バスグッズ

頭皮の保湿をする方法と秘訣|頭皮が乾燥する理由と生活習慣

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
バスグッズ

頭皮を保湿したいと思うけど、具体的に何をすれば良いのか分からないとお悩みではありませんか?もしくは、頭皮の保湿をするときお肌に使っているスキンケア用品を使っても問題ないのかな?と思っていませんか?頭皮は乾燥するとフケが出たり湿疹が出たりかゆみが出てしまうことがあります。今回は頭皮を保湿するための対策と生活習慣についてご紹介します。

頭皮が乾燥するデメリット

悩む女性

頭皮を保湿する方法を知りたいと思っているでしょうが、まずは頭皮が乾燥することでどんなデメリットがあるのかを知っておきましょう。頭皮が乾燥をすると、下記のような症状が出てしまうことがあります。

  • フケが出る
  • かゆみが出る
  • 抜け毛が増える

頭皮が乾燥してしまうと、上記のような症状が出てしまうことがあります。フケが出たりかゆみを感じたり、最近抜け毛が気になってきたという方は頭皮が乾燥してきたことが原因かもしれません。

頭皮が乾燥する原因

バスグッズ

頭皮が乾燥することでどのようなデメリットがあるかはご理解いただけたでしょう。では、なぜ頭皮が乾燥してしまうのでしょうか?ここでは頭皮が乾燥する原因について解説を行います。頭皮が乾燥する原因はいくつかあるのですが、代表的なものは下記のようなものが挙げられます。

  • シャンプーのしすぎによる頭皮の乾燥
  • 湿度・気温による乾燥
  • 紫外線による乾燥
  • 頭に刺激を与えることによる乾燥

一つずつご説明しますね。

シャンプーのしすぎによる頭皮の乾燥

頭皮は皮脂が落ちすぎることで乾燥してしまいます。特に1日に2回、3回と何度も髪を洗うような方は注意が必要です。何度も洗うことで皮脂が必要以上に落ちてしまい、慢性的に頭皮が乾燥した状態になってしまいます。

湿度や気温による乾燥

温度の変化や湿度の変化が激しいときも頭皮が乾燥してしまう原因になります。特に秋や冬の乾燥するシーズンは、部屋の中もエアコンを使って湿度が下がってしまいますので乾燥しがちになります。

紫外線による乾燥

紫外線は頭皮だけではなく肌全体を乾燥させてしまう原因になります。紫外線を浴びないというのは難しいと思いますが、できるだけ紫外線対策はするようにしましょう。

頭に刺激を与えることによる乾燥

頭がかゆくてガリガリと掻いたり、ブラッシングをしすぎると皮脂に刺激を与えてしまい頭皮にダメージを与えてしまいます。結果として乾燥したりフケの原因になってしまいます。

頭皮を保湿するための方法

保湿ケア用品

頭皮が乾燥する原因についてお分りいただけたかと思います。それでは、頭皮を保湿するための方法についてご紹介を致します。

頭皮専用のローションを使って保湿を行おう

頭皮を保湿するときは頭皮専用の保湿ローションを使いましょう。顔に使っているスキンケア用品を代用するのも良いのですが、商品によっては頭皮に合わないものもあります。そのため、頭皮専用の商品を使用するのが間違いないと言えるでしょう。

頭皮専用の保湿ローションの使い方

基本的には商品の説明書きに書かれている通りに使うのが良いですが、多くの場合は髪を洗った後に使用します。理由としてはシャンプーで髪を洗って毛穴に溜まった汚れを落としてからの方が保湿ローションが浸透しやすいからです。なお、保湿ローションは刺激が強いものがありますので、刺激が強いのに抵抗がある方は低刺激のものから始めてみると良いでしょう。

オイルでの頭皮の保湿もオススメ

頭皮を保湿する際にオリーブオイルや椿油を頭皮に塗るのもオススメです。保湿効果が高いのはもちろんのこと、お肌を保護する効果もあります。意外とベタベタすることもありませんので、頭皮の保湿をしっかりとしたいと思う方は試してみてください。

改善するべき生活習慣

ドライヤーする女性

頭皮の保湿は保湿ローションを使うことでケアをしていきましょう。しかし、生活習慣を改善しなければいつまで経っても頭皮は保湿状態になりません。これからご紹介する生活習慣を参考にしていただいて、今までの生活習慣を改善してください。

髪を洗うときに注意をする

先ほどもご説明した通り、1日に何度も髪を洗うと必要以上に皮脂を落とすことになってしまいます。そのため、髪を洗うときは1日1回にしておきましょう。なお、髪を洗うときは指の腹で優しく洗うようにして頭皮に刺激を与えないようにしましょう。シャンプーも刺激が強いものがありますので、頭皮の乾燥が気になる方は低刺激のシャンプーを選ぶようにしてください。シャワーの温度も熱過ぎると頭皮に刺激となってしまうので、36〜38度程度のぬるま湯で洗うようにしてください。

紫外線対策を行う

紫外線は頭皮の乾燥を招いてしまいます。外出するときは帽子を被ったり、日傘を持つようにして頭皮に紫外線が当たらないように工夫をしましょう。

湿度はしっかりと保つ

湿度が下がってしまうことで頭皮の乾燥を招いてしまいます。皮膚にとっては60〜65%くらいの湿度が適切と言われていますので、乾燥しやすい秋〜冬の間は湿度を加湿器をつけるなどして湿度に気を配るようにしましょう。

ドライアーが当たる時間をできるだけ短くする

髪を乾かすときにも注意が必要です。まず気をつけていただきたいのは、髪を乾かさないまま放置しているのはフケを発生させる原因となってしまいます。必ずドライヤーで乾かすようにしましょう。ドライヤーで髪を乾かせるときにも注意があります。髪や頭に近付けすぎないように注意しましょう。20〜30cm程度は離すようにして乾かすようにしてください。なお、できるだけドライヤーの時間を減らすようにするためにも、髪を洗った後にタオルで頭をしっかりと水分を拭き取って、ドライヤーで乾かせる時間を減らすようにしましょう。

しっかりと睡眠をとる

睡眠不足が続くことも頭皮が荒れたり乾燥する原因になります。睡眠時間はしっかりと取るようにしましょう。なお、質の高い眠りができるようにするためにも、自分に合った寝具を選んだりリラックス出来る照明を選んだりアロマを焚いたりと、深い眠りができるような工夫をしましょう。

最後に

今回は頭皮が乾燥する原因と保湿するために必要なケア方法をご紹介いたしました。頭皮は乾燥をするとフケやかゆみが出てしまいますし、何より抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。今回ご紹介した方法を実践していただいて、しっかりと頭皮の保湿を行いましょう。