medicine

皮膚科でのくるぶしの黒ずみ治療の内容と注意点

  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
medicine

くるぶしの黒ずみを解消したいと思い、皮膚科に相談に行こうと思っているけれど、具体的にどんな治療をしてもらえるのか不安だと思っているかもしれません。もしくは、くるぶしの黒ずみを解消するための方法を試しているけれど、あまり効果が無いので皮膚科に相談に行こうかどうか迷っている、、、という状況かもしれません。くるぶしの黒ずみは長い時間をかけてできたものですので、解消を目指すのであれば生活習慣を改善したり、コツコツとケアをする必要があります。今回はくるぶしの黒ずみを皮膚科で解消するための方法と皮膚科に相談した方が良い人と、そうで無い人の違いについてご説明いたします。ぜひ、参考にしてください。

くるぶしの黒ずみの皮膚科での治療法3つ

medicine

まず最初に、くるぶしの黒ずみを皮膚科で治療するときの治療法についてご紹介をいたします。皮膚科に行ったときに治療してくれる方法は大きく分けて下記の3つあります。

  • 黒ずみ除去のためのレーザー治療
  • ハイドロキノンクリームを使った黒ずみ解消治療
  • トレチノインクリームを使った黒ずみ解消治療

上記の3つを一つずつご説明いたしますね。

レーザー治療による黒ずみ除去

レーザー治療は美容皮膚科や美容外科で最も黒ずみ解消が期待できる治療方法と言えます。保険が適用されませんので、費用が高額になるという点とレーザー治療後にケアを怠ると、より一層黒ずみが悪化してしまうということがあるというデメリットはありますが、黒ずみ解消用のしては最も効果の高い治療方法といえるでしょう。

ハイドロキノンクリームを使う黒ずみ治療

ハイドロキノンクリームはニキビやシミ、黒ずみやシワに効果が高い成分と言われています。アメリカでは医薬品として利用されていることも多いのですが、日本ではまだ広く使われてはいません。そのため、皮膚科に行って皮膚科の先生の診断を受けてからでないと処方してもらうことができません。手軽に手に入る薬ではないという反面、黒ずみに対する効果は高いと言える医薬品です。ただし、肌への刺激が強い医薬品でもありますので、肌が荒れてしまうこともあるため、肌荒れするときは皮膚科の先生に相談をするようにしましょう。

トレチノインクリームを使う黒ずみ治療

トレチノインクリームは、トレチノインという成分が入ったクリームのことです。こちらも、皮膚科では処方されることが多い薬です。トレチノインはコラーゲンの生成や肌のターンオーバーの働きを正常に戻してくれる効果があるため、シワを消したり、美白効果を高める効果を期待できる薬です。しかし、こちらもハイドロキノンクリームと同様に刺激が強い薬であることは間違いありませんので、使用することで肌荒れが起こるということはよく起こります。そのため、利用する際は皮膚科の先生の指示によく従うようにしましょう。

皮膚科での黒ずみ治療がオススメの人とオススメできない人

皮膚科での黒ずみ治療がどういうものかについてはご理解いただけたかと思います。しかし、自分は皮膚科での黒ずみ治療を受けるべきかどうか悩んでいる方も多いことでしょう。ここでは、皮膚科での黒ずみ治療を判断するためのポイントをご紹介します。

短期的かつ、黒ずみ解消の確率を高めたい人にはオススメ

オススメできる人のポイントとしては、くるぶしの黒ずみは短期的かつ、できるだけ高い確率で解消を目指したいという方にはオススメできます。皮膚科での治療はセルフケアを行うより遥かに確率は高いです。しかも、セルフケアに比べると効果を実感できるスピードも早い傾向があります。レーザー治療などは費用が高くなってしまいますが、費用についてはそこまで気にならないという方であれば皮膚科での治療はオススメできます。

