フォトフェイシャル アイキャッチ

フォトフェイシャルで肌の悩みを解決しよう!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
フォトフェイシャル アイキャッチ

顔の「しみ・そばかす」が恥ずかしいからキレイにしたい!「フォトフェイシャル」で改善出来ると聞いたんだけれど、どんな方法でキレイに出来るんだろう?何か副作用とかあるのかな?

と疑問をお持ちではございませんでしょうか?

フォトフェイシャルは肌に光を当ててお肌をキレイにしていく、最先端のスキンケアです。

今日はあなたがフォトフェイシャルについてあなたが疑問に思っていることを解決していきますので参考にしてみてくださいね。

1.フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャル アイキャッチ

フォトフェイシャルとは冒頭でもご紹介した通り、優しい光を肌に当てることで肌の若さを取り戻し、ツヤや潤いを取り戻す最先端のスキンケアです。また、あなたが悩んでいて今までどうすることも出来なかった「しみ・そばかす」をキレイに出来る可能性があるスキンケア方法なんですよ。

肌に光を当てるというと「レーザー」を思い浮かべるかもしれませんが、レーザーより優しい光のため、肌へ与えるダメージなくしみやそばかすなどのターゲットを刺激することが出来ます。

1.1.フォトフェイシャルでキレイになる仕組み

フォトフェイシャルは、肌の悩みの黒ずみやシミ、赤ら顔の原因である「メラニン色素」や「毛細血管」に作用する光を照射することで改善していくという仕組みです。

これらの肌トラブルの原因となっている箇所をターゲットとして光を照射すると、光エネルギーが熱エネルギーへと変換されることでダメージを与えます。ダメージを与えると聞くと、肌へ直接ダメージを与える印象をお持ちかもしれませんがフォトフェイシャルの光はメラニン色素や毛細血管などトラブルの原因となっているものをターゲットとしていますので肌へのダメージは少ないので安全に使うことが出来ます。

またフォトフェイシャルは肌の生成に欠かせない「コラーゲン」を増加させる効果があります。コラーゲンは20代後半〜30代前半を過ぎると増生能力が減少してくると言われています。いわゆる「お肌の曲がり角」と呼ばれている時期です。肌のツヤがなくなったと感じたり、ハリがなくなってきたり、化粧のりが悪く感じるのはそのためです。

フォトフェイシャルを活用することでコラーゲンの生成を助けてくれるのでこれらのお悩み改善も期待出来るんです。

1.2.フォトフェイシャルの効果

ここまで見てきたようにフォトフェイシャルには肌の様々な問題を解決してくれます。ここでは具体的にどのような悩みに効果的なのかをご紹介します。

シミ・そばかす

シミ・そばかすは肌表面に沈着したメラニン色素が原因です。フォトフェイシャルの光を照射することで肌のターンオーバーを促すことで肌の代謝が良くなってシミやそばかすがある皮膚が剥がれ落ちることで新しいキレイな肌に生まれ変わります。

ニキビ跡

若い頃に出来たニキビ跡が消えずに残っているとお悩みの方も多いのではないでしょうか?ニキビ跡が目立つのもメラニン色素が原因です。ニキビ跡にもフォトフェイシャシャルによる光の刺激によって、皮膚の代謝を促すことでニキビ跡の部分が剥がれ落ちキレイな肌を取り戻すことが出来ます。

シワ・たるみ

シワやたるみは加齢によるコラーゲンの生成が悪くなることで、肌の水分不足によって起こります。先ほどご紹介したようにフォトフェイシャルにはコラーゲンの生成を助けてくれる効果があるので、シワやたるみにも有効です。

赤ら顔

赤ら顔の原因の一つに「毛細血管の拡張」があります。毛細血管が拡張するにはいくつかの理由がありますが、フォトフェイフェイシャルの光を照射することで、広がっている毛細血管を収縮されることが出来るので顔の赤みを抑えることが可能となります。

 

2.フォトフェイシャルのデメリットや副作用

フォトフェイシャルには肌の関する悩みを改善してくれる様々なメリットがあります。でも、デメリットもあるんでしょ?と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。ここではフォトフェイシャルに関するデメリットや副作用をご紹介します。

