うなじ 脱毛 シェーバー

うなじ脱毛:自分で処理する方法と3つの永久脱毛

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
うなじ 脱毛 シェーバー

ショートヘアーやアップスタイルにしたいけれど「うなじ」が気になる。思い切って脱毛したほうが良いのかな?それとも良い手入れ方法があるのだろうか?

とお悩みではございませんでしょうか?

うなじは自分の目では見えにくいですが、人の目が気になる箇所ですよね?自信を持ってアップスタイルやショートヘアにするためにはうなじの手入れは欠かせません。

今日はうなじの脱毛方法や手入れ方法をご紹介しますので参考にしてください。

 

1.うなじの手入れ方法:シェーバーを使う

うなじ 脱毛 シェーバー

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/momotaroucrub/2b-sn-0004-00/

うなじを自分で処理する際はこのようなシェーバーを使って処理しましょう。 うなじをカミソリで処理するのは見えにくい部分のため失敗しやすいですし、ケガをしてしまう可能性があるためオススメ出来ません。また、カミソリで長期間剃り続けると色素沈着や黒ずみの原因になるという理由でもオススメ出来ません。

シェーバーは刃が直接肌に当たらないよう工夫されているため、肌を痛める心配がないというのがメリットです。また、写真のようなヘッドが小さなシェーバーは細かい作業がしやすいためうなじの形を整えるのにも適していますよ。

 

1.1.シェーバーでのうなじ処理方法

うなじをシェーバーで処理する場合は出来れば家族や友人など信頼出来る人に処理してもらうことが一番です。そうは言ってもお手伝いしてくれる人がなかなか見つからないという人は「三面鏡」など、自分でも見やすいように工夫すればより確実に処理することが出来ますよ。

用意するもの

  • ・ヘアピンやヘアゴムなど髪の毛を留めるもの
  • ・シェーバー
  • シェービングクリーム
  • ・蒸しタオル
  • ・三面鏡
  • ・乳液やローションなどアフターケアの保湿剤

 

肌をキレイにする

うなじの処理する前にまずは脱毛箇所を清潔にしてから処理します。お風呂でキレイにしても良いですし、それ以外の場合は蒸しタオルでキレイに拭いてから始めましょう。蒸しタオルで肌を柔らかくしてから処理するのもポイントです。

シェービングクリームを使用する

電気シェーバーを使用するときでも必ず「シェービングクリーム」を使って処理しましょう。

うなじ 脱毛 シェービングクリーム

参考URL:amazon

シェービングクリームやローションも、肌を守るためには欠かせないアイテムです。電気シェーバーだからと気を抜かず必ず使ってくださいね。

シェービングする

シェービングするときは毛の流れに沿って、上から下へとシェーバーを動かして処理しましょう。毛に逆らうと肌へのダメージが大きくなってしまいます。

最初からギリギリ狙って剃ることはせず、まずは全体をキレイにしたあと細かなところを時間を掛けて処理したほうがキレイな仕上がりになります。

アフターケアを忘れずに

シェービングが終わり、シェービングクリームをキレイに拭き取ったら乳液やローションなど保湿剤を使用したアフターケアを行なってください。シェービング後は少なからず肌にダメージが残っている状態ですのでアフターケアを行なって肌のケアをしてあげてくださいね。

 

1.2.うなじの形

うなじの処理方法は以上となりますが、肝心なのは「うなじの形」です。むやみに処理を始めるとどこまで剃って良いのかわからなくなってしまいます。事前に好みの形を思い描きながら処理することでキレイなうなじになります。

うなじ 脱毛 形

参考URL:http://www.rizeclinic.com/parts/nape/point.html

うなじの主な形は上記の通りです。一般的に理想とされるうなじの形は左上、右下のような「W型」と言われています。これは「舞妓さん」のうなじと一緒なんですよ。

画像だけではわかりいくい!という人は「【後ろ髪】 うなじ を追い求める画像コレクション 【女性限定】」を参考にしてみてくださいね。

 

1.3.理容室や美容室でお願いする

ここまではうなじを自分で処理する方法をご紹介しました。でも、最も確実にキレイにする方法は理容室や美容室で処理してもらうことです。

理容室はカミソリを使用することが出来ますが、美容室はカミソリを使うことが許されていません。ですが、美容室でも冒頭でご紹介したような電気シェーバーで対応してくれるところもあります。

今通っている美容室や理容室を予約する際に問い合わせてみましょう。美容室、理容室、どちらも髪の毛のプロですのでうなじの形に関しても相談にのってくれるハズです。もし、どうしてもお気に入りに形があるのであればその写真やページを携帯電話に保存して、同じ形にしてくださいとお願いしてみてくださいね。

 

2.うなじの脱毛

うなじを自分で処理するときは電気シェーバーを使用した正しい方法で行うようにしてください。出来れば自分以外の誰かに処理してもらうのが一番です。行きつけの美容室や理容室に問い合わせてみましょうね。

でも、それらの処理はあくまで一時的な処理です。時間が経つとまた今まで通りに生えてきます。うなじが剛毛で悩んでいる人や定期的な処理が面倒だ!という人は「脱毛」しかも「永久脱毛」と呼ばれる方法を検討してみてください。

2.1.レーザー脱毛

レーザー脱毛とは、メラニン色素などの色に反応する光を照射することで毛根が光を吸収し、毛を生やす細胞を破壊するという脱毛方法です。

レーザー脱毛の特徴は医師にしか扱うことを許されていない機械で強い光を照射するため脱毛効果が高く、アフターフォローも医師の指示のもと行なってくれるので安心出来るという点です。

