しく洗ってあげましょう。

また洗うときはお尻を拭くときのように前から後ろに向けて洗います。ひだの部分を泡で優しく洗っていき、陰部に汚れが残らないように洗っていきましょう。

前から後ろへ向けて優しく洗う

デリケートゾーンを洗うときは前から後ろに向けて優しく洗っていきます。まずVラインは毛の根本を重点的に洗っていきます。その後、陰核部分→性器部分→外陰部分を指の腹を使って優しく撫でるように洗っていきます。決して擦らずに出来るだけ泡で揉むように洗ってください。最後に鼠径部や肛門を洗っていきます。

鏡でチェックして恥垢が溜まりやすい部分、特に陰核の包皮に隠れた部分や大陰唇と小陰唇の溝の部分は丁寧に洗っていくことでニオイ予防になります。

洗い流すときはぬるま湯を使う

泡を洗い流すときは「ぬるま湯」を使うようにしましょう。40℃以上のお湯は肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。そのため35℃前後のぬるま湯を使うことで皮脂を落とすのを防ぎ肌に優しく洗い流すことが出来ます。

デリケートゾーン専用のせっけんを使う

デリケートゾーンを洗うときに使う市販のボディソープには界面活性剤という添加物が含まれていて皮脂汚れを強力に落とすことが出来る一方で肌を保護するために必要な皮脂を落としてしまい、バリア機能が低下して雑菌が繁殖しやすい状態を作り出してしまう可能性があります。

デリケートゾーンの皮膚は顔の皮膚より薄いため刺激に敏感です。そのため毎日ボディソープで洗うとダメージを受けてしまい雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

そのためボディソープを選ぶ際は無添加の弱酸性の商品を選ぶことでデリケートゾーンに与えるダメージを軽減することが出来ます。ニオイ予防や黒ずみ予防に効果的なデリケートゾーン専用の石鹸を使うことをオススメします。

シークレットレディジャムウソープ



参考URL:【シークレットレディ ジャムウソープ】

ペマエンジェル レディハート




女性のデリケートゾーンケア石鹸【ペマエンジェル レディハート】

デリケートゾーン専用石鹸は「ジャムウ」という植物の葉や根などの天然成分を配合したインドネシア古来から伝わる民間伝承薬が含まれています。インドネシアの宮廷に使える官女たちが自らの体を磨くために使われていたものなんです。

天然由来成分以外含まれていないために肌にとても優しくデリケートゾーンのケアに最適な石鹸です。また、それぞれ独自にニオイ予防の成分や黒ずみ予防の成分は配合されているためニオイ予防にぴったりな石鹸です。

どちらの商品も口コミで好評化、リピーターも多数なので使ってみたい!という方は上記リンクから詳細を確認出来ますので参考にしてみてくださいね。

通気性の良いショーツでムレ予防

「ムレ」は雑菌が好む環境です。そのためデリケートゾーンのニオイ予防のためにはムレを予防することも対策の一つです。

ムレないように通気性の良いショーツを身につけることで気になるニオイ予防になりますよ。可愛くおしゃれな下着のほとんどは化学繊維で作られています。化学繊維は肌に与えるダメージも大きいためデリケートゾーンケアには適してしません。オーガニックコットン、シルク、100%コットンのような天然素材の下着がオススメです。

71zPcz8wMdL._SL1000_

参考URL:amazon

外出先で使うことが出来るウェットシートもオススメです。汗やおりものを外出先でもキレイに拭き取ることが出来るのでニオイ予防になりますよ。同様の商品で体を拭くタイプのウェットシートがありますがデリケートゾーンには絶対に使わないでください。ボディ用のシートにはデオドランド成分や化粧水などが含まれていますのでデリケートゾーンには不向きです。

