頭を抱えて悩む女性

股の黒ずみの原因と確実に解消するためにできる全ての対策法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
頭を抱えて悩む女性

股の黒ずみを取るにはどうしたら良いのだろう、、、そもそも、股の黒ずみの原因ってなんなのだろう、、、そんな風にお悩みの方も多いことでしょう。もしくは、股の黒ずみが気になってしまって彼氏も気にしているのではないか?と不安になっている方もいるのではないでしょうか?股の黒ずみは誰かに相談することもできないため、一人で悩んでしまいますよね。今回は、股の黒ずみができてしまう原因と解消するための方法をご紹介します。

股の黒ずみは誰でも起こる可能性があるもの

頭を抱えて悩む女性

股の黒ずみは自分だけなのではないだろうか?とお悩みの方も多いかと思います。もしくは、他の人と比べると自分は黒ずみをしている方ではないか?と思っている方も多いでしょう。しかし、最初に知っておいて頂きたいこととしては、肌のタイプによっては黒ずみが起こってしまうのはある程度仕方が無いということです。日焼けをしたときに赤くなって戻ってしまう方と、そのまますぐに黒くなる方がいますよね?そうなってしまうのは肌のタイプが違うからです。日焼けした後に、すぐに肌が黒くなるような方は股の黒ずみが起こりやすくなってしまう傾向があります。ですので、黒ずみ対策を焦ること無く、ある程度は仕方なの無いことだと思いながらじっくりとケアをしていくようにしましょう。

股の黒ずみの原因

悩む女性

股に黒ずみができてしまう原因はいくつか考えられるのですが、大きく分けると下記の○つに分けられます。

  • 洋服や下着による摩擦
  • 脱毛やケア方法の間違いによる刺激
  • ターンオーバーの乱れ
  • 炎症による色素沈着

一つずつご説明致します。

洋服や下着による摩擦

お肌は刺激を受けると、お肌を守ろうとしてお肌が厚くなってしまいます。下着はもちろんのこと、自転車のサドルなども摩擦の原因となってしまいます。サイズに合わない下着だったり、お肌を刺激してしまいがちな素材だと黒ずみを助長してしまいます。摩擦が原因で起こってしまう黒ずみは、皮膚の深い部分にできてしまうので、なかなか改善がしにくい原因でもあります。できるだけ自然素材のものを選んだり、お肌に摩擦が起きづらい服装を選ぶようにしましょう。

脱毛や間違ったケアによる刺激

アンダーヘアをケアするために毛を剃ったり、自分で毛を抜くという方は注意が必要です。頻繁に毛を剃ったり、自分で毛を抜くということを繰り返すことによって肌にとっては刺激となり、黒ずみが発生してしまう原因となってしまいます。しかも、自分で毛を抜くと毛穴が傷ついてしまいます。傷ついた毛穴に雑菌が入ってしまうと肌トラブルの原因となってしまうこともあるのです。自分で毛を抜くというのは避けておいた方が良いでしょう。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、非常に簡単に説明をすると古いお肌を新しいお肌に変えてくれる機能のことです。ターンオーバーが正常に働いていれば、日焼けをしてお肌が黒くなったとしても、時間をかけてゆっくりと元の肌色に戻してくれます。学生時代に外で活動する部活に入っていて、肌が黒かったのに大人になってから白くなってきたという経験がありませんか?あれは、ターンオーバーが正常に働いているので肌が元の色に戻ったのです。このターンオーバーが乱れてしまうと、黒ずみが元通りにならなかったり、シミができてしまう原因になってしまいます。

炎症による色素沈着

ニキビは治ったのにニキビ跡が黒くなってしまうという経験はありませんか?実は、それは炎症による色素沈着なのです。お肌に雑菌が入って炎症を起こしてしまうと、その部分に色素沈着してしまい黒ずんでしまうことがあります。汗ばんだり、かぶれたりしてしまうとかゆみが出てきて掻いてしまうこともあるかと思います。掻いてしまうと肌に傷がついて炎症を起こしてしまうのです。掻いた傷に色素沈着を起こして黒ずみを発生させてしまいます。

