悩む女性

ダブル洗顔が必要か不要の見分け方と正しいクレンジング法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
悩む女性

ダブル洗顔は美肌に効果的だという話や、逆にダブル洗顔がお肌に悪影響を与えているという話を聞いて、結局どうすればよいの?と悩んでしまっている方も多いでしょう。または、ダブル洗顔ってそもそもどんなもの?とお悩みの方も多いでしょう。ダブル洗顔は、オススメする方もいれば反対する方もいる洗顔方法です。今回はダブル洗顔の意味とダブル洗顔が必要な方や不要な方の特徴をご紹介します。

ダブル洗顔とは

ダブル洗顔とは、簡単に言うとクレンジングでメイクを落とした後に洗顔料で洗顔をすることです。つまりメイクを落とすための洗顔と、メイクを落とした後に行う洗顔の2回を行うという方法です。おそらく多くの方がメイク落としのためにクレンジング剤で洗顔をした後に、洗顔料で洗顔を行っているかと思います。

ダブル洗顔は不要?

悩む女性

最近では、多くの有名人や美容家の方たちもダブル洗顔は不要だと言う方が増えてきています。確かにダブル洗顔が不要な方もいらっしゃいます。しかし、真に受けて全ての方にとってダブル洗顔は不要かというとそうではありません。不要かどうかを確認するためにも、まずはダブル洗顔の各々の役割について確認して行きましょう。

クレンジングの役割

クレンジングは主にメイクを落とすために必要なものです。クレンジングは油性でできているので、同じ油性の化粧品を浮かせることで落ちやすい状態を作ってくれます。

洗顔料の役割

次に洗顔料ですが、洗顔料はメイクを落とす力はあまり無いのですが、その代わりにお肌の汗や汚れ、皮脂や古い角質を取り除いてくれます。

上記の2つから分かるように、各々の洗顔にはそれぞれの役割があるということですね。つまり、多くの方にとってはダブル洗顔は行った方が良いと言うことがお分かり頂けるかと思います。しかし、ダブル洗顔が不向きな方もいらっしゃいます。

ダブル洗顔が不要な方

クレンジングをする女性

最近では、クレンジングと洗顔が一体となった洗顔料が売られています。そのようなものを使う場合に関しては、基本的にダブル洗顔はする必要がないと考えて頂いて大丈夫です。しかし、それ以外にもダブル洗顔が向いていない方はいらっしゃいます。下記に特徴を明記します。

  • お肌が乾燥してしまう方
  • お肌に赤みが出たり痛みを感じる方

上記のような症状を持つ方はダブル洗顔は控えるようにしておきましょう。何故、上記の方がダブル洗顔を行わない方が良いのかという点については、下記に解説を致します。

余計な皮脂を落としたりバリア機能を保つため

皮脂は必要以上に分泌されることでオイリー肌になったり、ニキビの原因となったりと、あまり良いイメージは無いかもしれません。しかし、皮脂は皮膚にとっては非常に重要な要素です。適度な皮脂を残すことで潤いやツヤがあるお肌本来の美しい状態を保つことができます。しかし、必要以上に皮脂を落としてしまうと、常にお肌が乾燥した状態となってしまいます。乾燥肌の症状が出ている方は、ダブル洗顔を行うことで必要な皮脂をどんどん落としてしまっている可能性があります。できるだけ、お肌の皮脂を落とさないようにするためにもダブル洗顔は控えた方が良いでしょう。

なお、お肌に赤みが出てしまう方はお肌のバリア機能が低下していることが考えられます。バリア機能とは簡単に言うと、お肌内部にある水分が外に出て行くのを防いだり、雑菌やほこりなどの外部の異物からの刺激を守る機能のことです。バリア機能が正常に働くことで、乾燥肌を防いだり、敏感肌を防いでくれます。ダブル洗顔はその名の通り2回洗顔を行いますので、お肌への刺激は通常の2倍かかってしまいます。摩擦によってバリア機能が損なわれてしまっている可能性がありますので、赤みや痛みが出るような敏感肌だと感じている方もダブル洗顔は避けるようにしておいた方が良いでしょう。ダブル洗顔が不要なあなたは洗顔後にしっかりと保湿することを心掛けましょう。

【濡る温泉】広告バナー_解像度2倍
参考URL:塗る温泉

塗る温泉は温泉から上がった後のような保湿力を体感することが出来ます。温泉特有のミネラルイオンがギュッと詰まったクリームなので保湿力に優れているという特徴があります。またニキビケアや美白効果も期待出来るので洗顔後のケアにぴったりの美容クリームです。赤ちゃんでも使えるので敏感肌の人でも安心して使うことが出来ますよ。

