アイキャッチ

頬のたるみを劇的に改善するためのマッサージ方法と注意点

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
アイキャッチ

頬のたるみが気になり初めて、どうすればハリのある肌を取り戻せるのだろうと悩んでいるところではないでしょうか?もしくは、頬のたるみを解消するために色々とスキンケアをしているのだけれど、一向に改善しないとお悩みかもしれません。頬のたるみは加齢とともに進行してしまいますし、実年齢よりも老けて見られてしまうため、悩んでいる方も多いことでしょう。今回は頬のたるみが起こってしまう原因と頬のたるみをかいしょうするための方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

頬のたるみが起こる原因

お肌が気になる女性

頬のたるみはいくつかの原因によって起こります。多くの場合、たるみはお肌のツヤやハリがなくなることで起こってしまいます。ここでは、お肌のツヤやハリを無くして頬のたるみを生んでしまう原因についてご説明いたします。

お肌の乾燥によるたるみ

お肌の内部の水分量が少なくなり、乾燥肌の状態になるとお肌のみずみずしさやハリが失われてしまいます。お肌のハリが失われてしまうとシワやたるみが起きやすくなってしまうのです。

紫外線によるたるみ

紫外線もたるみの大きな原因となります。紫外線はコラーゲンやエラスチンというなどのお肌を美しく保ってくれる成分を作り出すためのビタミンCを破壊してしまいます。そうするとこで、コラーゲンが生成されにくくなりお肌のハリやツヤを保てなくなてってしまいます。

加齢によるたるみ

加齢とともにたるみは起こっていきます。特に40代を越えるとお肌のヒアルロン酸量は大幅に減少します。結果としてお肌のハリやツヤが失われてしまうのです。とはいえ、加齢によるたるみはある程度仕方のないことと考えておきましょう。

お肌の栄養不足によるたるみ

お肌にとって必要な栄養が足りていないことでも頬のたるみの原因となってしまいます。タンパク質やビタミンCが足りていないとコラーゲンの生成が行えなくなってしまいますので、ハリやツヤが足りなくなってしまいます。日々の食生活や生活習慣を改善する必要があります。

姿勢が悪いことによって起こる頬のたるみ

デスクワークなどで姿勢が悪くなっている方が最近増えてきています。姿勢が悪くなって猫背になると、体全体のバランスが悪くなり体が丸くなり顔が前に出るような姿勢になります。この姿勢になると体全体が下に力を加えるようになるので、たるみの大きな原因となってしまいます。体のバランスを整えることが大切です。

頬のたるみを解消するマッサージ法

お肌を気にする女性

それでは、ここからは頬のたるみを解消する方法をご紹介いたします。ここでは2つのマッサージ方法をご紹介します。

頬のたるみを解消するマッサージ

まずは、頬のたるみを解消するマッサージ方法をご紹介します。下記の手順に沿って行ってみてください。

1.たるみの気になる頬の部分を上から下までマッサージする

まずは、頬のたるみの気になる部分をマッサージしして行きます。人差し指でカギ型の形を作ってください。頬骨の位置から顎の辺りまでを上から下にゆっくりとマッサージしていきます。そうすることで、頬に溜まった老廃物を下に落としていくことができます。

2.顎下から耳の下までマッサージ

次に顎下から耳の下までマッサージを行います。頬から顎にかけて落ちてきた老廃物を耳の下に移動させるようなイメージで行いましょう。

3.耳下から首筋までマッサージ

最後に耳下から首筋にかけてマッサージします。顎下から耳の下にかけて流してきた老廃物を下に落とすようなイメージで行いましょう。下記の動画に詳しい解説がされておりますので、合わせて参考にしてください。

リフトアップマッサージ

次にリフトアップマッサージもご紹介します。このリフトアップマッサージはツボを刺戟することが大切です。下記の手順に沿って行いましょう。

  1. まぶたの上からこめかに向かってマッサージを行う
  2. 目の下の部分をマッサージする(クマの部分)
  3. 鼻筋をマッサージしてこめかみまでマッサージする
  4. 頬からこめまきまでマッサージする
  5. 人差し指と中指で頬を持ち上げて引き上げるようにマッサージする

上記の手順を2回ずつ行いましょう。下記に詳しい動画がありますので、参考にしてください。

上記の2つのマッサージを行う上でのポイントをご紹介します。

大切なのは毎日継続して行うこと

先ほどご紹介した2つのマッサージは比較的短期的にも効果が現れることがあります。早い人だと1回〜2回程度で頬のたるみが改善してきたように感じられるようになります。しかし、それはあくまで一時的なものです。たるみのない頬を手に入れるためにも毎日継続的に行うようにしましょう。

マッサージするときは指の腹で肌を傷つけないように

マッサージするときに注意をしていただきたいのは、お肌を傷つけないように気をつけるということです。爪をたてたり強く押しすぎないように気をつけてください。気持ち良いなと思うくらいの強さでマッサージするようにしてください。

入浴中や入浴後の体が温まっているときに行うとより効果的

入浴中や入浴後の体が温まっており、血行が良くなっている状態ですので、このときにマッサージを行うとより効果的です。マッサージする際は、意識してみてください。

頬のたるみを予防するための生活習慣

デスクワークする女性

それでは、ここからは頬のたるみを解消するためや予防するために改善したい生活習慣についてご紹介いたします。マッサージを行いながらも生活習慣を改善しましょう。

食生活に気をつける

先ほどご紹介したように、お肌にとって必要な栄養バランスが足りていないとツヤやハリが足りなくなってしまい、頬のたるみの原因となってしまいます。バランスの良い食事を摂取することを意識することと、たるみに効果的と言われている大豆イソフラボン(納豆など)を積極的に食べるようにしてみましょう。

睡眠時間をしっかりと確保する

睡眠時間はお肌にとって非常に大切です。睡眠不足の状態にならないようにするために毎日6〜8時間の睡眠時間は確保するようにしましょう。なお、睡眠の質を高めることも大切です。「睡眠の質を劇的に向上させて短時間で爆睡する為の全手法」の記事を参考にしていただいて深い眠りを摂れるように工夫をしましょう。

スキンケアをしっかりと行う

スキンケアもしっかりと行うようにしましょう。特に保湿が重要です。化粧水はたっぷりとつけて水分を与えて、乳液やクリームで水分が逃げないようにケアを行いましょう。

紫外線対策を行う

紫外線対策を行うことも大切です。外出するときは日傘をさすようにしたり、長時間外で活動する予定があるときは、日焼け止めクリームや帽子をかぶるようにして紫外線対策することを癖にしましょう。

正しい姿勢を心がける

姿勢が悪くなることでも頬のたるみは起こってしまいます。正しい姿勢に変えることが大切です。とはいえ、長い時間をかけて作り上げられてしまった悪い姿勢はそう簡単には良い姿勢にはなりません。悪い姿勢になっていると思ったときは背筋を伸ばして、姿勢を正すようにして意識をすることから始めてください。

硬いものを食べるようにする

柔らかいものばかりを食べていると顎の筋肉が低下してしまい、たるみが起こりやすくなってしまいます。トレーニングも兼ねてできるだけ硬いものを食べるようにしてみましょう。

最後に

今回は頬のたるみが起こる原因と解消するためのマッサージ方法、改善したい生活習慣についてご紹介をいたしました。たるみは長い時間をかけてできあがるものです。そのため、マッサージを実践していただいて短期的に効果を実感できたとしても毎日続けるようにしてください。そうしなければ、またたるみのある頬に逆戻りしてしまいます。コツコツと時間をかけてツヤとハリのあるお肌を取り戻していくようにしましょう。