アイキャッチ

むくみの原因となる食べ物とむくみを解消するための食べ物

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
アイキャッチ

いつも朝起きると顔がむくんでしまったり、体全体がむくんでしまって、鏡を見るたびに嫌になってしまう。。。そんな風にお悩みではないですか?もしくは、食べ物が原因でむくんでしまったり、食べ物によってむくみが軽減されるという話を聞いて、どんな食べ物を選べば良いのだろうと思って調べている最中ではないでしょうか?

むくみは、食べ物をしっかりと選ぶことで抑えることができます。今回は、むくみを解消するための食べ物と、むくみの原因となる食べ物について解説を行います。ぜひ参考にしてください。

むくみを起こしやすくする2つの原因

むくみ改善イメージ3

むくみは食事が原因で行っていることが非常に多いです。まずは、むくみが起こる原因を知りましょう。

水分の摂取量が非常に重要

むくみは水分の摂取量が原因となる場合がほとんどです。水分を摂りすぎてしまうと次の日にむくんでしまいます。適切な量を摂取するように注意をしましょう。最も良いとされている1日の水分の摂取量は2リットルとされています。500mlを4回に分けて摂取するようなイメージで水分を摂るようにしましょう。

朝食べる果物にも水分が含まれていますので、水分と合わせて500ml程度になるように意識してみてくださいね。なお、特にむくみの原因となるのが夜の水分です。夜は水分を摂りすぎないように注意をするのはもちろんのこと、眠る直前には水分を摂らないように注意しても良いかもしれませんね。

塩分の多い食べ物はむくみが起こりやすい

塩分もむくみの原因となります。塩分が多く入った食べ物を食べると喉が乾きますよね?これは、体内のナトリウム濃度を下げようとするために、体が水分を欲しているのです。しかも塩分を摂れば撮るほどこの機能が働くので、体内にある水分を外に出さないようにしてしまうのです。結果として、体内に水分が残ってむくみを生んでしまうのです。水分を摂取した覚えがないのに、次の日にむくんでしまうのは塩分が多い食べ物を食べていることが原因かもしれません。

むくみを起こしやすい食べ物

上記で説明をしたように塩分の多い食べ物はむくみを起こしやすい食べ物だと言えます。

  • ラーメン
  • ハム・ベーコンのような加工品
  • コンビニ弁当
  • 外食やお惣菜

上記のような食べ物に関しては塩分が多く、次の日にむくみを起こしやすい食べもだと言って良いでしょう。

むくみを解消してくれる食べ物と成分

むくみ改善イメージ2

それでは、むくみを起こさないようにするために効果的な食べ物と成分についてご紹介します。いくつも種類はあるのですが代表的な成分は「カリウム」です。

カリウム

カリウムは塩分の排出を促してくれ、水分が体から放出するのを防いでくれる働きがあります。むくみが頻繁に起こってしまう方や、塩分が多く含まれた食事を取ってしまう予定がある日などはカリウムが多く含まれた食べ物を摂取するようにしましょう。具体的には下記のような食べ物です。

  • 昆布やわかめのような海藻
  • にんじん、じゃがいも、さつまいも
  • りんごやバナナ

上記のような食べ物はカリウムが多く含まれているのでオススメです。料理に入れて食べるのももちろん良いですが、朝の食事に果物を取り入れたりと、そのまま食べるのも良いですね。

むくみが起こらない体を作るためには

むくみ改善イメージ1

むくみが起こらない体を作るためには、塩分が多い食べ物を控えるようにしましょう。仕事や家事が忙しいので早食いになってしまったり、ストレスからついつい大食いしてしまうこともあるかもしれませんが、そういったことも注意が必要です。むくみを起こさないためには食事に注意するのはもちろんのこと、日常生活も改善しなくてはいけません。

長時間同じ姿勢ではいないように意識をしよう

デスクワークの方や、立ち仕事の方はむくみが起こりやすくなってしまいます。それは、長時間同じ姿勢をしているために体の中の水分や老廃物が同じ場所に溜まってしまい、次の日にむくみとなってしまうのです。仕事中とはいえ、長時間同じ姿勢にならないように散歩をしたり、ストレッチをしたりと工夫をするようにしましょう。

アルコールはできるだけ控える

お酒を飲んだ次の日にむくんでしまうと感じる方も多いでしょう。アルコールは「血管内脱水」という状態を起こしてしまいます。血管内に本来あるはずの水分が外に漏れてしまうという状態です。それが原因となってむくみが起こってしまいます。そのため、アルコールは控えるようにしましょう。とはいえ、仕事の付き合いなどでどうしても飲まなくてはいけない場合もあるでしょう。アルコールを摂取したときは、スポーツドリンクを飲むなどして血管内に必要な水分を補給するようにしましょう。

日常的に運動をするようにしよう

運動不足はむくみの原因となってしまいます。毎日軽くでも良いので運動をするようにしましょう。ランニングやジョギングをするのはハードだと感じる方であれば、ちょっとした散歩でも十分です。朝の30分や、夜の30分など疲れない程度に散歩してみてください。まずは、体を動かすという習慣をつけましょう。

最後に

今回はむくみが起きてしまう食べ物と、むくみを解消するための食べ物や生活習慣についてご紹介をいたしました。むくみがあると、1日が暗い気持ちでスタートしてしまうと思います。むくみのないスッキリした顔で1日を迎えられるように、今回ご紹介した記事を参考にしていただいて、健康的な生活習慣を取り入れてみてくださいね。