強い光を照射し細胞を破壊する行為のため、痛みが強いというのがデメリットです。

レーザー脱毛についてはこちらでご紹介していますので詳しく知りたい!という人は参考にしてみてください。

レーザー脱毛の回数と費用

レーザー脱毛は毛周期という毛が生えてくるサイクルに合わせて施術します。今生えている毛だけではなく、休んでいる状態の毛穴を処理するためには1回だけではキレイにすることが出来ません。休んでいる毛穴から毛が生えてきたときに改めてレーザーを照射することでキレイな脱毛になります。

そのため2〜3ヶ月に1回のペースで合計6回前後の通院をして、ほぼ完全な状態の脱毛が完了します。

費用は6回コースで50,000円〜200,000円と価格帯がバラバラです。これはそれぞれのクリニックで利益を取るべき箇所が異なるためです。全身脱毛は高いけれど個別箇所は安かったり、その反対の場合もあります。うなじのレーザー脱毛が可能なクリニックをご紹介します。(お住まいの地域に対応していない場合があります。ご了承ください。)

【医療法人社団カルミア美肌クリニック】

【はなえクリニック】

【ドクター松井クリニック】

レーザー脱毛の金額やサービスなど、それぞれのクリニックで異なりますので是非参考にしてみてください。基本的にはまずは無料カウンセリングからスタートしますので気になるクリニックのカウンセリングを受けることをオススメします。

2.2.光脱毛

光脱毛の脱毛の仕組みは基本的にレーザー脱毛と同じです。

レーザー脱毛との違いは医師以外にも扱うことの許されているレーザーより弱い光を照射して脱毛するといった点です。そのためレーザー脱毛は医療機関でのみ行えますが、光脱毛は脱毛サロンやエステサロンで受けることが出来ます。

脱毛効果には肌の色や毛の濃さで個人差がありますが、一般的にはレーザーより弱い光を照射する光脱毛は効果が薄く回数を重ねなければキレイな脱毛が出来ない可能性があります。レーザー脱毛は6回コースが多いのに対して光脱毛は10回前後の施術が必要になるケースが多いです。

レーザー脱毛より弱い光を照射するため、痛みが少ないというメリットがありますよ!

光脱毛についてもっと詳しく知りたい方はこちらで紹介していますので参考にしてみてくださいね。

光脱毛の回数と費用

光脱毛は様々な脱毛サロンやエステサロンで行われているため、金額帯がバラバラです。基本的には一回あたり5000円〜というのが相場となっています。回数は個人差がありますが8回〜12回程度で脱毛が完了となります。うなじの光脱毛が可能なサロンをいくつかご紹介します。

美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

【エピレ】選べる2箇所脱毛500円!

ラットタット

【BAW-ビー・オール】

光脱毛も無料カウンセリングからスタートしているサロンが多いのまで気になるサロンに気軽に問い合わせしてみましょう。初回無料キャンペーンなど様々なキャンペーンが行われていますが、基本的な料金をしっかりと確認してしてから選ぶようにしましょう。

2.3.ニードル脱毛

ニードル脱毛とは毛穴に針を刺し込んでそこから電気を流すことで毛根を焼き切ることで脱毛するという方法です。「針を刺す」というのは、あなたのイメージ通り「とっても痛い」脱毛方法です。

レーザー脱毛や光脱毛が一般的になる一昔前は盛んに行われていた脱毛方法です。芸能人などニードル脱毛でキレイにした人も多いようです。

毛穴を一個一個処理していくため、時間が掛かり費用も高額です。しかし、最も脱毛効果の高い脱毛方法です。また、うなじのような形にこだわりたい箇所の脱毛に適した脱毛方法です。

ニードル脱毛の回数と費用

ニードル脱毛の費用は毛一本あたり「1,000円〜」という価格設定です。おおよそ1時間で2万円〜という相場になっています。

うなじの脱毛を全てニードルで行うのも良いですが出来れば、大まかにレーザーで脱毛して髪の毛に近い部分をニードルで脱毛するといったような組み合わせて使うことをオススメします。そのほうが時間も短くて済みますし、長時間痛みに苦しむこともないでしょう。

そのためにはニードル脱毛とレーザー脱毛の両方を行なってくれるクリニックを探す必要があります。

シャルムクリニック

こちらのクリニックのようにニードル脱毛とレーザー脱毛の両方を行ってくれるクリニックを探すことをオススメします。

 

まとめ

うなじの手入れは自分で行うことが出来ます。しかし、目の届きにくい箇所なので失敗するリスクも大きいです。今すぐキレイにしたい!とお考えの方は美容室や理容室の人の手伝ってもらうことをオススメします。

うなじの手入れが面倒だという方や、剛毛が嫌!という方はレーザーや光、ニードル脱毛といった方法で永久脱毛することをオススメします。

今日ご紹介したようにそれぞれ特徴が異なりますのでどれが一番イイよと断言することが出来ません。脱毛効果が最も高いのはニードル脱毛です。また、痛みが少ない方法は光脱毛です。

金額も異なるため、お財布と相談しながらクリニックやサロン選びをする必要もありますね。

人によって脱毛効果も様々です。そのため、たくさんの無料カウンセリングを受けてあなたにとって一番良さそうな所を総合的に判断することが大切です。

今日ご紹介した内容をクリニックやサロン選びにお役立てください。