eye catch

デリケートゾーンの黒ずみ:皮膚科でケアする2つの方法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

デリケートゾーンの黒ずみ、気になりますよね。解消するために皮膚科に通院しようかお悩みではございませんか?

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科で解消する方法は処方薬とレーザー治療の2パターンあります。

市販されている黒ずみケア用品より刺激が強く医療機関でのみ処方される薬もあるんです。またレーザーはより早期に黒ずみを解消したい人にオススメです。今日は皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法についてご紹介しますね。

皮膚科で行うデリケートゾーンの黒ずみ対策:処方薬

Darkening of the sensitive zone Dermatology

デリケートゾーンの黒ずみは恥ずかしくて人に相談出来ずにどうしたら良いかわからないとお悩みではございませんか?

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるのはあなただけではありません。多くの女性が少なからず黒ずみに悩んでいますよ。

デリケートゾーンの黒ずみを確実に解消したいとお考えのあなたには皮膚科に行くことをオススメします。医師の診断に基づいて適切に処置してくれるので安心してケアすることが出来ます。

皮膚科で行う黒ずみ解消方法は2パターン。「治療薬」と「レーザー治療」です。まずは処方薬についてご紹介しますね。

デリケートゾーンの黒ずみ解消方法:処方薬

皮膚科で行うデリケートゾーンの基本的な処置は薬を使ったケアです。市販されてる黒ずみケア用コスメも多数存在しますが皮膚科で処方される薬と比較すると効果が少ないものが一般的です。なぜなら皮膚科で処方される薬は医師の処方箋のみでしか扱うことを許されていない刺激の強い薬だからです。そのため医師の指示通りに使わないと肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

最近では海外から個人輸入して薬を使うことが出来てしまいますが、間違った使い方をすると大変危険ですので皮膚科で処方してもらうことをオススメします。特に中国製など安価なものは絶対に使用を控えてくださいね。

個人輸入した薬を使用したため、黒ずみの悪化または肌トラブルが起きてしまった後に皮膚科に通院する方も多くいらっしゃるようです。一度、肌トラブルが起こってしまうと治療するのが困難な場合もあるようなので注意してください。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは美白成分がビタミンCやプラセンタの100倍とも言われるくらい効果が高い薬です。デリケートゾーンの黒ずみの原因は摩擦などの刺激による「メラニン色素の沈着」です。メラニン色素が沈着することで黒ずみを引き起こしてしまうため、ハイドロキノンの美白成分で黒ずみをケアしていきます。

ハイドロキノンには2つの美肌効果が期待出来ます。メラニンの数を減少させる効果とメラニンの生成を抑制する効果です。

メラニン色素を生成するメラノサイトを減少させる効果、またメラニンの合成酵素チロシナーゼを抑制する効果があるので今ある黒ずみのケアとともに今度出来るであろう黒ずみの予防にも繋がります。

このようにハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみケアに効果的な成分なのです。ただ、ハイドロキノンは単体で塗っても肌に浸透しにくいという特徴があります。ハイドロキノンを浸透させるためにトレチノインという薬と一緒に使うのが一般的です。

th_スクリーンショット 2016-07-11 11.14.12
参考URL:湘南美容外科クリニック

トレチノイン

ビタミンA誘導体であるトレチノインは、ビタミンAの約50倍の効果があります。ピーリング効果という古くなった角質を剥がし、肌のターンオーバーを促してメラニンを排出する効果があります。ハイドロキノンとの一緒に使うことで効果的に黒ずみを解消することが出来ます。

またトレチノインを長期間外用することでヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進する効果があるため肌のツヤやハリを取り戻すこと効果も期待出来ます。

ハイドロキノンをの肌への浸透を促すとともに、ハイドロキノンとは違ったアプローチで黒ずみを解消する効果があります。

th_スクリーンショット 2016-07-11 11.26.54

参考URL:湘南美容外科クリニック

トレチノイン・ハイドロキノンの注意点

ここまでご紹介したようにトレチノインとハイドロキノンにはデリケートゾーンの黒ずみ解消に効果的な薬です。ですが、いくつか注意点がありますので皮膚科に通院する前に是非一度ご確認ください。

