泡洗顔

泡洗顔が効果的な人と不要な人の違いと泡洗顔の具体的な方法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
泡洗顔

泡洗顔はしない方が美肌に効果が良いという話を聞いて、調べているのではないでしょうか?もしくは、泡洗顔を行った方が良いのか泡洗顔を行わない方が良いのか分からないと思って調べているのではないでしょうか?

今回は泡洗顔の効果や、泡洗顔を行わないスキンケア法についてご紹介します。

泡洗顔とはお肌に優しい洗顔方法

まずは、泡洗顔について知っていきましょう。泡洗顔とはその名の通り、泡で洗顔をする洗顔方法です。ゴシゴシと洗顔している方には非常に効果的な洗顔方法と言えます。では、ゴシゴシ洗顔する方法と泡洗顔では何がどう違うのでしょうか?次に詳しく解説します。

泡洗顔の効果とゴシゴシ洗顔との違い

泡洗顔

泡洗顔の一番の効果は、お肌への刺激が少ない上にお肌にとって不必要なモノのみ取り除いてくれるという点です。

お肌の刺激が少く必要な皮脂は残してくれる

ゴシゴシと洗顔してしまうと、お肌にとって大変な刺激となってしまいます。毎日のようにゴシゴシと洗ってしまうと、お肌にとって必要な皮脂や水分までを落としてしまいます。結果として、乾燥肌を起こしてしまったり、肌トラブルの原因となってしまうのです。ゴシゴシ洗顔を泡洗顔に変えることで、お肌への刺激が少くなる上に、必要以上の皮脂を落とすことが無くなりますので、お肌のトラブルの改善が期待できます。

泡洗顔の手順

泡洗顔2

それでは、ここからは泡洗顔の正しい手順について解説します。普段、ゴシゴシと力強く洗顔してしまっているという自覚がある方は、まずは下記の手順の泡洗顔を行ってみましょう。

1.しっかりと手を洗う

洗顔をする前には、しっかりと手を洗いましょう。手には雑菌がたくさんついています。雑菌がついた状態で洗顔をしてしまうと、顔に雑菌がついてしまい、ニキビなどの肌荒れの原因となってしまうことがあります。ご注意ください。

2.洗顔料をしっかりと泡立てる

洗顔料はしっかりと泡立てましょう。ここでしっかりと泡立てておくことが、泡洗顔を成功させるポイントです。手で泡立たせられる場合は良いですが、なかなか手で泡立てることができない場合は、泡立てネットを使うようにしましょう。

3.泡立てた洗顔料を顔になじませていく

しっかりと洗顔料を泡立てたら、顔になじませていきましょう。洗顔料をのせていく順番としては、脂分が多く、皮膚が厚いおでこと鼻筋のTゾーンからのせていきます。その後、頬をなじませて、最後に目元と口元に洗顔料をのせていきましょう。泡で洗顔をする感覚で、とにかく優しく撫でるように洗いましょう。どうしても汚れが気になる部分に関しては、指の腹で優しくくるくると洗うようにしましょう。

4.ぬるま湯で洗い流す

ぬるま湯で洗い流します。温度としては少し冷たいと思うくらいのぬるま湯が良いですね。熱いとお肌への刺激となってしまうことがあります。洗顔料をすすぐときはしっかりと行いましょう。洗顔料が残ったままになってしまうと、肌トラブルの原因となることがあります。特に生え際などは入念にすすいでくださいね。

5.清潔なタオルで水分を拭き取る

すすぎ終わったら水分を拭き取ります。清潔でキレイなタオルで優しくとんとんとお肌にのせるようにして水分を拭き取りましょう。ゴシゴシと拭き取らないように気をつけてくださいね。

6.しっかりと保湿をする

洗顔が終わったらすぐに保湿を行いましょう。常に保湿を心がけることで、乾燥肌を防いでくれる上に、ハリとツヤがあるお肌を保つことができます。

【濡る温泉】広告バナー_解像度2倍
参考URL:塗る温泉

塗る温泉には温泉特有のミネラルイオンがたっぷり含まれているため保湿力が高く洗顔後の乾燥を防ぐためには最適なクリームです。温泉から上がった後のようなツルスベ肌を体感出来ますよ。また、美白効果やニキビ予防も期待出来ますし、赤ちゃんでも使えるクリームなので敏感肌の人でも安心して使うことが出来ますよ。

泡洗顔を行わないほうが良い人

タオル

ここまでは、泡洗顔の方法についてご紹介をいたしました。今までゴシゴシと洗顔をしていた方にとっては非常に有効な洗顔方法です。しかし、既に泡洗顔を行っているにも関わらずお肌の調子が悪いと感じる方もいらっしゃるでしょう。そんな方は泡洗顔を行わないスキンケア方法を試してみても良いでしょう。

泡洗顔はできるだけお肌への刺激を減らすための洗顔方法ですが、それでも必要以上に皮脂が落ちてしまう方もいらっしゃいます。そんなときには、水洗顔がオススメです。水洗顔は洗顔料を使わない洗顔方法で、最近では多くの芸能人の方も取り入れています。まずは、朝だけ水洗顔を行ったり、夜の洗顔はクレンジングオイルでの洗顔のみにするなど、少しずつ試してみて、お肌の調子を見ながら水洗顔に移行するようにすると良いでしょうね。なお、水洗顔については「水洗顔でキレイな肌を取り戻すためのやり方と注意点」の記事で詳しく解説していますので、ご参考にしてください。

最後に

今回は泡洗顔の効果や具体的な方法について解説していきました。普段からゴシゴシと力強く洗顔をしてしまっていると心当たりがある方は、すぐにでも泡洗顔を取り入れるようにしてみましょう。既に泡洗顔を行っているにも関わらずお肌のトラブルがあるという方は泡洗顔をやめて水洗顔に変えるようにして、肌トラブルのないキレイで健康的なお肌を手に入れてくださいね。