脱毛 痛くない

脱毛の痛くない方法が知りたい人に読んでほしい5つのこと

  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
脱毛 痛くない

エステサロンやクリニックで受ける脱毛って「痛い」って聞くけど、痛くない脱毛を受けたい!とお考えではございませんか?

クリニックやエステサロンで行う脱毛方法はそれぞれ異なり、また使用する脱毛器によって痛みや効果が異なります。

今日はこれから脱毛したい人が知っておくべき痛みが少ない脱毛方法をご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

1.光脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛 痛くない

脱毛の痛みについて知るためにはまず「レーザー脱毛」と「光脱毛」の違いについて知っておく必要があります。

脱毛は大きくわけてクリニックで行う「医療レーザー脱毛」とエステサロンや脱毛サロンで行う「光脱毛」があります。この二つの脱毛方法は基本的に仕組みは一緒の脱毛方法で、特殊な光を脱毛箇所に照射し、毛根がその光を吸収すると毛根が破壊されることで脱毛出来ます。

では、両者の違いはというと「医療レーザー脱毛」はその名の通り、医療行為のため医療機関でのみ扱うことを許されるレーザー脱毛器を使用した脱毛です。エステサロンで行う光脱毛は医師以外でも扱うことが出来る脱毛器を使用します。

医療レーザー脱毛は医療機関でなければならない程、強力な光を照射します。そのため脱毛の効果は光脱毛より高い反面、「強い痛み」を伴います。施術する箇所によって、また個人差もありますが痛さのあまり途中で辞めてしまう人がいる程痛いのが医療レーザー脱毛です。

光脱毛は医師以外でも扱える弱い光を当てるため、レーザー脱毛より痛くないです。その反面、脱毛効果が少ないため回数を重ねることでキレイに脱毛します。

レーザー脱毛も光脱毛もそれぞれの脱毛器の種類にとっても痛みは異なりますが、とにかく痛くない脱毛を望んでいる人はエステサロンや脱毛サロンでおこなう「光脱毛」を選ぶことをオススメします。

 

2.最も痛みが少ないエステサロンでの脱毛は?

クリニックで行うレーザー脱毛は痛みを伴うため、痛いのが苦手な方はエステサロンや脱毛サロンで行う脱毛を選ぶことをオススメします。先ほどもご紹介した通り、サロンによって使用している脱毛器が異なるためどこで受けても一緒という訳ではありません。

エステサロンで行う脱毛の中で、もっとも痛みが少ない脱毛方法は「ハイパースキン脱毛」という脱毛器で使用しているサロンです。

2.1.ハイパースキン脱毛とは?

従来の光脱毛は「生えている毛」の毛根のメラニン色素、黒い色の反応する光を照射して毛根を焼き切って脱毛するという方法でした。ハイパースキン脱毛は従来の方法とは全く異なり、毛が生えてくるための「種」、発毛因子のみをターゲットにした光を照射するため大きくなった毛根や毛を焼く必要がなく痛みがほとんどないという特徴があります。

ハイパースキン脱毛を行っているサロンでは「子供でも受けることが出来る脱毛方法」として紹介されるほど痛みがありません。

ハイパースキン脱毛のメリット

ハイパースキン脱毛は肌内部の活性化による美肌効果が期待出来ます。また、従来の光脱毛は毛根の黒い色に反応する光を照射して脱毛していました。そのためホクロや日焼けした黒い肌など毛根以外にも反応してヤケドを引き起こしてしまう可能性がありましたが、ハイパースキン脱毛は発毛因子のみに反応するためヤケドのリスクがないというメリットがあります。

アトピーなどの肌トラブルを抱えていた人、光脱毛では施術を断られることが多かった眉間など今まで脱毛することが出来なかった箇所の脱毛が可能です。

 

ハイパースキン脱毛のデメリット

ハイパースキン脱毛は発毛因子、まだ体の表面に出てきていないこれから生えてくる毛に対してのアプローチのため施術後の効果が実感できないというデメリットがあります。

通常の光脱毛は今生えている毛を処理するため施術後の効果を実感しやすいのですが、ハイパースキン脱毛は今生えている毛は自然に抜けるのを待って次に生えてこないように処理するので施術が完了するまでは中々効果が感じられないというデメリットがあります。

