eye catch

アルガンオイルで体の中から美しく!食用オイルの活用方法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

スキンケアやボディケア、ヘアケアまでなんでも使えるアルガンオイル。実はアルガンオイルは食用としても活用することが出来る食べても美味しいオイルなんです。

美味しいだけじゃなく、栄養豊富で美容効果も期待出来ますよ!今日は食用アルガンオイルの効果とアルガンオイルの活用レシピをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

アルガンオイルとは?

Edible Argan oil
アイシャ エキストラバージン アルガンオイル 250ml[アイシャ アルガンオイル]【送料無料】

アルガンオイルとはモロッコが原産国のアルガンの木の実から抽出されたオイルのことを言います。現地では昔から美容や火傷治療などの医療用オイルとして大変重宝されているオイルなんです。日本でも古来から椿油を使っていたようにモロッコではアルガンオイルが使われていました。モロッコの厳しい気象環境でも女性たちの肌や髪の毛が美しいのはアルガンオイルのおかげなのかもしれません。

アルガンオイルは大変貴重なオイルでアルガンの実100kgからわずか1ロットルしか作ることが出来ないんです。

アルガンオイルはスキンケアとして、ボディケアとして、ヘアケアとして、食用としてなど幅広く活用することが出来てその栄養価の高さは最近世界中で注目されています。

食用アルガンオイルの効果

Edible Argan oil

ビタミンEの抗酸化作用

アルガンオイルには抗酸化作用効果があるビタミンEが豊富に含まれています。アルガンオイルに含まれているビタミンEはオリーブオイルの3倍と言われています。

ビタミンEの抗酸化作用は「老化防止」に役立ちます。私達は紫外線、ストレス、飲酒や喫煙、食品添加物など日常生活の中で体が段々と酸化し錆びついていきます。体が酸化していくことで老化していきます。シワが出来たり、肌のハリなくなってきたりと様々な老化現象が出てきます。この酸化を防ぐ効果がビタミンEに含まれている抗酸化作用なんです。アルガンオイルの抗酸化作用によって老化防止や美肌効果が期待出来ます。

オレイン酸

オレイン酸はテレビコマーシャルなどで聞いたことがあるのではないでしょうか?オレイン酸とは一価不飽和脂肪酸で体に良い油として知られています。オレイン酸には血液中のコレステロールを減少させたり、心筋梗塞などの生活習慣病を予防するといった体の中の健康に効果的です。オリーブオイルやゴマ油にもオレイン酸が含まれていることで知られていますがアルガンオイルにもオレイン酸が豊富に含まれています。

またオレイン酸は美肌にも効果的なんです。皮脂の中に最も多く含まれている脂肪酸がオレイン酸で、皮膚を柔らかくする効果があり肌のゴワつきや小じわを抑制する効果が期待出来ます。

食用アルガンオイル効果のまとめ

アルガンオイルに含まれているビタミンEとオレイン酸は次のような効果が期待出来ます。

・美肌効果

・抗酸化作用による老化防止

・血液中のコレステロールを減少させる

・生活習慣病予防

肌につけたり髪の毛のケアだけじゃなく、食べることでも嬉しい効果があるアルガンオイル。色々な使い方が出来るアルガンオイルを活用して体の中からキレイにしていきましょう。

食用と美容用の違いは何?

アルガンオイルにはビタミンE、オレイン酸が豊富で体に良いということはご理解頂けたと思います。これからアルガンオイルを選ぼうとしている方は「食用と美容用って何が違うの?」と疑問をお持ちかもしれません。これからアルガンオイルを活用していくためにはこれらの違いを知ったうえでオイル選びをしていきましょう。

食用アルガンオイルは味重視!

