eye catch

敏感肌のあなたが使うべきクレンジングの選び方

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

普段使っているクレンジングだと使ったあとに乾燥したり、肌荒れしちゃう。敏感肌の私に合うクレンジングってどんなものかな?とお考えではございませんか?

クレンジングといってもたくさん種類があって、メイクを落としやすいものや肌に優しいタイプのものなど様々です。今日は敏感肌のあなたが選ぶべきクレンジングについてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

敏感肌とは?

Sensitive skin Cleansing

化粧品などに敏感に反応する肌を敏感肌は一般的には敏感肌と呼んでいます。最近では敏感肌用の化粧水や美容クリームなど多くの化粧品が市販されています。でも実は医学的には「敏感肌」という病名は存在しないんです。敏感肌だと自覚しているあなたの肌も多くの場合、改善することが出来ます。

敏感肌の原因は乾燥

敏感肌のあなたの肌は乾燥している場合がほとんどです。肌が乾燥した状態は肌に水分や脂分が失われているためバリア機能が低下しているためクレンジングのような刺激に強い成分は肌に触れることで敏感に反応しているのが原因です。

つまり、敏感肌は乾燥を防ぐことで改善することが出来るんです。

肌の乾燥を防ぐめには?

肌が乾燥する原因は様々です。洗顔などのスキンケア方法や睡眠不足や食生活などの生活習慣も肌が乾燥する原因となります。それら一つ一つを見直すことで肌の乾燥を防ぎ敏感肌を改善していくことが可能です。乾燥や敏感肌を改善するための方法については「敏感肌の人におすすめのキンケア方法と見直すべき生活習慣」で詳しくご紹介していますので合わせて読んでくださいね。

クレンジングも敏感肌の原因に?

あなたが普段何気なく使っているクレンジングも敏感肌を引き起こす大きな要因となっているんです。敏感肌になってしまう原因は乾燥だということはご紹介した通りです。クレンジングはメイクを落とす際に肌に必要な皮脂も一緒に落としてしまうため皮脂が足りない状態になるためバリア機能が低下し、乾燥しやすい状態となってしまいます。またクレンジングの使い方にも注意が必要です。顔は体の中でも特に皮膚が薄く敏感なのでゴシゴシ擦って摩擦を与えることでダメージを受けやすいんです。クレンジングを使うときにメイクをしっかり落とそうとゴシゴシ擦ることで皮膚がダメージを受けて乾燥しやすくなってしまいます。

敏感肌を改善するためにはクレンジングの種類に注意することも確かに必要なことではありますが、クレンジングの使い方を見直すことも実は敏感肌改善には欠かせない要素なんです。

敏感肌のあなたはまずこれ以上肌を乾燥させないことが先決です。クレンジングも肌を乾燥させる大きな要因となっていますので乾燥しにくい肌に優しいタイプのクレンジングを選び、正しい方法で使うことで乾燥を予防することが出来ます!次は敏感肌のあなたがクレンジングを選ぶべきポイントについてご紹介しますね。

敏感肌の人のためのクレンジングの選び方

クレンジングの種類



 参考URL:和漢エキス&無添加メイク落とし【ビオルガクレンジング】

クレンジングには洗浄力が強いタイプ、肌に優しいタイプなどいくつか種類があります。敏感肌のあなたは肌に刺激が少ないタイプのクレンジングを選ぶことをオススメします。

敏感肌のときは避けるべきクレンジングは?

肌が敏感になっているときは使わないほうが良いクレンジングがあります。「クレンジングオイル」です。

クレンジングオイルは洗浄力が強いためウォータープルーフのファンデーションなど落ちにくいメイクを落とすのに適している反面、肌への刺激が強いんです。クレンジングオイルには界面活性剤という成分が含まれておりこれが肌への刺激となって乾燥や敏感肌を引き起こす原因となります。また、クレンジングオイルは手で肌に直接触れてメイク落としをするので肌に摩擦がおこるためダメージを受けやすいです。敏感肌の人はクレンジングオイルは出来るだけ避けることをオススメします。

もう一つ避けるべきクレンジングは拭き取りタイプのシートクレンジングです。シートで拭き取るためどうしても肌への摩擦が避けられないので肌が乾燥しやすくなりますし肌へのダメージも大きいクレンジングです。

敏感肌のあなたはまず肌の乾燥を改善することが先決です。乾燥肌が改善するまではクレンジングオイルや拭き取りタイプのクレンジングシートは出来るだけ避けることをオススメします。

敏感肌のあなたにオススメのクレンジング

クレンジングクリーム

 

敏感肌のあなたにオススメなのがクレンジングクリームです。クレンジングクリームはオイルと比較すると洗浄力は劣りますが、逆にいうと洗浄力が強過ぎないため肌への刺激も少ないため敏感肌向きのクレンジングです。さらにクレンジングクリームはオイルやリキッドと違い、クリームの厚みがあるため肌への摩擦を軽減する効果があります。肌の摩擦は乾燥や敏感肌の大きな原因となるのでその点でもクリームはオススメのクレンジングですよ。

ミルククレンジング

 

ミルククレンジングはクレンジングの中で最も肌に優しいクレンジングです。ミルククレンジングはテクスチャーが柔らかいため肌のうえで滑らかに手を動かすことが出来るため肌への摩擦が少ないという特徴があります。洗浄力がクレンジングの中で最も弱いというデメリットもありますがその分、肌に必要な皮脂を落とすことなくメイク落としが出来るので敏感肌に優しいクレンジングです。

ただ、ミルククレンジングだとアイメイクなどのガッチリメイクやウォータープルーフのファンデーションや日焼け止めは落とすことが難しいです。ベースメイクやナチュラルメイクくらいであれば落とすことは可能ですので先ほどご紹介したクレンジングクリームと併用することをオススメします。

まとめ

敏感肌のあなたが選ぶべきクレンジングは「クレンジングクリーム」、「ミルククレンジング」です。どちらも洗浄力に関してはオイルやリキッドタイプより劣りますが、肌への刺激が少なくまた肌への摩擦が少ないため敏感肌に優しいクレンジングです。

敏感肌の根本的な原因は肌の乾燥です。乾燥を改善するためには洗顔後やお風呂あがりにしっかりと保湿することです。

nuruonnssenn2

 

参考URL:塗る温泉

塗る温泉は温泉特有のミネラルイオンがたっぷり含まれているため、まるで温泉に入ったあとのようなしっとりしたモチモチ肌を体感することが出来ます。温泉は保湿力が高いため敏感肌の原因である乾燥を防ぐことが出来ますよ。また赤ちゃんのおむつかぶれに使うことが出来るくらい肌に優しい成分なので安心して使うことが出来ます。

しっかりと保湿してあげることで敏感肌を解消して、クレンジングも肌に優しいタイプを使うことで肌トラブルを未然に防ぐことが出来ますよ。今日ご紹介したクレンジングを是非参考にしてみてくださいね。