ハイパースキン脱毛でキレイになるまでの期間

ハイパースキン脱毛は光脱毛より早い期間で脱毛が可能です。通常の光脱毛の場合、一度光を照射すると2ヶ月〜3ヶ月間隔を空けたあと、次の施術を受けることになります。これは「毛周期」という毛が生え変わるサイクルに合わせて光を照射することで元気の良い毛をターゲットにして光をあてたほうがより効果的だからです。

ですが、ハイパースキン脱毛は1ヶ月に1度くらいの頻度で施術を受けることが出来るため光脱毛より早い期間で脱毛が完了します。

光脱毛は個人差もありますが12回前後の処理でキレイにしていきます。期間にして1年半〜2年程で脱毛が完了しますがハイパースキン脱毛はほぼ1年で脱毛が完了します。

 

3.光脱毛をエステサロンで行うときは?

3.1.光脱毛の痛み

エステサロンや脱毛サロンで最も多く行われている脱毛方法が「光脱毛」です。光脱毛は多少痛みがあり、先ほどご紹介したハイパースキン脱毛のような無痛とはいえません。特に毛が密集している箇所の脱毛は痛みがあります。

「ゴムを弾いたような痛み」と表現されることが多いですが、多少の痛みがあります。ただ、レーザー脱毛のような痛みはありませんのである程度痛みを覚悟しておけば我慢出来ないような痛みではありません。

 

3.2.光脱毛の種類

光脱毛を行うサロンでも使用する脱毛器が異なります。光脱毛で使用する脱毛器の種類は大きくわけて「IPL脱毛」と「SSC脱毛」に分かれます。

この二つの脱毛器の違いは「照射する光」と「使用するジェル」の違い程度しかありません。基本的な効果などは一緒ですがそれぞれの違いをご紹介しますので参考にしてみてください。

IPL脱毛

IPLとは、「インテンスパルスライト」の略称です。レーザー脱毛のような単一の光ではなく広域の光を照射し、メラニン色素に働きかけて脱毛します。

IPL脱毛はそれぞれのサロンで独自のジェルを塗って、光の吸収を促して脱毛します。IPL脱毛は元々、美肌や毛穴の引き締めなどエステ目的で使用されていたものですので脱毛以外にも美肌効果が期待出来ます。

SSC脱毛

SSC脱毛とは、「スムーススキンコントロールメソッド」の略称で、イタリアで開発された脱毛方法です。SSC脱毛の特徴は「クリプトンライト」という光を照射するという点とビーンズジェルというジェルを使用する点にあります。IPL脱毛はそれぞれのジェルを使用しますが、SSC脱毛はビーンズジェルのみを使用します。

IPL脱毛は毛根のメラニン色素の反応する光を照射するのに対して、SSC脱毛はビーンズジェルに入っている抑毛成分が照射した光熱によって溶けだして毛穴に入っていくことで脱毛するという方法です。

光脱毛でも、SSC脱毛のほうが抑毛効果があるジェルを使用する分産毛にも効果が期待出来るという点と痛みが少ないという特徴がありますが両者の大差はほとんどないです。

光脱毛でキレイになるまでの期間

ハイパースキン脱毛でもご紹介した通り、光脱毛の場合は12回前後のコースが一般的です。2〜3ヶ月の間隔を空けて光を照射するため1年半〜2年程度の時間が掛かります。

トータル期間も痛みに関してもハイパースキン脱毛のほうが優れている点が多いですね。

 

4.レーザー脱毛の痛みについて

痛くない脱毛を選ぶのであれば、ハイパースキン脱毛や光脱毛を選ぶことをオススメします。ですが、医療レーザー脱毛には様々なメリットがあるためレーザー脱毛も気になるという方のためにレーザー脱毛についてもご紹介します。

