アイキャッチ

米ぬか洗顔|良いことだらけの米ぬか洗顔の効果と手順

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
アイキャッチ

米ぬかの洗顔をすると、お肌に良い影響があると聞いて詳しく調べてみているところではないでしょうか?もしくは、米ぬかで洗顔をする方法や作り方ってどうすれば良いのだろう?と思い、調べているのでは無いでしょうか?米ぬかの洗顔は、お肌に良いことがあるという話は聞いたことがあるかと思います。今回は、米ぬか洗顔の基礎知識や手順についてご紹介します。なお、洗顔フォームをお探しの方は「ロゼット 無添加米ぬか 洗顔フォーム 140g」「米ぬか美人 洗顔クリーム 100g」の2つがオススメです。クレンジングを目的とした洗顔フォームとしては「無添加米ぬか メイク落とし洗顔フォーム 120g」「米ぬか美人 メイク落とし 100g」の2つを選ぶようにすると良いでしょう。

モチモチでしっとりとしたお肌を目指すなら塗る温泉がオススメ

米ぬか洗顔を行って潤いやハリのあるお肌を目指したいという方も多いと思います。ただ、米ぬか洗顔は少なからず手間がかかるのも事実です。できるだけ手間をかけることなく、より美しい肌を手に入れたいと思っている方は下記の塗る温泉を使ってみても良いでしょう

【濡る温泉】広告バナー_解像度2倍
出典:塗る温泉

赤ちゃんのおむつかぶれにも使える優しい素材を使用しているため、安心して使うことができます。温泉に入ったあとのようなモチモチ肌としっとり感を得られます。効果が出る割にリーズナブルなので一度使ってみても良いでしょう。

米ぬか洗顔の効果とは?

米ぬか洗顔イメージ1

米ぬかには美肌成分がたっぷり含まれています。昔から米ぬかを食べることで体の中からキレイになるということはされていましたが、実は美容としても使われることが多いものでした。特に米ぬかは下記のような効果があります。

  • 肌荒れ防止の効果
  • 老化防止の効果
  • 保湿の改善
  • シミ防止や美肌効果もある

なぜこのような効果があるのか一つずつ詳しくご説明をしていきますね。

ビタミンB郡が含まれるため肌荒れ防止の効果がある

ビタミンB郡が足りなくなると、皮脂を大きく分泌されてしまい、肌荒れがおきやすくなってしまいます。米ぬかにはビタミンB群が含まれているため、ビタミンB郡を効率的に吸収することができます。ビタミンB郡を摂ることで適切な皮脂の分泌量となりキレイなお肌を作ることができるようになります。

米ぬかのビタミンEが老化防止の効果を

米ぬかにはビタミンEが含まれており、老化を防止する効果があると言われています。人間は常に酸素を吸収して体内の栄養素を燃やしてエネルギーとしています。しかし、体に吸収する酸素の量が多かったり活性酸素が増えると過酸化脂質というモノができていきます。過酸化脂質は細胞の働きを低下させてしまうものです。ビタミンEは抗酸化作用を持っているので、過酸化資質の働きを抑えてくれます。そのため、老化防止に効果的だと言われています。

亜鉛が保湿の改善を行ってくれる

米ぬかは亜鉛も含んでいます。亜鉛が不足をすると体の中のタンパク質が不安定になってしまうので、お肌のバリア機能が落ちてしまいます。お肌のバリア機能が落ちてしまうと乾燥しやすい肌になってしまうので、いくらスキンケアを頑張ってもしっとりとした潤い肌にはなりません。先ほどご説明した通り米ぬかには亜鉛が含まれておりますので、保湿の対策にもなるんです。

米ぬか洗顔はシミにも効果的で美肌効果もある

米ぬかには【y-オリザノール】という成分が入っています。この成分は抗酸化作用が強く、メラニン色素を防止してくれます。そのため、シミができにくくなり、美白効果も高いと言われています。

米ぬか洗顔の作り方と正しいやり方

米ぬか洗顔イメージ4

それでは、ここからは米ぬかの洗顔の作り方と正しいやり方についてご紹介をしていきます。

まずはパッチテストを行おう

米ぬか洗顔はいきなり行うことはせず、事前に必ずパッチテストを行いましょう。米ぬかを溶かしたお湯を腕の内側に塗って1日様子を見ましょう。1日経って変化が無ければ、米ぬか洗顔を行っても良いでしょう。ただ、かゆみや赤みが出た場合には米ぬか洗顔はやめておきましょう。

