eye catch

豆乳でダイエットしたい人必見!効果を上げる5つの方法

  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

美容や健康に良い豆乳はダイエットにも効果があるのだろうか?とお考えではございませんか?

豆乳はダイエットにも効果的で誰でも簡単に実践することが出来ます。豆乳が体に良いことは知っているけれど、味が嫌いという人でも工夫すれば美味しく飲むことが出来るんdすよ!

今日は豆乳のダイエット効果と豆乳ダイエットのやり方をご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

1.豆乳のダイエット効果

Soybean milk diet

脂肪の吸収を抑える

豆乳に含まれている「大豆サポイン」は脂肪の吸収を抑える効果があります。食事で摂取した糖や脂肪が腸で合体するのを抑制して体に脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。肥満体型の男女に大豆サポニンと大豆タンパク質を摂取してもらう研究では体重、内臓脂肪共に減少したという実験結果もあるようです。ダイエット中は脂肪が付かないようにするのは欠かせない要素のうちの一つです。豆乳を飲んで脂肪蓄積を防ぎましょう。

食欲を抑制する

豆乳には食欲を抑制する効果が期待出来ます。ダイエット失敗の原因のほとんどは止まらない食欲を抑えることが出来ないからではないでしょうか?豆乳には食欲を抑制する効果があるんです。特に女性の場合は生理前に食欲が止まらないと感じるのではないでしょうか?生理前は女性ホルモンが多く分泌されて、体が栄養や水分、塩分を欲しがるので食欲が増加してしまいます。豆乳には女性のホルモンバランスを整えて、脂肪や老廃物を体に溜め込まないよう働き掛けてくれます。生理中の食欲を抑える方法については「生理前豆乳ダイエット」で後ほど詳しくご紹介していますのでそちらを参照してください。

「食欲が止まらないときに食欲を抑えて痩せるための7の秘訣」では食欲を抑制するための方法をご紹介していますので合わせて読んでみてください。

基礎代謝のアップ

ダイエット中の食事制限は栄養が不足しがちで、筋肉量の低下など基礎代謝が落ちてしまいます。基礎代謝が落ちてくると消費カロリーも減少するので体重が落ちにくくリバウンドする原因となります。そんな食事制限中には豆乳に含まれている大豆ペプチドが効果を発揮してくれます。大豆ペプチドを摂取することで基礎代謝をアップさせる効果が期待出来ます。また大豆ペプチドには食事後の消費カロリーを上昇させる効果があるのでダイエット中にうれしい効果が期待出来ます。

2.ダイエットだけじゃない!豆乳の美容健康効果

豆乳には3つのダイエット効果が期待出来ます。でも豆乳はダイエット効果だけじゃありません。ここではダイエット以外の嬉しい4つの美容健康効果をご紹介します。

便秘解消

豆乳には100mlあたり0.2gの食物繊維が含まれています。食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類あって、豆乳には水溶性食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維はお腹の中で水に溶けてゲル状になります。ゲル状になった食物繊維が腸で糖や脂肪の吸収を穏やかにして血糖値の上昇も抑制する効果があるのでダイエット効果もあるんです。便秘解消には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取することが大切です。イモ類、ゴボウ、ブロッコリーなどに含まれている不溶性食物繊維も一緒に食べることで便秘解消に役立ちます。

また豆乳に含まれているオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えて便通を良くする効果も期待出来ます。

生活習慣病予防

豆乳には悪玉コレステロール値を減少させる効果があるため、生活習慣病予防が期待出来ます。大豆に含まれているレシチン、イソフラボンは悪玉コレステロールを減少させて動脈硬化や脳卒中などの病気予防が期待出来ます。

美肌効果

乾燥肌やシワ、ニキビなどの肌トラブルには豆乳が効果的です。豆乳を使ったスキンケア商品を目にする機会も多く「イソフラボン、ビタミンC、ビタミンE」といった成分が肌トラブルを改善します。ビタミンCはコラーゲンの生成を促すため、肌に潤いやハリ、ツヤを出す効果が、ビタミンEには老化を防止する効果があるのでアンチエイジング効果が、イソフラボンには皮脂の分泌を抑える効果があるのでニキビ対策になりますよ。

生理痛の緩和

生理痛が辛いという悩みを抱えている人にも豆乳がオススメです。生理痛はエストロゲンという女性ホルモンが低下することで起こります。豆乳に含まれているイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため生理痛の軽減に効果があると言われています。

