eye catch

ココナッツオイルでスキンケア!美容効果を高めるためには?

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

テレビや雑誌で話題のココナッツオイル。ココナッツオイルはダイエットや美容効果があるため、女優さんやモデルさんの中でも人気の高いオイルなんです。

ココナッツオイルは料理などで食べることでも体に良いのですが、肌に塗ることでも美容効果が期待出来ますよ!今日はココナッツオイルの美容効果についてご紹介しますね。

1.ココナッツオイルとは?

Coconut oil Beauty

ココナッツオイルとはココナッツ(椰子の実)の種の中にある胚乳を抽出し精製して作られたオイルです。オリーブオイルも体に良い油とされていますが、オリーブオイルは不飽和脂肪酸という成分が豊富ですがココナッツオイルは飽和脂肪酸が豊富なオイルなのでオイルとしての効果が異なります。

ココナッツオイルは飽和脂肪酸が豊富

ココナッツオイルは飽和脂肪酸が豊富なオイルです。ラードやお肉の脂身、キャノーラ油もココナッツオイルと同じく飽和脂肪酸が豊富な油です。お肉やラードの脂と一緒と言われるといかにも体に悪そうというイメージがあるかもしれません。

ですがココナッツオイルの場合、同じ飽和脂肪酸でも中鎖脂肪酸と呼ばれる脂肪酸が豊富なので体に良い効果が期待出来るオイルなんです。

お肉などの動物性の脂は長鎖脂肪酸が豊富なのでこの脂肪酸の違いがココナッツオイルとお肉の脂の違いで、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸はダイエットに効果的な成分なんです。ココナッツオイルのダイエット効果については「ココナッツオイルがダイエットに効果的な2つの理由」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

2.ココナッツオイル3つの美容効果

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が豊富で主にダイエットに効果的な成分です。ここではココナッツオイルの美容効果についてご紹介しますね。

1.ラウリン酸が豊富

ラウリン酸は中鎖脂肪酸に含まれている成分で、お母さんの母乳にも含まれている成分なんです。赤ちゃんは母乳を飲むことで免疫力がアップしますよね。ココナッツオイルは自然界の中で最も多くラウリン酸を含んでいるのです。

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸にも免疫力をアップさせたり、抗菌作用があるため肌が丈夫になって抗菌作用でニキビ予防にも効果的なんです。

2.ビタミンEでアンチエイジング

抗酸化作用

ココナッツオイルはビタミンEも豊富に含まれているため、アンチエイジング効果が期待出来ます。私達は日々生活しているだけで体が酸化していくので体が錆びていきます。紫外線やタバコなど様々な要素で酸化が進行していくのですが、ビタミンEはこの酸化を抑制する効果、抗酸化作用があるため体の酸化を抑えてくれるんです。

体が酸化していくとシミやシワなどの老化が進行していくのですがビタミンEの抗酸化作用によって老化防止となるためココナッツオイルにはアンチエイジング効果が期待出来ますよ。

保湿効果

ビタミンEには肌を保湿する効果もあるんです。乾燥肌している肌や敏感肌にも浸透しやすく乾燥を防ぎ、保湿してくれるため肌が乾燥しがちな人に嬉しい効果ですね。ココナッツオイルを食べることでも効果は期待出来ますが肌に直接塗ることでビタミンEが角質層まで届き、肌に潤いを与えてくれます。

3.整腸作用

ココナッツオイルは食物繊維も豊富で整腸作用が高い食品として知られています。ココナッツオイルが小腸に浸透して腸内になる添加物などの不要な物質や老廃物を流し出す働きをしてくれます。腸内に老廃物が溜まっていると体外から出ない分を汗や皮脂から排出しようと働くため肌にダメージを与えるなど肌荒れの原因となります。ココナッツオイルで腸内環境を整えることで肌を本来の健康な状態に近づけることが出来ます。

3.ココナッツオイルを食事で美容に活用する

ココナッツオイルにはラウリン酸で丈夫な肌を作ったり抗菌作用でニキビ予防効果が得られます。またビタミンEで老化防止や保湿効果を得られたり整腸作用によって体の中から健康な肌作りをサポートする効果があります。

冒頭でもご紹介したようにココナッツオイルには日々の食事に取り入れることでダイエット効果も高い食品なんです。肌をキレイにしながらダイエットも出来るとしたらまさに一石二鳥です。「ココナッツオイルがダイエットに効果的な2つの理由」ではココナッツオイルがダイエットに効果的な理由についてと、ココナッツオイルの食べ方やレシピについて詳しくご紹介していますので日々の食事にも取り入れたいとお考えの方は是非読んでみてくださいね。