保険適用外のため高額

デリケートゾーンの黒ずみ解消のためにトレチノインとハイドロキノンを処方された場合、保険適用外なので高額となってしまいます。デリケートゾーンの黒ずみ解消はあくまで「美容目的」であるため保険適用になりません。そのためトレチノイン、ハイドロキノンともに1本5000円〜6000円という高価な薬となってしまいます。また、黒ずみを解消するためには1本だけでは足りず、3ヶ月程度継続して使用し続けなければなりません。その間、数回通院しなければならず診察料も掛かるため相応の出費は覚悟しておく必要があります。

デリケートゾーンに使うときは要注意!

トレチノインとハイドロキノンはデリケートゾーン以外の黒ずみにも処方されます。そのため、他の部位にために処方された薬をデリケートゾーンの黒ずみに使用するのは控えてください。ハイドロキノンクリームは1%〜5%と濃度が異なります。そのため、5%のように濃い濃度のクリームをデリケートゾーンに塗るとかぶれ、湿疹、白斑といった肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。皮膚科で処方されたハイドロキノンでも使用する箇所によって濃度が異なります。デリケートゾーンは特に敏感な箇所なので使用する際は医師の指示に従って使用してください。

保管方法にも注意

トレチノイン、ハイドロキノンともに非常に酸化しやすい薬です。そのため、保管方法にも注意あ必要です。開封未開封問わず1ヶ月程度で劣化してしまいますので熱や光が当たらない冷蔵庫で保管しましょう。また、1ヶ月を過ぎてしまって酸化した薬は肌への刺激が強くなってしまうため使い切れずに残ってしまっても使用を控えてください。処方されたら1ヶ月で使い切るようにしましょう。

妊娠中・授乳中はNG

皮膚科に通院した場合は必ず指摘されることではありますが、トレチノイン・ハイドロキノンは妊娠中、授乳中は使用出来ません。また、妊娠予定の方も使用は控えたほうが良いでしょう。

妊娠中はホルモンバランスの変化から体のあらゆる箇所で黒ずみが気になってしまうかもしれません。ですが、出産後にホルモンバランスが正常に戻ると黒ずみも改善することがほとんどですので妊娠中、授乳中に出来た黒ずみは気にする必要はありません。

デリケートゾーンの黒ずみ解消方法:レーザー治療

women doctors

処方薬による黒ずみケアでも改善しない場合に考えられるのがレーザー治療です。レーザー治療とは、医療用のレーザーを照射することで真皮内という皮膚の奥深くまで到達させてメラニン色素を破壊し黒ずみを解消する方法です。メラニン色素などの黒い色に反応するレーザーなので黒ずみ以外の部分にダメージをほとんど与えることなく処置出来ます。

レーザーによって破壊された黒ずみ、メラニンは肌のターンオーバーによって肌の表面に浮き上がり剥がれ落ちていきます。そのためレーザー照射は1度だけでは不十分で数回照射する必要があります。

レーザー治療に使われる器械は2種類があります。黒ずみの症状や箇所によって選ぶべき器械が異なりますのでレーザー治療を検討している方はクリニックを選ぶ際の参考にしてみてください。

レーザートーニング

レーザートーニングはVライン、Iラインの黒ずみ解消にオススメです。

QスイッチYAGレーザー・メドライトC6という医療用のレーザー機器を使用し、同じYAGレーザーと比較しても別物といって良いくらい安全に色素沈着を除去することが出来る機器です。

シミの除去に使用される一般的なレーザーは、照射する中心が最もエネルギーが強く中心から離れるにつれて弱くなっていきます。レーザートーニングは対照的に均一強弱のムラがなく照射することが出来ます。つまり患部に対して平らに照射出来るという特徴があります。

