eye catch

ココナッツオイルクレンジング3つの効果と使い方

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

ダイエット効果に美容効果、食べても肌に塗っても使うことが出来るテレビや雑誌で話題のココナッツオイル。ココナッツオイルはクレンジングとして使うことが出来るのをご存知ですか?

ココナッツオイルでのクレンジングは乾燥肌や敏感肌の人にオススメです。今日はココナッツオイルでクレンジングするメリットとやり方についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

1.ココナッツオイルクレンジング3つの効果

Coconut oil Cleansing

ココナッツオイルはクレンジングのように肌に直接塗ることでも美容効果を得ることが出来ます。日々の食事にも取り入れながら肌に使うことで様々なメリットがあるんです。ここではココナッツオイルクレンジング3つの効果についてご紹介しますね。

1.あなたの敏感肌クレンジングが原因かも?

いつも使っているクレンジングがあなたの肌を乾燥させたり敏感肌になっているのかもしれません。クレンジングオイルは洗浄力が強いためアイメイクなどのがっちりメイクも落とすことが出来ます。ただ、クレンジングオイルなどの強力なメイク落としには界面活性剤という成分が含まれているためメイクを落とすと同時に肌に必要な皮脂をも一緒に落としてしまいます。

皮脂が不足した肌は乾燥し、敏感肌の原因になってしまうのです。添加物が含まれていない天然のココナッツオイルをクレンジングとして使うことで肌へのダメージを与えず肌に優しいクレンジングが可能となります。

2.ビタミンEでアンチエイジング効果

ココナッツオイルにはビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEはアンチエイジングに効果的なビタミンなんです。

活性酸素を除去する効果

私達の体は日々生活しているだけで酸化していきます。体がサビついていく原因が活性酸素という物質が原因です。ビタミンEがには活性酸素を除去する効果があるため、肌に塗ることで活性酸素を除去しシミやシワを予防することが出来るため、メイク落としをしながらアンチエイジングの効果が期待出来ますよ。

保湿効果

ビタミンEは肌の角質層まで届く性質があるため肌に潤いを与えてくれます。乾燥肌や敏感肌のあなたの肌に潤いを与えることで肌の状態の改善が期待出来ます。

3.母乳にも含まれているラウリン酸でニキビ予防

ココナッツオイルには母乳にも含まれている「ラウリン酸」という成分が含まれています。ラウリン酸には肌の免疫力を高めたり、殺菌効果があります。赤ちゃんはお母さんの母乳を飲むことで免疫力を高め、菌への抵抗力を強くしていきます。ココナッツオイルは母乳に似た効果が得られるんです。ココナッツオイルは自然界の中でラウリン酸が最も豊富なんです。特に肌に塗ることで殺菌効果によりニキビ予防に効果が期待出来るんですよ。

2.ココナッツオイルクレンジングのやり方

まずはしっかり手を洗う

ココナッツオイルクレンジングに限ったことではないですがクレンジングを始める前はしっかり手を洗っておきましょう。

大さじ1杯程度のココナッツオイルを手に取る

ココナッツオイルクレンジングは大さじ1杯程度のココナッツオイルを手に取ります。少なすぎるとメイクがよく落ちないですし、多すぎても拭き取りに苦労します。大さじ1杯はあくまで目安ですのであなたに最適な量がわかるまで量を調整しながら試してみてください。

ココナッツオイルは手で温めてから使う

ココナッツオイルは25℃以下では個体です。クレンジングとして使うときは手のひらで温めて液体状にしてから使いましょう。

アイメイクなどは焦らずじっくり落とす

ココナッツオイルクレンジングは肌に優しい反面、添加物が含まれていないため洗浄力が強くありません。今まで使用していたクレンジングオイルでは簡単に落とすことがアイライン、ウォータープルーフのメイクを落とすには時間が掛かってしまいます。落ちにくいメイクにはココナッツオイルを塗布したあと数分待ってメイクを浮き上がらせてから落としましょう。ゴシゴシ擦ると摩擦が生じ、肌にダメージを与えてしまいますので擦らず優しく拭き取るイメージが大切です。

