アイキャッチ

敏感肌の洗顔方法|間違った洗顔方法とオススメの洗顔方法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
アイキャッチ

敏感肌がなかなか改善しないけれども、もしかして自分の洗顔方法に原因があるのかな?とお悩みになっている方も多いことでしょう。もしくは、敏感肌を解消するための洗顔方法は無いかな?と思って調べているところではないでしょうか?敏感肌は洗顔しただけでも痛みが出たり、少し触っただけで赤みが出てしまってすぐにでも解消したいと思いますよね。

間違った洗顔方法を繰り返していると敏感肌は改善されないどころか悪化してしまうこともあります。今回は、敏感肌でお悩みの方に敏感肌を解消させるために必要な洗顔の方法をご紹介します。

敏感肌の方が気をつけたい洗顔方法の注意点

拭き取りコットン

敏感肌の方にとって正しい洗顔方法を知る前にまずは敏感肌の方が避けるべき洗顔方法と注意点を知りましょう。敏感肌の症状を今よりも酷くしないためにも事前に知識として知っておいてください。

温度の高いお湯での洗顔

敏感肌の方は熱いお湯での洗顔は避けるようにしましょう。熱いお湯はお肌の皮脂を必要以上に落としてしまうので、外部からの刺激を受けやすい状態になってしまいます。敏感肌の方は特に熱いお湯での洗顔はNGです。

冷たい水での洗顔

熱いお湯での洗顔はNGとお伝えしましたが、冷たい水での洗顔もNGです。冷たい水での洗顔は乾燥肌や赤みの原因にもなってしまいますので、敏感肌の方は避けるようにしましょう。

コットンでの洗顔

化粧水が染み込んだコットンで顔を拭いて洗顔の代わりとしている方も多いでしょう。しかし、いくら肌に優しい素材のコットンとはいえ、お肌に摩擦を与えてしまっている以上は敏感肌の方にとって向いているとは言えません。できるだけ、拭き取り化粧水での洗顔は避けて通常の洗顔方法で洗顔をするようにしましょう。どうしても拭き取り化粧水で洗顔をする場合は、コットンがひたひたになるくらいまで化粧水が浸されていることを確認して、その上で優しく撫でるようにお肌を洗顔していきましょう。コットンは使い惜しみをせずに汚れがついたらすぐに裏面を使ったり、新しいコットンに変えて、常に清潔な状態で拭き取るようにしましょう。

敏感肌の人が行いたい洗顔時の注意点と具体的な洗顔方法

洗顔する女性

それでは、ここからは敏感肌の方にオススメの洗顔方法と手順をご紹介します。敏感肌の方にとってオススメしたい洗顔方法は下記の2つです。

  • 洗顔石けんでの洗顔
  • ぬるま湯での洗顔

敏感肌にとっての一番の敵は摩擦と刺激です。摩擦と刺激は敏感肌をより酷くさせてしまう原因となります。敏感肌を改善しようと思うなら、この摩擦と刺激ができるだけ少ない洗顔方法を選ぶべきです。そういった意味で上記の2つの洗顔方法はお肌への刺激や摩擦が少ない洗顔方法ですのでオススメと言えます。これから、各洗顔法についての注意点や手順について解説を行いますので参考にして下さい。

洗顔石けんの洗顔のポイント

洗顔石けんは洗顔フォームや他の洗顔料と比べても刺激が少ない天然成分からできているものが多くあります。洗顔石けん以外の洗顔フォームは洗浄力は強いのですが、皮脂を必要以上に落としてしまうことがあります。皮脂を必要以上に落としてしまうとお肌が乾燥状態になり、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。そうなってしまうと、敏感肌がいつまで経っても改善されないばかりか症状が悪化してしまう可能性もあるのです。その点、洗顔石けんは必要な皮脂は残して余分な汚れや皮脂だけを落としてくれる効果があるので、敏感肌の方には最適な洗顔方法と言えます。洗顔石けんでの洗顔方法の手順については下記を参考にして下さい。

