アイキャッチ

手のむくみの原因と既に出来た手のむくみを解消する方法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
アイキャッチ

手のむくみが出てしまいどうすれば良くなるのかわからないとお悩みではないでしょうか?もしくは、手のむくみのせいで指輪が入りにくくなったり、見た目的にも良くないとお悩みではないでしょうか?手のむくみは誰でも一度は体験をしたことがあるお悩みだと思います。今回は手のむくみができる原因と解消法、できるだけ予防するための方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

手のむくみができる原因

事務処理

それでは、まずは手のむくみができる原因を知りましょう。手のむくみの原因は大きく分けて下記の4つが考えられます。

  • 水分を摂りすぎることによるむくみ
  • 塩分を取りすぎることによるむくみ
  • アルコールによるむくみ
  • 生理前後のむくみ

一つずつ説明をしてしきますね。

水分を摂りすぎることによるむくみ

むくみは水分を摂りすぎることで起こります。1日の摂取量が多すぎてしまうと次の日にむくみを起こしやすくなってしまいます。適切な水分量を摂取するように注意が必要です。1日の適切な水分量は2ℓと言われています。一気に2ℓ飲むのではなくて、500mlを4回程度に分けて飲むようにしましょう。なお、夜に摂る水分は体外に排出される機会がないため、体に溜まってしまい次の日にむくみとなってしまいます。睡眠の前には水分は摂らないようにするのが良いでしょう。

塩分を取りすぎることによるむくみ

塩分量の多い食事を摂ることもむくみの原因となってしまいます。塩分の多い食事とを摂ると体内の塩分量が上がります。そうなると体は体内の塩分量を下げようとして、水分を摂って体内の塩分量を薄めようとします。しょっぱい食べ物を食べたあとに喉が乾くことがありますよね?まさにあの現象と一緒です。結果として、水分と摂りすぎてしまうことになりむくみの原因となってしまいます。

アルコールによるむくみ

アルコールの摂りすぎもむくみの原因になります。塩分のときと同様に、アルコールを摂取したあとは体内のアルコール濃度を下げようとして体が水分を摂ろうとします。テレビでも酔って帰ったサラリーマンが水を求めるシーンって見たことありますよね?あれは、体内のアルコール濃度を下げようとしてるんです。むくみを起こしたくないという方は、アルコールを飲むのはできるだけ避けましょう。

生理前後のむくみ

生理前後はホルモンバランスが乱れてしまうのでむくみが起こることがあります。とはいえ、生理が終わってホルモンバランスが整うとむくみも落ち着いてきますので、あまり気にしすぎることはないでしょう。

既にできた手のむくみを解消するための方法

手のマッサージ

それでは、ここからは手のむくみを解消するための方法をご紹介します。既に手のむくみができてしまっている方は試してみてください。

  • 手を心臓より高い位置にあげる
  • 手のマッサージを行う

手を心臓より高い位置にあげる

やり方は非常に簡単です。両手を上に伸ばして手首をくるくると回したり手を閉じたり開いたりのグッパーを繰り返しましょう。そうすることで、手に溜まった水分を体に循環させることができ、血行も良くなるため手のむくみが解消されていきます。

手のマッサージを行う

手のむくみができるときは、多くの場合手の血行が悪くなっていることが原因の場合があります。手のマッサージを行うことで血行を良くしていきましょう。手順としては下記のように行います。

手の爪をマッサージ

まずは、手の爪を1つずつ全てマッサージしましょう。力を入れすぎずに爪と指の腹をつまむようにして優しく揉んでいきましょう。

爪から付け根までマッサージする

手の爪をマッサージし終わったら、今度は爪から指の付け根に向けてマッサージをしていきます。こうすることで手の先に溜まった老廃物を流していくことができます。

マッサージをするときはハンドクリームをつけるとより効果的

お肌に刺激を与えないようにするためにもハンドクリームをつけるのは非常に良い効果があります。しかも、滑らかにマッサージをすることができるので、マッサージの効果も高めることができます。

手のむくみを起こさないようにするための予防法

手のむくみ

手のむくみが解消してもまた同じ生活を繰り返していては、いつまで経ってもてのむくみに悩む生活を続けなくてはいけません。ここでは、手のむくみを起こさないようにするるための予防法についてご紹介します。

食生活には気をつける

先ほどご説明をした通り、塩分の多い食事を摂ることはむくみの原因となってしまいます。特に下記のような食材は塩分量が多いので、頻繁に食べている方は注意が必要です。

  • ラーメン
  • お惣菜
  • コンビニ弁当

上記のような食べものを多く食べていると自覚できる場合は、食生活を改善するように意識しましょう。野菜をしっかり食べるようにしましょう。特にカリウムという成分はむくみ解消に大きな効果を発揮する成分ですので、頻繁にむくみを起こしてしまうという方は下記の食材を意識的に摂るようにしてみてください。

  • 昆布やわかめのような海藻
  • にんじん、じゃがいも、さつまいも
  • りんごやバナナ

むくみと食べものの関係については「むくみの原因となる食べ物とむくみを解消するための食べ物」の記事にも詳しく紹介していますので、こちらも合わせて参考にしてください。

定期的に運動をする

むくみは体の中の血行が悪くなることで起こります。そして、運動不足は血行を悪くしてしまう原因となります。日頃から運動をすることを意識しましょう。ランニングやジョギングを行っても良いですし、散歩やウォーキングでも構いません。それも難しい場合は、普段エスカレーターやエレベーターを使っているところを階段で歩いたり、帰りお駅を1駅手前で降りて1駅分歩くなど工夫をしましょう。

定期的に手のマッサージを行う

手のむくみが起こりやすい方は、手のマッサージを定期的に行うようにしましょう。そうすることで、常に手の血行を良くする状態を作ってむくみを作りにくくするようにしましょう。定期的に手のマッサージをすることは、むくみ対策に良いというだけではありません。手の血行が良くなるのでお肌もキレイになり美しい状態を保つことができます。キレイな手になりたい方も定期的にマッサージをすることはオススメです。

長い間むくみが取れないときは要注意!

手のむくみは一時的にできるものだと思います。とはいえ、1週間経ってもむくみが解消しないときは注意が必要です。というのも、むくみが長時間続く場合や塩分や水分を控えているし、運動やマッサージも定期的に行っているのにむくみが解消しないというときは病気の可能性があります。むくみは内臓疾患のサインかもしれません。長くむくみが続いてしまうときは、一度病院に相談に行くことをオススメします。

アルコールを控える

先ほどご説明をした通り、アルコールはむくみの原因となってしまいます。適度な量のアルコールであれば問題ないのですが、摂取量が多いとむくみになってしまうのでできるだけアルコール量を抑えるようにしておきましょう。特に次の日に大事なプレゼンやデートがあるという方はアルコールを摂取するのは避けるようにしておくのが無難と言えますね。

最後に

今回は手のむくみができる原因と解消するための方法と予防法についてご紹介をいたしました。てのむくみは誰しも一度は経験したことがあるお悩みだと思います。今回ご紹介した解消賞を実践していただいた上で、できるだけ手のむくみがおこらないように生活習慣も改善するようにしましょう。