副作用が気になる方はやめておこう

皮膚科での治療をオススメできない方は、副作用が気になる方や、アフターケアをしっかりと行う自信がない方です。先ほどご説明しましたが、皮膚科で処方される薬は肌への影響が強いものが多いです。そのため、肌荒れが起きたり薬の使用中は肌がボロボロのように見えることもあります。しかも、レーザー治療と処方される薬の両方に言えるのですが、治療中は非常に外部からの刺激や紫外線には弱い状態になっています。そのため、紫外線対策やくるぶしの肌ケアをしっかりと行わないと、治療前よりも黒ずみが悪化してしまうということが起こり得ます。そのため、アフターケアをしっかりと行う自信がないという方も皮膚科での治療は避けておいた方が良いと言えるでしょう。

皮膚科での治療を選ばなかった方はセルフケアをしよう

footcare

皮膚科での治療は自分に合っていないと思う方は、セルフケアをするようにしましょう。セルフケアは時間がかかる上に、しっかりと効果が出るかどうかはやってみないと分からないというデメリットはありますが、肌への負担を軽減できるのでデメリットがほとんどない方法と言えます。短期的に黒ずみを解消しなくてはいけないという理由がなければ、ゆっくりコツコツとセルフケアを行うのがオススメです。

黒ずみ専用のクリームを利用する

セルフケアをする上でオススメなのが黒ずみ解消の専用のクリームを利用することです。皮膚科で処方される薬に比べると格段に刺激が低いため、安心して利用することができます。特に「ピューレパール」と「ホスピピュア」は利用した方の満足度や効果の実感度が圧倒的に高い商品ですのでオススメできます。60日間以上の返金保障もついているので、肌に馴染むことを確認した上で、継続するかどうかを決めることができるという点でもオススメできるポイントです。

重曹を使ったピーリングを行う

重曹を使ったピーリングもオススメです。週に1度程度重曹と水を溶かしてペーストを作り、くるぶしの黒ずみ部分に塗って洗い落とすという非常に簡単なセルフケア方法です。具体的な手順や注意点については「くるぶしの黒ずみが起きる原因と黒ずみ解消の方法と予防法」の記事に詳しく書いていますので、合わせてご参考ください。

刺激や摩擦が起きないような生活習慣を送る

黒ずみは多くの場合、刺激や摩擦によって起こります。肌に刺激や摩擦が起こると、肌を守ろうとしてメラニンを生成し、そのメラニンが色素沈着することで黒ずみが発生します。特にくるぶしは正座をしたり、あぐらをかいて座ったりとなにげない生活習慣から刺激や摩擦を発生させてしまう場所です。今よりも黒ずみを発生させないようにするためにも、刺激や摩擦は起こさないように意識をしましょう。くるぶしの黒ずみが発生する具体的な原因と対策法については、「くるぶしの黒ずみの原因と黒ずみを起こさないようにする方法」の記事に詳しく解説を行っていますので、合わせて参考にするようにしましょう。

紫外線対策と保湿をしっかりと行う

日焼けも肌が黒ずみ大きな原因の一つです。特に女性の方は夏場に素足で靴を履くことが多いと思います。素足で靴を履くと、くるぶしの部分が紫外線に触れるようになってしまうので、黒ずみが起こりやすくなってしまいます。顔や腕に日焼け止めクリームを塗って紫外線対策をする方が多いですが、くるぶしに日焼け止めクリームを塗る方はほとんどいません。これから外出するときは、くるぶしもしっかりと紫外線対策をするようにしましょう。

最後に

今回は皮膚科でくるぶしの黒ずみを解消するときに行う治療方法と、皮膚科での治療がオススメな人とオススメできない人についてご紹介をいたしました。くるぶしの黒ずみは多くの方が悩むことの一つだと思います。今回の記事を参考にしていただいて、皮膚科での治療を選ぶべきか、セルフケアを選ぶべきかの判断材料にしてもらえると嬉しいです。