自分のメイクの状態に合ったクレンジングを選ぶことが大切

クレンジングオイル

ダブル洗顔がお肌に影響を与えてしまうことはご理解頂けたかと思います。では、具体的にどんな対策を行えば良いのでしょうか?それは、自分に合ったクレンジングを選ぶことです。クレンジングを選ぶときにアイメイクを中心に選んでしまう方が多くいらっしゃいます。アイメイクは顔のメイクの中でも非常に濃い部分ですので、アイメイクに合わせてクレンジングを選んでしまうと、他の部分の負担を非常に大きくしてしまいます。正しいクレンジングの選び方の手順を知りましょう。

正しいクレンジングの選び方

クレンジングオイルのタイプは下記の4つがあります上から順に洗浄力が強い順番となっています。

  • オイルタイプ
  • リキッドタイプ
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ

お肌への影響が少ないクリームタイプやミルクタイプを選べば良いというわけではありません。洗浄力が弱いためにメイクが残ったままになってしまうと、残ったメイクがお肌の刺激となり逆効果になってしまうことがあります。選び方の基準としては大きく下記の2つに分けて考えるようにすると良いでしょう。

  • ウォータープルーフの化粧品を使っている場合=オイルタイプかリキッドタイプ
  • ウォータープルーフの化粧品を使っていない=クリームタイプかミルクタイプ

上記を参考にした上で、自分に合ったクレンジングを選ぶようにしてくださいね。

正しいクレンジングと洗顔方法

洗面所

クレンジングや洗顔方法も正しい方法を行っているかどうかでお肌に与える影響は大きく変わります。正しいクレンジングや洗顔方法を改めて復習しましょう。

正しいクレンジングの手順

1.目元や口元のメイクを落とす

まずは顔の中でも濃くなりがちな目元や口元のメイクを落とすようにします。コットンにポイントメイク用のリムーバーをしみ込ませて、優しく押し当てて落として行きましょう。コットンは汚れたらすぐに新しい物に変えるようにしましょう。勿体ないからと言って同じ物を何度も使うようなことはやめておきましょう。ある程度落ちたら次の段階に進みます。

2.クレンジングをお肌にのせていく

クレンジングを手に取り、顔になじませていきます。クレンジングをする際は、手は濡れていない状態にするよう注意をしてください。手が濡れた状態のままだとクレンジング力が落ちてしまうことがあります。クレンジングを顔になじませるときは、皮膚の厚いおでこや鼻筋のTゾーンからのせていきましょう。その後、頬のUゾーンにのせていき、最後に目元や口元をクレンジングしましょう。

3.ぬるま湯で洗い流す

30℃〜35℃前後くらいのぬるま湯でクレンジングを落としましょう。

正しい洗顔方法

1.洗顔料を泡立てて顔になじませる

洗顔料はしっかりと泡立ててから使うようにしましょう。手で泡立てられれば問題ないのですが、泡立てが難しい場合に関しては、泡立てネットを別で使うようにしても良いでしょう。次にしっかりと泡立てた洗顔料を顔になじませていきます。クレンジングのときと同様におでこや鼻筋から洗顔料をのせていくようにしましょう。次に頬、その次に目元、口元の順番で洗顔料を優しくなじませていきます。くれぐれも、ゴシゴシと刺激を与えるような洗顔の仕方はしないようにしてください。

2.ぬるま湯で洗い流し清潔なタオルで拭き取る

洗顔料がしっかりとなじんだら、ぬるま湯で洗顔料を洗い流しましょう。洗い流す際は洗顔料が残らないように念入りに行って下さい。お肌に洗顔料が残った状態のままになってしまうと、それが肌トラブルの原因となってしまいます。特に残ってしまいがちなおでこの生え際などには注意をしましょう。充分にすすぎ終わったら、最後に水分を拭き取ります。キレイで清潔なタオルを使って顔にのせるように水分を拭き取って下さい。

最後に

ダブル洗顔はメイクをする多くの方にとって必要な洗顔方法と言えます。しかし、ダブル洗顔が原因でお肌の状態が悪化してしまっている人も少なからずいらっしゃることでしょう。今回ご紹介した方法を参考にしていただいて、正しいクレンジング選びや正しい手順で洗顔を行って、常に健康で美しいお肌の状態でいれるようにしてくださいね。