eye catch

ちくびの黒ずみ:皮膚科通院する前に知っておくべき3のこと

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

ちくびの黒ずみがすごく気になるし、段々悪化しているような気がする。皮膚科などの病院に行くことで改善させることは出来るの?とお考えではございませんか?

美容皮膚科ではちくびの黒ずみに対して処方してくれるため黒ずみ解消が期待出来ますよ。また治療薬だけじゃなくレーザーによる治療方法もあります。今日は皮膚科で行うちくびの黒ずみケアについてご紹介しますね。

1.皮膚科で行うちくびの黒ずみケア〜治療薬によるケア

Dermatology

ちくびの黒ずみを解消するためにはプロである皮膚科で見てもらいたいと思うのは同然かもしれません。ちくびの黒ずみケアは市販されているクリームでのケアなどその方法は様々です。自己判断での間違った処理によって症状が悪化したり、肌荒れなどのトラブルは出来るだけ避けたいとお考えですね?

では皮膚科に通院した場合、どのような処置が施されるのでしょうか?それぞれの病院によっても異なると思いますがここでは一般的な治療方法についてご紹介します。

治療薬によるケア

ちくびの黒ずみケアのための治療薬が処方されるのが一般的です。皮膚科では主に「トレチノイン」、「ハイドロキノン」という治療薬が処方されて黒ずみが気になる箇所に塗ることで美白していくという治療法が一般的でしょう。トレチノインとハイドロキノンは基本的には医療機関のみで処方出来る医薬品のため黒ずみ専用の化粧品と比較すると有効成分が何倍も含まれているという特徴があります。

トレチノイン

トレチノインは美肌には欠かせないビタミンAの誘導体で、通常のビタミンAよるも安定した効果があると言われています。

肌の角質を剥がすピーリング効果、皮脂の過剰な分泌を抑制する効果、コラーゲンやヒアルロン酸を生成して肌のハリやシワを解消する効果が期待出来ます。

特に古い角質を剥がすピーリング効果が強力なので肌のターンオーバーを促進することで黒ずんだ古い角質を除去することで黒ずみを改善させる効果が期待出来ます。また肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸を増加させるので黒ずみを解消しながらツヤやハリのある肌を取り戻すことが出来ます。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは漂白作用が強い成分で、いわゆる美白効果が期待出来ます。ちくびの黒ずみの大きな要因は摩擦などの刺激によって起こるメラニン色素の沈着です。

ハイドロキノンはメラニンを作り出す酵素を弱らせ、メラニンを作り出すメラノサイトの働きを抑制することで黒ずみを防ぐことが出来ます。つまり今ある黒ずみを改善しながら、次に出来るであろう黒ずみの予防にも効果が期待出来ます。

ハイドロキノン単体で肌に塗っても肌に浸透しにくいという特徴があります。そこで先ほどご紹介したトレチノインと合わせて使うことで肌に浸透しやすくなります。ハイドロキノンで今あるメラニンの数を減少させながらトレチノインのターンオーバー促進効果で体外へ排出して黒ずみを改善していきます。

トレチノインとハイドロキノンの注意点

輸入品によるセルフケアには要注意

ちくびの黒ずみを解消するために皮膚科を受診した場合に処方されるトレチノインとハイドロキノンは高額であるため海外からの輸入品を購入して使っている方もいらっしゃいますが、知識がないままに使うと肌に大きなダメージを与えたり中には取り返しのつかないような症状を引き起こしてしまう場合があるので要注意です。

トレチノインとハイドロキノンを使う場合は医師の指導の元、適切な使い方を学んだうえで使うようにしましょう。

妊娠中はNG

ちくびの黒ずみにお悩みの方の中には妊娠してから急に黒ずみが気になりはじめたという方も多いのではないでしょうか?妊娠中はホルモンバランスの変化します。女性ホルモンの分泌が急激に増加しメラノサイトを刺激するためメラニンをたくさん分泌するためちくびが黒ずんでしまいます。

トレチノインとハイドロキノンは効果が強い薬なので妊娠中に使うことが出来ません。妊娠・授乳期間が終わったらあとは使うことが出来ますが出産後はホルモンバランスが正常化することでちくびの黒ずみも解消する可能性がありますので妊娠中の黒ずみはあまり悩む必要がありません。

トレチノインの劣化に注意

トレチノインは開封未開封問わず1ヶ月程度時間が経つと劣化してしまいます。劣化してしまうと効果が半減してしまうので注意しましょう。また保管する際は熱や光によっても劣化が進んでしまうためしっかりと密閉した状態で冷蔵庫の中で保管する必要があります。

2.皮膚科で行うちくびの黒ずみケア〜レーザー治療

Laser

美容皮膚科の場合、ちくびの黒ずみは「レーザー」によって改善していくという治療方法があります。レーザーによる治療は医療用のレーザー機器で肌に負担を与えないくらい弱いレーザーを照射することでシミや色素沈着のような「黒い色」のみに反応して色素を破壊することで黒ずみを改善していきます。

レーザーによるちくびの黒ずみケアは薬と比較するとより速く、確実な効果を実感出来るというメリットがあります。また1回の施術時間が非常に短時間で多少痛みはあるものの、脱毛のように長時間照射する必要がないため痛みにも耐えやすいといえるでしょう。