食用のアルガンオイルは美味しく食べられるように加工されています。風味や美味しさを残すために加工されているため、直接肌に塗って使うことも出来るのですが不純物や刺激が強いためにオススメは出来ません。

食用のアルガンオイルはアルガンの実の仁核をそのまま抽出したノンローストと焙煎してから抽出したローストの2種類あります。ノンローストのアルガンオイルはアルガンオイルの本来の味や香りを感じることが出来ます。ローストしたアルガンオイルはナッツのような香ばしさがあってアジアンな雰囲気の味がします。ゴマ油に似ていると感じる人もいるようです。

このように食用のアルガンオイルは食べるために加工されているため美味しく食べることが出来るんです。

美容用のアルガンオイルは不純物・刺激を取り除いてある

スキンケア、ヘアケア用のアルガンオイルは不純物や肌に与える刺激を取り除いているため肌に優しく美容効果を高めるように仕上がっています。香りなどは食用と比べると物足りなく感じますが、肌へ浸透させたり美容効果を高めてくれるのでスキンケア目的、ヘアケア目的で使いたい場合は美容用のアルガンオイルを選ぶことをオススメします。


 参考URL:100%未精製アルガンオイル【CODINA】

アルガンオイルを活用したオススメレシピ

アルガンオイルは美容や健康のために毎日スプーン1杯飲む健康法があります。それだけでも十分食用アルガンオイルの効果が得られるのですがせっかくなら料理に活用して美味しく食べたいですよね!ここからはアルガンオイルを活用したオススメレシピをご紹介します。

アボカドとアルガンオイルのペースト

pan
Cpicon モロッコ★アボカドアルガンオイルペースト by ベルベルキッチン

アボカド、アルガンオイル、ニンニク、胡椒、レモン汁をペースト状にしたレシピです。パンの上に乗せても良いですし、クラッカーと一緒に食べても美味しいそうですね。

アルガンオイルはパンに浸して食べても美味しいのでお試しあれ。

アルガンオイルのモロッカンサラダ

sarada
Cpicon 簡単♡アルガンオイルのモロッカンサラダ by LailaArgan

アルガンオイルはサラダに掛けても美味しく食べることが出来ます。モロッカンサラダっぽくするためにトマトとキュウリはさいの目に切るとより雰囲気が出ますね。

アルガンオイルかけ納豆

nattou
Cpicon モロッコ★納豆のアルガンオイルかけ by ベルベルキッチン

納豆、オクラといったネバネバ系にアルガンオイルを掛けるレシピです。納豆とオリーブオイルの組み合わせは有名ですがアルガンオイルも納豆との相性抜群ですよ!

イカのアルガンオイル漬け

ika
Cpicon モロッコ★ひいかのアルガンオイルたれ漬け by ベルベルキッチン

柔らかくて美味しい「ひいか」をアルガンオイル、みりん、ニンニク、醤油で漬け込んだ和食にも合うアルガンオイルレシピです。お刺身だけじゃなくアルガンオイルを使って一手間加えるだけで美味しく食べることができますよ。

アーモンドソース

sauce
Cpicon モロッコ★アムルー甘いアーモンドソース by ベルベルキッチン

乾煎りしたアーモンドを油が出るまで撹拌機に掛けたらアルガンオイルとハチミツを混ぜて完成するアーモンドソースです。はちみつの量で甘さを調整して自分好みの味にすることが出来ます。作ったソースは朝食のパンに付けて食べてみてください。

まとめ

アルガンオイルはスキンケアやヘアケア、ボディケアだけじゃなく食用としても健康や美容に嬉しいオイルです。ビタミンEの抗酸化作用やオレイン酸のコレステロール減少効果、生活習慣病予防など体の中からキレイにすることが出来ちゃいますよ。

アルガンオイルは食用と美容用の2種類あるのであなたの使い方に合ったほうを選んで下さい。食用オイルを肌に塗っても問題はありませんが食用は美味しく食べられるように加工されているので、肌への刺激が強くなってしまうかもしれません。食用と美容用は使い分けることをオススメします。

アルガンオイルを使ったレシピも参考にしていただき、アルガンオイルを美味しく食べてくださいね!