eye catch

ひじの黒ずみを解消するために試して欲しい3つのこと

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

夏はTシャツやノースリーブなど腕を露出する機会が増えますが、私って他の人より黒ずんでない??とお悩みではございませんか?

一度気になると常に人に見られているような気がして隠してしまい気持ちになってしまいます。

ひじの黒ずみは日々の入念なケアで黒ずみを解消することが出来ますよ。今日はひじに黒ずみが出来る原因と解消方法についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

ひじに黒ずみが出来る2つ原因と予防方法

Darkening of the elbow

ひじの黒ずみはふとしたときに気がつくものです。徐々に黒ずんでいく様子を認識している人はいないでしょう。元々、色白のキレイな肌でもひじだけが黒いため一層目立ってしまうというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

ひじが黒ずんでいたり、ヒビ割れがあるだけでどこか清潔感がないというイメージを持たれてしまうことがあるかもしれません。

ひじに黒ずみが出来る原因は様々ですが、どれも日常生活の中のちょっとしたしぐさや動作が積み重なって黒ずみが悪化していきます。

まずはひじに黒ずみが出来る原因とそれに対する予防方法についてご紹介しますね。

1.乾燥

ひじ、ひざ等の関節部分は体の中でも皮脂腺や汗腺が少ないため皮脂の分泌も少ないです。また日常生活の中でも動かす機会が多いためとても乾燥しやすい箇所です。

今のあなたのひじの状態はどうでしょうか?触ってみるとガサガサしていませんか?

皮脂には肌を保護する効果があるため皮脂が少なく動かく機会が多いひじは肌のバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下すると摩擦などのダメージを受けやすくなるため、メラニン色素が分泌されて黒ずみが出来やすくなってしまいます。

ひじの黒ずみを解消するためにはひじの保湿を欠かさないことが大切です。

2.刺激

先ほどご紹介したようにひじが乾燥すると刺激を受けやすくなるため黒ずみが出来やすくなってしまいます。摩擦や圧力といった刺激も黒ずみが出来る要因です。

ひじに黒ずみが出来る刺激は下記のものが考えられます。

・衣服との摩擦

・体を洗うときにスポンジ等でゴシゴシ擦る

・お風呂上がりにタオルでゴシゴシ擦る

・ほおづえをつく機会が多い

・ひじが露出させている服装でも日焼け止めを使わない(紫外線)

このようにひじは日常生活の中でも摩擦などのよる刺激を受けてしまっているのです。衣服や机との摩擦、ほおづえを付いてときに掛かる圧力、紫外線によって刺激を受けると肌を刺激に対抗としてより強い肌を作り出そうとするため固い角質が出来たり、メラニン色素をたくさん分泌するために黒ずみを引き起こしてしまうのです。

まずは上記のようなひじに刺激を与える習慣を見直す必要があります。ほおづえは出来るだけつかないように心掛ける。机との摩擦を避けるためにタオルを敷く、半袖やノースリーブを着用するときは日焼け止めクリームを使う、体を洗うときや拭くときはゴシゴシ擦らない。

どれも今日から出来るひじの黒ずみ予防方法です。一見、当たり前のことのように思えるかもしれませんが些細なことの積み重ねが黒ずみとなって現れているのです。日々の習慣を見直して黒ずみが出来ない習慣を心掛けましょう。

ひじの黒ずみを解消するために試して欲しい3つの方法

ひじに黒ずみが出来る原因はご理解頂けましたでしょうか?乾燥と摩擦という原因を把握してそれぞれに適切に対処することで黒ずみを予防することが出来ます。とはいうものの、今ある黒ずみを解消したいですよね。

ひじの黒ずみを解消するために必要なのは皮膚のターンオーバーを促して新しいキレイな肌に生まれ変わることです。ここからはひじの黒ずみを解消するために試して欲しい◯のことをご紹介します。

1.黒ずみケア専用のクリームを使う

黒ずみが出来る原因の一つ、乾燥を防ぐためには保湿ケアが大切です。ひじの保湿は普段使用している保湿性化粧品でも良いのですが黒ずみ専用のケアコスメを使うことをオススメします。

黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑制する成分や美白成分など保湿以外のアプローチで黒ずみケアが出来ますよ。黒ずみ用のケアコスメは市販されているものでも数多く存在するためどれを選んでよいか迷ってしまいませんか?成分や効果、値段は選ぶ基準です。ですが、100%あなたのひじの黒ずみ解消に効果が期待出来るわけではありません。

自分にあったケアコスメを確実に選ぶためには実際に使ってみることです。そのため、お試し期間があって実際に使ってみることが出来るものを選ぶことをオススメします。

返金保証180日:アットベリー

薬用アットベリー
薬用アットベリージェル

薬用アットベリージェルは返金保証期間が180日と約半年間あります。180日あれば実際に使ってみて黒ずみの変化をじっくりと確認することが出来ますよ。

5種類の美白成分をはじめ、6種類の保湿成分によって乾燥しがちなひじをしっかりと保湿しながら美白成分で黒ずんだひじをキレイにしてくれます。また、ひじの黒ずみだけじゃなく脇の黒ずみにも効果が期待出来ます。日々、カミソリでのムダ毛処理で黒ずんでいる脇のケアにも使ってみてください。

返金保証90日:ホスピピュア



【ホスピピュア】

ホスピピュアには90日間の返金保証が付いていますので3ヶ月お試しすることが出来ますよ。ホスピピュアはテレビCMでもお馴染みの湘南美容外科クリニックとの共同開発商品です。

