face-wash

ニキビを改善するための洗顔方法と予防するための秘訣

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
face-wash

ニキビを治したいと思い、熱心に洗顔をしているもののなかなかニキビが改善しないとお悩みではにないでしょうか?もしくは、ニキビの正しい洗顔方法を知ってニキビを改善したいと思っているのではないでしょうか?ニキビに悩んでいる方ほど熱心に洗顔してしまって、ニキビを悪化させてしまっている方がいます。今回はニキビを改善するために知っておいて欲しい洗顔方法と、具体的なケア方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

ニキビが気になる方にオススメなのが塗る温泉

ニキビの改善を目指す方は洗顔や生活習慣に気をつける必要はありますが、スキンケアをすることも大切です。そこでオススメなのが「塗る温泉」です。赤ちゃんのおむつかぶれにも使える優しい素材でできているため、ニキビの方でも安心して使うことができます。

【濡る温泉】広告バナー_解像度2倍

出典:塗る温泉

温泉成分が入っている薬用基礎化粧品ですので、温泉に入ったようなしっとりとしたお肌を期待できます。一度、使ってみることをオススメします。

ニキビを改善するための正しい洗顔方法

face-wash

ニキビを改善するためには正しい手順で洗顔をすることが大切です。早速、ニキビの洗顔手順をご紹介します。下記の手順に沿って洗顔を行いましょう。

まずは手を洗う

まずはしっかりと手を洗いましょう。手には目には見えない汚れや雑菌がたくさんついています。この状態のまま顔を洗うと、汚れが摩擦となってニキビを悪化させてしまいます。石鹸をつけて、しっかりと手を洗いましょう。

蒸しタオルで顔を蒸らす

蒸しタオルで顔を蒸らします。蒸しタオルは水で濡らしたタオルを電子レンジで1分程度温めましょう。作った蒸しタオルを顔に1分程度乗せて顔に乗せて毛穴を開かせます。

クレンジングオイルでメイクを落とす

平日はメイクをしている方も多いことでしょう。洗顔前にクレンジングオイルでメイクを落としましょう。メイクとクレンジングを溶かすような感覚でメイクを浮かせるようにしましょう。ゴシゴシとこすり過ぎないように注意してくださいね。

洗顔料を泡立てる

洗顔料を泡立てます。洗顔料を泡立てることで手と顔が直接触れる部分をできるだけ避けるようにして、摩擦を軽減することができます。なかなか泡立たない洗顔料のときは洗顔ネットを使って泡立てるようにしましょう。

洗顔料を顔に乗せて洗う

洗顔料を顔に乗せて洗っていきます。洗う順番としてはおでこ、鼻筋、頬、目元・口元という皮膚の厚い順番に洗うようにしましょう。汚れが気になる部分のみ指の腹で洗いましょう。

ぬるま湯で顔をすすぐ

ぬるま湯ですすぎます。お湯は暑すぎると皮脂を余計に落としてしまうので、ぬるま湯で洗いましょう。35℃〜36℃程度のぬるま湯で洗い流します。洗顔料を洗い残すとお肌への刺激となって、肌荒れやニキビの原因となりますので念入りに洗い流しましょう。

肌に刺激の少ないタオルで拭き取る

肌触りの良い優しい素材のタオルで拭き取りましょう。ゴシゴシと顔を拭くことはせずに、とんとんと顔に乗せるようにして水分を拭き取りましょう。

ケア用品で保湿を行う

最後にケア用品で保湿をしましょう。化粧水を顔につけて保湿クリームで蓋をしましょう。化粧水はパンパンと軽く顔を叩いてマッサージするようにして馴染ませていきましょう。

ニキビの洗顔ときに気をつけたいポイント

洗顔をするときに注意をしておきたいポイントについて解説いたします。洗顔をするときは下記の注意点を意識してくださいね。

洗顔の頻度は1日2回にする

ニキビが気になると、毎日何度も洗顔をしてしまいがちです。しかし、洗顔回数が多ければ多いほどニキビは悪化してしまいます。洗顔は汚れや皮脂を落とす作用がありますが、洗顔回数が多いと皮脂を余計に落としてしまいます。洗顔は朝と夜の1日2回が最適ですので、この洗顔頻度は守るようにしましょう。

