アイキャッチ

唇をピンクにする方法|唇の黒ずみの原因と解消する為の手順

  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
アイキャッチ

唇が周りの人よりも黒ずんでいて、思いっきり笑うことができない。そうお悩みではありませんか?もしくは、唇の黒ずみはどうやったら解消できるのか、治す方法はあるのかな。。と不安になっているのではないでしょうか?

唇が黒ずんでしまうと気になってしまい、口元を見られるのが嫌になってしまいますよね。今回は唇が黒ずんでしまう原因と改善させるための方法をご紹介します。なお、手っ取り早く黒ずみを解消したいと思う方は、唇の黒ずみの解消に効果があると言われている資生堂のモアリップを使うと良いでしょう。ちなみに、デートやお出かけが直前まで迫っていて、デート当日だけは黒ずみが分からないようにしてしてツヤのある唇にしたいと思っている方は「キス専用美容液[ヌレヌレ]」を使うのもオススメです。目的に合わせて使い分けるようにしてみましょう。

唇の黒ずみの原因は色素沈着にある

タバコの吸殻

唇も体のお肌と同様に色素沈着を起こしてしまいます。生活習慣の中で唇の黒ずみとなっている原因があるかもしれません。下記の解説を参考に生活習慣の改善ができないか確認をしてみてください。

タバコを吸うことで唇が黒ずんでしまう

タバコに含まれるタールやニコチンは体に悪いものです。特にタバコはビタミンCを破壊してしまいます。頻繁にタバコを吸う方は、大きくビタミンCが破壊されてしまうため、常にビタミンC不足を引き起こしてしまいます。ビタミンCには、メラニン色素ができるのを防いでくれる効果があります。そのため、ビタミンCが不足してしまうとメラニン色素が生成されやすくなってしまい、シミやそばかすなどの色素沈着が起こりやすくなってしまいます。唇の黒ずみを起こしてしまう原因とも言えますので、喫煙者の方はタバコを控えるようにしましょう。

口紅にも唇を黒ずんでしまう要素がある

口紅にも注意が必要です。どうしても色合いやブランドで選んでしまいがちですが、成分にも気を配るようにしましょう。特に口紅に高確率で入っている成分の一つとしてタールがあります。タールは、紫外線の影響を大きくしてしまうので、唇の黒ずみを促進してしまいます。

唇の日焼けにも注意

唇も他のお肌と同様に日焼けをしてしまいます。紫外線はお肌にとって大敵です。唇は他のお肌の部位とは違い、皮膚が薄くなっています。そのため、刺激を受けやすく日焼けにも影響を受けやすい部位といえます。夏だけではなく、1年を通して紫外線の対策を行うようにしましょう。なお、紫外線は唇の黒ずみだけではなく、唇の乾燥や荒れを引き起こしてしまいます。

摩擦による唇の黒ずみにも気をつけよう

摩擦も唇の黒ずみの原因になってしまいます。何気なく食事後に口を拭くこともあるでしょうし、鼻をかむときに口を拭くこともあると思います。先ほどご説明したとおり、唇はお肌の中でも皮膚が薄い部位です。そのため、ちょっとした摩擦でも刺激を受けてしまいます。唇は刺激を受けると活性酸素が発生してメラニン色素を生成してしまいます。

血行が悪いと唇の黒ずみにつながってします

唇は皮膚が薄いため、血液の色が透けて見えてしまっています。そのため、血行が悪かったり血液が黒ずんでしまうと、そのまま表面にも出てしまいます。

唇が黒ずんでいると病気なの?

唇が黒ずんでいることで、病気の心配をされる方がいらっしゃるかもしれません。実は、内臓の調子が悪かったり、血流が悪いときに唇が黒ずんでしまうことがあります。大きな病気との関連性の可能性は小さくはありますが、心配の方は念のため病院に相談に行ってみることをオススメします。

唇の黒ずみを治す方法

唇に塗る口紅

それでは、ここからは唇の黒ずみを治すための具体的な方法をお伝えしていきます。ぜひ、参考にしていただいて実践をしてみてください。

保湿状態を保つようにする

唇が乾燥している状態だと外部からの影響を受けやすいため、黒ずみの原因となることもあります。そのため、常に潤いのある唇の状態をキープするようにしましょう。

【濡る温泉】広告バナー_解像度2倍

出典:塗る温泉

上記の塗る温泉は保湿効果はもちろんのこと、温泉に入ったあとのようなモチモチ肌を維持してくれる効果を持った保湿クリームです。数ある書品の中でも特にオススメできる商品ですので、一度使ってみても良いでしょう。

