アイキャッチ

朝洗顔しない事で起こる肌トラブルとタイプ別の正しい洗顔法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
アイキャッチ

朝は洗顔しない方が肌に良いという美容法を聞いて、本当かなと思い調べているのではないでしょうか?もしくは、洗顔しない方が良いとは聞いたことがあるけれど、朝は洗顔をした方が良いんじゃないか?と不安になって調べているのではありませんか?

洗顔をしないでお肌の調子を保てるのであれば、朝の洗顔時間も減らせますし、洗顔料も使わないので経済的にできるので良いことずくしですよね。ただ、洗顔をしない美容法は確かに存在しますが、正しい知識をもってケアをしなければ逆効果になってしまう恐れがあります。

今回は、朝洗顔しないことで得られる美容法と知っておかなければいけない注意点についてご紹介します。なお、朝の洗顔でお悩みの方は「マナラモイストウォッシュゲル」を使ってみるのがオススメです。

朝に洗顔をしないことで得られる効果

朝洗顔2

朝に洗顔をしないということはどのような効果を得られるのでしょうか?洗顔は洗顔料を使ってゴシゴシと洗いすぎてしまうと、本来お肌に必要な皮脂まで落としてしまうようになり、乾燥肌の原因となってしまいます。なお、肌荒れしている方はついつい力を入れて洗顔をしてしまいます。しかし、それが「洗い過ぎ」の状態を招いてしまい、余計に肌荒れになってしまうことがあります。朝に洗顔をしないことで、肌荒れや乾燥肌を防ぐことができるので、潤いのあるハリのあるお肌を手に入れることができると言われています。しかし、ただ洗顔をしなければと良いというものではありません。次からは注意点についてご説明致します。

朝に洗顔しない美容法の本当の意味

朝洗顔3

最近では、芸能人の方も朝に洗顔をしないことでお肌の美しさを保っているというお話をテレビで見ることがあるかと思います。ただし、全く洗顔をしないのか?というとそうではありません。あくまで、洗顔料を使って顔を洗わないという意味合いです。そのため、朝に洗顔をしないと公言をしている芸能人の方でもお湯で洗ったり、タオルで拭いたりということは行っています。全く何もしないということではありませんので注意をしましょう。朝に全く洗顔をしないとどのようなデメリットがあるのでしょうか?次に詳しくご説明を致します。

朝に洗顔をしないと肌は悪化する

朝洗顔4

朝はお肌がキレイな状態だと思われがちですが、意外と汚くなっています。夜に繁殖したダニやホコリが付着していたり、脂分が浮いていたりします。肌が汚い状態のまま1日が始まってしまうとお肌にとっては、下記のようなマイナスがあります。

  • 毛穴に汚れがたまるため毛穴が目立つようになる
  • 皮脂が残った状態なので肌がくすんでしまう
  • 化粧のノリが悪くなってしまう

上記のような状態にならないためにも朝は必ず洗顔をするようにしましょう。では次に正しい洗顔をすることで得られるメリットをご紹介します。

正しい洗顔をすることで得られるメリット

正しい洗顔をすることで下記のような効果を得られます。

古い角質を取り肌を新しく再生してくれる

正しい洗顔をすることで、古い角質を取り除き新しくしてくれます。このことをターンオーバーと言うのですが、正しい洗顔をすることでターンオーバーの働きを促進することができるのです。ターンオーバーを促進することで、常にハリのある肌を手に入れることができるため、化粧のノリが良くなったり、シミを防いでお肌の透明感をアップしてくれる作用があります。

お肌が潤いやすくなる

先ほどご説明したように、古い角質を取り除いてくれるため化粧水や美容液が浸透しやすくなります。古い角質が残ったまま化粧水や美容液をつけても、一時的には肌に潤いが出ますが、肌の表面から先に浸透しませんのですぐに蒸発してしまいます。正しい洗顔をすることで肌内部まで浸透するようになるので、お肌の潤いを持続的に得られるようになります。

肌の状態によって適切な洗顔方法は異なる

朝洗顔5

朝に洗顔料を使って洗顔をしない方がお肌にとって良いという話は先ほど致しましたが、実は全ての人にとって最適な方法ではありません。大きく分けると下記ようの区分されます。

  • 乾燥肌や敏感肌の方は洗顔料を使わない洗顔法
  • 普通肌やオイリー肌、混合肌の方は洗顔料を使った洗顔法

上記のように区分されます。一つずつ詳しくご説明していきますね。

乾燥肌や敏感肌の方は洗顔料を使わない洗顔法を選ぼう

先ほどご説明したように、乾燥肌は必要な皮脂まで落としてしまう「洗い過ぎ」が原因として考えられます。洗顔料は少なからず角質を落とす洗浄作用がありますので、乾燥肌や敏感肌の方にとっては洗顔料を使うことで、ただでさえ少ない角質がより取り除かれてしまいます。

