eye catch

アトピーで悩んでる人にアルガンオイルがオススメな7の理由

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

アルガンオイルを使ったスキンケアをしてみたいけど、アトピーの私が使っても大丈夫なのだろうか?とお悩みではございませんか?

アルガンオイルは良質な天然オイルなのでアトピーでお悩みのあなたでも使うことが出来るんです。今日はアトピーでお悩みの人にアルガンオイルがオススメな7つの理由をご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

1.アルガンオイルはオーガニック製法で肌に優しい



 参考URL:100%未精製アルガンオイル【CODINA】

アルガンオイルとはモロッコが原産のアルガンの木の実から抽出されるオイルです。日本では古来より椿油が重宝されてきたようにモロッコではアルガンオイルが美容や火傷の治療薬として用いられてきた歴史あるオイルなんです。

夏の暑さが厳しいモロッコにあっても、モロッコの女性たちの肌や髪の毛がキレイなのはアルガンオイルでのケアのおかげなのかもしれません。

アルガンの実100kgからわずか1リットルしか取ることが出来ない大変貴重なオイルですが近年、スキンケアやヘアケア、ボディケアへの効果が認められているため世界中で注目を集めているオイルなんですよ。

アルガンの実を一つ一つ丁寧に絞り手作業で作られるアルガンオイルは鮮度が高く、余計な化学物質などが含まれていないため肌への刺激が少なく肌に優しいオーガニックオイルなんです。

2.敏感肌、乾燥肌に優しい

argan-oil-atopy

アトピー肌の最大のお悩みは肌のカサつきや痒みではございませんか?オーガニック製法で肌に優しいアルガンオイルは乾燥した肌の保湿や、乾燥による痒みを防ぐ効果があります。アトピー肌のあなたは肌の保湿力が弱く、外からの刺激に敏感です。乾燥した肌に水溶性の化粧水を付けても思うように浸透してくれません。乾燥した肌にはアルガンオイルのような油性のオイルを使うことで肌に浸透してくれるだけでなく、水分の通り道を作ってくれるためオイルを使った後に化粧水などの浸透力を高めてくれるのです。

3.傷・湿疹・かぶれなどの炎症を抑える

アルガンオイルなどの植物性オイルには傷や湿疹、かぶれなどの炎症を抑える効果があります。アルガンオイルの生産地モロッコでは昔から火傷したあとに付けていたように炎症を抑えるためにも活用されてきました。アルガンオイルの高い保湿性、浸透性により肌を柔らかくしたり、皮膚の代謝を正常にする効果が期待出来ます。

アトピー肌は保湿力が弱く、痒くなってついつい掻いてしまって肌が傷付き炎症を起こしているかもしれません。そんなアトピー肌にアルガンオイルの保湿力や肌代謝を促進する効果が働いて痒みやカサつき、炎症を防ぐ効果が期待出来ます。

4.アルガンオイルは人の肌に近い成分

アルガンオイルには「オレイン酸」という不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。私達の皮脂に含まれている脂肪酸の中にはこのオレイン酸も含まれています。脂性の人の肌にはこのオレイン酸がたくさんあるため乾燥せず、オイリーな肌になっています。乾燥している肌やあなたのアトピー肌にはこのオレイン酸などの脂肪酸が少ないのでアルガンオイルを使ったケアが効果的なんです。

5.アトピーによる色素沈着にも効果的

アトピーの色素沈着でお悩みの方にもアルガンオイルがオススメです。アトピー肌の方の色素沈着は炎症によって引き起こされている可能性が高いです。先ほどご紹介しましたがアルガンオイルには炎症を抑える効果があるので今あなたの肌で起こっている炎症を予防します。また、アルガンオイルにはビタミンEが豊富に含まれていてビタミンEの抗酸化作用が肌のターンオーバーを促してくれるのですでに出来てしまった色素沈着を改善するためにも有効なオイルなんです。

