test

ポップコーンでダイエット!効果を高める4つの方法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
test

映画館見るときには欠かせない存在ポップコーン。ポップコーンを食べるダイエット方法が知りたい!とお考えではございませんか?

ポップコーンダイエットはポップの女王「マドンナ」も実践したダイエット方法なんですよ!低カロリーでヘルシーなポップコーンは正しい方法で食べることでダイエット効果が期待出来るんです。

今日はポップコーンを活用したダイエット方法をご紹介します。

ポップコーンのダイエット効果

ポップコーン ダイエット

ポップの女王「マドンナ」もポップコーンでダイエット!

50歳を過ぎても若々しい肉体を披露しているマドンナ。マドンナも出産後に増えた体重を落とすためのダイエットの際にポップコーンを活用したことは有名なお話です。ポップコーンを2〜3杯、毎日おやつ代わりに食べ、お水をたくさん飲むことでダイエットに成功しました。もちろん、ポップコーン以外にも徹底した食事制限も同時に行なっていますがダイエット中のおやつとしてポップコーンを活用することでダイエットをより加速させるための強い味方になるんですよ。

ポップコーンは低カロリー

映画館で食べるポップコーンはバターや塩分がたっぷりですごく太りそうなイメージがありませんか?確かにバターなどの油がたっぷりなポップコーンや、テーマパークで売っているキャラメルやチョコレートなどでコーティングされたポップコーンは高カロリーで太りやすいです。でも、ポップコーン自体はカロリーが低いため味付けに気をつければ低カロリーで満腹感が得られるのでダイエットに効果的なんですよ。

mike popcorn

 

参考URL:http://www.fritolay.co.jp/products/mike/

市販されているポップコーンで有名なのは「マイクポップコーン」。誰でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?定番のバターしょうゆ味には名前の通りバターと醤油で味付けがされていますが一袋のカロリーが244kcalです。

ポテトチップスなど他のスナック菓子の場合だと一袋で500kcal近くありますのでポップコーンのカロリーの低さがわかりますよね。またポップコーンは少量でも満腹感が得られるので今まで食べていたスナック菓子をポップコーンに置き換えたり、ケーキなどの甘いおやつをポップコーンに置き換えることでダイエット効果が得られます。また、食事の前にポップコーンを食べておくと食事の食べ過ぎを防止することが出来ますよ。

ポップコーンはカサ増しおやつ

ポップコーン1粒1粒は大きさの割に非常に軽いです。そのためたくさん食べたと思っても実はそんな量になっていません。ポップコーンは爆裂種というトウモロコシが原料で、小さい粒が膨張してポップコーンになっているので1粒1粒の重量が軽いんです。食べ物は食べた量も大切ですが、見た目でお腹一杯にする効果もありますよ。

ポップコーンは健康にも良い食べ物

ポップコーンは低カロリーで少量でも満腹感を感じやすい食べ物なのでおやつに最適です。食事に置き換えることはオススメ出来ませんが、小腹が空いたとき低カロリーなポップコーンを食べることで食事の量を減らす効果が期待出来ます。

ダイエットに効果的なポップコーン。実はダイエット以外にも健康に良い食べ物なんです。ここではポップコーンの健康効果をご紹介しますね。

食物繊維が豊富

ポップコーンには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類あって、ポップコーンに含まれているのは不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は水に溶けずにお腹の中で水分を吸収して膨らみます。膨らんだ食物繊維は腸を刺激して蠕動運動を活発にするため便秘に効果が期待出来ます。食物繊維と言えば野菜をイメージする人が多いですがポップコーン一袋でレタス2個分の食物繊維を摂取することが出来るんです。

ダイエット中は食事量を減らすため便秘になりがちですが、ダイエット中のおやつとしてポップコーンを食べることで便秘にも効果が期待出来ます。

ポリフェノールで老化対策

ポリフェノールはワインなどに豊富に含まれていることで有名な成分ですが、ポップコーンもポリフェノールが豊富な食べ物です。ポップコーンいは「フェラ酸」という種類のポリフェーノールが含まれていてその量はタケノコや麦芽よりも多いです。

ポリフェノールには体が酸化するのを防ぐ効果があります。私達は呼吸や食品などから酸素を吸収して生活しています。その酸素が運動や紫外線、喫煙、ストレスなど様々な要因で活性酸素に変化します。この活性酸素が老化の大きな原因となります。いわゆる体が錆びついた状態になってしまうのです。

ポリフェノールには活性酸素を抑制する「抗酸化作用」があります。ポリフェノールの抗酸化作用によってシミ、シワ、たるみ、肌荒れといった肌のトラブルを防止する効果が期待出来ます。

全粒穀物(ホールグレイン)

アメリカ農務省では一日48gの全粒穀物(ホールグレイン)の摂取を推奨しています。全粒穀物(ホールグレイン)とは穀物の粒を全部食べることを意味します。小麦など精製された穀物は胚乳と呼ばれる部分のみを食べているのですが元々の粒にはふすま、胚芽という部分があります。これらの部分は栄養が豊富に含まれているんです。

穀物を精製せずにそのまま食べるホールグレインを毎日48g摂取することで「心臓病予防」、「特定のガン予防」、「糖尿病予防」、「腸内環境を整えて体重増加予防」といった効果があるとされています。

