Darkening improvement of the nipple

ちくびの黒ずみを解消するために必ず役立つ3つの方法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
Darkening improvement of the nipple

私のちくび、なんか人より黒ずんでいる気がする。恥ずかしいから黒ずみを解消したい!けどどうしたらよいのだろう?とお悩みではございませんか?

ちくびが黒ずむ原因はホルモンバランスの変化や摩擦などによる刺激など様々です。黒ずみを解消するためには日々のケアが欠かせません。

今日はちくびの黒ずみを解消する方法をご紹介します。

ちくびに黒ずみが出来る原因

Darkening improvement of the nipple

ちくびの黒ずみを解消するためには黒ずみが出来る原因を知っておく必要があります。ちくびが黒ずむ原因を理解して予防しつつ、改善していくことが大切です。「ちくびに黒ずみが出来る7つの原因」では黒ずみが出来る原因についてご紹介していますので詳しく知りたい方は合わせて読んでみてくださいね。

摩擦などによる刺激

ちくびの黒ずみの主な原因となるのが摩擦などによる刺激です。ちくびに限らず脇やひじ、ひざなどの黒ずみは刺激を受けることでメラニン色素が過剰に分泌されることで黒ずみを引き起こしてしまうのです。

メラニンは本来、肌が刺激を受けた際に刺激に対抗し体を守るために分泌されるのですが日々過剰に刺激を受け続けているとメラニンも過剰に分泌されて肌のターンオーバーで体外へ排出出来ずに残ってしまうため黒ずみとなってしまいます。

また紫外線も黒ずみの原因です。紫外線とちくびの黒ずみは一見関係ないように思えるかもしれません。ですが、目で紫外線を感じることでも体が反応し紫外線から体を守るためにメラニンを分泌します。

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化もちくびが黒ずむ原因となります。思春期を迎えた女の子、妊娠したときは女性ホルモンの分泌が急激に増加します。女性ホルモンが増加するとメラニン色素を分泌するメラノサイトが刺激されるためメラニンも多く分泌されて黒ずむ原因となります。

子供のときはキレイなピンク色をしていたのに思春期を迎えた途端に黒ずみが気になったり、妊娠をしたら徐々に黒ずみが気になってきたという方は女性ホルモンのバランスが原因です。

ちくびの黒ずみを解消するために知っておくべき3つの方法

ちくびが黒ずむ原因は様々ですが主な原因は摩擦などの刺激とホルモンバランスの変化です。どちらもメラニン色素の沈着によって黒ずみが出来てしまうのです。このようにメラニン色素の沈着を防ぐことでちくびの黒ずみを改善させることがことが出来ます。

ここではちくびの黒ずみを改善させるために知っておくべき3つの方法をご紹介しますね。

1.ちくびの黒ずみケアコスメを使う方法

ちくびの黒ずみを改善させるためには黒ずみケア用コスメを使う方法があります。メラニンの発生を抑制したり、ちくびを保湿することで摩擦などの刺激を受けたちくびを保護する効果などが期待出来ます。

ちくびの黒ずみをケアするコスメは市販されているものだけでもたくさん種類があるためどれを選んで良いか迷ってしまいますよね。せっかく買ったのに効果がなかった!という失敗を避けるためには実際に使ってみて自分に合うものを見つけることです。そのためには「返金保証」があるものを選ぶことで失敗を防ぐことが出来ます。

実際に使ってみて効果を感じなかったり肌に合わない場合は返金してもらえばお金の無駄になることはありません。黒ずみケア用のコスメは返金保証が付いている商品をオススメします。ここでは返金保証がついているコスメ3つご紹介しますね。

返金保証180日間:アットベリー

薬用アットベリー
ワキや二の腕などの黒ずみに!【薬用アットベリー】

ちくびの黒ずみ解消コスメの中では最も返金保証期間が長い「薬用アットベリージェル」は180日間のお試しが可能です。約6ヶ月使用することで自分の肌で実際に試すことが可能です。

先ほどご紹介したように黒ずみが出来る原因はメラニン色素の沈着によるものが大きな理由となっています。メラニンが過剰に分泌される理由は摩擦などの刺激によるものなので黒ずみを解消するためには刺激に対するケアが必要になります。

体の内側、外側の両方から同時にケアすることで気になるちくびの黒ずみの改善が期待出来ますよ。

5種類の美白成分、6種類の保湿成分、5種類の植物成分で肌を保護してメラニンの発生を抑制する効果が期待出来ます。

日本国内の工場で徹底管理の元製造されているので安心して使うことが出来ます。また余計な添加物が入れずにデリケートなちくびにも低刺激で安心して使うことが出来ますよ。

返金保証90日間:ホスピピュア



【ホスピピュア】

こちらは返金保証90日間、約3ヶ月間お試しで使うことが出来る【ホスピピュア】。テレビCMでお馴染みの湘南美容外科クリニックとの共同開発の医薬部外品です。

ちくびの黒ずみの原因であるメラニン色素が作られ始める一番初期をブロックする成分「トラネキサム酸」が配合されています。従来の美白成分はメラノサイトからメラニン色素が作られるのを抑制していたのに対し、トラネキサム酸はメラノサイト刺激因子の働きを抑制する作用があるため内側から働き掛けることで黒ずみにアプローチすることが出来るんです。

