洗面所の泡

誰でも簡単に洗顔料を泡立てる方法と知っておきたいポイント

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
洗面所の泡

洗顔するときに洗顔料を上手に泡立てることができなくてお困りではないでしょうか?もしくは、泡立てネットを使って洗顔料を泡立てるのはお肌にとって悪影響だという話を聞いて不安になっているのではないでしょうか?

おそらく、洗顔するときにしっかりと泡立てて洗顔をしないとお肌に悪いという話は誰でも一度は聞いたことがあるでしょう。今回は、洗顔するときになぜ洗顔料を泡立てなくてはいけないのか?という理由と、上手に泡立てる方法をご紹介します。

洗顔料を泡立ててから洗顔しないとダメな理由

お風呂で泡

お肌に悩みがある方であっても、朝や夜はあまり時間がなかったり、面倒だったりとついつい洗顔料を泡立てずに洗顔してしまいがちです。しかし、それはお肌にとっては非常に良くないんです。洗顔料をしっかりと泡立ててから洗顔をしないと、お肌に与える刺激が強く、乾燥肌や肌荒れを含めた肌トラブルの原因となってしまうことがあるんです。キレイな肌を手に入れるためには面倒だったとしても、しっかりと洗顔料を泡立ててから洗顔をするようにしましょう。

洗顔料は手で泡立てるのがベスト

泡洗顔

洗顔料は手で泡立てるのがお肌にとって最も良いとされています。理由としては、手で泡立てると洗顔料のキメが細かくなるからです。手で泡立てるのが苦手な方は洗顔ネットを使っているかと思います。洗顔ネットは手で泡立てるよりもキメが荒くなってしまいます。そのため、手で泡立てたときに比べて細かい汚れを落とすことができなくなってしまうのです。洗顔料を手でしっかりと泡立てて、キメが細かい状態で洗顔をするようにしましょう。

洗顔料の泡立て方

洗面所の泡

手で泡立てるのはなかなか難しく、うまく泡立てられないと感じている方も多いでしょう。ここでは、洗顔料を上手に泡立てる方法をお伝えします。下記の手順に沿って洗顔料を泡立てて、顔を洗ってくださいね。

1.洗顔料をたっぷり手に取る

まずは、洗顔料を手にとりましょう。いつも使っている量よりも多めの量の洗顔料を手に取るようにしてください。ケチってしまうと、泡立たない上にお肌にとっても良くない影響を与えてしまうので、たっぷりと使うようにしてくださいね。なお、クリーム状の洗顔料の場合は1円玉くらいの大きさの洗顔料は取るようにしておきましょう。

2.空気を入れるように泡立てよう

手に取った洗顔料とは逆の手の指で洗顔料を撫でるように泡立てていきましょう。洗顔料を持っている方のては、「く」の字にして泡が逃げないようにしてくださいね。

3.水を含ませて泡立てるべし

水を加えてさらに泡立てていきましょう。多くの方が間違っているのですが、水の量が少ないと洗顔料はしっかりと泡立ちません。少し多いかな?と思うくらいの水を泡に混ぜて泡立ててください。洗顔料が泡立ってきたら、再度水を含めて泡立てるという工程を4〜5回繰り返して、しっかりと泡立てましょう。

4.洗顔をする

泡立てた洗顔料を顔にのせて洗顔していきましょう。洗顔料をのせる順番は、皮膚の厚いおでこと鼻筋(Tゾーン)から洗顔をしていきます。その後に、頬(Tゾーン)を洗顔して、最後に最も皮膚の薄い目元と口元を洗顔しましょう。洗顔する際はゴシゴシと擦らずに泡で洗顔をする感覚で、優しく撫でるように洗顔をしましょう。

5.ぬるま湯でしっかりとすすぐ

すすぐときは、ぬるま湯ですすぎましょう。熱すぎるとお肌にとって刺激となったりダメージになってしまうので、少し冷たいと感じるくらいのゆるま湯ですすいでください。なお、すすぎは洗顔料が完全に落ちるまで行いましょう。洗顔料が残ったままだと、肌トラブルの原因となってしまいます。洗顔料が残りやすい生え際などは特に注意して行いましょう。

6.清潔なタオルで水分を拭き取る

最後に、キレイなタオルで水分を拭き取りましょう。拭き取るときもゴシゴシとはせずにタオルをとんとんと乗せるようにして水分を拭き取ってください。

洗顔料を泡立てるときに知っておきたいポイント

体を洗っているときの泡

ここでは、洗顔料を泡立てるときに知っておきたいポイントについてご紹介します。先ほどの洗顔の手順と合わせてご参考ください。

洗顔料は泡立ちやすいものを選ぶ

洗顔料は泡立ちやすいものとそうでないものがあります。特に洗顔料にこだわりがない方に関しては、泡立ちがしやすい洗顔料を選ぶがオススメです。

どうしても手で泡立たない方は泡立てネットを使おう

先ほど、泡立てネットで泡立てると洗顔料のキメが荒くなるとお伝えしましたが、どうしても手で泡立てることができない場合は泡立てネットを使いましょう。泡立てられないまま洗顔をするよりは、泡立てネットで泡立ててから洗顔をする方がお肌にとっては優しいので、その場合は泡立てネットを使いましょう。

洗顔料の泡立てに役立つ動画

洗顔料を泡立てるときに、なかなか上手くいかないときは下記の動画を参考にしてください。非常にわかりやすく解説されていますので、動画を見ながら一緒に洗顔料を泡立ててみましょう。

洗顔後の保湿ケアも大切!

【濡る温泉】広告バナー_解像度2倍
参考URL:塗る温泉

丁寧に泡立てて洗顔してもアフターケアを怠っては行けません。正しい洗顔をした後は保湿クリームを使って乾燥を防ぎましょう。塗る温泉は温泉成分がギュッと詰まっているクリームなので温泉から上がったあとのようなしっとりとした肌を体感することが出来るので洗顔後のケアにぴったりです。またニキビケアや美白効果も期待出来ますよ。ベビークリームとしても活用出来るので敏感肌の人でも安心して使うことが出来ますよ。

最後に

今回は洗顔料の泡立て方と、洗顔方法についてご紹介いたしました。洗顔料の泡立てはキレイな肌を手に入れるためにも非常に大切な要素です。今回ご紹介した方法を参考にしていただいて、しっかりと泡立ててから洗顔をするようにしてくださいね。