女性の目元

目のむくみをすぐに解消する方法と知っておきたい予防策

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
女性の目元

朝起きて鏡を見たら目がむくんでいて、目のむくみを解消する方法が無いかと慌てて探しているのでは無いでしょうか?もしくは、頻繁に目がむくんでしまって、目のむくみが気になって人と目を合わせて話せないとお悩みなのではないでしょうか?目のむくみは楽しいのに不機嫌に見えたり、腫れぼったく見えてしまいます。今回はできてしまった目のむくみを解消するための方法と、目のむくみができないようにするための予防策をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

目のむくみができてしまう原因

女性の目元

朝に目のむくみができてしまう原因はいくつかあります。考えられる原因について下記にご紹介いたします。

前日に泣いたときはむくみやすい

泣いた夜の次の日に目が腫れたり、むくんだということは誰でも一度はあるでしょう。実は、あれは泣いたことが原因ではありません。目のむくみはまぶたが乾燥したり、擦ったり触ったり刺激を与えることで目がむくんでしまうのです。泣いてしまうときは、涙が出なくなるまではできるだけ目を擦ったりはしないようにしましょう。

メイクを落とすときにこすりすぎている

先ほどの泣いてしまったときと同じように、メイク落としのときに力を入れすぎてしまったり、何度も擦ってしまうとお肌に対して刺激となり次の日の朝にむくみや腫れとなってしまうのです。目元は皮膚が弱く影響を受けやすいので、刺激を与えないように注意をしましょう。

寝すぎや寝不足によるむくみ

寝不足の場合は疲れが目に出てしまい、むくみが起こってしまいます。逆に寝すぎてしまうことも良くありません。長時間横になった姿勢のままでいるので目元に水分が溜まってしまいます。常に適切な睡眠時間で寝るようにしましょう。

寝るときの姿勢にもむくみの原因がある

うつ伏せのまま眠ってしまうと目元に水分が溜まってしまい、目元がむくんでしまいます。できるだけ、仰向けで眠るように意識をしましょう。

塩分の摂りすぎに注意

塩分量が多い食事を摂ると体内の塩分量が上がってしまいます。体内の塩分量を下げようとして、体が水分を摂ろうとします。結果として体内の水分量が多くなりむくみが起こってしまいます。塩分量が多い食べ物はできるだけ控えるようにしましょう。

アルコールの摂取量にも注意

塩分と同様にアルコール量も多く摂ってしまうと、体内のアルコール量を下げようとして水分を多く摂ろうとしてしまいます。むくみを起こしたくないときは、アルコールの摂取は控えるようにしておきましょう。

運動不足は血行が悪くなる

慢性的な運動不足は体の血行を悪くしてしまいます。血行が悪くなってしまうとむくみを起こしやすくなってしまいます。ジョギングをしたり、ストレッチをするなど、できるだけ定期的に運動を行うようにしましょう。

目のむくみをすぐに解消するための方法

首筋マッサージ

目のむくみの原因についてはお分りいただけたかと思います。ここからは、目のむくみをすぐに解消するための方法をご紹介します。朝起きて鏡を見て、目のむくみができていることに驚いたとしても対処できる方法ですのでぜひ参考にしてください。

顔の血行を良くしよう

目のむくみは顔の血行が悪くなっていることが原因で起こっていることが多くあります。そのため、まずは顔の血行を良くするための方法を行っていきましょう。顔を温めたり冷やしたりして血行を良くして行きましょう。手順としては下記の手順で行いましょう。

温かいタオルの作り方

まずは、温かいタオルを作りましょう。作り方は非常に簡単です。タオルを水に浸して軽く絞ります。その後、電子レンジで50秒〜1分程度温めてください。45度前後のタオルが最も適していますので、電子レンジでなくても温める方法があればそれでもOKです。

冷たいタオルの作り方

次に冷たいタオルを作っていきましょう。洗面器を用意しておき、水を入れて氷を入れます。よく冷えた冷水にタオルを浸して軽く絞るだけで完成です。

タオルを交互に顔に乗せていく

作ったタオルを交互に顔に乗せていきます。温かいタオルを20〜30秒程度顔につけたら、冷たいタオルを20〜30秒顔につけるというように、交互にタオルを乗せていきましょう。

顔に溜まった血液を体内に循環させる方法

次に顔に溜まった血液を体内に循環させるためのマッサージを行っていきましょう。顔のむくみは、顔をマッサージするだけではなく首をマッサージすることで顔の血行がよくなります。下記の手順に沿ってマッサージを行っていきましょう。

首を回す

まずは、首をゆっくりと回していきます。5回〜10回程度ゆっくりと首を回しましょう。

首の片側を伸ばす

右手を使って頭の左側を持って右側にゆっくりと倒していきます。左側の首筋が伸びていく感覚を感じながら5秒〜10秒程度行って、今度は同じ手順で逆側を行いましょう。この繰り返しを5回程度繰り返します。

首をマッサージする

最後に首を撫でるようにマッサージしましょう。指の腹で、耳の付け根から鎖骨のあたりまでを上下に撫でるようにマッサージしていきます。これを両側行いましょう。

目のむくみを解消するマッサージ

最後に、目のむくみを解消したいときに参考になるマッサージ動画をご紹介します。慢性的に目のむくみを感じる方は、定期的に下記のマッサージを行うようにしても良いでしょう。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=58Kx2PV-hz8&feature=youtu.be

生活習慣を改善してむくみ予防をしよう

果物

上記でご紹介した方法は即効性があるとはいえ、あくまで一時的な方法です。できるだけ目のむくみが出来ないようにするためにも生活習慣を改善していきましょう。

健康的な食事を摂る

むくみを予防するためには栄養バランスの取れた健康的な食事を摂ることを心がけましょう。先ほども解説を行いましたように、塩分量の多いラーメンやコンビニ弁当を含めて、外食やお惣菜などはできるだけ避けるようにして下さい。その代わりに、むくみの予防となるカリウムの含有量が高いにんじんやじゃがいもやさつまいも、昆布やわかめのような海草類を積極的に食べるようにしましょう。食生活もむくみに対する非常に重要な要素だということを覚えておいて下さいね。

目元をしっかりと保湿する

目元をしっかりと保湿をする癖付けを行いましょう。目元は顔の他の部分と比べても皮膚が薄い部分です。そのため、外部からの刺激の影響を受けやすい部分とも言えます。目が乾燥して敏感な状態になったときに、外部から刺激を受けると腫れぼったくなってしまったり、血行が悪くなることでむくみが起こることがあります。目元のむくみが気になる方は、常に目元の保湿をしっかりと行うことを忘れないようにしましょう。なお、保湿の後には目元専用のクリームを塗って、軽くマッサージをするようにすると、より目元の血行が良くなってむくみを解消することができます。目元のケアはむくみだけではなく、シワや乾燥対策にもなります。目元にしわがあると歳を取っているように見えてしまうので、できるだけ定期的に目元のケアを行うようにしましょう。

最後に

今回は目のむくみが起こってしまう原因と解消するための方法についてご紹介しました。朝起きたときに鏡を見て目がむくんでいたら嫌ですよね。そんなときに、今回の記事を参考にしていただいてむくみを解消しましょう。なお、顔にむくみが起きたときに対処法については「」にも詳しく解説を行っていますので、合わせて参考にしてください。