白湯 ダイエット アイキャッチ

白湯ダイエットは美容にも効果アリ!知っておきたい4つの知識

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
白湯 ダイエット アイキャッチ

白湯を飲むだけの簡単ダイエット方法を試してみたい。どのように実践すれば良いのかな?とお考えではございませんか?

白湯ダイエットは多くのモデルさんや女優さんが実践しているダイエット方法です。

・ダイエット効果

・便秘解消

・デトックス効果

など白湯はあなたが求めている以上の効果が期待出来ます。また白湯ダイエットは誰でも簡単に出来る!のでこれからご紹介する方法をしっかりと確認して頂ければ今日からでも実践することが出来ますよ!

是非、参考にしてみてください。

1.芸能人の御用達!白湯ダイエットと健康法

白湯 ダイエット アイキャッチ

「白湯」とは、お湯と水の中間くらいの温度で約50℃適度に温められたものを言います。これはフーフーしなくても飲める程度の温度で、白湯ダイエットには50℃の白湯が効果的と言われています。

インドの伝統医学アーユルベーダでは自然界や私達の体は全て「水・火・風」の3つの要素で成り立っていると言われており、「水」を「火」に掛けて沸騰させることで気泡を発生させることで(風)の要素も加わるという考え方です。白湯はその全てを含む完全な飲み物だと言われており世界最古の健康法とも言われる歴史ある健康法として白湯は昔から活用されてきました。

多くの芸能人もこの白湯を取り入れてダイエットに成功したり、美容維持のために取り入れるなどして積極的に取り入れられているようです。深田恭子さんは白湯ダイエットで5kgのダイエットに成功しましたし、山本モナさんも白湯で5kgのダイエットに成功したようです。

その他にも白湯を美容のために取り入れている芸能人の方が多数いらっしゃいます。桐谷美玲さん・米倉涼子さん・ベッキーさん・江角マキコさん・安めぐみさん・スザンヌさん・松本潤さんなどなど。

白湯ダイエットはヨガインストラクター千葉麗子さんが紹介したことで芸能界に一気に広まったダイエット方法だと言われています。

 

スタイル維持や美しい肌を保つために活用されている白湯。次は白湯の効果をご紹介していきます。

2.白湯のダイエット効果

白湯を飲むことで得られるダイエット効果は以下の通りです。

2.1.白湯を飲むことで食欲が抑えられる

白湯ダイエットは食欲を抑える効果が期待出来ます。ダイエットの絶対条件は消費カロリーより摂取カロリーを抑えることですが、白湯を飲むことで食欲が抑制されることで摂取カロリーを抑えることでダイエットに繋がります。

白湯は水を温めただけのものなのでカロリーは「0」。理論上は白湯はたくさん飲んでも太りません。(飲み過ぎはむくみの原因になるため注意)食事の前や普段飲んでいる冷たい水やお茶変わりに白湯をゆっくり飲むことで食欲を抑える効果があります。

2.2.白湯で体を温めることで代謝アップ

温かい白湯を飲むことで体温が上昇して代謝アップが期待出来ます。代謝がアップすれば消費カロリーが増加するのでダイエットに効果があるんです。特に冷え性の方に効果が期待出来ます。

体温が1℃上昇すること代謝が13%アップすると言われてきます。代謝が向上すると脂肪燃焼効率がアップするので痩せやすい体質になるます。また冬場は基礎体温が下がる傾向にあります。冬の寒い時期は温かい白湯を飲むことで体温上昇させて痩せやすい状態に出来ますよ。

3.白湯の美容効果

白湯にはダイエット効果以外にも多くの芸能人が活用しているように美容効果も期待出来ます。

3.1.体を温めることで内臓機能が活発になる

白湯のダイエット効果でもご紹介したように白湯には体を温める効果があります。温まった体は結果的に内臓を温めることになるため内臓機能が活発になって毒素の排出を促してくれます。今まで冷えていた状態の内臓は温められることで疲労を回復して正常な活動を取り戻すことが出来るようになります。冷え性の改善にも効果アリです。

消化を促進して体に貯まっていた老廃物の排出に繋がり、肝臓や腎臓の機能が活発になるため体内の清浄化に繋がります。また腸の活動も活発になるため、便秘にも効果を発揮します。