また理想的なバストを手にするにはちくびの色だけじゃありません。肌のハリやツヤも欠かせませんよね。保湿成分でしっかりと保湿することで色だけじゃなくハリのあるバスト作りに役立ちます。

返金保証60日間:ピューレパール

乳首訴求
ワキの黒ずみ専用ジェル!【ピューレパール】

返金保証期間60日間、約2ヶ月間お試しで使うことが出来る「ピューレパール」。カミソリでのムダ毛処理、下着などによる摩擦などで起こるちくびのダメージによって生じる黒ずみに対して、ちくびを保湿し肌本来のターンオーバーを取り戻すことによって黒ずみケアする黒ずみ解消コスメです。

プラセンタやコラーゲンなどの保湿成分をはじめ、3種類の高濃度美白成分、抑毛成分、制汗・消臭成分でトータル的なちくびのケアが可能です。

2.ヨーグルトを使ったちくびの黒ずみケア方法

bust-top-darkening-yogurt

黒ずみケア用のクリームは高いから手が出ない。または周りにバレずにケアしたいというあなたに試して欲しい方法はヨーグルトを使ってケアする方法です。

無糖のプレーンヨーグルトに含まれているホエイという液体を黒ずみが気になる箇所に塗るだけでケアする方法なので誰でも試すことが出来ますよ。

ホエイは開封したばかりのヨーグルトの上澄み液のことです。上澄み液だけでは量が足りないためボウルとザルを使って一晩冷蔵庫で寝かせることで450gのヨーグルトからおよそ200cc取ることが出来ますよ。

ホエイにはメラニンを生成に関係する酵素である「チロシナーゼ」を抑制する効果が期待出来るため色素沈着を予防が期待出来ます。また肌代謝の悪化を防ぐアンチエイジング効果、肌の潤いを保つ保湿効果、肌代謝を向上させるピーリング効果など肌の健康に効果的な成分がたっぷり含まれています。

ヨーグルトが肌に良い理由と黒ずみケアの詳しい方法については「ちくびの黒ずみにはヨーグルト!ホエイを使ったケア方法」でご紹介していますので興味のある方は是非参考にしてみてくださいね。

3.皮膚科で行う黒ずみケア方法

Dermatology

今まで色々な方法で黒ずみケアをしてきたけど一向によくならない。またはセルフケアを行なって肌荒れなどのトラブルを招いてしまうのが恐いという方は皮膚科や美容皮膚科で医師に診察して貰って安全にケアする方法があります。

黒ずみが気になっている場合、治療薬を処方されて薬を黒ずみ部分に塗るといった処置が一般的です。トレチノインとハイドロキノンにはちくびの黒ずみケア効果的な成分が含まれています。

トレチノインには肌代謝が悪化し肌に溜まった黒ずんだ角質を剥がす効果やコラーゲンやヒアルロン酸を生成して肌のハリやツヤの改善効果が期待出来ます。またハイドロキノンにはメラニンの生成を抑制する効果があるため黒ずみ予防に効果的です。

市販されている黒ずみケア商品よりも強い薬なので使い方を間違えると逆効果になってしまう場合がありますが医師の指示の元正しい使い方をすることで安全に使うことが出来ます。

薬を使っても改善しない場合やより早期に対処したいという方は美容皮膚科でのレーザー治療も選択肢の一つでしょう。メラニンなどの黒い色に反応するレーザー光を照射することで色素を破壊し本来の肌の色を取り戻すという治療方法です。1回の照射で2〜4万円とかなり高額ではありますがより確実に黒ずみを解消したい人には効果的な方法といえるでしょう。

皮膚科や美容皮膚科で行うちくびの黒ずみケア方法については「ちくびの黒ずみ:皮膚科通院する前に知っておくべき3のこと」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

まとめ

気になるちくびの黒ずみを解消するためは今日ご紹介した3つの方法があります。お金を掛けずにケアしたいという方はヨーグルトを使ってホエイを抽出して使ってみてください。より本格的にケアしていきたいという方は黒ずみケア用のコスメを試してみてください。効果を実感出来た!という声がある一方で全く効果がなかったという声があるように個人差があります。そのため今日ご紹介したように返金保証があるものを試しに使ってみて、良さそうだったら継続しダメだったら返金してもらいましょう。

より確実に黒ずみを解消したいという方は皮膚科や美容皮膚科で医師の指示の元、処方された薬を使用したり場合によってはレーザーによる治療を受けてみてはいかがでしょうか?今日ご紹介した3つの解消方法を参考にしていただき、あなたにぴったりな方法を試してみてくださいね。