4.ココナッツオイルでスキンケア

ココナッツオイルは食べるだけじゃなく、スキンケア用品としても活用することが出来るんです。ココナッツオイルを肌に使うことで美容効果が得られますよ!ここではココナッツオイルを活用したスキンケアをご紹介しますね。

ココナッツオイルは温めて使う

ココナッツオイルをスキンケアに活用する場合は温めてから使います。ココナッツオイルは25℃以下の場合、固めのクリームのように個体です。25℃以上に温めることでオイル状になりますのでスキンケアとして使う場合は温めてから使ってください。手にとって体温でも温めることが出来ますよ。

クレンジングとして

ココナッツオイルはクレンジングとしてメイク落としとして使うことが出来ます。一般的なクレンジングオイルには界面活性剤が含まれているため洗浄力が強い反面、肌に必要な皮脂をも落としてしまうため肌が乾燥し敏感肌の原因となってしまいます。ココナッツオイルには界面活性剤はもちろん、香料などの添加物も含まれていないため肌に優しくメイクを落とすことが出来ますよ。

またココナッツオイルに含まれているラウリン酸が肌を丈夫にしてくれますし、殺菌効果によりニキビ予防も期待出来ます。またビタミンEが肌の角質層まで届いて肌に潤いを与えてくれますよ。乾燥肌や敏感肌の人はクレンジングとして活用してみてください。

ブースターとして

ココナッツオイルは化粧水の効果を引き出すブースターとして活用することが出来ますよ!クレンジング、洗顔後にココナッツオイルを肌に馴染ませたあとに化粧水を付けることで後から使う化粧水や美容液の浸透を促す効果があります。

ココナッツオイルは2、3滴で構いませんので肌に馴染ませてブースターとして活用することが出来ますよ。

ボディーオイルとして

肌のガサつき、ザラつき、くすみは気になる箇所にはボディークリームとしてココナッツオイルを活用することが出来ますよ。ビタミンEが肌へ浸透することで保湿力を高める効果やラウリン酸効果、また古い角質を除去する効果も期待出来ます。ボディオイルとして活用するときはお好きな肌用のアロマオイルと混ぜて使うと好きな香りに包まれてリラックス効果を得ることが出来ますね。

頭皮ケアとして

ココナッツオイルをシャンプー前に頭皮をマッサージすながら擦りこむことで頭皮ケアが可能です。ココナッツオイルにはラウリン酸の抗菌効果があるため頭皮の雑菌に働きかけてフケや痒みの予防に効果的です。またビタミンEを頭皮に浸透させることで頭皮を保湿し、抗酸化作用によって頭皮の老化を防止する効果が期待出来ます。

5.効果を最大限引き出すためのココナッツオイルの選び方

ココナッツオイルはたくさん種類があって市販されているものの中には非常に安価に購入できるものもあります。でも、安価なココナッツオイルはその分ココナッツオイルが持っている本来の効果を引き出すことが出来ません。ココナッツオイルの特徴を最大限引き出すための選び方をご紹介しますね。

ヴァージンココナッツオイル



USDA(米国農務省オーガニック認定)取得のヌートリアチアシード

ココナッツオイルを選ぶときは「ヴァージンココナッツオイル」選ぶようにしましょう。無添加のココナッツオイルで、そのまま絞って作られたオイルです。普通のココナッツオイルはオイルを抽出する際に高温精製や漂白、脱臭といった加工が施されています。加工されたココナッツオイルはオイルの風味が損なわれ、中鎖脂肪酸などの栄養素も減少してしまうようです。ダイエットや美容効果を最大限発揮してくれるのは非加熱で無添加の状態で抽出されたヴァージンココナッツオイルを選ぶようにしてくださいね。

オーガニック認証

オーガニック認証とは「オーガニックであることを証明された商品」ということです。世界各国で独自の機関が厳しい認定基準を設けており、それをクリアしたもののみオーガニック認定されます。

オーガニック認証されたココナッツオイルは一定の判断基準がクリアされているとうお墨付きのココナッツオイルということになるため、安心して使うことが出来る印なんですよ。

まとめ

ココナッツオイルはダイエットだけじゃなく、食べても肌に塗っても美容効果が期待出来る万能オイルです。ダイエットしながらスキンケアが出来るココナッツオイルを日々の食事に取り入れながら、クレンジングやブースターとして活用してみてください。

ココナッツオイルはヴァージンココナッツオイルを選ぶことで、ココナッツオイルの特徴を最大限引き出すことが出来ますよ!

今日ご紹介したココナッツオイルを使った美容方法を是非参考にしていただき、ダイエットとスキンケアにお役立てくださいね。