アイキャッチ

頭皮を保湿する方法と頭皮を乾燥させないためのポイント

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
アイキャッチ

頭皮が乾燥してしまいフケやかゆみが出ているので、頭皮を保湿したいと思っている方も多いことでしょう。スーツを着て仕事をしているときに肩につけがついていたら嫌ですよね?しっかりお風呂に入っているし、頭も毎日洗っているのに不潔に見えてしまっているのではないか…。と気になっている方も多いでしょう。今回は頭皮を保湿することの大切さと頭皮が乾燥してしまう原因、頭皮を保湿する具体的な方法についてご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

頭皮を保湿することはなぜ大切なのか?

悩む男性

頭皮は皮脂腺から分泌される皮脂と角質細胞の中の天然保湿成分のおかげで外部からの刺激から頭を守っています。その皮脂や天然保湿成分がしっかりと働いて、健康な髪を保つための土台として頭皮があります。この頭皮が乾燥した状態になってしまうと、かゆみがふけが出てしまったり髪の老化が激しくなってしまうことも考えられます。そのため、頭皮もしっかりとした保湿対策を行う必要があるのです。

頭皮の保湿を効果的に行う方法

頭皮のマッサージ

それでは、ここからは頭皮を効果的に保湿する方法をご紹介します。乾燥しているかもしれないとか、ふけが気になるという方は実践をしてみてください。

頭皮専用の保湿ローションを使う

頭皮の保湿に効果的なのは頭皮専用の保湿ローションを使うことです。頭は体の中でも硬い部分ではあるのですが、皮脂はとてもデリケートな部分です。頭皮専用に作られたローションは、頭皮への負担を軽減しつつ保湿効果を高めてくれるので頭皮の保湿を行うときは専用ローションを選ぶのが最も良い方法と言えるでしょう。

具体的な保湿の手順

頭皮を保湿するときは下記の手順に沿って保湿を行っていきましょう。頭皮がキレイな状態でないとローションの効果が落ちしまうので、基本的にはお風呂に入ったあとに使いましょう。

使い方は非常に簡単です。お風呂上がりに保湿ローションを手に取り頭皮に塗っていくだけです。とはいえ、ローションを塗るときはできるだけ頭皮の血行を良くするためにマッサージを行いましょう。指の腹で優しくくるくると撫でるようにマッサージを行いましょう。そうすることで血行が促進されて、より効果を高めることができます。効果を高めるためにも、できるだけ優しくゆっくりとマッサージするようにしてくださいね。

スキンケア用品でも代用はできる

オリーブオイル

できれば頭皮専用の保湿ローションを使うのが良いですが、もし無ければ普段使っているスキンケア用品でも代用することができます。頭皮もお肌に変わりはありませんので、化粧水や乳液が代用としては良いと言えるでしょう。顔に使うものですので、負担は軽くなりますし保湿効果もしっかりと得ることができます。ただ、クリームタイプの化粧水や乳液は避けるようにしましょう。クリームタイプは毛穴に詰まりやすくなってしまい、頭皮に負担をかけてしまうことになってしまいます。

オリーブオイルなども効果的

オリーブオイルや椿油も頭皮の保湿には効果的です。オリーブオイルは保湿効果の他にも皮膚を守る作用もあります。ベタベタするかもと思うかもしれませんが、オリーブオイルは皮脂と混ざって皮膚に浸透して馴染む効果があるので、頭皮専用のローションや化粧水や乳液がないときは椿油やオリーブオイルを使うようにしても良いでしょう。

頭皮を乾燥させないようにするためのポイント

髪のマッサージ

頭皮を保湿する必要性と保湿するための方法についてはご理解いただけたかと思います。ここからは、そもそも頭皮を乾燥させないようにするためのポイントについてご紹介をしていきます。

シャンプーを選ぶときはアミノ酸の成分のあるものを選ぶ

市販で売られているシャンプーは洗浄力が強いものばかりが売られtれいます。洗浄力が強いのは悪いことではないのですが、頭皮を保湿するというという点でいうとあまりオススメできません。その点、アミノ酸のシャンプーは頭皮への負担が少ないシャンプーですので、頭皮の乾燥が気になっている方はシャンプーを変えてみることから始めてみても良いでしょう。

水分はしっかり拭き取る

入浴後や髪を洗った後はしっかりと水分を拭き取るようにしましょう。水分が髪に残ったままにしないようにしてくださいね。

ドライヤーを使って乾かすときにも注意が必要

ドライヤーで髪を乾かすときも注意が必要です。頭皮と髪を乾燥させたりパサパサさせないためにも、できるだけドライヤーと髪の距離を空けるようにしましょう。20〜30cmは空けて髪を乾かすようにしましょう。また、髪の長い方がやってしまいがちなのですが、同じ箇所を長時間ドライヤーを当て続けるのはやめましょう。髪にダメージを与えてしまいます。なお、髪を洗った後にドライヤーを浸からないでそのまま寝てしまったり、自然乾燥を待つ方がいますが、これはオススメできません。髪は濡れると痛みやすくなってしまいますので、髪を洗った後は必ずドライヤーで髪を乾かすようにしてくださいね。

紫外線対策を行う

紫外線対策は大切です。スキンケア対策でも紫外線対策は大切と言われていますが、これは頭皮にも同じことが言えます。紫外線を浴びるとお肌が乾燥してきてしまうので、外出する際は帽子をかぶったり日傘をさしたりと出来るだけ紫外線を浴びないような対策を行いましょう。

シャンプーはすすぎ残しをせずにシャーワーの温度にも注意

シャンプーで頭を洗うときはしっかりとすすぎましょう。すすぎができていなくて、シャンプーが残った状態になると毛穴にシャンプ0が詰まってしまったり、頭皮に刺激を与えてしまうことになるので乾燥や頭皮のトラブルの原因となってしまいます。すすぎ残しの無いようにしっかりとすすぎを行いましょう。また、頭を洗うときはシャンプーの温度にも注意が必要です。スキンケアの基本はぬるま湯で洗顔をすることです。頭皮も同じことが言えます。熱いお湯でのシャワーは皮脂を必要以上に落としてしまったり、皮脂に刺激や負担を与えてしまうので、38度程度の温度のシャワーで髪を洗うようにしましょう。

最後に

今回は頭皮を保湿する必要性と、頭皮を保湿する方法、改善したい生活習慣についてご紹介いたしました。頭皮は保湿されている状態を保たなければふけが出てしまったりかゆみが出てきてしまいます。常に健康な髪を維持するためにも、頭皮のケアも忘れずに行うようにしましょうね。