洗顔石けん洗顔の具体的な手順

それでは、洗顔石けんを使った洗顔方法の具体的な手順をご説明していきます。下記の手順に沿って洗顔を行って下さい。

手をキレイに洗う

まずは、手をキレイに洗いましょう。手には雑菌や汚れがたくさんついています。手が汚い状態のまま洗顔を行ってしまうとお肌に刺激を与えてしまい敏感肌を悪化させてしまうこともあります。

ぬるま湯で顔を洗って汚れを落とす

手を洗ったら次はぬるま湯で顔を軽く洗い流しましょう。目的としては、汚れを落とすことと毛穴を開かせやすくすることです。ぬるま湯の温度としては35℃前後の人肌と同じくらいの温度が適切です。

洗顔石けんをしっかりと泡立てる

次に洗顔石けんをしっかりと泡立てましょう。ついつい面倒になって泡立てないまま洗顔をしてしまいがちですが、そうすると摩擦が大きくなってしまいお肌に刺激を与えてしまいます。

おでこと鼻筋→頬→目と口の順に洗顔する

泡立てた洗顔石けんを鼻筋→頬→目と口の順に洗顔をしていきましょう。洗顔する際のポイントとしては、泡で洗うような感覚で洗って下さい。汚れや黒ずみが気になるところは、指の腹を使って優しく撫でるように洗いましょう。

ぬるま湯で洗顔料を洗い落とす

ぬるま湯で洗顔料を洗い落とします。洗顔料が残ったままになってしまうとお肌に刺激を与えてしまうので、念入り洗い落とすようにして下さい。特に生え際やもみあげの部分は洗顔料が残りやすくなってしまうので、しっかりと何度もすすぐようにしあしょう。

清潔なタオルで拭き取る

最後に清潔なタオルで拭き取ります。ゴシゴシとお肌に刺激を与えるようにはせずに、とんとんとお肌にのせるようにして水分を拭き取りましょう。

適切な温度(ぬるま湯)の洗顔のポイント

洗顔石けんを使った洗顔法についてはご理解頂けたかと思います。では、次にぬるま湯での洗顔方法をご紹介します。ぬるま湯での洗顔は洗顔料を使わないのでお肌に対する刺激を最低限に抑えることができます。オイリー肌の方は、まずは朝だけぬるま湯で洗顔を行って、夜は洗顔石けんで洗顔をするというような洗顔方法を取り入れると良いでしょう。表現は異なっていますが、ぬるま湯洗顔は水洗顔と同じですので「水洗顔でキレイな肌を取り戻すためのやり方と注意点」の記事も合わせて参考にしてみてください。水洗顔を行うことで得られるメリットや、注意点についても解説を行っています。

ぬるま湯での洗顔の具体的な手順

それでは、ここからはぬるま湯洗顔の具体的な手順について解説を行っていきます。下記の手順に沿って洗顔を行いましょう。

手をキレイに洗う

石けんでの洗顔のときと同様にぬるま湯洗顔の際も、まずは手をキレイに洗いましょう。雑菌や汚れをしっかりと落としてから洗顔する癖付けをしてくださいね。

30℃前後のぬるま湯で洗顔を行う

少しぬるいかな?と思うくらいの温度がぬるま湯洗顔を行う上での適切な温度です。30℃くらいのお湯であれば冷たすぎず熱すぎない温度ですので、お肌にとっても刺激が少ない温度になります。お湯を顔に当てながら、指の腹を使って優しく撫でるように洗顔を行っていきましょう。

清潔なタオルで水分を拭き取る

最後に清潔なタオルで優しく水を拭き取って終了です。ぬるま湯洗顔は非常に簡単にできる洗顔方法ですし、すぐに実践することができます。敏感肌にお悩みの方は、まずは朝だけでもぬるま湯洗顔を取り入れるようにしてみても良いでしょう。

最後に

今回は敏感肌の方にオススメの洗顔方法と間違った洗顔方法についてご紹介致しました。敏感肌はすぐに解決できるものではありません。焦ってどうにかしようとせずに日常的な洗顔方法から改善することで、コツコツと少しずつ敏感肌を解消していくようにしましょう。今回の記事で紹介した方法を実践して頂いて、敏感肌に悩まないお肌を手に入れて下さいね。