eye catch

バターコーヒーダイエットの正しい作り方と痩せる理由

  • 0
  • 4
  • 0
  • 0
eye catch

アメリカで話題のダイエット方法「バターコーヒー」でダイエットってどんなふうにやれば良いんだろう?とお考えではございませんか?

バターコーヒーダイエットはいつも飲んでいるコーヒーにバターを入れて飲むだけの簡単ダイエット方法です。ただ、バターコーヒーダイエットにはいくつかルールがあるんです。

今日はバターコーヒーダイエットのやり方と効果をご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

バターコーヒーダイエットとは?

Butter coffee diet

バターコーヒーダイエットとはアメリカシリコンバレーの起業家の方が考案したとされているダイエット方法で、お茶にバターを溶かして飲む「チベット茶」をヒントにしてコーヒーにバターを溶かして飲んだのが始まりのようです。なぜ、ここまでバターコーヒーが有名になったかというと、バターコーヒーを考案したアスプレイさん自身がダイエットに成功し、この方法を試した人の中には36kgもの減量に成功した人が現れたからなんです。

バターコーヒーはアメリカでは別名「防弾コーヒー」という名前で呼ばれて、バターコーヒーを飲むことで力がみなぎってきて代謝が劇的にアップすることから考案者であるアスプレイさんが防弾コーヒーと名付けたとされています。

このようバターコーヒーは正しい方法で実践すればダイエット効果が得られますし、力が湧いてくるので仕事や勉強をしながら飲むのに最適な飲み物と言えます。

ただし、バターコーヒーダイエットを作るときはいくつか守るべきポイントがあります。次はバターコーヒーの作り方をご紹介します。

バターコーヒーの作り方と飲み方

1.グラスフェットバターを使用する

 

バターコーヒーダイエットを正しく実践する場合は上記のようなグラスフェットバターを用意する必要があります。グラスフェットバターとは「牧草飼育された牛のミルクを使った無塩バター」のことを言います。なぜグラスフェットバターが良いのかといいますとこのバターには不飽和脂肪酸が豊富に含まれているためです。不飽和脂肪酸には血液中の脂肪やコレステロールを減少させる働きがあるためダイエットに効果的な成分なんです。血液中のコレステロールや脂肪が減少することで体に付く脂肪を減らすことが出来ます。また、コレステロールや脂肪が血液中から減少することで血流が良くなって代謝がアップするので痩せやすい体質になります。

ですが、このグラスフェットバターは日本国内で購入するのが難しいバターです。なかなか市販されていないですし、一般的なバターと比べると高価なのでなかなか購入出来ないんです。

 

グラスフェットバターに似ているバターとしてAOCバターというのがあります。こちらのバターはグラスフェットバターに近い効果が期待出来ますし、グラスフェットバターと比較するとかなり安く購入することが出来るバターです。

AOCバターとはフランスの原産地呼称委員会が管理しているもので、伝統的な製法で作られたバターであるといういわゆるお墨付きのバターなんです。グラスフェットバターと似た製法で作らているのでグラスフェットバターの代替品として活用する場合はAOCバターを使いましょう。

2.ワンカップにバター10g入れる

バターコーヒーダイエットにはコーヒー1杯に対してグラスフェットバターまたはAOCバターを10g入れて飲むようにしてください。ダイエット効果を高めようと1度にたくさん入れすぎるのは禁物です。1杯につき10gという量は厳守してくださいね。

3.ココナッツオイルを入れて効果アップ

 

ココナッツオイルも最近テレビや雑誌で注目されているダイエットや健康効果が期待出来るオイルの一つです。ココナッツオイルは一般的な油とくらべてコレステロールになりにくく、エネルギーの消費を活発にさせる中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。中鎖脂肪酸にはケトン体という脂肪を燃焼する効果やお腹が減りにくくなるという効果が期待できます。また便秘解消効果も期待出来ます。

バターコーヒーにココナッツオイルを大さじ1杯入れることでダイエット効果が高まります。ココナッツオイルはバターコーヒー以外にも料理油として活用することが出来ますのでダイエット中の方は是非活用してみてください。

4.バターとココナッツオイルはしっかり混ぜる

バターとココナッツオイルはコーヒーにしっかり溶けこませることで飲んだあとに効率よくエネルギーとなります。そのため、飲むときは全部溶けきるまでしっかり混ぜてから飲んで下さい。

