Interview

皮膚科でのお尻の黒ずみ治療の具体的な内容と判断基準

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
Interview

皮膚科に行ってお尻の黒ずみを改善するための治療を受けたいと思って調べているところではないでしょうか?もしくは、お尻の黒ずみを改善するために皮膚科に行きたいと思っているけれど、具体的にどんな治療内容でどのくらいの費用がかかるか分からないと不安な気持ちになっているところかもしれません。皮膚科での黒ずみ解消治療はセルフケアに比べると効果が高く短期間での解消を目指すことができます。今回はお尻の黒ずみを皮膚科で治療するときの治療内容やメリット・デメリットについてご説明をいたします。

美容皮膚科や美容外科で行う治療内容

Interview

まず先にお伝えしておきますが、黒ずみは長い時間をかけてできたものです。そのため、すぐに解消をしたり確実に黒ずみが消えるという方法はありません。美容皮膚科や美容外科での治療は即効性が高いものや、黒ずみ確率が高いものが多いですが、治療を受けたからといって必ず解消するものではないということは頭に入れておきましょう。

美容外科や美容皮膚科でのお尻の黒ずみ治療は大きく分けて下記の2つです。

  • レーザー治療
  • ピーリング
  • 専用の医薬品の処方

上記の2つについて詳しく説明をしていきます。

美容皮膚科や美容外科で行うレーザー治療

黒ずみ解消用のレーザー治療は、黒ずみ解消用のケアや治療の中で最も即効性が期待できる治療方法です。レーザー治療は多くの場合、黒ずみにのみ反応するようになっています。黒ずみは肌内部にあるメラニンが変色をして色素沈着したものです。美容外科や美容皮膚科で行うレーザー治療は、このメラニン色素にのみ反応をして取り除いてくれる働きがあるため、お尻の黒ずみ解消には非常に効果的な治療方法と言えます。メリットばかりのレーザー治療に見えますが、当然メリットとデメリットがあります。レーザー治療を選択する上でもしっかりと把握しておきましょう。

メリット

先ほども説明しましたが、レーザー治療のメリットは全てのケア方法や治療方法の中で最も即効性が期待できるという点です。病院や症状によっても異なりますが、お尻の黒ずみのレーザー治療は3〜5程度のレーザー照射を行うのが平均的と言われています。連続での照射はできないため、2〜3週間ごとに照射をするというイメージになりますが、それでも2〜3ヶ月程度で効果が実感できるようになるという計算になります。先ほどご説明した通り、レーザー治療はメラニンに直接働きかけて取り除くという治療方法のため、黒ずみが解消されるという確率は高い治療方法と言えます。

デメリット

デメリットはなんといっても費用です。レーザー治療は保険が効かないため、全て実費負担となります。治療費はクリニックによって異なるのですが、最低でも1回のレーザー照射ごとに5万円前後はかかると考えておくのが無難といえます。そのため、5〜6回程度の治療を行うだけでも25〜30万程度の費用は発生するということになります。黒ずみ解消の確率が高く、即効性がある治療法とはいえ高額な治療台とも言えます。

もう1点、デメリットを挙げるとすればレーザー治療は確実なものではありません。そのため、まれにレーザーの刺激がメラニンを生成させてしまって、黒ずみが悪化することがあります。なお、レーザーは非常に強い刺激を与えるのでお肌に炎症を起こしてしまうなどの肌荒れが起こる可能性もあります。

レーザー治療を選択するときは上記のようなメリットとデメリットがあるということを理解した上で治療に臨みましょう。

ピーリングによる黒ずみ治療

美容皮膚科や美容外科では黒ずみ解消にピーリングを行っているクリニックが多くあります。ピーリングは古い角質を取り除いてお肌を新しく再生さえるためのサポートを行う作用があります。レーザー治療ほど費用は高くありませんが、ケミカルピーリングも保険適用外の治療法ですので、全て実費負担となります。1回の治療費は5,000〜8,000円程度のクリニックが多いですが、5〜6回の治療を1クールとして設定し、1クール終わった後に症状が改善していなければ、もう1クール行うといった流れになります。ピーリングを行っている最中は肌が非常に敏感な状態になっています。そのため、日焼けや刺激を受けると肌荒れを起こしたり、外部からの刺激から守ろうとしてメラニンが生成されて、黒ずみが悪化してしまうということも起こり得ます。ピーリング治療を行おうと考えている方は、しっかりとしたケアを忘れずに行いましょう。