生の米ぬかを水に溶かして混ぜる

生の米ぬかを水で溶かして混ぜましょう。水分を含んだ状態になった米ぬかを顔全体に伸ばしていって、優しく撫でるようにマッサージをしましょう。

最後にキレイに洗い流そう

米ぬかを顔全体に馴染ませてマッサージができたら、最後にキレイに洗い流しましょう。ゴシゴシとせずにぬるま湯で優しく流しましょう。

米ぬか洗顔は週1〜2回程度が適切

米ぬか洗顔は毎日行う必要はありません。普段は通常の洗顔フォームで洗顔を行い、週に1〜2回程度のみ米ぬか洗顔を行うようにしましょう。なお、米ぬか洗顔を行ったとしても化粧水や美容液をつけるようなスキンケアは行うようにしましょう。

直接肌に触れるのが気になる方はぬか袋を

米ぬか洗顔イメージ2

直接お肌に米ぬかを塗ると刺激を感じる方も多いことでしょう。そうでなくても、何となく抵抗感があるという方もいると思います。そういう方にはぬか袋を使って洗顔する方法がオススメです。ここから、ぬか袋を使った洗顔方法の手順をお伝えします。

まずはぬか袋を用意しよう

ぬか袋はネットでも買うことができますが、自分でも作ることはできます。さらし木綿の布を袋状に縫うだけです。まずは、このぬか袋を用意することから始めましょう。

ぬか袋に米ぬかを入れよう

用意したぬか袋に大さじ3〜4杯ほどの米ぬかを入れよう。中身がこぼれないように注意して下さいね。

ぬか袋にお湯を含ませて顔に押し当てる

ぬかを入れたぬか袋にお湯を含ませて、中から液が出るようにしておきます。そして、顔全体にゆっくり押し当てていきます。顔全体に押し当て終わったら、中身を捨てましょう。ぬか袋は使用するごとに新しいものと交換するようにしましょう。

ぬか袋の使い方についてのご紹介

ぬか袋の使い方については、下記の動画が非常に分かりやすく解説されています。どのように使えば良いのか分からなかったり、不安に思っている方は下記の動画を参考にするのも良いでしょう。

参照:https://www.youtube.com/watch?v=8SuDfKiTEwg

米ぬか洗顔を行うときの注意点

米ぬか洗顔イメージ1

米ぬかは痛んでしまうのが早いです。そのため、たくさんの量を買いだめするのはオススメできません。できるだけ、使う分だけこまめに買うようにしましょう。ちなみに常温保存をすると痛みが早く、虫がついてしまうこともあるので、保存するときは必ず冷蔵庫か冷凍庫に入れておくようにしましょう。冷蔵での保存期間は2〜3週間程度、冷凍庫での保存期間は1〜2ヶ月程度と言われています。その間には使い切るようにしましょう。

米ぬか洗顔フォームを選ぶのもオススメ

米ぬか洗顔は自分で作ることができるものですが、どうしても手間がかかってしまうという方は米ぬかの成分が入っている洗顔フォームを買うのもオススメです。ネット通販などでも買うことができます。できるだけ無添加系の洗顔フォームを買うのがオススメです。

オススメの米ぬか洗顔フォーム

オススメの洗顔フォームとしては、「ロゼット 無添加米ぬか 洗顔フォーム 140g」「米ぬか美人 洗顔クリーム 100g」の2つはアマゾンでもドラッグストアでも購入でき、リーズナブルで効果の高い洗顔フォームとしてオススメできます。また、クレンジングを目的とした洗顔フォームとしては「無添加米ぬか メイク落とし洗顔フォーム 120g」「米ぬか美人 メイク落とし 100g」の2つがオススメといえるでしょう。

最後に

今回は米ぬか洗顔の効果ややり方についてご紹介致しました。米ぬかは非常にお肌に良いため、美肌を目指す方にはとても効果的なスキンケア方法の一つです。パッチテストを行って問題が無いようであれば、米ぬか洗顔を行ってみるのも良いでしょう。