レーザーのエネルギーが照射面に均一になるため肌へのダメージを軽減し、弱い力の照射でも色素の量が減少するためデリケートゾーンの色素沈着でも安全に使うことが出来ます。

th_スクリーンショット 2016-07-11 11.34.49

参考URL:湘南美容外科クリニック

施術時間と回数

レーザートーニングは黒ずみの広さや深さによっても異なりますが1回のち領事館は通常5〜20分くらいで済みます。施術後も入院などは全く必要とせず入浴など日常生活にも支障を来さないので仕事をしている人でも問題なく受けることが出来ます。

施術回数も黒ずみの状況によって異なります。1回でも効果を実感出来る場合もありますが肌のターンオーバーのタイミングに合わせて数回施術することでメラニンを確実に除去していくことが出来ます。

料金

レーザー治療で気になるのはその料金。QスイッチYAGレーザーでの治療はクリニックによっても異なりますが1回あたりの施術で1〜2万円というのが相場のようです。複数回パックで申し込むことで1回あたりの単価を下げることも出来るようです。Iライン、Vラインの黒ずみ除去には回数によっても異なりますが6〜10万円前後の費用は見積もっておく必要がありそうです。

QスイッチYAGレーザーを取り扱っているクリニックは基本的に無料カウンセリングをしてくれますので興味がある方はカウンセリングから始めてみましょう。

インティマレーザー

インティマレーザーは女性器(大陰唇・小陰唇)の黒ずみ解消にオススメです。

先ほどご紹介したQスイッチYAGレーザーは黒ずみが気になる箇所に外からレーザーを照射することでメラニンに働きかけて除去します。一方、インティマレーザーはデリケートゾーンの内部から治療を行う方法なんです。

th_スクリーンショット 2016-07-10 20.44.43

そのため大陰唇や小陰唇の黒ずみ除去に効果的なレーザー治療なんです。デリケートゾーン内部に蓄積された色素沈着や角質を除去することで本来の状態を取り戻すことが可能です。

th_スクリーンショット 2016-07-10 20.47.40
参考URL:湘南美容外科クリニック

テレビCMでもお馴染みの湘南美容外科クリニックには美容皮膚科もあるためインティマレーザーでの治療を受けることが出来るクリニックがあります。基本的にはどこのクリニックでも行っていますが無料カウンセリングを受けることが出来ますので興味がある方はカウンセリングを受けてみてくださいね。

施術時間と施術回数

インティマレーザーでの治療も、黒ずみの状態にもよりますが1回の施術時間は15〜30分程度です。また施術を受けた当日からシャワーは可能なようです。ただし、入浴は72時間経過後となっています。インティマレーザー治療も入院は必要としないためお仕事をしている方でも問題なく治療出来ますね。

施術回数も黒ずみの状況によって異なりますが少ない場合は1回、多い場合でも3回程度の施術で完了となるようです。QスイッチYAGレーザーで行うVライン、Iラインの黒ずみ除去よりも回数は少なくて済みますね。ただし、1度施術した後は7日間のダウンタイムが必要となります。

料金

インティマレーザー治療の気になる料金ですが、98,000円〜となっているため最低でも10万円以上は掛かります。デリケートゾーンの内部からの治療となるため相応の費用が発生してしまいますね。

まとめ

皮膚科で行うデリケートゾーンの黒ずみ解消方法は処方薬とレーザー治療の2パターンあります。処方薬にはハイドロキノン、トレチノインという2種類の薬を塗ってメラニン色素を除去していきます。ハイドロキノン、トレチノインともに刺激の強い薬なので医師の指示に従って使用してください。海外製の安い薬を個人輸入することで安価に手に入れることが出来ますが使い方を間違えると重大な肌トラブルの原因となりますので注意してくださいね。

レーザー治療の場合、VラインやIラインにはQスイッチYAGレーザーという機器を使用します。大陰唇、小陰唇の黒ずみ除去にはインティマレーザーがオススメです。どちらの治療も1回15分〜30分程度と短く入院する必要がないためお仕事をしている人でも安心して受けることが出来ますよ。

今日ご紹介した皮膚科で行うデリケートゾーンの黒ずみケア方法を参考にしていただき、あなたの悩み解消にお役立てください。