3.2.余分な水分を排出してむくみ改善に効果アリ

温かい白湯を飲むと血液の流れが改善し代謝がアップします。同時に血液の流れの改善やリンパの流れの改善は体に溜め込んでいた余分な水分の排出に効果を発揮します。余分な水分を尿として排出することが出来ればむくみの改善に役立ちます。いわゆる「デトックス効果」ですね。

・ニキビや吹き出物の改善

・小じわやシミの改善

・肌の透明感アップ

溜め込んでいた水分をキレイに排出することが出来ると結果的に体重の減少にも繋がりますよ。

3.3.温かい白湯でしっかり水分補給

冬の寒い時期は体が冷えているので冷たい水やお茶は出来るだけ飲まないようにしていませんか?その場合、体内に水分が不足している可能性があります。白湯でしっかりと水分補給することで体や肌にうるおいを与えることが出来ます。乾燥肌体質の人は水分不足が考えられますので白湯を飲むことが改善出来るかもしれません。

ホットコーヒーや温かいお茶も良いですが、暖かく優しい白湯を飲むことでより一層うるおいを保ちながら健康維持に繋がります。

逆に夏場は体温を下げようと冷たい飲み物ばかりを飲んでいませんか?体を冷やすことに繋がる冷たい飲み物ですがもしかしたら体内、内臓をも冷やしてしまうため上手く内臓が機能せず夏バテを引き起こす原因となっている可能性があります。

白湯を活用することで体内の冷えを解消して夏バテにも効果を発揮してくれる可能性がありますよ。

3.4.夜寝る前の白湯で不眠症を改善

夜寝る前に白湯を飲んで体を温めることで不眠症の改善に効果が期待出来ます。私達の睡眠には交感神経と副交感神経というのが影響を与えています。交感神経が優位な状態だとなかなか眠りに付くことが出来ません。睡眠前は副交感神経を優位に働かせる必要があります。

白湯には副交感神経を優位に働かせる効果があるため不眠症でお悩みの方は是非試してみて頂きたいです。私達は体温が下がることで眠りに付きやすいということがわかっていますので、白湯で温めた体温を睡眠前に徐々に下がってくることで眠りやすくなりますよ。不眠症ではないけれど、朝起きたときに疲れが抜けていないと感じている方は眠りの質が悪いかもしれません。質の良い睡眠を取るためにも白湯を活用してみてください。

白湯のダイエット効果と美容効果まとめ

白湯にはダイエット効果や美容効果など嬉しい効果がたくさんありましたね!白湯の効果をまとめると以下の通りです。

・代謝アップによるダイエット効果

・食欲抑制によるダイエット効果

・内臓を温めることでの内臓機能の活性化

・冷え性の改善

・便秘解消

・むくみ改善

・シワ、シミ、ニキビや吹き出物、肌のツヤやハリなどの美肌効果

・正しい水分補給での夏バテ防止や乾燥肌の改善

・不眠症や睡眠の質向上への効果

このように白湯には嬉しい効果が一杯です。また白湯ダイエットは誰にでも出来る簡単な方法ですので気軽にチャレンジすることが出来ますよ!次は白湯ダイエットのやり方をご紹介しますね。

4.白湯ダイエットのやり方と効果的な方法

白湯ダイエットは基本的に「白湯を飲むだけ」の簡単なダイエット方法です。ですが、ただ飲むだけでなくいくつかのルールに従って飲み続けることでより効果を得ることが出来ますよ!ここでは白湯ダイエットのやり方と効率的な方法をご紹介します。

4.1.一度沸騰させたお湯を40〜50℃に冷まして飲む

お水は水道水でも構いませんのでヤカンや鍋で一度沸騰させます。沸騰させることで水道水に含まれている不純物がなくなり白湯を飲むときの口当たりが良くなります。沸騰させるときは沸騰したらすぐに火を消すのではなく、10〜15分ほど沸騰させた状態を維持させたほうが不純物が取り除かれるため効率的です。

鍋やヤカンを使うのが面倒だという方は電子レンジでも代用出来ます。(一般的に効果が高いのは一度沸騰させる鍋やヤカンで作る方法です。)