5.バターコーヒーは1日2杯まで

バターコーヒーダイエットは1日2杯までとしておくことをオススメします。確かにダイエット効果はありますが飲み過ぎはバターを摂り過ぎてしまいます。コーヒーにバターを入れると1杯100kcal近くになってしまいますので飲み過ぎはオーバーカロリーになってしまいます。

オススメはバターコーヒーを朝食代わりに朝2杯飲むことです。朝食をバターコーヒに置き換えることで朝食分のカロリーをカット出来ますし、朝飲むことで1日の活動でカロリーを消費することが出来ます。また朝飲むことで代謝アップが期待出来るのでダイエット効果が高いです。コーヒーに含まれているカフェインが朝の眠たい体を起こしてくれる効果も期待出来るため朝に飲むことをオススメします。

バターコーヒーダイエットの効果

バターコーヒーダイエットの作り方、飲み方はご理解頂けましたでしょうか?1日1杯、10gのバターと大さじ1杯のココナッツオイルを入れて朝飲むことでダイエット効果が高まります。ここからはなぜバターコーヒーでダイエット出来るのかの理由についてご紹介しますね。

1.コーヒーの脂肪燃焼効果

コーヒーといえばカフェイン。カフェインは眠気を覚ましたり集中力を向上する効果が知られています。でも、それだけじゃなくカフェインには脂肪を減少させる効果もあるのをご存知ですか?コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸というダイエットに効果的な成分が含まれています。前述したようにカフェインにはリパーゼという脂肪分解酵素を活発にして体に溜まった脂肪を燃えやすくする働きがあります。またクロロゲン酸には脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待出来るんです。このようにコーヒーはダイエット効果が高い飲み物なんです。

2.代謝向上効果

カフェインには脂肪を減少させるだけじゃなく、代謝を向上する効果が期待出来ます。代謝の向上はダイエットには欠かせない要因の一つです。また、コーヒーに含まれているカフェインとグラスフェットバターを一緒に摂取することで代謝アップの相乗効果が期待出来るんです。グラスフェットバターには不飽和脂肪酸が豊富に含まれているため血液中の脂肪やコレステロールを減少する働きがあるため血流を良くして代謝アップが期待出来るためダブル効果で代謝アップします。コレステロールや脂肪を減少させることで生活習慣病予防も期待出来ます。

3.グラスフェットバターは血糖値が上がりにくい

バターコーヒーでダイエット出来る理由としてグラスフェットバターは血糖値が上がりにくいという理由があります。バターはほとんどが脂肪分のため糖質がほとんど含まれていません。糖質が含まれていないため血糖値が上昇しにくくなるんです。私達は食事をすることで血液中の糖分が上昇します。特に甘いものや炭水化物を摂取すると血糖値は一気に上昇します。血糖値が一気に上昇するとそれを低下させようとインスリンという物質が分泌されます。インスリンは血糖値を低下させるとともに体に脂肪を蓄えようとする働きもするため、太りやすくなってしまいます。今まで使っていた砂糖の代わりにバターを使用することで血糖値の上昇を防ぎ、太りにくくなる効果が期待出来ます。

バターコーヒーの味は?

バターコーヒーでダイエットしてみたいけど、味はどうなんだろう。と疑問をお持ちかもしれません。確かにどんなにダイエット効果があっても美味しくないものだったら続けられないですよね。でもご安心ください。バターコーヒーは美味しく飲めるので抵抗なく続けることが出来ますよ。まずは1杯試して欲しいのですが味はキャラメルっぽい味になるので美味しいんです!むしろ、バターコーヒーの味が気に入って続けている人もいますので我慢する必要はありません。まずは一度、バターコーヒーを試しに作って飲んでみてくださいね。

まとめ

バターコーヒーは朝朝食代わりに2杯飲むことで代謝アップや朝食分のカロリーカットが期待出来ます。また飲んでみると以外と腹持ちが良いので違和感なく続けることが出来ますよ。味もキャラメルのような美味しい味になるので始めての人でも抵抗なく飲むことが出来ますよ。

コーヒーのダイエット効果やグラスフェットバターに含まれる不飽和脂肪酸の効果、ココナッツオイルのダイエット効果などを朝のコーヒーで摂取することでその日一日元気に活動して代謝が向上しているので脂肪をたくさん燃やすことが出来ますよ。

今日ご紹介したバターコーヒーダイエットのやり方を参考にしていただき、是非実践してみてくださいね。