専用の処方薬による治療

皮膚科には市販では売ることのできない薬を処方してくれます。代表的な処方薬としては、ハイドロキノンという美白効果がある塗り薬と、トレチノインという角質を剥がす効果が期待できる塗り薬です。この両方の薬を使うことで、黒ずみを解消していくことが期待できます。しかし、注意が必要です。このハイドロキノンとトレチノインという薬は非常に強力な薬なため、赤みが出たり肌荒れを起こしてしまう可能性があります。敏感肌の方や肌が弱い方は使わない方が良いと言える薬と言えます。また、妊娠中の方は処方されませんので、その点も頭に入れておきましょう。

皮膚科以外のケア方法と予防法

aroma

そもそも、お尻の黒ずみができる原因は摩擦や刺激、乾燥肌やかぶれや炎症というのが大きな原因です。この黒ずみは日常生活における生活習慣も原因になります。ここでは、皮膚科の治療以外で黒ずみをケアするための方法と、黒ずみを悪化させないための予防法について解説をしていきます。

なお、お尻に黒ずみができる原因についての詳しい解説は「お尻に黒ずみができる原因と効果的な黒ずみの解消法と予防法」の記事を参考にしてください。

お尻に刺激や摩擦を与えないようにする

お肌に摩擦や刺激が起こると肌内部を守ろうとしてメラニンが生成されます。このメラニンが色素沈着することで黒ずみが発生します。特にお尻は長時間イスに座っていると摩擦や圧力がかかりやすくなったり、タイトな下着や肌への刺激が起こるナイロン製の下着を身につけていることで、慢性的に摩擦が起こるようになってしまいます。黒ずみを今よりも悪化させないためにも、自然素材の肌に優しい下着に変えたり、お尻を洗うときもゴシゴシと摩擦を与えないようにしたりと意識をしましょう。

乾燥状態にさせずにしっかりと保湿を行う

お肌は乾燥状態になると非常に敏感な状態になります。この状態で外部からの刺激を受けると、肌を守ろうとしてメラニンを生成させてしまいます。今よりも黒ずみを悪化させないためにも、お風呂上りにお尻の保湿ケアを行うようにしましょう。

お尻の保湿ケアのクリームの選び方とオススメクリーム

お尻の保湿ケアクリームを選ぶときの基準は、お尻をしっかりと保湿できるという点と黒ずみの解消も期待できるクリームを選ぶのが最適です。なお、選ぶ際の基準としては実際に利用した方の満足度が高いという点と、返金保障があるかどうかの2つです。

保湿ケアクリームは実際に使ってみないと良し悪しが判断できないため、ハズレを引く確率を下げるためにも利用者の満足度が高いものを選ぶようにし、実際に使ってみてから継続するかどうかを判断できるためにも返金保障がついているものがオススメです。

この2つの条件を満たすクリームとして特にオススメなのがPeach Roseです。Peach Roseはお尻の黒ずみやシミ、ニキビの専用のクリームです。Peach Roseは60日間の返金保障が付いているため、実際に使ってみてお肌に馴染む感じを確認してから安心して利用することができるのでオススメといえます。お試しするときは”Peach Roseを試してみる“から利用してみましょう。

お尻の血行を促進させ、ターンオーバーの働きも整える

長時間イスに座っているとお尻の血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると肌がくすんで黒ずんで見えるようになってしまいます。血行が悪化しないようにするためにも、長時間イスに座って仕事をしなくてはいけないときは、定期的に立ち上がってマッサージを行うようにしましょう。また、ターンオーバーの働きを正常に戻すことも大切です。仕事や学校で忙しいかもしれませんが、毎日6時間は眠れるように睡眠時間を確保するように工夫しましょう。

最後に

今回はお尻の黒ずみを解消するための皮膚科での治療内容や費用、皮膚科以外でのケア方法や予防法についてご紹介をいたしました。冒頭でもお伝えしましたが、美容皮膚科や美容外科で治療したからといって確実に黒ずみが解消されるわけではありません。どうしてもすぐに解消したいと思う方は美容皮膚科や美容外科で治療を受けて、少しずつコツコツ解消していきたいという方はセルフケアの方法を選ぶのがオススメと言えます。