電子レンジで2〜3分程度温めるとちょうど良い温度になります。目安としてはフーフーせずに飲めるくらいの温度です。

4.2.ミネラルウォーターの場合は温めるだけでOK

水道水で白湯を作る場合は一度沸騰させる必要がありますがミネラルウォーターには塩素などの不純物が取り除かれている状態のため沸騰させる必要がありません。

ミネラルウォーターを活用する場合は電子レンジで温めるだけでOKです。

4.3.意外と安上がり?ウォーターサーバー



 参考URL:クリクラミオ

白湯ダイエットを継続的に行う方は「ウォーターサーバー」が便利です。コックをひねるだけでお水だけじゃなく、お湯も飲むことが出来るので白湯ダイエットの強い味方になります。ウォーターサーバーのお水やお湯も不純物が取り除かれているためそのまま飲むことが出来ます。

白湯を毎度作るのが面倒になって途中で挫折してしまう方が多いため、簡単に飲み続けられる環境を作り出すのも白湯ダイエットを成功させる秘訣です。

ミネラルウォーターを定期的に購入している方はもしかしたらウォーターサーバーのほうがコスパが良い可能性もあります。クリクラなら最大500ml当たり約52円になりますよ。

 

4.4.白湯は1日800mlを数回に分けて飲む

白湯は一日800mlを数回に分けて毎日飲むのが効果的です。白湯を飲むタイミングとして最適なのは「朝起きてすぐ」・「食前」・「就寝前」がオススメです。毎日半身浴のようにしっかりと湯船に入る習慣がある人は入浴前後もオススメです。

私達の体は1回の水分補給で吸収出来る水分量は200ml〜250mlだと言われています。そのため白湯を飲むときもコップ1杯、200mlを目安に飲みましょう。

朝起きてすぐはまだ胃腸も目覚めていないため白湯を10分程度時間を掛けて飲むことで体を目覚めさせ胃腸を活発に働かせる効果があります。毎朝朝食を食べる人は朝食前に飲むのがオススメです。

白湯は食前に飲むことで消化吸収を良くするという働きがあるので昼食前や夕食前に飲むのも効果的です。食事前の白湯をゆっくり飲むことで食欲も抑えられるため食べ過ぎ防止にも繋がります。

就寝前の白湯は副交感神経を優位に働かせ、温かい白湯で体が温められるので睡眠の質の向上や眠りに付きやすいという効果がありますよ。

白湯はたくさん飲めば飲むほどよいというわけではありません。あくまで一日で飲む量は800mlが理想です。飲み過ぎはむくみの原因になりますので飲み過ぎには注意してくださいね。

4.5.ミネラルウォーターを使う場合は「軟水」を

水は「軟水」と「硬水」に分けられます。私達日本人の体に適しているのは「軟水」です。

水にはカルシウムとマグネシウムが含まれており、その含有量によって軟水か硬水に分類されます。水1000mlに対して120ml以上のマグネシウムとカルシウムが含まれているのが硬水、120ml以下の場合が軟水です。

軟水の特徴としては口当たりがまろやかで体が吸収しやすいという特徴があります。日本で使われている生活水のほとんどが軟水のためミネラルウォーターを選ぶときも軟水を選ぶようにしましょう。

日本産のミネラルウォーター(いろはすなど)や、クリスタルカイザー、ボルビックは軟水です。逆にコンビニなどで見かけるエビアンは硬水に分類されます。

まとめ

白湯ダイエットには以下の効果が期待出来ます。

・代謝アップによるダイエット効果

・食欲抑制によるダイエット効果

・内臓を温めることでの内臓機能の活性化

・冷え性の改善

・便秘解消

・むくみ改善

・シワ、シミ、ニキビや吹き出物、肌のツヤやハリなどの美肌効果

・正しい水分補給での夏バテ防止や乾燥肌の改善

・不眠症や睡眠の質向上への効果

毎日800mlを目安として朝、食前、就寝前に一回200mlを目安に飲みましょう。水道水の場合は一度沸騰させて10〜15分継続して煮立たせた状態を維持してカルキや塩素を飛ばしましょう。ミネラルウォーターの場合は軟水を選び50℃まで温めるだけでOKです。

継続的に白湯を飲み続けたい人はウォーターサーバーがオススメです。飲みたいときにすぐ飲める環境は魅力的です。

今日ご紹介した白湯ダイエットの方法を参考にしていただき、今日から実践してみてください!