妊婦さん

妊娠初期に起こる肌荒れの症状と解消するための3つの対処法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
妊婦さん

妊娠初期は肌荒れが起きやすいと聞いていて、具体的にどんな対処をしておけば良いのか分からないとお悩みではないでしょうか?もしくは、妊娠したら肌荒れが酷くなってしまって原因はなんだろう?とお悩みなのではないでしょうか?妊娠初期は肌荒れが起こる方が多くいらっしゃいます。今回は妊娠初期に起こりやすい肌荒れの症状と原因、対策法についてご紹介します。

妊娠初期は肌荒れが起こりやすい

妊婦さん

妊娠初期は肌荒れが起こりやすいと言われています。理由はいくつかあるのですが、大きく分けると2つあります。

  • ホルモンバランスが乱れることによる肌荒れ
  • 食欲が湧かないことによる栄養不足

一つずつ解説します。

ホルモンバランスの乱れによる肌荒れ

妊娠初期はホルモンバランスが乱れやすくなっています。プロゲステロンというホルモンが増加してしまい、その結果として肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。普段は全く肌荒れが無いという方でも妊娠初期に肌荒れが起きてしまうことがあるのはホルモンバランスの乱れが原因として考えれます。

食欲不振による栄養不足

妊娠初期には、つわりを含めて食欲が減ってしまうものです。食欲がなくなってしまうことで、お肌にとっても栄養不足となり、肌荒れとなってしまいます。食欲不振は一時的な場合が多いので、食欲が戻れば肌荒れも解消していきますので、心配する必要はありません。

妊娠初期に起こる肌荒れの症状

肌荒れに悩む女性

では、妊娠初期にはどのような肌荒れが起こるのでしょうか?代表的な肌荒れとしては下記のようなものが多いです。

  • ニキビ
  • ふきでもの
  • 乾燥肌
  • シミ

上記のような症状が妊娠初期には出やすいと言われています。人によっては、顔はもちろんのこと足や手を含めた身体中に肌荒れが起こってしまう方もいらっしゃいます。

妊娠初期の肌荒れに対する3つの対処法

眠る赤ちゃん

それでは、ここからは妊娠初期にできる肌荒れの対処法をご紹介します。参考にしていただいて、肌荒れに悩まないお肌を手に入れてください。

ホルモンバランスを整えるための工夫をする

先ほども解説を行った方に妊娠初期に起こる肌荒れはホルモンバランスの乱れから起こることが非常に多いです。そのため、ホルモンバランスを整えることで肌荒れを改善することができます。では、どうすればホルモンバランスを整えることができるのでしょうか?ホルモンバランスを整えるには日常生活の改善が必要です。

  • 睡眠時間の確保
  • 食生活の改善
  • 喫煙やアルコールを摂取しない
  • 日常的な運動

上記のように健康的な生活を行う必要があります。これは、妊娠をしている方でも同じことが言えます。睡眠時間が短かったり、食生活が偏ってしまうのはホルモンバランスを乱してしまいます。できるだけ、健康的な生活を送ることを意識しましょう。

栄養はしっかりと摂取しよう

つわりはもちろんですが、妊娠中はお腹の赤ちゃんにも栄養を与えてあげなくてはいけないので、妊婦さんには栄養が足りない状態になってしまいがちです。いつもよりも栄養バランスに気をつけるのはもちろんのこと、妊娠前よりも多めに栄養を摂ることを意識してください。特に意識して摂取していただきたい栄養素としては下記の4つです。

  • 鉄分
  • 葉酸
  • カルシウム
  • たんぱく質

つわりでそれどころでは無いかもしれませんが、できるだけ上記の栄養素をしっかりと取れるような食事を意識しましょう。

ストレスは溜め込まないようにしよう

ストレスも肌荒れを引き起こしてしまう原因となってしまいます。妊娠初期はつわりがあったり、ホルモンバランスが乱れたりと、精神定期も不安定な状態になりやすいものです。お母さんが常にストレスを感じていると、お腹の赤ちゃんにもストレスが伝わってしまうとも言われています。ストレスが溜まっていると感じた時には、パートナーの方や家族に話を聞いてもらったり、ストレスが解消される方法やリラックスできることをしましょう。

最後に

今回は妊娠初期に起こる肌荒れの原因と対処法についてご紹介いたしました。妊娠初期は誰でも肌荒れが起こりやすいい状態になっています。あまり神経質になりすぎずに、できるだけ余裕を持った気持ちで肌荒れ対策を行うようにしましょう。現在肌荒れにお悩みの方は、今回ご紹介した方法をぜひ実践してみてくださいね。