ポップコーンは全粒穀物なので毎日食べることでホールグレインを効率よく摂取することが出来るんです。アメリカが国として推奨している全粒穀物摂取にはポップコーンが一役買っているんですね。

アメリカではポップコーンに含まれるポリフェノールが野菜や果物より豊富に含まれていて食物繊維も豊富なことから最近注目を集めている食品です。ポップコーンの殻は「金の殻」とまで呼ばれているようです。多くの専門家達が高血圧、動脈硬化、肥満、生活習慣病予防のためにポップコーンを食べることを推奨しているくらい健康的な食べ物になってきています。

ポップコーンでダイエットするときの食べ方

ポップコーンはダイエット効果だけじゃなく、健康にも良いということはご理解頂けましたでしょうか?ここからはポップコーンでダイエットするときの食べ方、健康的に食べ続ける方法をご紹介しますね。

1.市販のポップコーンより自作がオススメ!

市販されているポップコーンは他のスナック菓子よりヘルシーではありますが、自分のポップコーンには敵いません。ポップコーンを使ってダイエットしたい人は自分で作ることをオススメします。

popcorn maker

 

参考URL:amazon
corn

 

参考URL:amazon

ポップコーンメーカーとコーンがあれば誰でも簡単にポップコーンを作ることが出来ます。ポップコーンメーカを使った自作ポップコーンの良いところは油を使わず味付けも調整出来るので市販のポップコーンよりヘルシーに作ることが出来ます。フライパンでもポップコーンを作ることが出来ますが油も使うためカロリーが高くなります。また食べるときに手がベタベタするというデメリットがあります。

映画館やテーマパークで食べるポップコーンは美味しさを追求したポップコーンのため味付けや油がたくさん使われているためたくさん食べると太る原因になりますが、自作ポップコーンはダイエットのためにヘルシーに作ることが出来るのでダイエットに活用出来るポップコーンをいつでも作ることが出来ます。

2.おやつ代わりに活用する

ポップコーンダイエットは食事をポップコーンに置き換える方法とおやつに活用する方法がありますが、食事をポップコーンに置き換えるのはあまりオススメしません。1食を置き換えるだけで大きなカロリーカットが期待出来ますが長続きさせるのは覚悟が入ります。またバランスの良い食事を心がければ置き換える必要はありません。

今まで食べていたおやつ代わりにノンオイルの自作ポップコーンを食べるだけでカロリーカット出来ます。ポップコーンは食物繊維が豊富なため比較的腹持ちが良く、満腹感が得られます。また味付けなしのポップコーンはGI値が低いため太りにくいおやつです。

GI値とは血糖値の上昇率を表した数値で、血糖値が急激に上昇するとそれを抑えようとインスリンが分泌されます。インスリンには脂肪を蓄えようとする力が働くためGI値の高い食品程太りやすいということになります。

3.ポップコーンを食べるときは水分補給もしっかり行う

ポップコーンを食べるときは水分補給も一緒に行なってください。マドンナがポップコーンダイエットを行ったときも水分をたくさん摂っていたようです。ポップコーンに含まれている食物繊維はお腹の中で水分を吸収し膨張するため、水分を摂ったほうが満腹感を感じやすくなります。また、ポップコーンのような不溶性食物繊維をたくさん摂取したときに水分が足りていないと便が固くなって逆に便秘になってしまう恐れがありますのでポップコーンを食べるときは水やお茶と一緒に食べてください。もちろんジュースなど甘い飲み物はNGですよ!太る原因となります。

4.ポップコーンはよく噛んで食べる

自作ポップコーンは最初味気なく感じて美味しくないと思うかもしれません。今まで食べていた味付きのポップコーンに比べると確かに物足りないでしょう。でも、自作ポップコーンもよく噛んで食べることでコーン本来の味を楽しむことが出来るようになります。また自作ポップコーンに慣れてくると市販のポップコーンは味が濃くてたくさん食べられなくなるかもしれません。

よく噛んで食べることで味わう深くなるのと共に、満腹中枢を刺激してより満腹感が得られるようになります。そのため食事の30分前くらいにポップコーンをよく噛んで食べておくと食事の開始と共に満腹感を感じることが出来て食べ過ぎを防止する効果がありますよ。

ポップコーンダイエット口コミ・参考例

ポップコーンメーカーを買ったら、体重がみるみる痩せた件について。

 

 

 

ポップコーンダイエットの効果に疑問を持っている人は上記リンク先を参考にしてみてください。ポップコーンを自作したら体重が減った良い例が紹介されていますよ。あなたも自作ポップコーンを活用してダイエットしてみてください!

まとめ

ポップコーンはダイエット効果だけでなく生活習慣病予防や抗酸化作用による老化防止の効果から最近アメリカで大注目の食べ物です。今までは映画のお供というイメージが強かったポップコーンですが、食べ続けることで健康的な効果が得られるんですよ。

今日ご紹介したようにポップコーンは自作でヘルシーなポップコーンをオススメします。市販のものに比べると圧倒的に健康的に、ダイエットに役立つポップコーンを作ることが出来ます。また、自分で作ったほうが安く作れるのでお財布にも優しいですよ!

ポップコーンは今まで食べていたオヤツ代わりに水分と一緒によく噛んで食べることでよりダイエット効果が得られますよ!今日ご紹介した内容を参考にしていただき、ダイエットにお役立てください。