corner-of-the-skin

お尻の黒ずみを解消する2つの方法と具体的な手順

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
corner-of-the-skin

お尻の黒ずみの解消するための方法を探しているけれど、具体的に何をすれば良いのかわからないとお悩みではないでしょうか?もしくは、お尻の黒ずみを解消しようと色々と工夫をしているけれど、一向に黒ずみが解消しないのはなぜだろう?と不安に思っているかもしれません。お尻にできた黒ずみ長い時間をかけてできたものなので、セルフケアではコツコツと時間をかけて解消を目指していくしかありません。今回は、お尻の黒ずみを解消するための方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

お尻の黒ずみを解消するための2つの方法

women doctors

早速ですが、お尻の黒ずみを解消するための方法についてご紹介を致します。大きく分けると2つの方法があります。

  • 美容皮膚科や美容外科での治療
  • セルフケアでの黒ずみの解消

上記の2つの方法が代表的なお尻の黒ずみの解消方法です。一つずつ詳しく解説を行ないます。

美容皮膚科や美容外科での治療

美容皮膚科や美容外科での黒ずみ解消治療はセルフケアに比べると短期間での黒ずみ解消が期待でき、黒ずみ解消の確率もセルフケアに比べると格段にアップします。ここでは、実際に美容外科や美容皮膚科でどんな治療を行なっているのかをご紹介していきます。

レーザー治療での黒ずみ解消

美容皮膚科と美容外科で最も短期間で黒ずみ解消を期待できるのはレーザー治療です。レーザー治療は肌内部のメラニン色素にのみ直接働きかけるので、効果的に黒ずみを解消できるようになります。ただ、レーザー治療は保険適用外の治療になりますので、かなり高額な治療になります。1回の治療で5〜6万円程度はかかると思っておいた方が良いでしょう。しかも、1回のレーザー照射で黒ずみを解消する訳ではなく、5〜6回程度の複数回が一般的な回数ですので安くても30〜40万程度はかかると思っておきましょう。

レーザー治療は黒ずみ解消用の治療の中では最も効果が高いと言える治療法ではありますが、費用も高い治療方法ですので、レーザー治療を選ぶ際は認識しておきましょう。

ピーリングでの黒ずみ解消治療

ピーリングは古い角質を取り除いて、新しい肌に変えてくれるためのサポートを行なう治療方法です。レーザー治療と同様に保険適用外の治療になるので、自費治療になります。1回5,000〜8,000円程度の治療費で、5〜6回の治療を1クールとしているところが多く、1クールが終わったあとに黒ずみの状況を見て、2クール目以降を継続するかどうかを決めるというイメージになります。ピーリング中はお肌が弱い状態になっているので、外部からの刺激に非常に弱くなっています。この状態で摩擦や刺激を受けるとメラニンを生成して黒ずみを発生させてしまうこともありますので、ケミカルピーリングを行なっているときはしっかりとしたケアが必要です。

処方薬での黒ずみ解消

皮膚科で黒ずみ解消用の薬を詳報してもらうことでも黒ずみ解消がきたいできます。皮膚科では市販で手に入れることができないハイドロキノンとトレチノインという薬を出してもらうことができます。ハイドロキノンは美白効果がり、トレチノインは角質を剥がす効果が期待できる塗り薬です。この2つの塗り薬を使うことで、黒ずみに効果的に作用して黒ずみを解消することが期待できます。ただし、非常に強い薬ですので妊娠中の方は利用できなかったり、肌の弱い方は赤みや肌荒れが起こることがあります。肌荒れは黒ずみの原因にもなりますので、黒ずみが悪化してしまうこともあります。誰でも肌に合う薬ではありませんので、しっかりと皮膚科の先生に相談をしましょう。

セルフケアでの黒ずみ解消法

Sensitive skin care

美容皮膚科や美容外科でのお尻の黒ずみの治療方法についてはご理解頂けたかと思います。ここからは、セフルケアの方法をご紹介します。自分で黒ずみを解消したいと思っている方はぜひ参考にして下さい。

摩擦や刺激が起こらないようにする

黒ずみを起こしてしまう原因の一つに摩擦や刺激が挙げられます。摩擦や刺激が起こることで、肌内部が刺激や摩擦から守ろうとしてメラニンを生成します。このメラニンが色素沈着を起こすことで黒ずみが発生します。特にお尻はナイロン製の下着や締め付けの強い下着を着ることがありますので、摩擦や刺激が起こりやすい場所と言えます。既にお尻の黒ずみが気になっているという方は、今後黒ずみを悪化させないという予防の意味も込めて、下着は肌触りの良い自然素材のものを選ぶようにするなどして摩擦や刺激が起こらないように意識をしましょう。

しっかりと保湿を行う

お尻に限った話ではないのですが、肌は乾燥状態にあると外部からの刺激に弱い状態になります。乾燥しているときに外部からの刺激が加わると、メラニンを生成してしまうので黒ずみの原因となってしまいます。お尻はスキンケアをしているという人はほとんどいないと思います。黒ずみが気になっている方は、お風呂上がりに保湿をすることを意識しましょう。保湿するときのクリームは保湿性があり、黒ずみ解消の効果があるものを選ぶようにすると良いでしょう。特にオススメなのがPeach Roseです。Peach Roseはお尻の黒ずみやシミ、ニキビのケアを専用としたクリームです。利用者の9割以上の方が満足しているというのと、60日間の返金保証がついているので、安心して使うことができます。お試しするときは”Peach Roseを試してみる“から利用してみましょう。

 

お尻の血行を促進させる

お尻の血行を促進させることも大切です。特に長時間イスに座ってデスクワークをするような方はお尻の血行が悪くなる傾向があります。血行が悪くなると、肌がくすんで見えるようになるため黒ずんで見えてしまうようになります。定期的にマッサージを行なったり、ぬるま湯で半身浴をしたりと血行が良くなるような工夫をしましょう。

最後に

今回はお尻の黒ずみを解消するための2つの方法と具体的な手順についてご紹介を致しました。お金に余裕があって短期間で解消を目指したいと思っている方は、美容皮膚科や美容外科での治療を選ぶようにして、お金をできるだけかけずに少しずつコツコツ解消して行きたいと思う方はセルフケアを選ぶようにするのがオススメです。今回の記事を参考にして頂いて、黒ずみのないキレイなお尻を手に入れて下さいね。