ただし、イソフラボンの過剰摂取は返って生理痛を悪化させる恐れもあるため適量を摂取することを心掛けましょう。豆乳を飲む場合は1日200ml程度を意識すると良いですよ。

3.豆乳ダイエットのやり方と注意点

飲む量は一日200mlまで

豆乳をダイエットや美容に取り入れたいとお考えの方は1日200mlを目安に飲むようにしましょう。より高い効果を短期間で出したいと思って大量に摂取すると逆効果になってしまう可能性があります。先ほどご紹介したように女性の場合は生理痛を悪化させる恐れがあったり、ダイエットに効果的といっても豆乳は200mlで100kcal程度ありますので飲み過ぎると太る可能性がありますのでご注意を。

豆乳に含まれているイソフラボンの一日の摂取目安量は70〜75mgと言われています。豆乳の種類によって異なりますがコップ1杯200mlで40〜60ml摂取することが出来ます。イソフラボンは豆腐1丁で約60ml、納豆1パックで約35mgと大豆製品を食べることでも摂取することが出来ますので豆乳と大豆製品を食べるときはイソフラボンの過剰摂取にならないように注意する必要があります。

食事の前に飲む

豆乳のダイエット効果を引き出すためには「食事の前に飲む」ことを意識してください。豆乳のダイエット効果でもご紹介したように豆乳には食欲を抑制する効果があります。また豆乳に含まれている水溶性食物繊維は食事の前に摂ることで食事で摂った糖や脂肪の吸収を抑える効果があります。

1日で最も食事量が多いとき、夕食前に飲むことで食欲を抑えて食べる量を減らすことでダイエット効果が期待出来ますよ。

温めて飲む

豆乳は温めて飲むことで栄養の吸収率をアップさせることが出来ます。豆乳に含まれている栄養は熱に強いため温めても栄養価が変わらないので出来るだけ温めて飲むことをオススメします。また温めることで満腹中枢が刺激されるため食べ過ぎを防止する効果も同時に得られますよ。

便秘解消には朝に飲むのがオススメ

「便秘が太る4つの原因と便秘を解消する3つの方法」でもご紹介していますが便秘はダイエットを妨げる要因になります。まずは便秘を解消してからダイエットしたほうが効率よく痩せることが出来ますよ。

豆乳の便秘解消効果を活かすためには「朝」飲むことをオススメします。朝に豆乳を飲むことで腸の動きを活発にして排便を促すことが出来ます。また、豆乳を朝には脳を活性化させたり集中力アップが期待出来るため1日の仕事の生産性をアップさせることが出来るかもしれません。

4.女性必見!生理前豆乳ダイエット

生理前の体重増加にお悩みの方は豆乳を活用した「生理前豆乳ダイエット」を試してみてください。このダイエット方法で3ヶ月で4キロの減量に成功した人もいるようです。ここでは生理前豆乳ダイエットのやり方についてご紹介します。

生理前10日間に豆乳を飲む

生理前に太りやすくなる理由は「プロゲステロン」と「エストロゲン」という2つの女性ホルモンが関係しています。生理前は言い換えると妊娠準備期間と言うことが出来ます。この妊娠準備期間は体が栄養や水分はしっかりと蓄えて妊娠に備えようと女性ホルモン「ブロゲステロン」が急激に増加することで太りやすくなってしまうのです。

生理後はプロゲステロンが減少して、「エストロゲン」と呼ばれるもう一つの女性ホルモンが増加することで代謝が向上し、溜め込んでいた老廃物の排出を促すなど痩せやすい体質に変化します。ということは、生理前の太りやすい期間を太らず乗り越えることが出来れば女性のダイエット成功の近道と言えますね。

大豆イソフラボンはエストロゲンに似た働きをしてくれるため、生理前のプロゲステロンが優位なときもイソフラボンを摂取することでエストロゲンと同様の働きをしてくれるので生理前でも栄養や水分の溜め込みを防ぐ効果が期待出来るんです。生理10日前から豆乳を飲むことで生理前の太りやすくなる原因を対処するというダイエット方法です。

朝起きたら食事の前に1杯飲む

生理前豆乳ダイエットは朝起きたら食事の前に豆乳を飲みます。温めて飲むとイソフラボンの吸収率が良くなりますよ!またバナナと一緒に食べるとより効率よくイソフラボンが摂取出来ますので生理前豆乳ダイエット中は朝に豆乳とバナナを食べるようにしましょう。