6.赤ちゃんのベビーオイルとしても使える

アルガンオイルがアトピーの人にオススメな理由として「ベビーオイル」としても活用されているという理由が挙げられます。赤ちゃんの肌はスベスベ、モチモチでいつまでも触っていたいくらい柔らかく気持ち良い肌ですよね。でもその反面、赤ちゃんの肌は大人と比べると肌の角層、表皮が非常に薄く保湿力が弱いため刺激に弱い敏感肌です。

そんな赤ちゃんの肌を守るベビーオイルとしてアルガンオイルが使われるくらい肌に優しいオイルなんです。アトピーでお悩みのあなたの肌も優しく保湿して守ってくれるのです。

肌に優しいと謳われていたスキンケア商品でも改善出来なかった超敏感肌の人は是非一度、ベビーオイルとしても使えるアルガンオイルを試してみてください。

7.アトピーの方のアルガンオイルの使い方

アルガンオイルだけじゃなく普段使っている化粧水などと一緒に使う

アルガンオイルは確かに乾燥や痒みを伴うアトピー肌に効果的ですがアルガンオイル単体だと効果が薄くなってしまいます。洗顔後に普段使っているアトピー用の化粧水や美容液を使ったあとにアルガンオイルを使ってください。

アルガンオイルを選ぶときは美容用を選ぶ

アルガンオイルはスキンケアやヘアケアだけじゃなく、食用としても用いられます。そのため、アトピーのあなたがアルガンオイルを選ぶときは美容用のアルガンオイルを選びましょう。

食用のアルガンオイルは食べることに目的があるため、美味しく食べられるように加工されています。そのため食用を肌に付けると刺激が強かったり不純物が混ざっているため、アトピー肌には不向きです。美容用のアルガンオイルは肌への刺激を避けるために精製され肌への刺激を弱めたり、浸透力が高くなるように手が加わっています。

アトピー肌のあなたがアルガンオイルを選ぶときは必ず美容用を選んでくださいね。

粗悪品に注意する

オーガニック認証を選ぶ

オーガニック認証とは「オーガニックであるということが証明された」商品のことです。世界各国独自の認証機関があってその認証機関が独自の厳しい判断基準を設けているため、それをクリアした商品だけがオーガニック認証と名乗ることが出来るんです。アルガンオイルの中には価格が安いものがありますが、オーガニック認証を受けておらず不純物や他の成分が混ざった粗悪品もあるため、注意が必要です。オーガニック認証を受けている純度が高く不純物が少ないアルガンオイルを選んでください。

透き通った金色のオイルを選ぶ

自分の目でオイルを確かめられるときは出来るだけ透明感があってキレイな金色をしているオイルを選びましょう。アルガンオイルの本来の色は透き通ったキレイな金色をしています。濁っていたり金色が薄かったりしていると他のものが混ざっている可能性があるので注意してください。

酸化したオイルは避ける

酸化しているアルガンオイルも効果が少なくなってしまうため注意が必要です。鮮度の高いアルガンオイルは酸化しやすいため、ニオイも判断基準の一つです。アルガンオイルはナッツのように香ばしいニオイがしますがその中に酸っぱいニオイが混ざっていたら酸化している可能性が高いです。

手にとって色や透明度を確かめたあと、ニオイを嗅いで酸っぱくなっていないかどうかを確かめるようにしましょう。

まとめ

良質なアルガンオイルはあなたのアトピー肌を保湿して痒みや炎症を防ぐのに効果を発揮してくれます。赤ちゃんのベビーオイルとして活用出来るくらい肌に優しいオーガニックな植物性オイルでアトピー症状をやわらげることが出来るかもしれません。

いつも使用しているアトピー用の化粧水や乳液を使ったあとにアルガンオイルで保護してあげましょう。また、アルガンオイルを選ぶときはオーガニック認証されたお墨付きのものを選ぶことをオススメします。今日ご紹介した内容を参考にしていただき、アトピー肌のトラブルにお役立てくださいね。