股の黒ずみを解消するための3つの方法

クリーム

ここからは、黒ずみを解消するための方法についてご紹介致します。

1.黒ずみができないように予防をする

既にできてしまっている黒ずみを解消する方法ではないのですが、最も大切なポイントとしては黒ずみができないように予防をすることです。自分で毛を抜いたり、傷をつけないようにするのはもちろんのこと、摩擦が起きないような下着や洋服を身に着けるようにしましょう。なお、ターンオーバーを正しい状態に整えておくのも必要です。ターンオーバーを整えるためには日常生活の改善とスキンケアが必要です。様々な要素があるのですが、大きく分けると「保湿」と「睡眠」です。詳しく解説しますね。

保湿はしっかりと行う

乾燥肌の状態が続いてしまうとターンオーバーが乱れてしまう原因となってしまいます。お肌を常に潤いのある状態を保って、乾燥肌にならないようにするのがポイントです。お風呂に入った後にはすぐに保湿を行うようにしましょう。保湿をする際は顔のスキンケアのときに使っている化粧水や保湿クリームは使わないようにしましょう。Vライン、Iラインは非常にデリケートなため、デリケートゾーン専用の保湿クリームを利用するようにしてください。

睡眠時間はたっぷり取ろう

お肌にとっては睡眠も非常に重要な要素です。お肌の代謝は寝ている間に行われます。睡眠時間が短かったり、睡眠不足の状態が続いてしまうと代謝が下がってターンオーバーが乱れてしまいます。仕事や勉強で忙しいとは思いますが、睡眠時間はたっぷり取るようにしましょう。なお、以前までは22時〜2時までの時間がターンオーバーを促進させるゴールデンタイムだと言われていました。しかし、現在では睡眠のタイミングは関係ないとも言われています。睡眠のタイミングよりは、いかにリラックスして深い眠りを取れるかが重要です。寝具を自分の好みに合わせたり、アロマを焚いたりと眠りやすい環境を整える工夫をしましょう。

2.股の黒ずみ解消効果のある美白クリームを使う

先ほどご紹介した予防はあくまで今よりも黒ずみをさせないための方法です。もう既に黒ずみができてしまっている方は、黒ずみ解消に効果のあるローションやクリームを使うことです。しかし、正直に言ってすぐには結果が出るものではありません。長い時間をかけてコツコツを使い続けて黒ずみを解消していきましょう。美白用のクリームやローションでも良いのですが、オススメとしては専用のクリームを使うことです。下記の2つのクリームは股の黒ずみ専用のクリームですので、黒ずみに悩む方は使ってみても良いでしょう。黒ずみを完全に無くすことはできないかもしれませんが、しっかりと続けて行けばかなりの改善が見込めます。

イビサクリーム 出典:黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

おすすめなクリームはイビサクリームです。利用者の実に96%以上の方が満足をしているという結果と、28日間の返金保障がついているため、安心して利用することができます。肌に合うことを確認した上で利用し続けることができます。美白クリームは毎月の定期購入を条件としているところが多い中、イビサクリームは単品での注文が可能なので、まずは1本から試してみることができます。

4.どうしても悩んでしまう方は美容皮膚科に行こう

黒ずみ解消法として美容皮膚科に行くのも一つの方法です。黒ずみの状態を相談した上で、内服薬と塗り薬を処方してくれます。病院で処方される薬はシミ治療にも使われることがあるものですので、期待できる効果は高いと言えます。黒ずみのセルフケアに不安があったり、悩みが深い方に関しては美容皮膚科に相談に行くのも良いでしょう。黒ずみについて相談に乗ってくれるかどうかは美容皮膚科によって異なりますので、訪問する前にホームページで確認をしたり、問い合わせをしておくと良いでしょう。

股の黒ずみに関するQ&A

ここからは股の黒ずみに関するQ&Aについてご紹介をいたします。

股の黒ずみにはニベアやオロナインが効くって本当?