朝に豆乳を飲むことで便秘解消効果も期待出来るので一石二鳥です。

一日200mlを10日間毎日飲む

生理前豆乳ダイエット期間中は10日間毎朝欠かさずにコップ1杯200mlを飲みましょう。10日間毎日飲むというのが重要です。飲み過ぎは先ほどご紹介したように生理痛を悪化させる恐れがあるのでコップ1杯程度に留めておきましょう。

1ヶ月だけじゃなく3ヶ月は実践する

生理前豆乳ダイエットは1ヶ月だけじゃなく3ヶ月続けることでより効果を実感することが出来ます。3ヶ月続けて効果があった人はその後の生理時も継続して行うことでダイエットの強い味方になってくれますよ。

5.豆乳と一緒に飲むアレンジ豆乳ダイエット

豆乳を食前に飲むだけでもダイエット効果がありますが、ここでは豆乳と組み合わせて飲むことでダイエット効果や美容効果を高める方法をご紹介します。豆乳をそのまま飲むのは苦手だという方もここでご紹介する方法だと飲むやすくなるのでオススメです。参考にしてみてくださいね。

ミネラル豆乳ダイエット

Mineral soybean milk
参考URL:amazon

ミネラル豆乳ダイエットとは野菜ジュースと豆乳を混ぜて飲むだけの簡単ダイエット方法です。野菜に含まれているミネラルを豆乳と一緒に摂ることでダイエット効果が得られます。ミネラルが体に十分に行き渡っているときは食欲を抑えることが出来るんです。ダイエット以外にも美肌効果、便秘解消効果などの効果も期待出来ますよ。上記リンク先に本のレビューが記載されていますので参考にしてみてください。ダイエットに成功した人たちの声を見ることが出来ますよ!

パイン豆乳ダイエット

Pineapple Soybean milk
Cpicon パイナップルと豆乳のスムージー by こたろ★

パイン豆乳は豆乳の味が苦手な人に特にオススメのダイエット方法です。パインと混ぜることでグッと飲みやすくなりますよ!またパインと一緒に飲むことで大豆のタンパク質を体内に吸収しやすくしたり、悪玉コレステロールを減らす効果が期待出来ます。

パイン豆乳を作るときは100%ジュースを使用したり、ミキサーで混ぜて作ることをオススメします。ジュースはカロリーが高いため飲み過ぎには注意してくださいね。

きなこ豆乳ダイエット

kinako Soybean milk
Cpicon きな粉ホットミルク by sweetkanon

きなこは「畑のお肉」と呼ばれる大豆から作られたものなので良質なタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルを含んでいるのでとっても健康に良いんです。また豆乳にきな粉を溶かして飲むことで満腹感が得られるため食べ過ぎを防止する効果も期待出来ます。食物繊維もたっぷり含まれているので便秘解消にもオススメです。

バナナ豆乳ダイエット

banana Soybean milk
Cpicon ホッとバナナオレ♪ by ゆきちゃな

豆乳とバナナを混ぜたバナナ豆乳もダイエットにオススメです。朝食代わりに飲みたいですね!バナナと豆乳を組み合わせることで腹持ちがよく、食べ過ぎを防止する効果が期待出来ます。またバナナと豆乳を一緒に食べることで豆乳の栄養の吸収率がアップするのでオススメです。

豆乳青汁ダイエット

aoziru Soybean milk
Cpicon 美味しい青汁の作り方♬.*゚ by 963market

青汁も豆乳も単体では飲みにくいという方がいらっしゃいますが、この2つを組み合わせるとあら不思議!一気に飲みやすくなります。青汁は健康飲料の代名詞と言えるほど栄養豊富な飲み物ですよね。青汁にはない豆乳の持つ栄養素が加わってさらに健康的な飲み物に変身します。

ココア豆乳ダイエット

cocoa Soybean milk
Cpicon 新★簡単!ココア豆乳ドリンク♪冷え性に! by 漢方薬のタカキ大林店

豆乳にココアを混ぜることで飲みやすくするダイエット方法です。ココアに含まれるポリフェノールはアンチエイジング効果が期待出来ますよ。寒い冬に温めて飲むことで豆乳の栄養吸収率もアップするので一石二鳥ですね。

まとめ

豆乳のダイエット効果はもちろん、美容や健康にも効果を発揮するので是非試してみてください。特に女性の場合、生理前に飲むことでより大きな効果を実感することが出来ます。

また豆乳の味が苦手という方はココアやパイナップルなどを混ぜて飲むことで飲みやすくなりますよ。今日ご紹介したレシピを日替わりで行うと飽きることなく続けることが出来ますね!

今日ご紹介した内容を参考にしていただき、あなたのダイエットにお役立てくださいね。