ゴシゴシと擦らない

洗顔をするときは絶対にゴシゴシと擦らないようにしましょう。ニキビが気になると、治そうという意識でどうしてもゴシゴシと洗ってしまいます。刺激が強いとニキビが悪化してしまうので、優しく洗うように注意してくださいね。

ニキビが解消しないときは皮膚科に相談

洗顔方法に注意をしてもなかなかニキビが解消しないというときは、皮膚科に相談をしましょう。皮膚科に行って専用の薬をもらったり、ビタミン剤をもらったり、ピーリングを行うことでニキビが改善されていきます。絶対に自分で治そうというこだわりは持たずに、病院に行くようにしてくださいね。

ニキビを起こさないようにするための生活習慣

ニキビを解消するための洗顔方法についてご紹介いたしました。しかし、洗顔方法だけ注意していてもニキビはなかなか良くなっていきませんし、仮にニキビが解消したとしてもまたニキビが出てきてしまいます。ニキビができにくい体を作るためにも生活習慣を見直しましょう。

しっかりと睡眠を確保する

お肌には睡眠をとることが大切です。お肌のターンオーバーは睡眠時に最も活発になると言われています。ターンオーバーが正常に働くようにするためにも毎日の睡眠時間は6〜8時間程度は確保するようにしましょう。なお、深い睡眠をとることも大切です。寝るときにはスマホを触らないようにしたり、寝る2〜3時間前に入浴したり、ストレッチをして体を温めるようにしたりとぐっすりと眠れるような工夫を行いましょう。睡眠については「睡眠の質を劇的に向上させて短時間で爆睡するための全手法」の記事にも詳しく書いていますので合わせて参考にしてください。

食生活に気を配る

食生活にも気を配るようにしましょう。脂分が多いものを食べたり、糖分が多い食事をとるとニキビができやすくなってしまいます。野菜を中心とした栄養バランスの良い食事を摂ることを意識しましょう。ニキビに効く食べ物やニキビと食べ物の関係性については「ニキビに効く食べ物と原因となる食べ物|解消する為のケア法」の記事に詳しく書いていますので、合わせて参考にしてください。

ストレスを溜めないようにする

ストレスもニキビを発生させてしまう原因となります。日頃からストレスを感じていたり、ストレスの原因となるものが分かっているという方は、ストレスになっているものからは避けるようにしましょう。仕事や学校などの人間関係などで避けることができない場合に関しては、休みの日に思いっきり趣味の時間に費やすなどしてストレス解消を行うようにしましょう。

飲酒やタバコはできるだけ控える

飲酒やタバコもできるだけ控えるようにしましょう。アルコールはビタミンB群の吸収を妨げてしまいます。ビタミンB群は皮脂を抑えたり、ターンオーバーの働きを促進してくれます。そのビタミンB群を吸収できないことでニキビができやすくなってしまいます。また、タバコはビタミンCを大量に消費します。タバコ2本吸うと1日分のビタミンCを消費すると言われています。ニキビに悩んでいる方や、ニキビができないような肌になりたいと思う方は、飲酒や喫煙はできるだけ控えるようにしましょう。

適度な運動をする

適度な運動をすることもお肌にとっては大切です。運動不足になると代謝が悪くなるのと同時に血行が悪くなります。血行が悪くなると、お肌にとって必要な栄養素が十分に行き届かなくなります。適度な運動をして血行を良くし、代謝を上げるようにしましょう。代謝を上げることでターンオーバーの働きも正常にすることができます。ランニングやジョギングができれば最も良いですが、毎日1駅分歩いたり、寝る前にストレッチなどを行うということからでも始めましょう。

最後に

今回はニキビを解消するための洗顔方法と注意点、ニキビができないようにするための生活習慣についてご紹介いたしました。ニキビはすぐに解消するものではありません。毎日の洗顔や生活習慣で少しずつ改善していくようにしましょう。また、どうしてもニキビが改善しないというときは、悩まずに皮膚科に相談に行くようにしてくださいね。