悩む女性

デリケートゾーンの黒ずみができる原因と除去する為の解消法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
悩む女性

デリケートゾーンの黒ずみがコンプレックスになっていてなんとか黒ずみを取れないかと思って調べているところではありませんか?もしくは、デリケートゾーンの黒ずみのケアをしっかりしているのにどうして黒ずみが解消されないのだろう。とお悩みではないでしょうか?デリケートゾーンの黒ずみはケアをしてもなかなか解消するものではありません。今回はデリケートゾーンにできる黒ずみの原因と解消法、予防法についてご紹介をいたします。ぜひ、参考にしてください。

デリケートゾーンに黒ずみができてしまう原因

悩む女性

まず最初にデリケートゾーンに黒ずみができる原因を知りましょう。どれだけスキンケアをしても黒ずみが解消されていない理由もここにあります。

メラニンが排出できないことが黒ずみになる

デリケートゾーンに黒ずみができる大きな原因はメラニンを排出できないことによって色素沈着をしてしまうからです。メラニンは誰でも持っている色素で、紫外線からお肌を守ってくれる働きがあります。そのため、強い刺激や摩擦を受けるとたくさんのメラニンを出してお肌を守ろうとします。そして、たくさんのメラニンが生み出されると黒ずみになってしまいます。

ターンオーバーが乱れが色素沈着をしてしまう

メラニンが黒ずみの原因というのはご理解いただけたかと思いますが、実はメラニンはお肌のターンオーバーによって体の外に排出されます。そのため、メラニンが黒ずみになりお肌に色素沈着する前に解消してくれるということですね。しかし、ターンオーバーが乱れてしまうとメラニンを体外に排出する機能が低下してしまうので、色素沈着を起こして黒ずみになってしまうのです。それでは、なぜターンオーバーが乱れてしまうのでしょうか?原因は大きく2つあります。

  1. 年齢によるターンオーバーの乱れ
  2. ホルモンバランスの乱れ

一つずつご説明いたします。

1.年齢によるターンオーバーの乱れ

ターンオーバーは年齢によって異なります。若いうちはターンオーバーの働きが活発ですので、短い周期でターンオーバーがされます。大体20日〜30日程度です。しかし、年齢を重ねるとターンオーバーの周期はゆったりとするので50日〜100日程度になります。そうなると、メラニンが生み出されて黒ずみを起こすと色素沈着を起こしやすくなってしまいます。

2.ホルモンバランスの乱れによる黒ずみ

妊娠しているときや生理のときはホルモンバランスが乱れます。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があるのですが、通常はこの2つのホルモンがバランスよく働いています。しかし、妊娠しているときや生理のときはこのホルモンのバランスが乱れてしまいます。特に黄体ホルモン(プロゲステロン)が増えます。黄体ホルモン(プロゲステロン)が増えると、紫外線や刺激を受けたときにメラニンを生み出しやすくなってしまいます。そのせいで、デリケートゾーンに黒ずみができやすくなってしまうのです。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法

スキンケア用品

デリケートゾーンにできる黒ずみの原因についてはお分かり頂けたかと思います。それでは、ここではデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法をご紹介します。

専用ケア用品でデリケートゾーンの黒ずみを解消する

デリケートゾーンの黒ずみの解消法を知る前に、まず知っておいていただきたいことがあります。デリケートゾーンの黒ずみは、長い時間をかけてできていきます。そのため、即効性のある解消法はありません。スキンケアをどれだけ頑張ってもなかなか黒ずみが解消されないのはそのためですね。焦らずにコツコツと解消を目指していきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法はいくつかあります。しかし、その中で最も効果が期待できるのはデリケートゾーンの黒ずみ専用のケア用品を使うことです。

デリケートゾーンの黒ずみの専用ケア用品VL WHITE(ヴィエルホワイト)

デリケートゾーンの黒ずみの専用ケア用品としては「VL WHITE(ヴィエルホワイト)」がオススメです。デリケートゾーンは他の皮膚に比べて非常に薄い部分です。そのため、刺激は絶対に厳禁です。「VL WHITE(ヴィエルホワイト)」は、無添加で低刺激のためデリケートゾーンに最適なケア用品となっています。しかも、60日間返金保障がついていますので、まずは試してみるという点でもオススメと言えます。