オススメの洗顔方法

 乾燥肌や敏感肌の方はぬるま湯のみで洗顔をするようにしましょう。下記の手順に沿って洗顔を行ってみて下さい。

  1. まず手を清潔に洗う
  2. ぬるま湯を用意する
  3. 顔全体をぬるま湯で優しく洗う
  4. タオルで顔を押し当てるように水を拭きとる
  5. ベタつきが気になる方は拭き取り化粧水を使用する

お湯が熱いと脂分が取られてしまいます。冷たい水も肌には刺激になってしまうため、ぬるいお湯がオススメです。手で触ってみて少しぬる過ぎるかな?という程度の温度で洗顔をするようにしましょう。ゴシゴシと洗わずに、ぬるま湯を優しく撫でるようにして洗うようにしてください。

拭き取り化粧水は、ぬるま湯洗顔でベタつきが気になる方のみ使用して下さい。余分な角質や皮脂を取り除いてくれるため、使用しても問題ありません。ただし、少なからずお肌に刺激はあるものですので、赤みが出たり、ヒリヒリする感覚がありましたら使用を控えるようにして下さいね。

普通肌やオイリー肌、混合肌の方は洗顔料を使った洗顔を選ぼう

普通肌やオイリー肌、混合肌の方は皮脂の分泌量が適量か多めのため、洗顔料で落としてあげる必要があります。不必要な皮脂が残った状態だとターンオーバーの妨げになってしまいます。下記に自分の肌のタイプを診断できるサイトがありますので、自分の肌はどんなタイプなのか?を知った上で適切な洗顔方法を選ぶようにしましょう。

参考:肌タイプ診断|d プログラム(d program)|資生堂

参考:スキンチェック – オルビス

洗顔料を使ったオススメの洗顔方法

それでは、洗顔料を使ったオススメの洗顔方法をご紹介致します。下記の手順で行ってください。

  1. 手を清潔に洗う
  2. 洗顔料を泡立てる
  3. おでこと鼻筋(Tゾーン)から洗顔料をのせて優しく撫でるように
  4. ぬるま湯で洗いながす
  5. タオルを顔に押し当てるように拭き取る

洗顔料は、手の上でしっかりと泡立てて下さい。泡立ちが足りないと汚れがしっかりと落ちなくなってしまいます。泡立てた洗顔料は皮脂の量が多く出やすいおでこと鼻筋(Tゾーン)にまず乗せて、円を描くようにゆっくりと優しく洗っていきましょう。顔全体を洗うときもTゾーンと同じように、優しく円を描くように洗って下さい。

オススメの洗顔料はできるだけ無添加のものを選ぼう

朝洗顔1

洗顔料でオススメできるのは、添加物ができるだけ少ないものを選ぶことです。洗顔料によっては、お肌にとって良さそうな成分がたくさん入っている商品があります。しかし、成分が多ければ多いほど、人間本来のお肌の回復力を妨げてしまう原因となってしまいます。可能であれば、無添加の洗顔料を選ぶことをオススメしています。ちなみに、朝に使う洗顔フォームは「マナラモイストウォッシュゲル」がオススメです。洗顔時間を短くできますし、美肌効果も期待できる洗顔料です。

洗顔後のケアが大切

【濡る温泉】広告バナー_解像度2倍

参考URL:塗る温泉

正しい洗顔後は正しい保湿ケアが大切です。せっかく正しい洗顔をしてもケアを怠ると台無しですよ!洗顔後は保湿力があるクリームをオススメします。「塗る温泉」は温泉特有のミネラルイオンがたっぷり含まれているので洗顔後の保湿や乾燥肌対策に最適です。温泉あがりのツルツルもちもちした肌を体感したことはありませんか?塗る温泉を使うと温泉に入ったあとのような肌を体感することが出来ますよ。保湿だけじゃなく、ニキビケアや美白効果も期待出来ます。赤ちゃんにも使えるクリームなので敏感肌のあなたにもぴったりですよ。

最後に

今回は朝に洗顔しないことで得られるメリットと、正しい洗顔を行うために必要な基礎知識についてご紹介をしていきました。全く洗顔しないことはお肌にとってはマイナスしかありません。自分のお肌のタイプを知った上で、正しい洗顔方法を選択し、常にハリのあるキレイなお肌を目指して下さいね。