レーザー治療の費用

ちくびの黒ずみをレーザーで治療する場合は治療薬によるケアと比較するとさらに高額になります。それぞれのクリニックによっても当然異なりますが1回2〜4万円程度掛かる場合があります。また1回の治療で改善しない場合は2、3度通院する必要があるかもしれません。2回目以降は無料で対応してくれるクリニックもありますが2回目以降も費用が発生する場合がありますので事前に確認しておく必要があります。

そのためまずは治療薬を使うのが一般的です。治療薬でも改善しないような本当に頑固な黒ずみの際にレーザー治療を行うことをオススメします。

3.ちくびの黒ずみで皮膚科に行く前に試して欲しいこと

皮膚科や美容皮膚科では医師の指示のもとに治療することが出来るためより効果的にちくびの黒ずみを改善することが出来ますし安心して治療することが出来ます。ただ、お医者様に見られてまで治療したくないという方や費用が高額なのでまずは自分でなんとか対処したいと思っている人も多いのではないでしょうか?

そこでここではまずは自分で出来るちくびの黒ずみケア方法をご紹介します。

1.美白成分が配合されたクリームを使ったケア

皮膚科で処方されるような強い薬ではないものの、ちくびの黒ずみ解消効果が期待出来るクリームを使ってみるという方法です。お医者さんに見られず自分で自宅でクリームを塗るだけで改善するのであればそれに越したことはありません。ただ、お金を出して購入するクリームなので全く効果がないものは無駄遣いになってしまいます。

確実にピンクになるクリームというのは残念ながらありません。ですが、あなたの体質に合ったクリームを選ぶことが出来れば徐々に改善することが出来るでしょう。自分に合ったクリームを選ぶ最も確実な方法は「実際に使ってみる」ことです。

実際に使う方法としては「お試し期間があるクリーム」または「返金保証があるクリーム」を使ってみましょう。お試し期間や返金保証期間は長いに越したことはありません。1周間程度使っても変化を感じることが出来ないでしょう。少なくても1ヶ月、出来れば3ヶ月程度使い続けないと効果の有無は判断出来ないです。

実際に使ってみて効果を感じない場合は返金してもらってそのお金で皮膚科に行くことも可能ですよね。ここでは返金保証があるクリームについてご紹介します。

返金保証180日間:アットベリー

薬用アットベリー
ワキや二の腕などの黒ずみに!【薬用アットベリー】

ちくびの黒ずみ解消コスメの中では最も返金保証期間が長い「薬用アットベリージェル」は180日間のお試しが可能です。約6ヶ月使用することで自分の肌で実際に試すことが可能です。

ちくびの黒ずみの原因である摩擦による刺激や乾燥に対して肌の中と外から同時ケアで気になるちくびの黒ずみにアプローチすることでケアしていきます。

5種類の美白成分、6種類の保湿成分、5種類の植物成分で肌を保護してメラニンの発生を抑制する効果が期待出来ます。

日本国内の工場で徹底管理の元製造されているので安心して使うことが出来ます。また余計な添加物が入れずにデリケートなちくびにも低刺激で安心して使うことが出来ますよ。

返金保証90日間:ホスピピュア



【ホスピピュア】

こちらは返金保証90日間、約3ヶ月間お試しで使うことが出来る【ホスピピュア】。テレビCMでお馴染みの湘南美容外科クリニックとの共同開発商品です。

ちくびの黒ずみの原因であるメラニン色素が作られ始める一番初期をブロックする成分「トラネキサム酸」が配合されています。従来の美白成分はメラノサイトからメラニン色素が作られるのを抑制していたのに対し、トラネキサム酸はメラノサイト刺激因子の働きを抑制する作用があるため内側から働き掛けることで黒ずみにアプローチすることが出来るんです。

その他、肌サイクルを整えるための成分や保湿成分も含まれているため黒ずみだけじゃなく肌のツヤやハリをアップさせる効果が期待出来ますよ。

返金保証60日間:ピューレパール

乳首訴求
ワキの黒ずみ専用ジェル!【ピューレパール】

返金保証期間60日間、約2ヶ月間お試しで使うことが出来る「ピューレパール」。カミソリでのムダ毛処理、下着などによる摩擦などで起こるちくびのダメージによって生じる黒ずみに対して、ちくびを保湿し肌本来のターンオーバーを取り戻すことによって黒ずみケアする黒ずみ解消コスメです。

プラセンタやコラーゲンなどの保湿成分をはじめ、3種類の高濃度美白成分、抑毛成分、制汗・消臭成分でトータル的なちくびのケアが可能です。

まとめ

ちくびの黒ずみを改善させるためには皮膚科や美容皮膚科への通院は有効な手段といえるでしょう。医師の指示のもとに処方された治療薬を使うことで市販されているケア商品より確実な効果を実感出来る可能性が高いです。治療薬で改善しない場合はレーザー治療という選択肢があるのも魅力的です。費用は高額ですがあなたのちくびの黒ずみという悩みを解消するためには最も高い効果が期待出来ます。

ただ、お医者さんに見られるのが恥ずかしかったり高額な治療費は支払えないという方はまず市販されているケアコスメを試してみるのが良いかもしれません。今日ご紹介したケアコスメはどれも返金保証が付いていますので効果を実感出来ない場合は返金して貰いましょう。そのあとに皮膚科にいってみてはいかがでしょうか?今日ご紹介した内容を参考にしていただき、ちくびのお悩み解決にお役立てくださいね。