美容のプロが開発に携わった黒ずみケアコスメなので安心して使えますね。ホスピピュアの特徴はトラネキサム酸というメラニンの生成を抑制する成分が含まれている点です。日々、刺激を受けているひじに使うことでメラニンの生成を抑制してくれるため黒ずみ解消効果が期待出来ます。

ひじ以外でも黒ずんだバストトップの黒ずみにも活用することが出来ます。

返金保証60日:ピューレパール

デリケートゾーン訴求
ピューレパール

ピューレパールには60日間の返金保証が付いています。プラセンタやコラーゲンといった保湿力の高い成分で乾燥しがちなひじをしっかり保湿してくれます。また3種類の美白成分も含まれているのでひじの黒ずみケアに適していますね。朝と夜塗るだけの簡単ケアで黒ずみ解消効果が期待出来ますよ。

2.ピーリング

ピーリングとは日本語に訳すと「剥がす」、「皮を剥く」という意味があります。黒ずんだ古い角質を剥がして、新しくキレイな角質にターンオーバーさせることで黒ずみを解消していくといった方法です。

ピーリングの注意点

ピーリングを行う際は注意点があります。それは黒ずみを早く解消しようと毎日行うのは絶対にNGです。最初は徐々に改善していく様子が見て取れますが使いすぎているうちにひじが乾燥しやすくなったり、肌荒れを起こしたり、酷い場合は逆に黒ずみが悪化してしまう恐れがあります。

ピーリングは週に1回、多くても2回に留めておきましょう。

ピーリングゲル



【芸能人愛用コスメ】大ヒットのピンクのゲルが試せる
『デルマQ2トライアルセット』

ピーリングゲルWNは黒ずみが気になる箇所に塗って軽くマッサージするだけで古い角質や角栓、毛穴汚れがポロポロと気持ちよいくらい取れてきます。

古く溜まった角質を除去することで遅くなっているターンオーバーを正常化させて、キレイな肌を取り戻す効果が期待出来ます。

ピーリングする際はゴシゴシ擦ることで摩擦が生じてしまうのですがピーリングゲルWNは軽く擦るだけで取れるので肌への負担を軽減することが出来ますよ。またヒアルロン酸やセラミドといった肌の保湿成分が配合されているため保湿効果も期待出来ますよ。

顔で使うことが出来るジェルなので肌に優しくひじの黒ずみ解消にも十分に使うことが出来ますよ。

クエン酸水

市販されているクエン酸と重曹、精製水を混ぜて作るクエン酸水にもピーリング効果があります。

AHA(アルファヒドロキシ酸)というフルーツから抽出されるフルーツ酸の一緒です。フルーツ酸によるピーリングは自然に発生する酸なので他の酸と比較すると肌に優しくピーリングが出来るんです。メラニンを減少させて黒ずみを解消する効果や乾燥肌の改善、肌の弾力を取り戻すといった効果が期待出来ます。

クエン酸水を作るときと使い方にはいくつか注意点があります。クエン酸水については「クエン酸水で黒ずみ解消するために知っておくべき4のこと」で詳しくご紹介していますので是非参考にしてみてくださいね。

3.マッサージ

ひじの黒ずみを解消するためには固くなった角質を柔らかくしてあげることで古い角質が残るのを予防する効果が期待出来ます。

ひじを触ってみてカサカサ乾燥していて固くなっているのであればマッサージでもみほぐしてあげましょう。マッサージするときはお風呂に入ってるときがオススメです。マッサージするときもゴシゴシ擦らずに優しくひじ部分揉みほぐしていきます。

注意点としてはピーリングを行った日はマッサージはしないほうが良いです。ピーリングは古い角質を除去することが出来ますがピーリング直後は肌が敏感になっているためマッサージでの刺激を受けやすくなっているためです。ピーリングをしていない日にマッサージしましょう。マッサージ後はしっかりと保湿することもお忘れなく。

ひじの黒ずみを解消するために知っておいて欲しいこと

Calendar

ひじの黒ずみは一朝一夕で改善出来るものではないということは理解しておいてください。ピーリングの際の注意点でもご説明した通り、早く黒ずみを除去したいからといって過剰なケアは逆効果です。

今日ご紹介したひじの黒ずみを解消する方法は基本的に肌のターンオーバーを正常化させて古い角質を除去して新しい肌が出来るのを促す方法です。

肌のターンオーバーは体の部位によっても異なりますが健康な肌でも通常1ヶ月程度掛かります。そのため黒ずみを解消するためには少なくとも1ヶ月以上の時間が掛かるということを知っておくべきです。

まずは最低でも1ヶ月、出来れば2ヶ月掛かると割りきって気長に経過観察してくださいね。

まとめ

ひじは元々、皮脂の分泌が少なく日常生活の中でも動かす機会が多いため乾燥しやすい箇所です。そのため衣服による摩擦や机との摩擦、ほおずえを付いたときに掛かる圧力などあるゆる場面で刺激を受けることが多いため黒ずみが出来やすくなってしまいます。まずは黒ずみが出来ないように生活習慣を見直すことが必要となります。

出来てしまった黒ずみはしっかりと保湿ケアしていきましょう。毎日顔は化粧水や美容液を使うのと同様に黒ずみ予防のためにもひじの保湿をしていきましょう。

保湿ケアは普段使用している保湿性化粧品でもOKですが黒ずみケア専用コスメがオススメですよ。その他、ピーリングによるケアも試してみる価値アリです。

今日ご紹介したひじの黒ずみを解消する3つの方法を参考にしていただき、夏でも自信を持って露出出来るキレイな肌を取り戻すためにお役立てくださいね。