唇をマッサージして血行を良くしよう

唇の血行を良くすることで、唇の黒ずみを治していくことができます。

  1. 手をキレイに洗う
  2. 指で優しくトントンとたたいてあげる
  3. リップクリームを塗って保湿をする

上記の手順で行ってください。先ほどご説明した通り、唇は刺激に弱いのでゴシゴシと擦ったり、強く叩くようなことはやめましょう。逆効果になってしまう可能性があります。あくまで、指の腹で優しくトントンとするくらいで十分血行が良くなります。

唇の黒ずみの悩みを解消してくれるリップを使う

リップクリームは保湿効果はもちろんのこと、唇の黒ずみ対策にも最適です。中でもモアリップという商品は、ドラッグストアなどの市販で売っている商品の中では最も素晴らしい商品です。保湿はもちろんのこと、唇の黒ずみ対策にもオススメの商品です。専門的な薬ではなく、まずは軽く黒ずみ対策を始めてみたいという方は、モアリップから始めてみるのも良いでしょう。

公式サイト:資生堂 モアリップ

唇の黒ずみには日常的な唇のケアも大切

日常的に唇のケアをするようにしましょう。UVケアはもちろんのこと、保湿のケアも必要です。特にオススメなのが、唇のパックです。ドラッグストアでも唇パックは販売されていますが、リップクリームを塗った後にサランラップを貼って自宅で唇パックを作っても良いですね。ただし、リップクリームの使いすぎには注意が必要です。保湿は大切な要素ではありますが、保湿しすぎるのは良くありません。みなさんも、唇が荒れているからリップクリームをつけ続けてしまい、結果としてリップクリームが手放せなくなってしまったという経験は一度はあるでしょう。リップクリームは保湿の効果はありますが、少なからず唇とリップクリームの間で摩擦が起こっています。そのため、使用回数が増えれば増えるほど摩擦が増え、結果としてカサカサの唇になってしまうのです。リップクリームは1日3〜5回程度しか使わないように気をつけましょう。

皮膚科のレーザーでも黒ずみは解消できる

今は皮膚科のレーザーでも唇の黒ずみを解消できます。人によっては回数はまちまちですが、数回程度のレーザー照射で黒ずみが解消される方が多いようです。セルフケアで解消しなかったり、どうしても気になって仕方ないという方は、一度皮膚科にご相談に行ってみても良いでしょう。

黒ずみを解消するまで待てないという方はリップでカバー

唇の黒ずみは長い時間をかけてコツコツを解消するしか方法はありません。唇のケアを行って解消して行きながらも、デートのときやお出かけのときはリップでカバーをしていくというのがオススメの方法です。中でも黒ずみを気にせずにツヤのある唇を演出できる「キス専用美容液[ヌレヌレ]」がオススメです。塗るだけでツヤツヤでぷるるんとしたキスしたくなる唇に変わってくれます。

生活習慣の改善が非常に大切です

唇イメージ

唇の黒ずみを治す方法をお伝えしてきましたが、最も大切なのは生活習慣の改善です。タバコを控えるようにしたり、口紅の選び方を気をつけたり、唇を擦らないように気をつけたり、UVケアを行ったりと日常的に行っていることから改善を行いましょう。その積み重ねを行うことがキレイなピンク色の唇を取り戻す秘訣です。

最後に

今回は、唇の黒ずみの原因と解消するための方法をご紹介いたしました。唇が黒ずんでしまうと笑いづらくなってしまったり、口紅が思ったような色にならなかったりとストレスが溜まることでしょう。今回ご紹介した方法を参考にしていただき、赤ちゃんのようなキレイなピンク色の唇を取り戻してくださいね。

塗る温泉

お肌の明るさは血液に含まれる酸素の量で決まります。酸欠状態の場合ではお肌は暗黒色になり、血液もドロドロ。顔色もくすんだ暗い色になります。
血液に新鮮な酸素が充分に足りている場合、血液は鮮赤色となり、キレイな赤みを帯びた肌に。顔色に明るさや透明感が出て、元気できれいなスッピン肌をめざしましょう。

2,980円(税込)

この商品の説明と口コミを見る

「温泉」の美白効果はミネラルイオンです。

温泉特有のミネラルイオンは、地球上のマグマなどによる熱・巨大な圧力を受け、自然の木や土・大地のミネラルが圧縮された高濃度ミネラルです。「塗る温泉」は、漢方石薬の研究からお肌に必要な高濃度ミネラルイオンを特許技術で抽出しました。

口コミ

女性 40代 K・Mさん

両足がアトピーの様に荒れていて市販のクリームで保湿しても改善せず病院でもらう薬を塗ると一時的にはよくなるのですが薬を止めるとまた荒れてしまうの繰り返しで薬ばかりに頼るのに抵抗があったのですが摩訶ゴールドクリームを塗るようになってから荒れも改善され薬ではないので気兼ねなく使用できます。