デリケートゾーン専用の石鹸コソアソープ

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためには専用のケア商品でスキンケアをするのが最適ですが、加えて美白効果のある石鹸を使うことで、より一層黒ずみ解消の効果を高めることができます。そこでオススメなのが「デリケートゾーン専用の石鹸コソアソープ」です。低刺激なのはもちろんのこと、保湿効果も高いのでケア用品と合わせて使ってみましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法

スキンケア用品

デリケートゾーンの黒ずみについてご理解をいただけたかと思います。しかし、日常の生活習慣が改善されなければ、どれだけケアを熱心に行っても黒ずみは良くなっていきません。ここでは、デリケートゾーンの黒ずみを予防するためにできる方法をご紹介します。

刺激を与えない洋服や下着を着る

黒ずみの原因はメラニンということは先ほどご理解いただけたと思います。メラニンの役割はお肌を外部の刺激から守るためです。つまり、刺激や摩擦を与えてしまうと黒ずみの原因となるメラニンを生み出してしまうということです。そのため、下着や洋服は刺激を与えないものを選ぶようにしましょう。肌に優しい素材や、タイト過ぎるサイズのものは避けるようにしてください。

ゴシゴシと洗わない

体を洗うときにデリケートゾーンをゴシゴシと洗うのも禁止です。黒ずみが気になるあまり、つい力を入れてしまいがちですが、優しく撫でるように洗うことを意識してください。ちなみに、洗うときのボディソープにも気を配りましょう。刺激が強いものは避けるようにしてください。

自分で脱毛をしない

デリケートゾーン周りの毛を処理するために毛抜きを使って自分で脱毛をする方も少なくありません。しかし、脱毛は非常に強い刺激を与えてしまうのでメラニンが生成されてしまいます。そのため、できる限り自分での脱毛は控えるようにしましょう。

ターンオーバーの働きを促進するために規則正しい生活習慣を送る

メラニンが色素沈着をする前に体外に排出できるようにするためにも、ターンオーバーの働きを整える必要があります。ここでは、ターンオーバーの働きを整えるために行っていただきたい生活習慣をご紹介します。

睡眠時間はしっかりと取る

睡眠時間は非常に大切です。ターンオーバーの働きを整えるためにも、ホルモンバランスを整えるためにもとても大切です。睡眠不足が続くと肌が荒れたという経験はありますよね?それは、ターンオーバーの働きが悪くなっているからです。睡眠不足は美容の的とよく言われますが、睡眠時間はしっかりと取るように意識してください。

食生活に気を配る

食生活にも気を配る必要があります。健康的な生活がターンオーバーを整えるために必要なことです。コンビニ弁当や外食ばかり食べている方は、できるだけ自炊をするようにしましょう。栄養バランスを考えて、野菜を中心とした生活をするようにしましょう。

常に保湿を心がける

デリケートゾーンを黒ずませないためにも、常に保湿を心がけましょう。お肌が乾燥している状態だとターンオーバーが乱れてしまう原因となります。顔のスキンケアをするときと同様に、美容液や化粧水をつけることで常に潤いのある状態を保つようにしてください。

どうしても黒ずみ解消したい方は美容皮膚科や美容整形も

どうしてもデリケートゾーンの黒ずみを解消したいという方は、美容皮膚科や美容整形外科を受診するのも良いでしょう。黒ずみを解消するための治療を行っている美容皮膚科や美容整形外科は最近増えてきています。セルフケアが不安であったり、何ヶ月や何年も黒ずみが解消されるのを待っていられないという方は、一度相談をしてみても良いでしょう。

最後に

今回はデリケートゾーンにできる黒ずみの原因と解消法、予防法についてご紹介をいたしました。デリケートゾーンにできる黒ずみは長い時間をかけてできているものですので、簡単かつ即効性のある解消法はありません。焦って黒ずみを解消しようとはせず、手間はかかりますがコツコツと時間をかけてゆっくりと黒ずみを解消していきましょう。なお、デリケートゾーンの黒ずみには「股にできる黒ずみの原因と解消するために必要な3つの方法」の記事も参考になるので、合わせて参考にしてみてください。