2.1.フォトフェイシャルの副作用〜ヤケドの恐れ

フォトフェイシャルは肌に優しい光を照射するのでトラブルは少ないのですが、光の強度を誤るとヤケドしてしまう恐れがあります。これはクリニックやエステサロンで施術する人の技術によるところが大きいです。

肌は個人差があるので、あなたの肌に会った強度で光を照射する必要があります。また、体調によっても異なります。

フォトフェイシャルを行っているサロンやクリニックならどこでも良いというのではなく、たくさん施術実績がある信頼出来るところで受けることをオススメします。

2.2.フォトフェイシャルのデメリット〜施術出来ない人がいる

フォトフェイシャルは施術することが出来ない場合があります。以下の該当する方は基本的にお断りさせる可能性が高いです。

妊娠中の方

妊娠中はホルモンバランスが変化するため、肌の状態も不安定になります。フォトフェイシャルの刺激に過敏に反応してしまう可能性があるため、施術をお断りされてしまいます。もし、妊娠に気が付かずに施術を受けてしまったとしてもお腹の中の赤ちゃんには影響ないので心配する必要はありません。

過度な日焼けをしている方

過度に日焼けした黒い肌はメラニン色素が多く含まれているため、フォトフェイシャルの光を照射した際に強く反応しすぎるためお断りされる可能性があります。日焼けしている人は事前に相談する必要があります。

アトピー持ちの方

アトピー持ちの方は肌の状態によっては施術をお断りされる可能性があります。アトピー持ちの方は、エステサロンではなくクリニックのフォトフェイシャルをオススメします。

 

3.クリニックとエステサロンのフォトフェイシャルの違い

クリニックで行うフォトフェイシャルとエステサロンで行うフォトフェイシャルの違いって何?とお考えのあなたへ。

フォトフェイシャルにはいくつか種類があり、クリニックやエステサロンによって違う種類の機械を使用しています。ですがクリニックとエステでの最大の違いは「医師」の施術か、「エステティシャン」の施術かの違いです。

クリニックで行うフォトフェイシャルは医師の指示の下に行う施術のため、エステサロンよりも安心感があります。万が一、トラブルが起こったときの対応や薬の処方をしてくれるというところはクリニック最大のメリットと言えるでしょう。始めてフォトフェイシャルをする方や、興味があるけど不安を抱いている人はクリニックをオススメします。

エステサロンで行うフォトフェイシャルは、エステティシャンに施術してもらいます。エステサロンは医療機関ではないためトラブルが起こったときの対応は自分で病院に通わなくてはならないというデメリットがあります。ですが、エステサロンのほうが店舗数も多いため近くで施術を受けることが出来るという点と、価格競争が激しいため費用が安いというメリットがあります。

このようにクリニックで行うフォトフェイシャルとエステサロンで行うフォトフェイシャルはそれぞれメリット・デメリットがありますのでこれからフォトフェイシャルをどこで行うかを検討する際の参考にしてみてください。

4.フォトフェイシャルの回数と期間と費用

フォトフェイシャルを行うにはどのくらいの期間がかかって、どのくらいの予算を見ればよいのか。

フォトフェイシャルは1回の施術だけでは効果がありません。5回〜6回前後の施術を行なって始めて効果を実感することが出来ます。1回の施術が終わったあとは3〜4週間程の間隔を空ける必要がありますので6回を終えるためには約半年程度の期間が掛かります。

フォトフェイシャルの費用はそれぞれ異なりますが、1回1万〜5万円程度が相場です。クリニックのほうが高額で、エステサロンのほうが安いです。いずれにせよ、トータルで発生する金額は決して安くはありません。ですが先ほどもご紹介した通り、クリニックは高い反面、医師の施術で安心出来るメリットがあります。

金額だけではなくアフターケアなど総合的に判断して選ぶ必要がありますね。

まとめ

フォトフェイシャルは肌に関する様々なお悩みを解決してくれます。

費用は決して安くないので慎重に選ぶ必要があります。どこのクリニックやエステサロンでもまずは無料カウンセリングからスタートしますので疑問に思っていることは全て投げかけて、納得したうえで始めるようにしてくださいね!