キッチンペーパーで吸い取る

ココナッツオイルクレンジングが終わったあと、肌にまだ残っているオイルをキッチンペーパーで吸い取ります。このときも擦らずに顔のペーパーを乗せてオイルを吸い取ります。

蒸しタオルでしっかり拭き取る

キッチンペーパーでオイルを吸い取ったあとは蒸しタオルで仕上げします。蒸しタオルを使ってまだ残っているオイルを拭き取りましょう。蒸しタオルを使うことでオイルが肌に馴染むのでココナッツオイルの成分が肌に行き渡ります。

洗顔

クレンジングが終わったらいつも通りに洗顔します。ただ、洗顔も間違った方法で行うと肌が乾燥したり敏感肌の原因となりますので正しい方法で洗顔しましょう。洗顔方法については「乾燥肌のあなたのための正しい洗顔方法5つのポイント」で詳しくご紹介していますので合わせて読んでみてくださいね。

保湿

nuruonnssenn2

参考URL:塗る温泉

洗顔が終わったら仕上げとして保湿クリームや美容液を使って肌の潤いを逃がさないようにします。乾燥肌や敏感肌に悩んでいる人は保湿することがなにより大切です。塗る温泉は温泉特有のミネラルイオンがギュッと詰まっているクリームなので温泉に入ったあとのようなしっとりモチモチした肌を体感することが出来ます。しっとりした状態は肌の潤いが保たれている証拠です。温泉に入らずとも温泉あがりのモチモチ感を体感出来るクリーム試してみてください。赤ちゃんのおむつかぶれにも使えるくらい肌に優しい成分なので敏感肌でお悩みの方でも安心して使うことが出来ますよ。

3.ココナッツオイルクレンジングの注意点

パッチテストを行う

ココナッツオイルクレンジングは肌に優しいクレンジングです。ただ、中には肌に合わない人もいらっしゃいますのでココナッツオイルクレンジングを試す前に必ずパッチテストを行なってください。出来るだけ目立たない箇所でパッチテストを行なって問題がない場合のみココナッツオイルクレンジングを実践してみましょう。パッチテストのやり方については「パッチテストで肌トラブルを防ぐ!知っておきたい5つのコト」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

ココナッツオイルの選び方

ココナッツオイルクレンジングする際は、ココナッツオイルの質にもこだわってください。市販されているものでも構いませんが安価なココナッツオイルだ不純物が多かったり、しっかり精製されていないものが多いため十分な効果が得られない場合があります。

ヴァージンココナッツオイルを選ぶ

ヴァージンココナッツオイルとは、ココナッツの種の中にある胚乳を化学的処理を行わずに処理や添加物が一切含まれておらず精製度が高く、加熱処理等もされていない天然のココナッツの成分がギュッと詰まったオイルです。

 

加工が施されていないココナッツオイルのほうが、ココナッツオイル本来の成分の効果がそのまま残っているため、食べるときもクレンジングのときも効果を実感しやすいです。市販されている安価なココナッツオイルを使い続けて効果がない!と判断せずにまずはヴァージンココナッツオイルを使ってみてください。

スキンケア用を活用する

ココナッツオイルクレンジングに不安を感じている人はスキンケア用のココナッツオイルを使ってみてください。

 

食用のココナッツオイルでもヴァージンオイルを使うことで肌トラブルが起こりにくくなりますが、食用を肌に塗ることに抵抗がある人はスキンケア用を使うことで安心して使うことが出来ます。

まとめ

クレンジングは洗浄力が強い半面、肌への刺激が強く肌に必要な皮脂が落ちてしまうため乾燥肌や敏感肌の原因となってしまいます。ココナッツオイルには肌の殺菌作用やビタミンEの保湿成分が豊富なので肌への嬉しい効果を感じながら化粧落としが可能です。

敏感肌の人はオリーブオイルでクレンジングすることも可能です。「敏感肌の人必見!オリーブオイルクレンジング3つのポイント」で詳しくご紹介していますので興味のある方は是非参考にしてみてくださいね。

ココナッツオイルクレンジング、ココナッツオイルクレンジング双方肌に合わない場合がありますのでパッチテストを行ってから実践してくださいね。

今日ご紹介したココナッツを活用したクレンジング方法を参考にしていただき、メイク落としをしながらも肌をケアしてみてくださいね。