レーザー脱毛の最大のメリットは医療機関で受けることが出来るという点です。事前カウンセリングやアフターフォローも医師の診断を受けることが出来るため初めての方でも安心して脱毛することが出来ます。また、万が一肌トラブルが発生しても医療機関は薬の処方が出来るというメリットがあります。

痛みが苦手な人は麻酔を使用することが出来るという点もレーザー脱毛のメリットでしょう。

レーザー脱毛も、光脱毛同様クリニックによって使用している脱毛器が異なりますので痛みが少ないレーザー脱毛器を使用しているクリニックを探すことで痛み対策が出来ます。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーの特徴は他の脱毛器と比較して痛みが少ないという点があります。また、ある程度のうぶ毛まで対応可能というのもメリットでしょう。また肌の負担が少ないというのも特徴です。ただ。アレキサンドライトレーザーと比較すると処理範囲が狭いため施術に時間が掛かるというデメリットがあります。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーはダイオードレーザーより痛みを伴います。ですが、施術範囲が広いため施術時間は短いというのが特徴です。また、美肌効果も期待出来るため脱毛と一緒に美肌効果を期待している人向けの脱毛機です。

ロングパルスヤグレーザー

ロングパルスヤグレーザーは肌の色を選ばないで脱毛出来るというメリットがあります。日焼けした人などに対応出来るというメリットがあります。また、光が他の機械よりも奥まで届くため男性のヒゲに最適な種類です。デメリットとしてはダイオードレーザーよりも痛く、効果の持続性も短いという点が上げられます。

参考URL:https://beauty-life.jp/laser-hair-loss-166

 

 

痛みが苦手な人がレーザー脱毛を受ける場合、ダイオードレーザー脱毛器を使用しているクリニックが最適です。また、事前カウンセリングの際に麻酔が可能かどうかを確認してみましょう。

 

5.自宅で行う痛くない脱毛方法

光脱毛やレーザー脱毛はエステやクリニックに行って、プロに施術してもらうのが基本です。

ですが、自宅でそれらの脱毛器のような効果を得られる方法があります。それが「家庭用脱毛器」です。



 参考URL:自宅で本宅脱毛と美顔が格安1台で!「ケノン」

家庭用脱毛器とはレーザーや光脱毛を時分で光を当てて脱毛するという方法です。脱毛器自体は高額ですが全身をキレイにしたいという人にはオススメの方法です。また、家族で共有する場合にもオススメですよ。

ワキだけや足だけといった個別箇所の脱毛をお望みの方にとってはエステやクリニックで脱毛したほうが安い場合がありますが最終的に全身をキレイにする予定がある人は脱毛器を買ったほうが安上がりですよ。

家庭用脱毛器は自宅でいつでも気軽に使用することが出来ます。エステサロンやクリニックの場合は日時を指定して通わなければならないため会社勤めで忙しい人にとってはなかなか労力が必要です。

家庭用脱毛器に関しては「家庭用脱毛器を買う前に知っておきべき種類と選び方」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

まとめ

とにかく痛くない脱毛をお望みの方はハイパースキン脱毛をオススメします。光脱毛も痛みは少ないですが多少の痛みがありますので予め無痛ではないということを覚悟しておいてください。光脱毛の痛さは我慢出来る範囲ですのでほとんどの方にとっては問題ない脱毛方法です。

レーザー脱毛は痛みを覚悟して臨んでください。途中で辞めてしまうのが一番もったいないです。レーザー脱毛は脱毛効果も高いためキレイな脱毛をしたい人にとっては最適な方法です。多少の痛みは我慢出来る!という人はレーザー脱毛に挑戦してみてはいかがでしょうか?

レーザー脱毛については

「レーザー脱毛の基礎知識と適切な回数と費用について」「医療脱毛の特徴とエステ脱毛の違いがわかる6つのこと」で詳しくご紹介していますので是非参考にしてみてください。

また、光脱毛については「光脱毛:これから脱毛する人が知っておくべき基礎知識」も合わせて読んでみてくださいね。