股の黒ずみに限らず、肌の黒ずみにはニベアやオロナインが効くという話は聞いたことがあるかもしれません。当然個人差があるため、一概には言えないのですが、結論から言うと股の黒ずみにはニベアやオロナインは黒ずみ解消効果があるとは言えません。先ほどご紹介したように股の黒ずみは摩擦や刺激によってメラニンが生成され、そのメラニンが色素沈着をすることで黒ずみが起こります。オロナインやニベアは黒ずみに塗ることで保湿をしつつ、肌を外部の刺激や摩擦から守ってくれる働きがあります。そのため、黒ずみの悪化を防ぐという意味では効果は発揮することはありますが、黒ずみを改善したり解消するほどの効果までは無いと言えるでしょう。保湿ということを目的とするのであれば、化粧水や保湿クリームを使うことの方がオススメですし、美白を目指すのであれば先程ご紹介したイビサクリームを利用するのがオススメです。

股の黒ずみケアには重曹でのピーリングは効果的なの?

こちらも股の黒ずみに限らず、肌の黒ずみには重曹を使ったピーリングが効果的ということは聞いたことがあるかもしれません。結論を言うと、重曹ピーリングは股の黒ずみにも効果的です。重曹はお肌に詰まった汚れや古い角質を落としてくれ、新しい肌に再生してくれる働きがあります。本来、人はターンオーバーと呼ばれる肌の再生機能があります。しかし、このターンオーバーの働きは加齢とともに低下していってしまいます。重曹ピーリングを行うことで、この低下したターンオーバーの働きを正常に整えるためのサポートをしてくれるということですね。詳しい手順については下記の手順で行ってください。

用意するもの

  • 重曹(食用)
  • デリケートゾーン専用の保湿クリーム

まずは上記のものを用意しましょう。重曹は食用と掃除用の2種類があるのですが、必ず食用のものを用意するようにしてください。掃除用の重層は食用の重曹に比べて粒子が粗いため、肌に与える負担が非常に大きくなってしまいます。重曹は100円均一や、ホームセンターで販売されているものでOKです。なお、化粧水や保湿クリームは顔のスキンケアに利用しているものでOKです。それでは、下記よりケア方法の手順をご紹介します。

1.重曹と水を混ぜ合わせる

まずは重曹大さじ1杯に小さじ1杯の水を入れて、しっかりと混ぜ合わせましょう。ペースト状になるまで混ぜてください。

2.重曹ペーストを黒ずみ部分に塗っていく

作った重曹ペーストを黒ずみ部分に塗っていきましょう。ゴシゴシと擦らずに指の腹で撫でるように塗りましょう。

3.ぬるま湯で洗い流す

重曹ペーストがなじんだら、ぬるま湯で洗い流しましょう。すすぎ残しがあると、肌に刺激を与えてしまうのでしっかりと洗い流しましょう。

4.清潔なタオルで拭き取る

最後に清潔なタオルでトントンと優しく水分を拭き取るようにしましょう。

5.最後に保湿を行う

水分を拭き取ったら、保湿クリームを塗って保湿を行いましょう。先ほどもご説明致しましたが、股は非常にデリケートな場所ですので顔のスキンケアに利用している化粧水や保湿クリームは避けるようにして、デリケートゾーン専用の保湿クリームを利用するようにしましょう。専用の保湿クリームとしてはイビサクリームがオススメです。

重曹ピーリングは毎日行えば良いというものではありません。肌への負担が大きいため、まずは週に一回から始めるようにしましょう。

股の黒ずみ部分がかゆいのですが、大丈夫ですか?

股の黒ずみ部分がかゆくなるということもあります。これは、自分で行っているムダ毛の処理などが原因で炎症を起こしていることが考えられます。この場合は、黒ずみケアは後回しにしてかゆみのケアをすることを優先しましょう。炎症やかぶれがある状態で掻いてしまうと、炎症が悪化してメラニンが色素沈着してしまうことがあります。かゆみが起きる場合は、皮膚科に行って薬を処方してもらうようにしましょう。

最後に

今回は股に黒ずみができてしまう原因と解消するための解消法をご紹介致しました。冒頭でも触れました通り、黒ずみは誰でもできてしまうものです。今すぐに解消したいとは思いますが、焦ってケアをしてしまうとお肌に刺激を与えてしまい黒ずみを増やすことになってしまうので、コツコツと長い時間をかけて解消するという気持ちを持ちましょう。