膣内部のニオイが気になる場合は・・



参考URL:管理医療機器腟洗浄器inclearインクリア

インクリアは膣内の浄化をサポートするジェルです。本来、自浄作用によって清潔な状態をキープ出来るはずなのですが様々な外的要因によって自浄作用の力が弱まってしまうためニオイなどのトラブルを引き起こしてしまいます。インクリアを使うことで本来の自浄作用を取り戻しニオイケアになります。使った人の84%の人がニオイが改善されたという評価をしている効果が期待出来るデリケートゾーンのケアアイテムですよ。

それでもニオイが気になる場合は・・

デリケートゾーンのニオイケアは正しい洗い方や予防方法を実践していただくことでほとんどの場合改善していきます。ですが、それでもニオイが改善しない場合は医療機関を受診することをオススメします。

おりものの量が急激に増加したり、変色、悪臭という症状がある場合婦人科系の病気の可能性が考えられます。膣カンジタ、淋病、細菌性膣炎、トリコモナス膣炎といった病気である場合がありますので医師に診察してもらうことをオススメします。

すそわきがという陰部のワキガの可能性も考えられます。すそわきがについては「すそわきがの原因とチェック法|臭いを消す為の対策や手術法」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

デリケートゾーンのかゆみケア

デリケートゾーンのかゆみも女性にとっても大きな悩みの一つでしょう。デリケートゾーンのかゆみケアは先程ご紹介したニオイケアと基本的に一緒です。清潔な状態を維持することでかゆみの予防が出来ます。

かゆみの原因もムレ、おりもの、汗によるものがほとんどです。清潔な状態をキープしてかゆみを予防しましょう。日中は先程ご紹介したようなデリケートゾーン専用のウェットシートを使ってみましょう。

かゆみを放置してたくさん掻いてしまうとデリケートゾーンにダメージを与えてしまうためニオイや黒ずみの原因となってしまうのでかゆみが出ている場合は注意が必要です。

81O-4pfSvSL._SL1500_

参考URL:amazon

かゆみが強い場合はフェミニーナ軟膏がオススメです。生理中やおりものが多いときにムズムズした感じがあると思いますが、それを放置しておくと徐々にかゆみに変化していきます。さらにひどい場合は痛みとかゆみが同時に出てきてしまう場合もあります。かゆみは早めに対処することが大切です。

使い方も適量指に乗せて塗るだけなので簡単です。外側のかゆみのケアには適していますが膣内には塗るのはやめてください。

フェミニーナ軟膏でもかゆみが改善されない場合は迷わず病院に行きましょう。カンジタ膣炎などの婦人系の病気の可能性が考えられますので医師の診断のもと適切に対処してくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみケア

ニオイ、かゆみ同様にデリケートゾーンに起こるトラブルが「黒ずみ」です。デリケートゾーンの黒ずみは恥ずかしく人に相談しにくいお悩みですね。黒ずみがあるだけで自信を失ってしまう方もいらっしゃいます。

デリケートゾーンに黒ずみが出来る主な原因は摩擦などの刺激によってメラニン色素が過剰に分泌され、色素沈着が起きるためです。

・衣服や下着との摩擦による刺激

・カミソリを使ったムダ毛処理による刺激

・デリケートゾーンが汚れているために掛かる肌への負担

このように様々な原因によってデリケートゾーンは刺激を受けているためメラニン色素が過剰分泌され、黒ずみが出来てしまうのです。

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためにはこれらの刺激を予防することが大切です。デリケートゾーンの黒ずみケアについては「デリケートゾーンの黒ずみ改善のための全手順」で詳しくご紹介していますので参考にしてください。

最後に

デリケートゾーンのケアは正しい方法でしっかりと洗って清潔にすることが一番重要です。ニオイもかゆみも基本的には清潔に保つことで十分にケア可能です。黒ずみケアでも清潔に保つことが役立ちます。

デリケートゾーン専用の石鹸やジェル、クリームなど活用するとケアが楽になり症状改善に効果的です。

今日ご紹介したデリケートゾーンのケア方法を参考にしていただきお役立てください。