アイキャッチ

馬油洗顔|美肌効果を最大限発揮するための洗顔方法

  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
アイキャッチ

馬油洗顔はハリのあるお肌を作る効果があったり、シミやシワに効果的だという話を聞いたことがありませんか?もしくは、馬油洗顔をしてみたいけど、どんな効果や方法があるかは分からないとお悩みではないでしょうか?馬油洗顔は、保湿効果があり美容への期待も持てる洗顔方法だと言われています。今回は、馬油洗顔の効果や方法、注意点や洗顔以外の効果的なケア方法についてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。なお、馬油が入っている洗顔石鹸や洗顔フォームを探している方は「リマーユクリアソープ」を使うのが良いでしょう。

馬油洗顔とは?

馬イメージ

馬油洗顔とは、その名の通り馬油で洗顔をする方法です。馬油は馬のたてがみから取った油で、美容業界では昔から非常に美容の効果があると言われていました。馬油は人間の皮脂に非常に近いと言われているので、馬油を使った洗顔は人間の体やお肌に馴染みやすいと言われています。なお、馬油洗顔を広めたと言われている方が80代の女性の方でした。ご存知の方も多いかもしれませんが、この方は80代にはとても見えない非常に美しい肌をされていらっしゃるそうです。馬油洗顔に含まれている美肌効果がもたらしているのかもしれません。

馬油洗顔の効果

馬油洗顔には美肌効果が期待できると言われています。具体的な効果は実証されているわけではないのですが、実際に試した方の多くは下記のような効果を感じている方が多いようです。

  • 乾燥肌が改善された
  • 肌にハリが出てツヤのある肌になった
  • 目尻のシワが解消された

馬油は保湿効果が高いと言われていますので、乾燥肌の方には効果が高い洗顔方法と言えるでしょう。それから、シワが解消されたり、お肌にハリやツヤが出たと感じる方が多いようです。若い方よりは、40代以上の方のほうが効果を感じやすいかもしれません。乾燥肌の方やシワやたるみが気になる方は、馬油洗顔を試してみるのも良いでしょう。

馬油洗顔の方法とやり方

洗顔イメージ

それでは、ここからは馬油洗顔のやり方と方法についてご紹介していきます。下記の手順通りに行ってみてくださいね。

  1. 手をキレイに洗ってしっかりと水気を取る
  2. 乾いた手に馬油をスプーン一杯すくって手に載せる
  3. 手と手を合わせて馬油を温めながら全体に伸ばしていく
  4. 伸ばした馬油を顔全体に優しく撫でるようになじませる
  5. しっかりとなじんだら、ティッシュで軽く拭き取る
  6. ぬるま湯で洗いながす
  7. 清潔なタオルでしっかりと水気を取る

上記の流れで洗顔を行うようにしましょう。洗顔時は下記の点に注意をしましょう。

馬油洗顔をするときの注意点

手には雑菌がたくさんついているので、しっかりと手を洗って雑菌が顔につかないようにキレイな状態にしてください。馬油は水分を含んでいるとうまく馴染みませんので、手も顔も乾燥した状態にしておきましょう。洗顔するときは、優しく撫でるように注意をしてください。強く擦ってしまうと肌に刺激を与えてしまい、逆効果になってしまいます。汚れがきになる部分は、指の腹で撫でるように洗いましょう。洗い流すときは、熱いお湯ではなく30度くらいのぬるま湯を使いましょう。ヌルヌルは取れませんので、手が軽くなったという感覚があればすすぎを終えて大丈夫です。最後に、清潔なタオルでトントンと顔に載せるように水気を取りましょう。

馬油洗顔を行う上で知っておきたいポイント

洗面所

それでは、ここでは馬油洗顔の効果を最大限に発揮するために知っておきたいポイントについてご紹介します。

馬油洗顔が向いている人と向いていない人

馬油洗顔が向いている方は先ほどご説明した通り、乾燥肌の方やシワが気になっている方、ハリやツヤを出したいと思っている方には向いていると言えるでしょう。逆に、向いていない方は「オイリー肌」の方です。既に脂っぽいお肌の体質の方は、馬脂洗顔をしてしまうとオイリー肌を促進してしまう可能性があります。自分がオイリー肌だと感じていたり、脂分が多く出ていることでニキビになっていると感じる方は、馬脂洗顔はさけておいた方が良いでしょう。

馬油洗顔の頻度は週に1〜2回程度から始めよう

馬油洗顔を行うときには、頻度に気をくばるようにしましょう。まず、馬油洗顔をするときはパッチテストをするようにしてください。腕の内側に馬油を塗り、1日置いておきましょう。次の日になっても赤みが出たり、かゆくならないようであれば馬油洗顔を行って良いでしょう。とはいえ、いきなり毎日行うのはやめておきましょう。まずは、週に1回か2回から始めるようにしてみてください。問題ないようでしたら、少しずつ頻度を増やしていく。というように心がけてみてくださいね。

馬油洗顔後のケアも忘れずに

【濡る温泉】広告バナー_解像度2倍
参考URL;塗る温泉

馬油の良質な油分を使った洗顔をしたあとはしっかりと保湿をすることが大切です。塗る温泉には保湿効果はもちろんのこと、美白効果やニキビ予防も期待出来ます。敏感肌の人でも安心して使える肌に優しい成分ですよ。

 

馬油石鹸や馬油入りの洗顔フォームを選ぶのもオススメ

馬油洗顔を行うのは肌に良いのでオススメできるのですが、馬油を用意するのが大変という方は馬油入りの洗顔石鹸や洗顔フォームを買うのがオススメです。「リマーユクリアソープ」は、馬油が20%以上入っている洗顔石鹸のため保湿効果はもちろんのこと、肌トラブルの改善も期待することができます。馬油石鹸を探している方は使ってみるのが良いでしょう。

馬油の洗顔以外の使い方

油イメージ

馬油は洗顔以外にも使い方があります。美容効果を期待できるので、余裕のある方は試してみてくださいね。

肌がぷるぷるになるケア方法

顔に馬油を塗ったあとに、電視レンジなどで温めたタオルを顔の上に載せるケア方法です。5分〜10分ほど経ったらタオルを取って、ぬるま湯で馬油をゆすぐようにしましょう。お肌がぷるぷるになりますよ!

リップクリームの代わりに馬油を使う

乾燥した唇にリップクリームを塗る方も多いでしょう。ですが、リップクリームの代わりに馬油を唇に塗るケア方法です。馬油は保湿効果が抜群ですので、ぷるんぷるんの可愛い唇になることができますよ。

髪がさらさらになるケア方法

馬油は髪をケアすることもできます。お風呂に入る前に乾いている頭皮に馬油を塗って、少し揉んでマッサージをしましょう。マッサージが終わったら、蒸したタオルを頭の上に乗せて5分〜10分程度湯船に浸かります。湯船から出たら、いつも通りシャンプーを使って馬油を取りましょう。何度か続けて行えば、髪がさらさらになってキレイな髪になるでしょう。

最後に

今回は馬油洗顔の効果や方法、注意点や洗顔以外の使い方についてご紹介いたしました。馬油洗顔は乾燥肌の方や、シワが気になっている方、ハリやツヤを出したいと思っている方にとっては非常に効果的な洗顔方法です。30代や40代の方でお肌が気になっている方は、パッチテストを行って、肌への影響が無さそうと感じた場合には、積極的に行ってみても良い方法でしょう。今回の記事を参考にしていただいて、キレイでハリのあるお肌を目指してくださいね!